ゲオルグ松江紀行 第6回 原点回帰編(前半)

北はグリーンランド、南はブリスベンまで点在しておられる全世界約15.000人の鼻血ブログファンの皆様いかがお過ごしでしょうか。

錦織圭の試合がない日は抜け殻のような暮らしを過ごしている鼻血ブログ山陰広報部長を務めるゲオルグと申します。

私は現在は松江を離れましたが、錦織圭選手の地元松江市の生まれとということで、実家に帰るたび圭君のゆかりの地を紹介してまいりました。

前回は錦織選手も昨年秋口に帰省した際に訪れた松江フォーゲルパークを一足先に紹介できたのですが

「ただのデートぢゃないですかw」

とか

「紀行というよりは奇行ですな」

などと数々のお褒めの言葉をいただき大変感謝しております。

今回も期待に答えて奇行っぷり満載でお送りいたします。

実は今回で一旦ゲオルグ松江紀行を最後にしようと思ってます。格好良くいえばSeason 1完結ですね

漫画のスラムダンクみたいに第一部 完 となって永遠に第二部が始まらない可能性のほうが高いのですが、そこはまあご了承ください

 
今回の紀行に関しては、鼻血ブログ指定図書の「錦織圭 15-0」か 先日発売された永久保存版「Sportiva (スポルティーバ) 2009年3月号」をご用意できるとさらに楽しめる仕様です。

さて今回訪れたのは松江市ではなく、圭君のお父様の実家がある島根県の雲南市の加茂というところです。

以前は大原郡加茂町という地名でしたが2004年(平成16年)11月1日に6町村が合併して発足した比較的新しい市になります。島根県で唯一海に面していない市でもあります。

ですから2000年に松江を離れた僕には雲南市といってもいまいちピンときません、そんな方も出雲地方には多いのではないでしょうかw

Sportiva3月号にも書かれてますが、今の圭君のご実家の前には立派なテニスコートがあるのに最初はそこはあえて使わなかった。お父様の実家のある雲南市の

ゲートボール場でテニスボールを打ったのが原点だった。そしてボールの飛距離が伸びるにしたがい同じく近場にある加茂町中央公園のテニスコートで練習していた・・

と書かれてます。松江の家の近所に立派なテニスコートがあるのにわざわざ30kmも離れたところでのびのびとボールを打たせる・・・このお父様の指導方針に感銘を受けた僕は是非そこに足を運んでみたくなりました。そして今年まだ初詣でに行っていない僕が、錦織家が初詣に通う御代(みしろ)神社というところで、今年一年の錦織圭の身体の無事、更なる飛躍を祈願すべく企画した次第です、まあ今はやりの言葉で言うなら「聖地巡礼」ってとこですなw

さてこの紀行を行った日は、2月10日、きしくもSAPオープンの対ミュラー戦の日でした。この日仕事が休みな僕は、試合開始時刻がお昼の2時ぐらいということで、それまで暇だったので午前中に雲南市までちょっと行ってみようと思い足を運びました。距離は約30分、松江市からですと40分程度でいけます。

まずは道なりにゆかりの地を巡ってみようと思い、車を走らせて雲南市加茂にやてきました。そしてしばらくすると・・・

(いいところですいませんが、あとで書き足します)

6 件のコメント

  • ありり と 途中で終わりですか。。。これから始まるんですよね。。。むずむず
    団長さんはじめ、皆さん文才な方ばかりでとても楽しみです。
    ゲオルグさんは旅人なのでしょうか。
    続き楽しみに待ってますよー。

      引用  返信

  • ランキング発表されましたね。
    97位
    一喜一憂する必要はないと思いますが、
    GSストレートインまで7しかありません。
    他の大会でのストレートインも心配になってきました。
    がんばれ圭!!

      引用  返信

  • 追記です。
    Indian Wells のエントリーリストを見ると1/19日付の
    ランキングの適用のようで、59位でストレートインの
    ようです。
    少し安心。

      引用  返信

  • 松江ですか、う~ん行ったことはないんですが、どんな街なのか、興味深いですね。
    特別テニスが盛という事もないのでしょうね。
    ただ、島根県には昔、関西に転勤を食らった時に足を踏み入れたことがあります。
    社員旅行で行った出雲神社と、友人と行った蒜山です。
    蒜山で2人でコートを借り、人の顔が黄色く見えるくらい真夏の太陽がギラギラと照りつける中、へばった友人(オナゴ)を無視してバンバン、サービス練習をしていたら、「この暑さの中で、大汗かきながらあんな思いっきりボールを打ち続けるなんて、あんた変人だね」と言われました。
    まぁ、はたから見れば確かにそうかも知れませんがww
    すいません、松江に関係なくて。
    島根県ということで、つい思い出してしまいました。

    ところで既出かも知れませんが、GAORAで6日からデ杯の放送を始めますね。
    http://www.gaora.co.jp/tennis/davis/index.html
    圭君、まだ肘が80%くらいの状態らしいですが、何とかあのテニスをやり切って日本チーム勝利の立役者になって欲しいものです。

      引用  返信

  • っっっっと、ここでCMかいっ!w
    ってなくらい絶妙な間ですなwww
    いやいや、さすがはゲオしゃん、ツボを知っとるわい。
    で? 続きはいつでっか? 
    楽しみにしとるでのww

    jijiさん、確かにスト・インと予選ぢゃ大違いだからね。
    少しは気にしとかンといけませんよね。
    でも、ま、大丈夫。圭君は上がってきますよ、必ず。

      引用  返信

  • この絶妙な切り方、これは団長の仕事なのではないかと
    推測しますw

    97位ですか、また一歩一歩ですね~。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。