Weelky日本選手情報(Week36:2015/9/7〜)

こちらにお願いします。

109 件のコメント

  • Linus さん、両大会の予選ドローありがとうございます(`・ω・´)ゞピシッ!
    10時頃に探していたのですが、出て無かった・・・日頃の行いかΣ(゚Д゚)
    豊田CHは、かなりの高速コートなので、仕方ないですかね~?昨年、Linus さんが1試合だけ観戦にいらっしゃった日に私も会場の真ん前を通りすぎていましたが・・・(T_T)今年は観戦したいな~

    GoJapan さん、チャレンジャーレベルですと、ほとんどの選手はコーチを帯同出来ないと思います。
    有望選手でプロ転向時からスポンサーによる資金が潤沢な選手ですとか、それぞれの国の強化対象に入っている選手等の限られた選手だけだと思います。
    たとえば、現在もJTAの高田コーチが10代の若手3選手を引率してスペインのFUを遠征していますが、強化対象に入っているからで、それ以外の若手選手がFUレベルの遠征をしようとしても、知己のある選手と一緒に遠征して助け合っていくのが精一杯だと思います。
    遠征先での練習は大会側にコートの予約を申請しますが、練習相手は自分で探さないといけません。コーチを帯同出来ない選手は、それこそ先に書きましたように、知己のある選手と一緒に遠征することで、練習相手の確保も可能になります。まぁ、強くなれば自然に声がかかってきて練習相手に困らなくなりますが、そこまでのレベルに達するのが難しいですね・・・m(__)m

      引用  返信

  • 明日は高雄CHとツアー予選で多数の日本選手が出場しますね。
    少しでも多く勝ち残ってほしいです。

      引用  返信

  • http://tennis.jp/masuken
    増田コーチのブログです。添田選手は深圳で繰り上げDAしています。頑張れ~!

    http://tennis.jp/mitsuru-takada
    高田コーチのブログです。スペインF30で予選から本戦入りした 徳田選手は初戦敗退でした。

    USA F27の後藤選手は2R、井藤選手は初戦敗退。
    カナダF11の内田選手は、今週もダンセビッチ選手に敗れてQF敗退でした。
    ボリビアF3の牧口選手はSFで敗退。
    トルコF38で竹島選手は1R、大西選手はQFで敗退でした。

      引用  返信

  • @下団

    ご丁寧なご回答をありがとうございました。
    強い相手に臨むには強い練習相手に恵まれないと強くならず、練習相手がままにならなければ実戦で勝ち上がっていかなければならず、強くなればスポンサーも付くということですね。試合以外に言葉の壁や食事管理、遠征先での宿泊先やケガのメンテ等々色んなストレスを下部の選手たちは抱えている、、、自分自身との戦いに負けるなー!、頑張れ〜、\(^o^)/
    家族やコーチのサポートが孤独を癒やし励みや活力となる、トップ選手になっても遠征先に家族を伴うのは頷けます。

      引用  返信

  • 深圳250の予選1Rで仁木選手は4-6、6-2、6-1で逆転勝ち!

    KL250の予選1Rで杉田選手、内山選手、鈴木選手が勝利して2R進出です!
    関口選手、西岡選手は敗退(T_T)です。両者の初戦の相手は高速コートでは厳しかったですかね・・・結果論ですが、深圳の予選の方が薄いし、コートも関口選手、西岡選手には合っていたかもしれませんね~

    GoJapan さん、正直、強い選手にも堂々と「俺は未来のスターだから練習してくれ!」くらいの強い気持ちと、それにより語学習得にもつながるので大事なのですがね~それで評価を得れば、口コミで評判が広がって世界が広がっていきますし・・・まぁ、ルームシェアをしたり、日本ほどは安全ではないので、仲間と一緒に遠征することがベターになってしまうのでしょうね・・・m(__)m

      引用  返信

  • @下団

    拝復。日本人はシャイな性格が多いでしょうが、出来るだけ外国の選手と交流を深めて試合に活かして欲しいですね。
    さっきダニエル太郎選手のブログが更新されていました。デビスカップ・コロンビア戦の裏話が載っていて楽しい記事でした。既出でしたらごめんなさい。
    http://ameblo.jp/danieltaro93/

      引用  返信

  • シンセンとクアラルンプールの本選ドローが出たので貼っておきますね。
    伊藤選手もクアラルンプールにDAできていて良かったです。

    クアラルンプール
    伊藤選手の緒戦はニエミネンです。
    http://www.protennislive.com/posting/2015/6003/mds.pdf

    シンセン
    添田選手の緒戦は予選勝者です。
    http://www.protennislive.com/posting/2015/6967/mds.pdf

    下団さん、情報ありがとうございます。
    そうえいばクアラルンプールも高速コートでしたね。
    西岡選手には日本での調整期間が増えたと思って、有明で頑張ってもらいましょう。

      引用  返信

  • Linus さん、ありがとうございます(`・ω・´)ゞピシッ!
    深圳は予選1シードのクライチェック選手も繰り上がって、予選が酷いことになってますね~仁木選手、このチャンスを生かしてほしいですね!守屋選手もチャンスありだと思います!

    KLの予選で全て埋まっているドローを見たのは初めてかも・・・高速コートでダブルス参戦者が駆り出されても高速コート故に手強いですよね~(T_T)

    高雄CHのSFで伊藤選手は 0-6、0-2 の苦戦中Σ(゚Д゚)しっかりせんかい(; ・`д・´)!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。