錦織検定 上級編 解答

お待たせしました!

答案提出者5人(笑)

Q1. IMGアカデミー(ニック・ボロテリーテニスアカデミー)にテニスコートは何面あるか?
(ボーナス)サーフェスの内訳まで答えることができたら+5点。

情報ソースによって面数にかなりばらつきがあることが分かりました。

IMG Academy代理店業務を行っているJapan Sports Training社によるIMGアカデミー施設ガイドによりますと、

USオープン仕様コート(ハード) 1面
全仏オープン仕様コート(クレー) 1面
ハードコート 34面
インドアコート(ハード) 4面
アカデミーパークテニスコート・ハード7面&クレー3面

計50面あることになっています。

一方で以前の記事で取り上げたように、Google Earthから見たIMGアカデミー全景では45面のアウトドアコートが確認できます。

これにインドア4面を合わせたら計49面・・・1面合いませんね。

他にも、スポーツ大陸では56面と放映されていましたし、私が検索して調べた範囲では、「47面」~「70面以上」の間でばらついていました。

中には「100面」というのもありましたが、さすがにこれは間違いでしょう。

IMGアカデミー内には、ボロテリー以外のところにもテニスコートがあるらしく、それが何面あるのか把握できなかったので、47面から「70面以上」まで正解とさせていただきます。

Q2. 錦織圭の現在のツアーコーチはグレン・ワイナーですが、これまでの錦織圭のコーチとなった人物を3人以上挙げなさい(松岡修造とニック・ボロテリーは含みません)。
(問題提供:Nosaさん)

(ボーナス)4人挙げることができたら+3点。各コーチの特徴まで言えたら1人つきさらに+2点。

柏井正樹(松江グリーンテニス)・・・前後(縦)の動きを重視した。
米沢徹(錦織と一緒に渡米)・・・フォアハンドを軸に攻撃を組み立てるプレースタイルを継続、さらに進化させた。
Ariel Gaitan・・・技術面で様々なアドバイスをした。
シーザー・カスタネーダ・・・試合に負けても落ち込まないように配慮した。

Q3. 錦織圭モデルのラケット,Wilson [K] Tour 95の重さ(g)、バランス(mm)、長さ(インチ)を答えなさい。一般販売用のスペックで結構です。
(ボーナス)私に1本進呈してくれたら+10000点。

288g、340mm、27.25インチ。

Q4. 錦織圭は2007年にATP/ITFの試合で同じ相手に三回負けています。それは誰?
(ボーナス)大会名まで答えたら1大会につき+1点。スコアまで言えたら1大会につきさらに+2点。

ペルーのイワン・ミランダ

サンチアゴチャレンジャーで6-3 5-7 6-7(12) ←惜しい!
USA F6で4-6,4-6
Tunica Resortsチャレンジャーで2-6,2-6

同じ相手に3連敗は悔しいでしょうね。次に対戦するときは絶対勝ってやる、と思っていそうです。

Q5. 錦織圭の2008デルレイビーチでの優勝は、ATP史上何番目の若さでの優勝だったか?
(ボーナス)歴代20位までのうち10人以上言えたら+5点。

14番目。
歴代の最年少優勝記録についてはこの記事をご参照ください。
コメント欄記載の調査データ(by Mさん)は必見。

Q6. 錦織圭の初めての全国優勝となった2001年全国小学生大会、決勝相手選手は誰で、現在、何をしている?
(問題提供:亀の子iwaさん)

(ボーナス)そのときの出場選手を錦織含めて5人言えたら+5点。

長谷川 祐一選手で、現在慶応大学1年生です。

当時の出場者はこのリンクをご覧ください。

Q7.錦織圭が戦った初のトップ50選手の名前と大会名は?
(問題提供:takolinさん)
(ボーナス)錦織圭が戦った初のトップ100選手の名前を言えたら+5点。

昨年のインディアナポリスQFで当時27位のドミトリー・ツルスノフと対戦(敗退)したのが初でした。

初のトップ100選手は同大会1回戦でのM.Berrerでした。

すいません、また途切れ途切れですが、本日はここまでで・・・。

9 件のコメント

  • みなさま、どうですか?
    私はかなーり、イイ感じですw
    答案提出者1人増えてますね。
    師匠がギリギリ間に合ったかな。

      引用  返信

  • コーチのとこが自分が調べたのと1人違うような・・
    スマッシュかなんかだったからまた見よっと。

    ミランダかぁ・・・ヤングにしちゃった、てへ♪

    今朝の読売新聞32面に「yorimo」ヨリモ・イチ押し! に
    「錦織選手 間近に」AIGオープン CS/SS席で という見出し!!

    内容
    話題のチケットをヨリモ会員向けに案内する「プレミアムチケット」は、新しいラインアップを今日28日午前10時から受け付ける。 注目は、テニス界の新星、錦織圭選手=写真上=が出場する「AIGオープン」(9月29日~10月5日、東京・有明コロシアム)。ヨリモでは、コートサイド席(CS席)と1階指定席(SS席)のチケット(10月3日の準々決勝、4日の準決勝、5日の決勝)を確保。遠方の会員のために宿泊ツアーも用意し、いずれも抽選で販売する。
    と、ありました。 一応お知らせしておきます☆

      引用  返信

  • Q1、取材番組の内容とは全然違うんですね~。いろいろ見直したけど、正解じゃなかった。
    Q5、ATP史上というところがミソ?
    う~ん、間違ってしまった~。取れそうな問題だったのに。
    Q6、私もカンニングしたのに、あれれ?って感じ。
    唯一がんばった回答でした。

    論文形式?の部分がどこまで点数加点してくれるか、
    それにしても赤点以下なのは間違いなしだぁ~。

    難しい、むずかしい~。

      引用  返信

  • 私は松江在住のテニス愛好家なんですが、よく圭君の幼少時代のコーチ、柏井コーチの存在をご存知でしたね!?
    ソースはどこでしょうか?雑誌等に載っていたんですかね?

      引用  返信

  • in matsueさん

    「スポーツ大陸」と、その元となったNHK中国の番組(ふるさと発)に柏井コーチが出演されていました。

    ので、錦織ファンの間では柏井コーチはかなり有名ですよ^^

      引用  返信

  • 亀の子iwaさん、
    2ページ目以後があったんですね!
    見事に間違えました。
    よって、私は上級編は90点でした。

    in matsueさん、
    錦織選手をより深く知り、より良い応援をするべく、日々研鑽を積んでおります。
    柏井コーチに、最初に型にはまらない指導をしていただいたことは大きな意味があったと思います。

      引用  返信

  • 亀の子iwaさん、すいません。せっかく問題提供してもらったのに、確認したらNosaさんと同じで、PDFファイルの2ページ目を見逃しました。

    で、SFの対戦相手の和田選手が決勝の相手と間違えちゃいました。

    直しておきました。

    in matsueさん

    コメントありがとうございます!
    Google Trendで見ると、「錦織圭」で検索する人の中の松江比率が異常に高いんですよw

    ということは、このブログも結構な数の出雲人が見ている・・・と思われます。

    私も仕事で1回だけ行きましたが、松江は情緒あるいい町ですね。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。