第1回錦織川柳コンクール1次審査結果発表(その1)

大変長らくお待たせしましたm(_ _)m

第1回錦織川柳コンクール1次審査結果を発表します。

審査は大変難航しまして、秀逸な作品が多かったため50以上の優秀作品からさらに絞り、18作品を選定させていただきました。

同じ題材からはあまり多くを選ばないようにしていますし、個人的な好みがかなり入っています。

通過しなかった作品の中にも素晴らしいものは数多く含まれていました、ということだけは申し上げておきます。

ネタがたまったら(笑)第2回を開催しますので、そのときも奮ってご参加ください。

大変もうしわけありませんが、時間の都合で数回に分けて発表します。

それでは発表します。

エントリーNo.1:HARUさん

いつの日か あなたが誰かの 憧れに

【作者解説】
圭がロジャーに憧れるように、いつの日かテニス界の未来を担う誰かにとって圭が憧れとなりますように、という願いをこめて。

誰かの(時には人生をも左右する)「憧れ」となることは、ただ強いだけではできないことだと思います。プロテニスプレーヤーとして、また人としての魅力が問わるでしょう。圭がより多くの人にとっての「憧れ」となるといいな。

【netdash@鼻血コメント】
選考のポイント:共感
シンプルですが、20年後のNo.1選手が「錦織圭にあこがれてテニスを始めました」と言っている姿を想像し、きっと感動するだろうなあ・・・と思い大変共感できました。

 

エントリーNo.2:にわか錦織ファンさん

初夢は センターコートの ラファとケイ

【作者解説】
初夢は正夢になるという
言い伝えがありますねっ!
ちょっと気が早いけど初春に期待しま〜す!

【netdash@鼻血コメント】
選考のポイント:ワクワク
「ウィンブルドン決勝 ラファエル・ナダル vs 錦織 圭」
想像してワクワクしました。
初夢でぜひ見たいですね!

 

エントリーNo.3:マックウィンさん

萌える芝 拍手の中で エア・ケイが 
パイナップルを 掲げる笑顔

【作者解説】
私にはもうしっかりイメージ出来ています。
圭くんのこの晴れ姿が!

【netdash@鼻血コメント】
選考のポイント:芸術的
絵画のような、その一瞬が色鮮やかに想像できる作品です。
「ウィンブルドン 優勝 トロフィー 錦織」のどの言葉も使わず、それを表現した技術が見事です。

 

エントリーNo.4:C太郎さん

フェレ制し 目尻に咲きし 笑いじわ

【作者解説】
上気した頬に一番の笑顔。見ている僕も幸せでした。

【netdash@鼻血コメント】
選考のポイント:イメージできます
錦織ファンの目にやきついたあの場面を見事に5-7-5に収めました。
あの笑顔は忘れられませんものね。

 

エントリーNo.5:40LOVEさん

圭ママの 嬉し涙に もらい泣き

【作者解説】
フェラー戦の後、圭くんとお母さんがハグしていたシーンにはこちらもウルウルしました。

【netdash@鼻血コメント】
選考のポイント:感動
あの場面は感動しました。
私も同じ体験をしましたので1次選考通過です。
私はどちらかというとデルレイ優勝をご両親がご自宅でネット観戦されていたときの場面の方が泣けます。
 

エントリーNo.6:karukaruさん

いつになく おかずが多いよ おかあさん
勝ってる間の 期間限定

【作者解説】
なし

【netdash@鼻血コメント】
選考のポイント:笑
karukaruさんはこの作品以外にもユーモアセンス抜群の作品を多数送ってくださいました。
その中でも一番おもしろかったのがこの作品です。

意味が分からない方に解説しますと、このブログでは錦織の試合があるときには、対戦相手を「食べる」という意味を込めて対戦相手の名前に似た食べ物を食べる「応援フード」という企画が流行っておりまして、

錦織が勝っている間は応援フードを作ることによっておかずの数が増えてしまうという、ひょっとしたらkarukaru家で実際に起こっている光景を表現したのが本作品です。

 

次回に続きます。

 

 

9 件のコメント

  • おわ 選ばれてる。圭君とあまり関係ないと思ってたので解説はつけてなかったのです。すみません。
    えーっと 団長さんのおっしゃる通りです。
    我が家の食卓は圭君に左右されます。
    仕事→買い物→料理→夜中に観戦が続くと体ボロボロです。
    圭君ががんばってるので私も頑張らねば。という気持ちになります。

    解説してなくても、分かって下さる団長さん。さすがです。

      引用  返信

  • ブログ主及び読者の誰かブルーレイでWOWWOWの錦織3戦再放送を
    録画できる人いますか?

      引用  返信

  • とっても上品な作品が多いですね。
    団長好み?
    私には真似できません(爆)

      引用  返信

  • 私も~。
    選ばれて嬉しい~♪

    おまけに団長のお褒めの言葉つき。

    もうこれで十分満足。

      引用  返信

  • トミーロブレドFANさん

    残念ながら私はブルーレイ持っていません。

    takaさん

    時間がなくてtakaさんの作品を掲示板から吸い上げれませんでした、すいません。
    毒のあるのも好きですよw

    ゲオさん

    ゲオさんのは面白いけど、5-7-5になってないよwwww

    karukaruさん

    どれもおもしろかったです。リズムにも気を使っているのが分かりました。

    Nosaさん

    手伝ってくれ!!!
    とりあえず投票システムをプログラミングしてくださいw

    種丸さん

    いや、意外と男性が多い印象が。
    最近の受けの悪めなデータ関連記事(笑)でかなり読者が減ったような・・・www

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。