【緒戦28日(土)深夜~29日(日)早朝か】みんなで作る2015マイアミ(マスターズ1000)の展望

コリコリさんが、人事異動により今後かなり忙しくなられるとのことで、いつもの大会前展望の更新をすることが難しくなる状況だそうです。

一方で、エクストリーム社畜である私の方は1年間の最大のピークを超え、少なくとも5月くらいまでは多少はブログに時間を割くことができそうな状況です。また1年以内には元の事業所に戻してもらえるかな~という期待もあり、そうなれば片道2時間弱という通勤地獄ともおさらばできそうな状況です。

というわけで、マイアミ以降は大会展望は私が引き継ぐことにいたしますが、コリコリさんレベルの下準備は現段階ではできそうにないので、皆様のヘルプを得つつ段階的に作り上げる手法を取りたいと思います。

さしあたって、日本人選手のWC、DAなどが1つ前の記事で活発に情報交換されていますので、こちらの記事に引き継いでコメントしていただけますようお願いします。

また、大会の豆情報などもよろしくお願いいたします。

大会情報

大会名:Miami Open (マイアミオープン) マイアミ・大会公式ウェブサイト
期間:2015/3/25 ~ 2015/4/5
カテゴリー:Masters 1000
サーフェス:ハード(アウトドア)
ドロー数:96
ポイント:優勝 1000、準優勝 600、ベスト4 360、ベスト8 180、4回戦 90、3回戦 45、2回戦 25(シードは10)、1回戦 10(WCは0)

スケジュール

ドロー抽選:日本時間3月24日 AM1:00から

錦織圭 今大会の過去の成績

2014 ベスト4 (vs. ジョコビッチ、試合前棄権)
2013 4回戦 (vs. フェレール)
2012 4回戦 (vs. ナダル)
2011 2回戦 (vs. ナダル)
2008 1回戦 (vs. モンタネス)

対戦相手(3R以降は予想)

1回戦 bye
2回戦 ゴルベフ or ユーズニー
3回戦 トロイツキ or バグダティス or ボレリ
4回戦 ゴファン or バウティスタ=アグート
QF ラオニッチ or ディミトロフ
SF ジョコビッチ
F ナダル or マレー

2015マイアミ 男子シングルス本戦ドロー

エントリー情報

日本人選手エントリー状況

本選DA 錦織圭(#4シード)
本選DA 添田豪 1R vs. Sock
予選DA 伊藤竜馬 予選1R敗退
予選WC ダニエル太郎 予選2R進出
予選Alt.からIN 西岡良仁 予選1R敗退
予選DA(女子) クルム伊達公子 予選1R敗退

シード順(3/23ランキングによる)

※赤字はお互いに勝ち上がれば錦織と対戦する選手

#1~#2(SF対抗シード)
・Novak Djokovic SRB 10勝1敗 ×
・Rafael Nadal ESP 10勝2敗 ×

#5~#8(QF対抗シード)
・Milos Raonic CAN 8勝4敗
・David Ferrer ESP 11勝1敗
・Stan Wawrinka SUI 6勝2敗 ×
・Tomas Berdych CZE 10勝3敗

#13~#16(4R対抗シード)
・Roberto Bautista Agut ESP 5勝4敗 ○
・Ernests Gulbis LAT 1勝4敗 ○
・Kevin Anderson RSA 8勝4敗
・Tommy Robredo ESP 4勝4敗 ○

#25~#32(3R対抗シード)
・Bernard Tomic AUS 12勝3敗
・Lukas Rosol CZE 2勝6敗 ○
・Santiago Giraldo COL 4勝5敗 ○
・Adrian Mannarino FRA 6勝5敗
・Fernando Verdasco ESP 5勝4敗 ×
・Gilles Muller LUX 2勝4敗 ○
・Jeremy Chardy FRA 3勝4敗 △
・Viktor Troicki SRB 6勝4敗 ○

ワイルドカード(主催者推薦出場選手)

Hyeon Chung, KOR
Kyle Edmund, GBR
Ryan Harrison, USA
Andrey Rublev, RUS
Thanasi Kokkinakis, AUS

欠場選手

フェデラー(実績ありの選手に対する特例ルールによる欠場、ペナルティなし)
チリッチ
コールシュライバー
ガスケ
ベネトー
フィッシュ
セッピ
キリオス
ステパネク

要注意ノーシード

・Donald Young USA 9勝5敗
・Jack Sock USA 3勝1敗(IWダブルス優勝) ○
・Juan Monaco ARG 8勝4敗 ×
・Simone Bolelli ITA 5勝5敗(マルセイユでRaonicに勝利) ○
・Sergiy Stakhovsky UKR 9勝5敗(マルセイユでWawrinkaに勝利) ×
・Marcos Baghdatis CYP 5勝3敗 ×
・Borna Coric CRO 5勝5敗(ドバイでMurrayに勝利)
・Borna Coric CRO 5勝5敗(ドバイでMurrayに勝利、現在本戦Alt.1番手)

260 件のコメント

  • bucchiさん
    シャラポア負けたんですか
    対シャラポア戦楽しみでしたが その新星さんとの方がチャンスかな
    あのシャラポアを破ったのだから勢いも力もあるでしょうが若手と言う事で経験値が違いますもんね

    気絶(寝落ち)から目覚めたら もうナダル戦半分終わってた‥
    アルマグロ もうちょい頑張って もつれる試合期待してたのに残念

      引用  返信

  • http://hotshot.jp/news/9568
    今更ですが IWのダブルス決勝戦の記事です。
    錦織選手の活躍によって 今までなら気にもしなかったであろう選手達の魅力を発見できて良いですよね~(^^)/

      引用  返信

  • 下団さん
    IWダブルス決勝の記事ありがとうございます

    シングルスとは違うスピード感と駆け引きが面白くてダブルスも大好きですが
    普段ダブルスはなかなか観られないのでスーパープレー集嬉しいです♪
    シングルスでも結果出してるプレーヤーのダブルスでの活躍は凄いですよね
    フィジカル的にも負担大きいし 気持ちの切り替えも必要だし 大変だと思いますが観る側としては楽しみです

      引用  返信

  • 甲府FUで内山選手は決勝進出!アキラ選手は敗退(T_T)してました。
    内山選手には しっかりと優勝してほしいですね!

      引用  返信

  • 甲府Fu、アキラ選手残念でしたね。うっちーとの対戦見たかったな。そのうっちーは第1シードを守って決勝進出。明日は優勝目指して頑張れ*\(^o^)/*
    少し前の記事ですが、アキラ選手のインタビューがちょこっとだけ載ってます。コメント、面白い!!!(≧∇≦)タメ口って…ローラか(笑)。
    http://tennis-nobu.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_4e9/tennis-nobu/05-bffbd.jpg?c=a12

      引用  返信

  • 甲府Fu、今のランキングでは内山選手の方が上ですが、実績はWu選手の方があって、これまでも勝った事なかったようで、勝って良かったです。明日も勝って優勝して欲しいなぁ。
    http://tennis.jp/yasutaka-uchiyama/

    アキラ選手は残念だったけど、筑波Fuにもエントリーしているので、もう1週間頑張って欲しいですね。(ランキング的には予選からですが、SEがもらえるはず。)

      引用  返信

  • 甲府FUの決勝戦で内山選手は敗退(T_T)昨日の勝利が良かっただけに残念。
    昨年から続く 良い試合の次の日に勢いに乗れずに落ちて敗戦してしまうのは ポイントが多くなる上位ラウンドでは勿体無いし ランキングが上がらない要因になっていますよね(>_<)

      引用  返信

  • 下団さん

    内山選手負けちゃいましたね。
    何か大事な所でもう1踏ん張りって感じですよね(T^T)。
    筑波Fuでも#1なので、頑張ってもらいましょう。

    それで、筑波Fuの本戦ドローが既に発表されています。
    中川-山崎(純)、サンティラン-綿貫(裕)が1回戦であって、その勝者同士で2回戦を戦うなんて、ちょっと観に行きけど、年度末/年度初めはとてもとても休めないしなぁ~(–;)。
    http://www.itftennis.com/procircuit/tournaments/men's-tournament/info.aspx?tournamentid=1100034153

      引用  返信

  • Linus さん、デ杯とかで飛躍する切っ掛けを沢山 掴んでいるのに勢いに乗れない、踏ん張れないのが勿体無いですね(>_<)
    筑波Fuは内山選手、仁木選手には全仏予選DAへむけての大事な試合になるので頑張ってほしいですね・・・アキラ選手、中川選手、山崎選手等の若手選手も飛躍への足がかりを築いてほしいですm(__)m

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。