気になる錦織圭の使用ストリングは?

気になっていた錦織圭の使用ストリング(ガット)に関する情報ですが、

タレこみがありました!!

縦 エンデューロ プロ 16ゲージ ←ポリエステルガット
横 ウイルソンナチュラル 16ゲージ ←当然、ナチュラルガット
テンション47ポンドを基準としてコート、季節、大会によって調節

とのことです。

結構テンション緩いんですね。

最近は50ポンド前後で張る男子プロも増えてきました・・・。女子の方がテンション高い傾向があります。

「16ゲージ」ってのは太さ1.30mmのガットのことですね。

「17ゲージ」になると、太さは1.25mmになります。

ゲージ番が16から17に増えているのに、太さは1.30mmから1.25mmに細くなってしまうという・・・。初心者泣かせです。

これは恐らく、電線などの規格に準じているんだと思います。AWG(American Wire Gauge)番号というものに沿って、電線の太さは決められているらしいです。

一番太い4/0番ゲージが0.46インチ、一番細い39番ゲージが0.003531インチと決められているそうです。

太い方を大きいゲージ番号にしてくれれればいいのに・・・。

横糸のナチュラルガットはこれのことでしょうか・・・?

ウィルソンナチュラル(Racket Shop Smashさんのページ)

8000円!さすがにナチュラルは高いですね。

この縦ポリ/横ナチュラルの組み合わせは、単張りとして「ナチュラル・デュオ」の名前で売っていたとのことですが、今は廃番らしいです。

この店では売ってるみたいですが・・・。

ウィルソン ナチュラル・デュオ(Tennis House Zip’sさんのページ)

私は最近のガット事情はよく分かりませんが、縦と横を変える(ハイブリッド)が近年流行っていますね。

錦織圭の場合は、縦糸よりも横糸の方がテンションが高いんだそうです。珍しいですね。

私は、縦と横のテンションを変えると(横のテンションを落とすと)、なんとなく打感がぼやけるというか、シャープさがなくなる感じがするので、「板張り」(縦と横のテンションを同じにする)が好きですね。

ラケットの振動大好き、硬い打球感大好きなのでポリも数年間使っていましたが、今はそんなに練習してないので、スピンがかかる細いガットを好んで使っています。

(細いガットは切れやすく経済的ではないが、どうせそんなに練習しないのであんまり関係ないということ。)

え?お前の好みはどうでもいいって?失礼しました・・・。

P.S. なお、このタレコミ情報を提供してくれた方の素性は、明かさない約束になっています・・・。
    バラすと私がゴルゴ13にバラされるので、絶対に教えることはできません・・・

    ・・・てのは冗談ですが、本当に匿名希望ということです。

4 件のコメント

  • 自分は「ナチュラル・デュオ」を縦ナチュ・横ポリ43Pで
    張っていました。
    テンションは横を4p落としてました。
    懐かしい感じがします。廃盤になって哀しいです。

    ああああああぁっ! また張りて!! だんちょぉぉぉおおお!!
    思い出してもうたやんけぇぇぇぇぇええええええええええっ!!!

    PS.少しは元気出たかしらン? ファイト☆☆☆ (ホモか・・汗)

      引用  返信

  • ガットの種類はここに載っていましたが
    http://www.wilson-tennis.jp/wteam/contents/30
    ポンド数まで知っているとはかなりの身元を明かせない方ですな。(爆)
    しかしアメアスポーツジャパンさん、HP更新してないす...。情報古過ぎます。契約選手の顔ぶれまで古いままです。

    私はその時に応じて補ってくれそうな性能のものを張っています。本当は同じガットで固定して、調子の良し悪しは全て自分の能力としたいところですが未熟者ゆえ..。
    最近好んで張っているのはポリブレイクです。耐久性もあり、ナイロンに近い弾き感もあるので。
    でもウイルソンにも興味ありますね。それぞれ特徴に秀でたメーカーをチョイスして作らせているんだとか聞いたことがあります。ガットによって生産国が違うのはそのせいだとか。
    カタログを見るとイギリス、フランス、台湾、ベルギー、日本がありますね。

      引用  返信

  • 少し専門用語が入っているので、勉強してから
    よく読まないと全部理解できませんが、
    錦織のラケットはガットが緩めなんですね。

    ゆるく張ってあるということは、
    つまり、
    コントロールがうまい選手じゃないと
    そういうことはしませんよね。
    コントロールに自信があるんですよね、きっと。

    私の好きだった選手と同じだ~と
    嬉しくなりました。

    断念してしまったテニススクール通い、
    またしたくなったなぁ~~。
    圭仕様で揃えたい!!

      引用  返信

  • 横のほうがテンション高いってあまり聞きませんね。
    腕利きのストリンガーが張るとはいえ、ラケット歪まないのでしょうかね。
    私は以前、縦ポリプラズマ、横NXTのハイブリッドを試しましたが一発でエルボを発症しました。それ以来ポリは張らず、ナイロンマルチのみです。
    今はテクニのX-oneバイフェーズを張ってます。
    学生時代のように毎日打たないから、3週間ぐらいは持ちます。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。