2014ワールドツアーファイナルズ グループセッション フェデラー戦プレビュー

鼻血対象試合が続きます。本日は王者フェデラーとの対戦です。

皆様の興奮も最高潮だと思いますが、これからもっと盛り上がるかもしれませんので血圧と鼻血にはご注意を・・・。

十分、皆様も錦織圭がこの舞台に立ち、立派に戦っている姿に感銘を受けていらっしゃるとは思いますが、なんか麻痺してしまってピント来ない感じもします。

冷静に考えてみましょう。

一昨日勝利したマレーはウィンブルドン&USオープン&オリンピックチャンピオンです。
また、これまで3回対戦して1セットも奪っていませんでした。
これまでボコボコにやられていた試合を思い出してください。

今日対戦するフェデラーは17回のグランドスラム優勝を誇るテニス史上最高の選手です。
私はよく覚えています。クレーのナダル以外はどうやってこんな選手に勝つの?無理でしょ!という選手でした。
2006年には来日しましたのでそのプレーを生で観た身としては、同じ舞台に立っていること自体が感慨深いのに、

今日の試合は勝てるかどうかわからない。圭は本当に強い。
(錦織との試合を控えたプレスインタビューにて)

とまで王者に言わせてしまうなんて!これだけで鼻血バケツ1杯出ちゃいそうです。
ホント、最大級の賛辞です。

同時に王者の闘志も感じます。

「勝てるかどうかわからない(けど全力で勝ちに行くぜ!)」

という気持ちの表れでしょう。
共に攻撃的プレーを身上とし、速攻を武器とする選手。
試合運びのうまさ、勝負強さも共通点があります。

4強の間で数々の名勝負が繰り広げられてきましたが、4強と錦織の対戦も今後、それらに匹敵するものになると期待しています。
今日もお互いのプレーが噛み合った名勝負となる可能性は高いでしょう。

サービスゲームの総合力はフェデラーが上、経験と実績、ネットプレーは断然フェデラーが上でしょう。
ディフェンス力とクイックネス、バックハンドは錦織が上だと思います。

リターン力は判断が難しいです。フェデラーはミスもしますけどリターンの種類が多く、チップアンドチャージもある。
ブロックリターンからラリーに繋げる上手さもあります。
錦織はリターンのボールの質が高く、セカンドサーブを叩く技術の精度を今年大幅に上げました。特にバックハンドの高い打点からのストレートはダブルハンドならではのショットで決定力十分。

総合的には五分五分としか思えません。逆転の錦織といえどもフェデラーにペースを掴まれたら苦しいので、1stセットは最悪、取れないまでもある程度以上の内容が必要になると思います。

好材料は、フェデラー相手だとチャレンジャー精神で臨むことができる点だと思います。すでに1勝を挙げていることも精神面の安定に貢献してくれるでしょう。

 ATPツアーファイナルRRその2 vs.ロジャー・フェデラー 対戦情報
      
 Barclays ATP World Tour Finals (ATP1500)
 [Surface:Indoor Hard,Draw Size:S-8]       
 Group B
 Round-Robin:2/3
      
対戦相手:Federer, Roger (SUI) 2位 33才

  • キャリアハイ1位(02.02.2004)
  • シングルスの通算タイトルは現役最多の82(2位はNadalの64)。今季はMS2大会を含む5勝。
  • 上海では初戦のMayer(25位)にこそ大苦戦したものの、Djokovic(1位)を含む3R以降の4選手には全てストレート勝ちし、圧巻の優勝。
  • 続くバーゼルでもDimitrov(11位)やGoffin(28位)にストレート勝ちし、2大会連続の優勝を飾る。
  • その翌週のパリMSではQFでRaonic(10位)に6-7,5-7負け。
  • 本大会のRR:1/3ではそのRaonic(8位)に6-1,7-6で雪辱。得失ゲーム差で圭を上回り、現在Bグループ暫定トップ
  • 全米以降の公式戦成績は15勝1敗(圭は13勝2敗)

対戦成績
 2勝(2013マドリード3R、2014マイアミQF:3-6,7-5,6-4)
 2敗(2011バーゼル決勝、2014ハレSF:3-6,6-7)
      
試合日時
 現地時間:11月11日(火) 12:00開始の第2試合 NB14:00
(日本時間:11月11日(火) 21:00開始の第2試合 NB23:00)

 ※夜23:00(日本時間)ジャストにスタンバイしましょう。
        
天候予報:インドアのため影響なし
      
生観戦手段

  • ATPの公式ライブスコア
  • BS朝日によるBSテレビ中継
  • GAORAによるCSテレビ中継
  • スカパー!オンデマンド(GAORA)によるライブストリーミング

勝利獲得Pt:実質200pt(11/17付最高5位)+鼻血?
      
平均OddsFederer1.42 vs.圭2.84
 
応援フード

キタキタ~、夢の舞台の中の、更に夢の対戦が!
おじやグツグツに煮て、熱く応援するぞ~

蘭丸さんも、おじやなんですね 嬉しい~ (^ ^)

micchi

food-federer5-micchi

66 件のコメント

  • フェデラーの圭君に対する言葉を見たいのですが見つかりません。フェデラーとナダルはずっと前から圭君のことを評価してくれていましたが、まさか勝てるかわからないとまで言ってくれるとは。感無量です。泣きそうです。

      引用  返信

  • 団長、そうです、昔、アラジが好きだというインタビュー記事を読んだことあります。
    ジュニアで、ヨーロッパ遠征してた頃だと思います(遠い目^_^;)。
    思えば、遠くまで来たもんだ。

      引用  返信

  • あれ、途中から見始めたんですが、今日は手首にテーピングしなかったんですか!?今は巻いてないように見える!

      引用  返信

  • どなたか手首がどうとか、というコメントしていた方がいらっしゃいましたが
    今日はサポーターもしてませんし、そういうそぶりもない(普通に練習している)ので
    心配ないんじゃないですかねえ

      引用  返信

  • 私もエースをねらえをみてますよー。何度めー。笑。
    かさなりますよねー。圭くんと♪
    手首大丈夫なんですねー。よかったー。
    幻の全米決勝・・・楽しみすぎる♪
    フェデ様も大好きなのでほれぼれと見れそうです♪
    いつもいつもありがとうございます♪
    ロンドンからのお話もとっても楽しいです♪
    ありがとうございます♪

      引用  返信

  • うう〜ん、いても立ってもいられない。モード笑

    今夜は歌舞伎町のスポーツバーに応援に出撃ロジャー

    錦織人気でテニスもやってくれてるんですね!
    ビハスマップという所の予定
    店があふれてないことを願ってます^_^
    でもタクシー帰宅かな?

      引用  返信

  • 手首にテーピングしてませんでしたね。
    良かった!

    ATPのLive BLOGでフェデラー対圭くんどちらが勝つか予想投票してます。これでは圧倒的に圭くんが勝ってます。日本からの票かな?
    会場でもフェデラーファンに圧倒されないといいのですが。
    現地組、応援よろしくお願いします

      引用  返信

  • すてぽんさん、笑ってしまいました。うちとは逆です。これは日本の一大事なんだーと言っては、ハイハイとなだめられてます。

    ひろまるさんのスイス人の旦那様の上から目線もうちと一緒です!うちの夫はスペイン人ですがテニスの話をすると上から目線。むっとします。でも今年は珍しくウィンブルドンまで毎朝夜明けに送ってくれたので夫婦円満。よって錦織選手の夫婦円満貢献説に一票!

    渋滞で遅れて練習見れません。せっかく詳細情報頂いたのに。

      引用  返信

  • キジムッタさんのコメントに鼻血ですw
    錦織選手の活躍はまさに夢を追う全ての人にエネルギーを与えていると感じます。
    ロジャー戦楽しみですね♪

      引用  返信

  • 初めて投稿させていただきます。
    こちらのブログではいつもたくさん情報をいただき、本当に感謝感謝です。
    教えていただくばかりで、こちらからは何も情報を提供できない事が申し訳なく、どうしてもコメント投稿できませんでした。

    でも今回だけは、現地応援組の方にお伝えしたいことが!!
    いえ、情報とかではないんですが。

    現地応援組の皆様
    テレビで日の丸が映るたびに、“あ、もしかしてこのブログの現地応援組のあの方かしら?この方かしら?”
    などと勝手に妄想して、一人でふがふがしております。

    遠く離れた日本からも強烈な念を送りますので、
    どうかどうか現地の圭に日本語で生の声を、私たちの気持ちを伝えて下さい~~。
    超アウェイの中、圭に付いていてくれる現地応援組の方の事も、全力で応援しています!!

    必勝!!!!!

      引用  返信

  • そういえばナダル、ジョコビッチ、マレーの3選手とはGSで対戦してますが、フェデラー選手とはMSより上の舞台で対戦するのは初めてですね~フェデラー選手は全盛期とはいえませんが、全盛期とは違った魅力を身につけ進化したフェデラー選手とツアーファイナルで対戦できるのは幸せですね!だからこそ倒してほしいですね!

      引用  返信

  • さあ、今日も思いっきりやってくれ!現地応援組の皆さんお願いしますね。

      引用  返信

  • 11才のときフェデラーは20才まだ憧れの対象ではないのでアラジだと思います。日本人は尊敬しながら抜き去っていく思想があります。私はそっちの錦織選手のニシコリイズムが好きです。はなっからペースはやくないか?

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。