ブログランキングでATPプロ選手の気分を味わい中

ブログランキングですが、このブログの読者の皆様のありがたい応援で、先週ついにNo.1を獲得することができましたのはご存じの通りです。

しかし本日、一時的にではありますがNo.2に落ちてしまいました(現在は僅差でNo.1を奪回しているようです)。

それもこれも、「直近1週間のクリック数でランキングが決まる」というブログランキングのシステムによるものでして、

1週間ほど前に集中してクリックがあり、一気にポイントが上昇した反動で、今は逆に一気にポイントが減少してしまったということなのです。

もちろん今のポイントでも4月までと比べたら1.5倍以上のポイントを頂いているので、十分に応援していただいているのですが、

この、ATPとほぼ同じランキングシステムを体験するにあたり、1年前に活躍したポイントが消えるテニス選手の気分がよく分かりました(笑)。

錦織圭も、来年の2月後半にはデルレイビーチ優勝による180ポイントが消えてしまいます。

もちろんそれまでにはたっぷり時間があるので、ポイントを着実に積み重ねていけば大きくランキングが下がることはないでしょうが、

180ポイントというのは上位ランクの選手にとってもかなり大きなポイントです。

一発屋が1大会で大きくポイントを稼いでランキング上位に顔を出してきても、他の大会で好成績を修めなければ1年後には元の木阿弥です。

ランキングシステムって上手く出来ていますね。

完全に合理的で公平なランキングシステムを作ることは不可能ですが、今のATPランキングのシステム自体は本当によく出来ていると思います。

下のクラスで好成績を出し続けていても限界が来るので、より上位に行くためには上のカテゴリーの大会に出ざるを得ませんし、

また選手がそうすることによって、大会の格通りの選手が集まるようになっています。

ちょっと歪んでいると思うのは、IS以上の大会で勝てないのにチャレンジャー周りをしてポイントを稼いだ選手が結構上位に来ていたりすることです。

もちろんそういった選手だって、ランキングを維持するためには数多くの大会に出たり、遠くの大会に出たり、その割には賞金が少なかったりでいろいろと大変だと思いますが、

上の大会にチャレンジして勝った1勝はもう少し評価して(ポイントを与えてあげて)いいのに、と思うことがあります。

また(錦織が全仏で予選周りになりそうだから言うわけではありませんが)、グランドスラムの予選と本戦の差が大きすぎるのではないか、という気もします。

予選通過で確か8ポイント。

対戦相手のランキングから言えば、普通のチャレンジャーでベスト4に入る(24ポイント以上)のと同じくらいの難易度です。

予選を通過しただけで、本戦2回戦負け相当のポイント(35ポイント)を与えるわけにはいきませんが、15ポイントくらいあげてもよさそうな気がします。

昔はあったボーナスポイント(ランキング上位の選手を倒すと与えられる)もずっと前に廃止になりました。

個人的には少し残念です。ボーナスポイントがあれば、場違いにも出場してきた30位くらいの選手がチャレンジャー大会にいても、他の選手のやる気も維持されることでしょう。

ランキングによって出場できる大会を制限することは興醒めなのでやらない方がいいと思いますが、ボーナスポイントは刺激になっていいと思うんですが。

上位選手にとってはおもしろくないでしょうが、何位が何位に勝ったときに何ポイントを与えるかは自由自在に調節できるのですから、試行錯誤をしてでもやる価値はあると思うんですが。

ランキング計算が複雑になるなどのデメリットもありますので、そちらを重視したということなのでしょう。

柔らかい話からずいぶん逸れてしまいました^^ とりあえず、ブログランキングへの応援クリックよろしくお願いします!
blogrankingにほんブログ村 テニスブログへ

4 件のコメント

  • 圭君試合がお休みで、netdashさんの応援クリックも
    ちょっと一呼吸っていう感じですねw
    でもこれから 全仏にむかって圭君もnetdashさんも、
    全開バリバリぶっちぎりですよ~。

      引用  返信

  • おはようございます!実は良くわかっていないのですが、こちらにお邪魔するだけで「応援クリック」したことになるのですか???それともこのサイトのどこかに目に見えない「クリックボタン」が隠されていたりしますか?それとNetdashさんのATPランキングとの比較はかなり現実的で、テニス選手の悲哀(!)もちょっとだけ感じることができました。

    ブラデントンチャレンジャー出場はまだ微妙のようです。Netdashさんも心配されているように、やはりフレンチオープンへの移動との関係でしょうか。こうなるとドローが発表されるまで待つしかありません。

      引用  返信

  • ちょっと、お久しぶりでした。らんきんぐ、まあ一喜一憂せずに長い目で見たほうが精神衛生上良いのではないでしょうか?(微笑)実力差は長い目で見れば必ず出ますから。ランキング上位の選手はやはり強いんです。今のATPのランキングで言うと、マスターズに出場すると必ず1試合にカウントされることのほうを修正できないか?と思います。マスターズ全試合に出てもそこで0勝ならポイントは0。残グランドスラムも0勝なら残り5試合しかポイントにカウントされないからすごく不利ですよ。マスターズに出場するのはドローが少ない分グランドスラムより大変なのに、、、これではマスターズに出るよりはCHで稼いだほうが良いと思うのでは無いでしょうか?ツルスノフが良い例で彼はマスターズ、グランドスラム以外のカウント対象外の試合で200ポイントほど持っています。これがカウントされるとずいぶん変わるでしょう。
    ところでグランドスラムの予選は本戦出場者は15ポイントです。8ポイントは決勝進出者です。本戦1回戦は5ポイントですから予選からの出場者は自動的に20ポイントとなります。ストレートインの場合は5ポイントですから、R128となっていて5と20で予選出場かどうかがわかります。長文で失礼しました。

      引用  返信

  • kirinoreikoさん、はい、全開バリバリブッチギリの夜露死苦で頑張ります!

    40Love/USAさん、「blog ranking」ってかいてある緑色のバナーをクリックしていただければ、INポイントが10ポイント入ります。あるいは隣の「テニスブログ」って書いてあるバナーでも、別のブログランキングにポイントが入ります。よろしければ両方クリックお願いします!

    ブラデントンに出てくれるとこのブログのネタ的にはありがたいのですが(笑)、無理して出ることはないかなあ、とも思います。でも地元だし、期待されているからには勝ちたいし、でも勝ったら日程きついし・・・ということでジレンマがありますね。
    1週間休めたので、体力的には問題ないかも。若いので勢いで行ってしまうという手もあります。

    takolinさん、グランドスラム予選通過は15pでしたか・・・失礼しました。じゃあ、私の感覚とぴったり同じですね。

    マスターズカップは買った時のポイントもでかいのでしょうがないと思っていましたが、確かに0勝だときついですね。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。