週間日本選手情報(Week of 2017/9/4)

 来週月曜日(9月4日)から1週間分の日本選手情報についてコメント欄に書き込んでください。
来週の大会の予選情報(今週末分)も含みます。
 日本選手情報でも全米オープン関連は全米オープン記事の方にお願いします。

ATPのチャレンジャー、フューチャーズの大会情報については、

http://www.atpworldtour.com/en/atp-challenger-tour

で最新情報をチェックしてください。
エントリー情報は、各大会公式サイトやMen’s Tennis Forumsなどを探せばあるかもしれません。

女子の情報も対象です。大会の情報もでなくても何でも可です。

チャレンジャー大会 エントリー情報

http://www.tennisteen.it/entry-list/22812-atp-entry-list-28-agosto-10-settembre-2017.html

★Seville CH(スペイン)
太郎選手がDA。

★Zhangjiagang CH(中国)
守屋、仁木、関口、添田、高橋悠、内山、竹内の7選手がDA。
Alt、10番目で吉備、14番目で志賀、23番目で山﨑の各選手が控えています。下位で岡村、松井の各選手がエントリー。

*他にも日本勢がエントリーしていますが、上記の2大会への参戦かと思いますm(_ _)m
*日本時間:9/1 15:00 時点

35 件のコメント

  • 9/4週(全米OPの2週目) CH大会のエントリー状況です。すぅー さんのコメントよりm(_ _)m
    http://www.tennisteen.it/entry-list/22812-atp-entry-list-28-agosto-10-settembre-2017.html

    ★Seville CH(スペイン)
    太郎選手がDA。

    ★Zhangjiagang CH(中国)
    守屋、仁木、関口、添田、高橋悠、内山、竹内の7選手がDA。
    Alt、10番目で吉備、14番目で志賀、23番目で山﨑の各選手が控えています。下位で岡村、松井の各選手がエントリー。

    *他にも日本勢がエントリーしていますが、上記の2大会への参戦かと思いますm(_ _)m
    *日本時間:9/1 15:00 時点

      引用  返信

  • こちらでもお早うございます。
    USOジュニア、シングルスのドローが出ました。64ドローのbyeなしです。
    なお、予選に挑戦したBOYSの4選手、GIRLSの3選手はみな1R敗退。ただしダブルス・ドローがまだですので、ダブルスに期待です。

    ◆BOYSです。
    http://www.usopen.org/en_US/scores/draws/2017_BS_draw.pdf
    清水悠太[4]、田島尚輝、堀江亨、羽澤慎治の4選手が出場です。
    鼻血ファミリーの田島尚輝選手は、1Rから強豪ブルベンスキー選手[9]と対戦です。ブルベンスキー選手は、前哨戦カナダ国際で羽澤慎治選手が、シングルスで負けダブルスでリベンジした因縁の相手。
    ここはひとつ、田島尚樹選手にぜひ奮起して貰って、1Rで粉砕して頂きたいですね。圧かな?(苦笑)

    ◆GIRLSです。
    http://www.usopen.org/en_US/scores/draws/2017_GS_draw.pdf
    本玉真唯[14]、佐藤南帆、内藤祐希の3選手が出場です。

    BOYSですが、WBジュニアBOYSシングルス覇者のダビドビッチ-フォキナ選手の名前がありません。実は明日から開催のイタリアのジェノバCH本戦にWCで出場します。
    RGジュニアで単複とも大活躍、日本ジュニアから見てにっくきニコラ(笑)のクーン選手は、もうCHに数大会挑戦しています。
    こうしてまた、新たなNEXT GENは誕生していくのですね。

    さあ本日より熱戦開始。日本ジュニアたち、まずは初戦突破頑張れーっ!

    長文失礼致しました。

      引用  返信

  • 今日は。
    下団さま
    ドロー情報、続々有難うございます。華々しいGSの裏で、実はCHからFUからITF大会から本当に沢山の大会が開催、日本選手達が色んな場所で頑張っていますね。全員勝ってほしいけど、決してそうはいかない勝負の世界。頑張って!

    1つ訂正です。
    先ほどコメントしたダビドビッチ-フォキナ選手、出場大会はイタリアのジェノバCHではなく、ダニエル選手が出場のイタリアのセビーリャCHでした。

      引用  返信

  • http://www.protennislive.com/posting/2017/7783/mds.pdf
    Zhangjiagang CH(中国)の本戦ドローです。
    第2シードで添田選手、第4シードで内山選手、第5シードで守屋選手、他に、関口選手、竹内選手、高橋選手、仁木選手が参戦しています。
    今日の予選2Rに 山崎選手、吉備選手が登場予定です。

      引用  返信

  • 今日は。
    USOジュニアのシングルス1Rが始まりました。BOYSは4選手のうち3選手、GIRLSは3選手のうち1選手の計4選手が登場。
    結果、BOYSの田島選手、GIRLSの佐藤選手が見事1R突破です。BOYSの清水選手[4]と羽澤選手は残念ながら1R敗退。ダブルスに期待です。

    禮さま情報(「外れる優勝予想@2017全米」記事の禮さまコメント)によりますと、BOYSのオンコート・コーチングはどうやら松岡修造さん!! 田島選手には効き目があったけれど、清水選手と羽澤選手には単にウザかった、ということなのでしょうか(苦笑)

    本日のシングルス1Rには、BOYSに堀江選手、GIRLSに本玉選手[14]と内藤選手と、残り3選手が登場します。修造さん、どうかお手柔らかに(笑)

    さて、ダブルス・ドローも先ほど出ました。
    ◆BOYSです。
    http://www.usopen.org/en_US/scores/draws/2017_BD_draw.pdf
    清水/堀江組、田島組、羽澤組が出場。田島選手は初戦がまたもやシード、しかも第1シードと驚異的な引きの強さです。
    ◆GIRLSです。
    http://www.usopen.org/en_US/scores/draws/2017_GD_draw.pdf
    本玉/永田組、佐藤組、内藤組が出場。

    なお、詳細についてはフォーラム・日本選手情報「頑張れ日本ジュニア」トピにてコメントしています。

      引用  返信

  • NORICHANさん,

    修造さんのオンコートコーチングは選手によって合う合わないがクッキリ分かれそうですねw

    今後、もしツアーでも正式採用されればコーチ含めた陣営の組み方も大幅に変化が生まれそうですね。

    オンコートコーチングだけでも、技術的助言を得意とするコーチ、盛り上げが上手いコーチ、リラックスさせるのな上手いコーチetc
    選手の気性、特性などで採用するコーチも多種多様になりそうです。
    それこそ練習用コーチとオンコートコーチング用コーチを分けて採用する選手も現れるかも。

      引用  返信

  • 今晩は。
    R24さま
    修造さんのオンコート・コーチングですが、私は断固反対です(笑) 修造さん、これは独り言です、どうかご容赦を。

    R24さまは多分、昭和な私よりお若いと思うのですが、私たちの年代は修造さんの現役時代もTVで見ていますし、その後のタレント活動や、オリンピックで羽織袴での熱血応援等も含めて、どこか親しみとツッコミどころ満載のおちゃらけお兄さん的イメージが強いですよね。
    でも彼、実は肩書が「現・日本テニス協会理事強化本部副部長」です(苦笑)

    多分、修造さんのそんな楽しいバックボーンを、ほとんどのジュニアは全然知る由もなく、彼等にとってはただただテニス協会のえら~~~~~いおっさん(笑) 若しくはごく一部のジュニアには、修造チャレンジでお世話になった怖~~~~~いおっさん(笑) 試合中に急に出てきたそんな偉いおっさん(しかも彼等の父親よりも絶対年上)に熱心にコーチングされても、ジュニアたちはきょとん、鳩豆ではないかと思われ(苦笑)
    恐らく「何言ってんだろこの人? でも協会の偉いさんだし、おっかねーし」と、逆に聞き流されてしまいそうです(笑) 中には萎縮するジュニアだっているかも(苦笑)

    なので修造さんには、なるべくコートの遠~いところから静かに見守ってあげて欲しいなあ、と切に願っています(笑) でも彼の性格上それは無理だろうなあ…。修造さんごめんなさい。

      引用  返信

  • NORICHANさん,

    残念ながら私も昭和なアラフォーおっさんです( ´_ゝ`)

    高校時代に私に近い年代の選手には
    岩渕さん。金子さん。茶園さん。本村さん。鈴木貴さんなどがいる年代ですw

    なので修造さんの現役時代〜現在を知っているし、実は、修造さんと練習した事もあったりします^^;

    その上で、もし私がプロでオンコートコーチングをされたらと考えると、、、、

    すいません。修造さん。

    嫌すぎます(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

    勿論、あのキャラクターに惑わされがちですが、確固たる理論と実力を持ちテニスに掛ける情熱もアツすぎるほどお待ちなのは分かっていますが、私には合いません。
    私はテニスは出来るだけクレバーでいる事で力を出すタイプなので、あのテンションは無理っすw

    逆にテンション上げて上げて上げまくって力を出すタイプの選手には合うのかなと。

    テニス協会のお偉いさんの立場ですが、それを感じさせないキャラクターなのでジュニアが萎縮する事は余程センシティブな性格の選手でもない限りあまり無い気がしますw

    あの人はテレビは多少誇張して自ら演出してますが、基本的にあのまんまですよ^^;
    熱く厳しくウザいw

      引用  返信

  • NORICHAN さん、R24 さんのオンコートコーチングのご意見楽しく読ませていただきました。
    お二方ともご自分の主張ははっきりおっしゃていますが、嫌味がないし、わかりやすいし参考になります。
    ちなみに、私は賛成派です。単にこの場面でどのようなアドバイスするのかな~という興味からですけど。
    WTAはすでに導入されていますが、結構おもしろいんですよね。
    選手がコーチの言うことに、反論したり。
    プレイヤー目線でなく、観客目線の意見です。

      引用  返信

  • バスケ好きさん,

    以前どこかでコメントしましまが、私も現時点では賛成派です。

    やってダメなら止めりゃ良い。
    良いか悪いかはやってみなけりゃわからない。

    ちなみに私の予想ではオンコートコーチングはトッププロに限れば
    技術、戦術的助言 20%
    精神的助言、間を取る為 80%

    位になるんじゃなかろうかと思います。
    ぶっちゃけ、技術なんて試合中に指導されても、ほとんど意味ありません。
    戦術もトッププロなら自分で対応してしまいます。
    コートレベルではなく俯瞰で見た意見が参考になる程度のもんです。
    チャレンジ然り、間を取みたい時や精神的には参っている時の起爆剤的な使い方になるんじゃないですかね。
    だからこそ、陣営の作り方から変化が起こる気がします。

      引用  返信

  • 今晩は。
    R24さま
    ははは! 同年代でしたか。ならば安心(何が?笑)
    確かに修造さん、あのキャラはもうTVでもお馴染みですし、今さら萎縮するジュニアもいないですね、きっと。突き詰めれば1点のみ。あの熱さに耐えられるか、でしょうか(笑)
    ただ修造さん、肩書の威厳も保ってほしいなあ。独テニス連盟会長のベッカー氏が、GSのジュニアでオンコート・コーチングって想像できませんし。事件は現場で起きてる主義、現場に行きたがりの修造さんと、黒幕オーラを放ちお出まし感満載のベッカー氏とを、一度でいいから足して2で割ってみたい(笑)

    バスケ好きさま
    オンコート・コーチング、私は賛否どちらでもなく、選手が必要と思うならやってみてもいいんじゃないか派にシフトしました。オンリー・ロンリーな闘いであって欲しいというのは願望ですが、確かに観る側のわがままかなとも思ったり。
    1つ前の週の「週間日本選手情報」記事のコメントで、チャン・コーチのインタビューをご紹介しましたが、彼もオンコート・コーチングができるのは「コーチとしては」嬉しいと仰っていますね。雨サス等で話した後は、試合の流れが変わることもあったからと。ただし「選手としては」自分で自己完結して欲しいらしいです。ご自身がそうであったからと。

    いずれにせよ、コーチングが本戦で見られるのは来季のUSTA傘下のツアーからですから、早くて2月のNY250かデルレイ250。その前の南半球、AO始めブリスベーン250、シドニー250、オークランド250等はどうなのでしょう? 豪州テニス連盟の出待ち、かな(笑)
    そもそも楽天はどうするの?と。日本テニス連盟は導入可否を検討しているのでしょうか。多分右に倣えなんだろうなあ…。主体性がなさそうです(苦笑)

      引用  返信

  • NORICHANさん,

    確かに最大の難関が修造さんの熱さに耐えられるかどうかですねw
    気温もあがるし(^◇^;)
    修造さんの離日した後の日本の過ごしやすい気候な事w

    修造さんが合いそうな選手、、、
    ラファ
    モンフィス
    ソック
    フォニーニ
    セリーナ
    ヴィーナス

    う〜ん
    妙な化学反応起こしそう
    ((((;゚Д゚)))))))

    逆にロジャーとかガスケとかゴファン、デルポトロとか静かにキレそう

    ちなみにベッカーさんも修造さんが解説中で放送中のブースにフラッと入ってきて
    「iPhoneの充電器持ってない?」
    って言っちゃう程度にはお茶目な人みたいですよ^^;

      引用  返信

  • お早うございます。
    USOジュニア、2日かけて行われた1Rの結果です。

    ◆BOYSです。
    シングルスは田島選手のみ1R突破。清水選手、羽澤選手、堀江選手は1R敗退。
    ダブルスは清水/堀江組、羽澤組が1R突破。田島組は1R敗退。
    こちらに勝てばあちらに勝てず、の見事な逆ミラー現象となっています(苦笑)
    ◆GIRLSです。
    シングルスは佐藤選手のみ1R突破。本玉選手、内藤選手は1R敗退。
    ダブルスは本玉/永田組、佐藤組が1R突破。内藤組の1Rのみ遅延で今夜です。
    佐藤選手好調。先週のカナダ国際もダブルス優勝ですし、このまま勝ち進めば鉄人称号ものです(笑)

    ふうむ。この結果は修造さんのコーチング効果アリ?ナシ? アリ寄りのナシ? いえナシ寄りのアリかな~(苦笑) ただジュニアの場合、GSでもダブヘが当たり前なので、気持ちの切り替えいかんなところもありますねえ。

    R24さま
    ベッカー氏、お茶目ですね(笑) でも私、もしその場に居合わせても、頭の中では「ゴッド・ファーザーのテーマ」が流れそう…。マフィア感が否めません(苦笑)

      引用  返信

  • 今晩は。
    これ、こちらでコメントし直します。
    デビス・カップ代表メンバーが発表されました。日本テニス協会公式SNSより。
    https://twitter.com/JTA_PR_Team/status/904987352006770688

    新メンバーにベン・マクラクラン選手! 日本語ペラペラ、日本に帰化、中国の張家港(ジャンジャガン)CH大会で内山選手とペアを組んで出場と、伏線も布石もバッチリです。
    これはもう、中国でのダブルスに大注目ですね。完全なるコンビ合わせ、予行演習ですもの。

      引用  返信

  • う・う~~ん、ダニエル太郎選手をデビスカップの代表から外しますか・・・、まぁ今週・来週とヨーロッパのクレーのチャレンジャー大会にエントリーしていたことからすると、もしかしたら事前にJTAとの間で、今回の代表には選ばないor太郎選手の側が辞退、ということで話が付いていたのかもしれませんね。
    ただ、全米オープンでの戦いを見た後だと、ちょっともったいないかなぁと・・・
    って、あれ、下記のブラジルのメンバーって確定?メロとソアレスの超強力なダブルスペアはともかく、シングルスのシルバとベルッシが居ない???なら、充分勝機ある?
    https://www.daviscup.com/en/draws-results/tie.aspx?id=M-DC-2017-WG-PO-JPN-BRA-01

      引用  返信

  • naka(帰ってきました)さん,

    その情報が分かっていたので、下位には手堅い添田選手なのでしょうか?
    それなら、ちょっと納得できますが・・・。
    でも、デ杯の太郎選手って、気合が入って好きなんですけどねぇ~。

      引用  返信

  • naka(帰ってきました)さまおばっちさま

    ブラジルのシングルス2選手&欠場の2選手全員に共通する事は今年のハードコート、ATPツアーはおろかCHでも実績は皆無で、そもそも実戦自体がほぼ皆無(ATPのHPの選手のデータから検索できます。載せるのは自重しました。)なので太郎選手抜きを決めたのかもしれませんね。

      引用  返信

  • 今晩は。
    デ杯メンバーに初選出されたマクラクラン選手って誰?な方に。スマッシュ公式FBより。
    https://www.facebook.com/smash.monthly21/posts/1434063930013589

    彼は6月に日本国籍を取得しているのですが、その際にフォーラムでROMさまがご紹介くださった情報を改めてご紹介。ROMさま、有難うございます。
    2015.06の日本F7大会のダブルス優勝記事。写真一番左のイケメンが彼。日本語ペラペラだそうです。
    <ダブルスは吉備雄也とマクラクランが初コンビでシリーズ2勝目 [F7昭和の森オープン]>
    https://www.thetennisdaily.jp/news/contents/national/international/20150620_0012263.php

      引用  返信

  • お早うございます。
    USOジュニア、2Rの結果です。

    ◆BOYSです。
    シングルスの田島選手が2R突破! ダブルスの清水選手/堀江選手組が第2シード・ペアを破る大金星で2R突破! 3選手ともおめでとうございます。
    ダブルスの羽澤選手組は2R敗退。残念ですが前哨戦カナダ国際で優勝した疲れが残っていたのかな。次の大会で頑張ってください。

    ◆GIRLSです。
    シングルスの佐藤選手が全く危なげなく2R突破! ダブルスの内藤組は1Rが遅延していましたが、第5シード・ペアを破る大金星で1R突破! 2選手ともおめでとうございます。
    ダブルスの佐藤組、本玉/永田組は、第1&第8シード・ペアにそれぞれ敗れ2R敗退。佐藤選手は絶好調のシングルスに専念ですね。

      引用  返信

  • http://wtafiles.wtatennis.com/pdf/draws/2017/1083/MDS.pdf
    大連125Kの本戦ドローです。
    澤柳選手とLLで桑田選手(予選1シード)、瀬間選手(予選3シード)が参戦しています。
    LLで2選手が復活の幸運を活かしてほしい!!頑張れ~(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

    http://wtafiles.wtatennis.com/pdf/draws/2017/1083/MDD.pdf
    ダブルスのドローです。
    澤柳選手組、瀬間選手/高畑選手組が参戦しています。
    頑張れ~(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

      引用  返信

  • Zhangjiagang CH(中国)
    吉備選手が予選突破で本戦に日本勢が8選手となりました(V)o¥o(V)
    本戦1Rでは、
    関口選手が竹内選手との同士討ち(@_@。を制して2Rに進出です。

    Seville CH(スペイン)
    太郎選手は、初戦をフルセットで勝利して2R進出です。

      引用  返信

  • 下団さん、更新ありがとうございます。

    繰り上がり参戦で#1シードのラークソネン選手が1R途中リタイアで敗戦です。
    日本勢は同士討ちの竹内選手が敗退した以外、内山選手[4]と関口選手が2R進出、添田選手[2]、守屋選手[5]、吉備選手[Q]、仁木選手vs高橋悠選手(同士討ちToT)も、上位ラウンドへの進出に期待したいですね^^♪

      引用  返信

  • 今晩は。
    来週以降、楽天までの主な日本選手の動向です。TENNIS.JPより。
    <杉田祐一、大坂なおみ、伊達公子など日本でプレー/日本人プレイヤー来週(9/11~)の動向>
    http://tennis.jp/news/archives/54037

    神仁司さんがWeb Sportivaにコラムを掲載。テーマは土居美咲選手。USO関連ですが、もう2週目に入りましたのでこちらでご紹介します。
    <土居美咲、苦しい中でも「バカみたいですけど、ランキングは考えない」>
    https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/otherballgame/tennis/2017/09/06/___split_34/

    土居選手、確かに最近の戦績は心配ですが、ザハルカ・コーチのポジティヴな考え方がわかって一安心です。

      引用  返信

  • お早うございます。
    日程の関係で4日目はジュニアが行われませんでしたが、昨日5日目にどっと進捗しました。5日目の結果です。

    ◆BOYSです。
    ・シングルスの田島選手、絶叫マシン的フルセットを制し3R突破! おめでとうございます。次のQFは大きなヤマ場です。先般のWBジュニア・ダブルス・チャンピオン、第1シード・ゲラー選手に挑戦です。頑張って!
    ・ダブルスの清水/堀江組、ストレート勝利でQF突破! おめでとう。次のSFは、これまた上位、第3シードのUSA/PORペアと対戦です。決勝進出までには下剋上は欠かせません。頑張って!

    ◆GIRLSです。
    ・シングルスの佐藤選手、第8シードのダニロビッチ選手にしてやられ3R敗退。残念でした。GIRLSシングルスはこれで終了です。
    ・進捗が遅れているダブルスの内藤組、まるで佐藤選手のカタキを取るかのような真逆のスコアで勝利し2R突破! おめでとう。次のQFはノーシードのCRO/CHNペア。決勝目指して頑張って!

      引用  返信

  • 今週も日本勢の優勝に期待です^^

    ☆張家港CH <シングルス QF>
     内山靖崇vs守屋宏紀、添田豪vs高橋悠介・・・同士討ちOMG(ToT)
    ☆張家港CH <ダブルス QF>
     マクラクラン/内山組、高橋悠/D.Kelly(AUS)組、松井/V.Vardhan(IND)組
    ◇ハンガリーF8 <ダブルス 決勝>
     福田創/D.Kalenichenko(UKR)組
    ◆$15,000京都 <シングルス SF>
     小関みちか、加治遥
    ◆$15,000京都 <ダブルス SF>・・・日本勢の優勝確定おめでとう♪
     井上明/小関組vs川崎/山本組
     奥野/K.Rinaldo Persson(SWE)組vs梶谷/西本組

    【張家港CH】
    シングルスせめてもの救いは、トップとボトムに分かれていること(._.)日本勢同士の決勝戦を実現して欲しいです。
    ダブルスのマクラクラン/内山組は、来週のデ杯プレーオフ(vsブラジル)でダブルスを託される可能性濃厚のペア。仕上がり具合に注目です♪とにかく3ペアともSF進出してくれぇ~い^O^/

      引用  返信

  • 女子の大連125Kは・・・(+o+)
    シングルス、ダブルスともに、1Rで全滅でした(+o+)

    Seville CH(スペイン)
    太郎選手はQF敗退(T_T)でした。

      引用  返信

  • 9/4週はダブルス優勝が男女1ペアずつでした。

    ◇ハンガリーF8:福田創/D.Kalenichenko(UKR)組
    ◆$15,000京都:井上明/小関組【シーズン2勝目】

    福田創楽選手は相方がバラバラですが、シーズン3勝目です。
    期待していた張家港CHは添田選手と守屋選手がともにSF敗退、ダブルスは3ペアともQF敗退、残念(/。\)添田選手、内山選手、マクラクラン選手はいよいよデ杯♪杉田選手共々みんなガンバって~(≧▽≦)

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。