【応援フード追加】今季好調のハードヒッターを止めよ!2016マイアミ4回戦 vs. バウティスタ=アグー

(Roberto Bautista Agut @ 2014 US Open)

試合の展望

眠い目をこすりながらアグーとツォンガの3回戦を、ファイナル6-5まで見ました。
(そこまで見たら最後まで見ろよ!と言われそうですが、どっちが来るとしても感じはつかめたので寝ました。)
正直言ってかなり強い相手だと感じました。
ツォンガは、最後は1stサーブを大きく外す場面が多々あり暑さの影響が伺えたものの、プレーは良かったと思います。
力と力のぶつかり合いでネットプレーあり長いラリーありの激しい試合でした。
アグーのフットワークが光りました。コートの右端から飛ぶようなフットワークでフォアに回り込んで逆クロス。これで有利な場面を数多く作っていました。
アグレッシブにプレーしている割にはエラーも少なく、今季すでに2勝を挙げている好調さそのままに今大会を迎えた感じです。
試合序盤からコートチェンジの際には首に氷タオルを当て暑さ対策も万全。
錦織との試合はナイトマッチになるみたいなので、そこまでの対策が必要かどうかはわかりませんが、錦織もしっかりとできる準備はして臨んで欲しいと思います。

この試合を見る前まではサーブのあるツォンガの方が嫌かなと思っていましたが、試合を見て考えを改めました。アグーの方が怖いですね。
フォアの逆クロスを呼んでバックストレートを精度良く打てればよいのですが。そんなにスーパーショットじゃなくても・・・。
余裕がなくなるとバックストレートは精度を欠くことが多いと思うので少し心配です。

【20:45追記】
内田暁さんの記事によると、3回戦のサーブの好調の要因はプイユ vs. フェレールを見てプイユのサーブのフォームでイメトレをしたことによる模様。

サービス好調の陰に意外な理由あり? 錦織圭が快勝で4回戦へ:マイアミ・オープン(内田暁) – 個人 – Yahoo!ニュース

すごく分かります。その昔テニスをTVで見ることがあまりなかった時代、GSを見た次の日のテニスは絶好調でしたもん。
やっぱりイメージは大事です。特にサーブはほんの僅かなタイミングのずれが結果に大きく響く繊細なショット。
引き続きプイユのイメージで行ってもいいし、いいフォームの選手をどんどん見てイメージを膨らませて欲しいですね。

試合情報

大会名(カテゴリー):Miami Open Powered by Itau (Masters 1000)
サーフェス:ハード
ドロー数:96
ラウンド:4回戦

試合日時

現地時間 3月29日(火) 21:45以降
日本時間 3月30日(水) 22:45以降
@ GRANDSTAND (試合進行遅延によりSTADIUMから変更)

対戦相手

Roberto Bautista-Agut (ESP) ロベルト・バウティスタ=アグー(スペイン)

  • 第17シード、ランキング18位(最高14位)
  • 27歳、183cm、76kg
  • 今年の勝敗(ATP250本戦以上):18勝5敗(錦織は16勝5敗)
  • 全豪はKlizan、Lajovic、Cilicを破ってベスト16進出。Berdychに6-4,4-6,3-6,6-1,3-6で惜敗。
  • AucklandとSofiaと、すでに今年2勝。
  • 今大会は2回戦Bedeneに7-5,2-2,ret. 勝ち、3回戦Tsongaに2-6,6-3,7-6(3)勝ちで4回戦進出。

過去の対戦成績

3勝0敗
2015 Madrid R16 Kei Nishikori 6-3,6-3
2015 Barcelona QF Kei Nishikori 6-2,3-6,6-1
2014 Barcelona R32 Kei Nishikori 6-1,4-6,6-3

生観戦手段

応援フード

ROMさん、アイデアありがとうございました!
ハードヒッターアグー選手のプレイは、見ていて胸がスーっとします
ふたりとも昨日とは全く違う時間帯の試合で、アジャストするのが大変でしょうが
そこは、『俺たちはプロだぜ~』って感じでやっちゃってくださいね
直球アグー選手への圭くんの変化球、楽しみにしてるからね~

micchi

food-agut4-micchi

46 件のコメント

  • アグー、ゴファン、フェレール・・・このあたりの錦織と似たストローカー対決はいつもフルセットにもつれることが多いですね。その反面ビッグサーバーとの試合と違って調子を整えやすいと思います。

    夜のおねむ(笑)は気になりますが、暑さから逃れて良い試合ができることを期待します❗

      引用  返信

  • この試合に限らず、全てのテニスの試合でキープをするためにはサービスポイントが必要です。
    ラブゲームやデュースを除くと毎ゲーム5,6ポイント中2ポイントをサーブで取るのが理想です。
    逆にいえばラリー戦だけでキープは絶対に出来ません→ブレイクされます。
    よくビッグサーバー対策にリターンを返すことがありますが、これは全ての選手に当てはまります。
    錦織選手はミスが多いイメージがありますが、これは(エースではない)相手のミスも含めたサービスポイントが少ないことが原因です。→ラリーになればどうしてもエラーは増える。
    ジョコビッチとの差はここにあると思うし、マレーが劣化したのもこの部分だと思います。
    エースを増やすことは無理でも、サービスポイントを増やすことは可能です。
    テニス観戦をしていく中でこういうところに着目すると面白いかもしれません。

    長文失礼します

      引用  返信

  • 圭くん、マイアミに着いたときのインタビューでも、「サーブが良くなってきている、進化している」と言ってましたが、
    サーブへの関心が強くなってきて、自分のサーブを利用してのゲームメーキングに自信をつけてきているように思います。

    少しでも早く紹介したくて、内田暁さんの記事です。

    http://bylines.news.yahoo.co.jp/akatsukiuchida/20160329-00055972/

    僭越だったらごめんなさい。

    ドルゴ君との試合では、楽しくなって、マックスまで出しちゃうかと思いきや、本気出せば取れる球を見送ったり、少し自重気味に試合をまとめていたように思えました。
    アグー戦でも、相手のマックスをしっかり受け止めてから、今日の自分の出力を決める、ジョコのような試合運びを見たいです。

    ラオ君も、ソック戦で、そんな王者の雰囲気出してました。
    攻撃しないとやられるという感覚に囚われて、ここぞというところでミスが出てしまうソック君を見て、圭くんとラオ君が既に昇ったステージの高さを実感しました。

    後は体調だけが心配です!

    またも、素人の感覚的な妄想、失礼しました。

      引用  返信

  • @おばっち さん

    テレビで見て、あいつのサーブいいな、と思ってやってみた(らできた)。

    ってどんだけ~(古い・・・)って感じですね。
    感覚的なものなのでしょうが。

    次戦はおそらく機中の人なので見れないと思いますが、心では熱く応援しています!

      引用  返信

  • @s さん

    サービスポイント、5〜6ポイント中2ポイントですか? 2/5.5として36%ですね。エルベール戦はエースなしでフリーが13本でした。全部で63ポイントでしたから、13/63=21% 1stが試合を通して56%と苦労したので、こんなもんですかね。でもドルゴポロフ戦はエース3、フリー12。全部で45ポイントなので、15/45=33% 。36%には満たないけど、かなりいい線行ってますね。プイユのどこを見て何が閃いてサーブがよくなったのかわかりませんが、エルベール戦との主な比較では、1st 56%→67% 110mph以上% 31%→65% 120mph以上本数&% 6&17% → 1&100% そしてサービスポイント% 21%→33% 1stの平均スピードも確か106〜108だったのが、112に上がってます。どれも飛躍的に向上してます。アグー戦ももプイユをイメージしてサーブを打つべし!

    明日はナイトセッションで、スピード表示がテレビでは見えにくいので楽しみが減りますが、そのぶん別の意味で試合に集中して応援できるので、さらに気合いをいれで応援します。

      引用  返信

  • 皆様、専門的な情報をありがとうございます。マレー選手もツォンガ選手も敗退して、混沌としてきましたが、圭君には自分を見失わないで、自分のテニスを貫いてほしいです。今回はチャンス、と思った瞬間が案外危ない気もします。体調面でも調整が難しいとは思いますが、どうか悔いの残らない試合を、目の前の試合一つ一つに集中して納得のいく試合を期待しています。ただ、絶対無理はしないで下さいね。明日も全力応援します。

      引用  返信

  • 落ち着いているけど、決してつまらない試合では無い。
    錦織選手のそんな試合を見ると、頼もしく思います。
    サーブが進化して、団長さんがおっしゃった
    「攻め急がない、ただしチャンスは見逃さない」
    を実行できたら、どこまでいけるのかとても楽しみです(^_^)

      引用  返信

  • 団長の見立てでは、アグー手強そうですね。
    自分はツォンガとのラリーを見ても怖さをあまり感じなかったのですが、これは気を引き締めて応援しなければ。
    仕事中なので、ライスコチラ見が精一杯かも知れませんが、気持ちは全力です。

      引用  返信

  • アグー選手、12年のモスクワ250で伊藤選手と対戦してまして、伊藤選手の勝利。
    当時は、伊藤選手が第8シードでの出場で、アグー選手も その年に100位以内に入ってきた新鋭でした。
    スペイン勢らしく、クレーコートが得意なのかな~とか思っていたら、初のツアー決勝進出はハードコートで、初優勝が14年の芝の大会。それから 1ヶ月後にはクレーコートで2タイトル目を獲得しました。
    その後はハードコートでの活躍が目立ったと思いますが、タイトル獲得には至らずでした。が、今シーズンに入ってから、屋外ハード(オークランド250)と室内ハード(ソフィア250)の2タイトルを獲得。
    つまり、芝、クレー、屋外ハード、室内ハードと4種類のサーフェイスを制したことになりますが、これは素晴らしい記録です。
    ハードコートでは初対戦?ですし、要警戒の強敵だと思いますm(__)m

      引用  返信

  • まず下団コーチ、別トピでの質問の回答が遅れ、申し訳ございませんでした。あまり適当なことは言えず調べてからにしようと思い。ウィキによると、「潮風(しおかぜ)とは、海岸付近において、潮の満ち引きによる海水の流れがある時に吹く風のうち、海から陸の方向へ吹くものを指す。潮風の影響により、海水が吹き上げられて波飛沫となり、内陸部奥深くまで運ばれ……‥‥」だそうです。会場はスタジアムの上から昨日も見てみましたが、海岸線から200か300メートルくらいは離れていると確認できます。コートに吹く風が潮風なのかどうか・・・結局私には判断できません(._.)。ごめんなさーいw。まあ海岸線からコートまで、ジャングルぐらい木が生えていて遮るものはありそうですが。

    昨日の圭君、試合の流れの割には辛そうでしたね。有利になった時でも口角が少しも上がらない(いつもはしますね)。過去2日とは比べ物にならないくらい日差しは楽でしたが湿気はありました。もともとの体調も病み上がりのようなことを書かれている方がいらっしゃいましたが、確かに表情やポイント間のしぐさでそのような感じもしました。2セットめ、アレックスは  ” I’m playing worst. Worst play.” と呟いていました。WF後に苦笑いもしましたね、皆さんも見れたと聞きました。圭くん、試合後はホッとしたのでしょう。客席に投げ込むボールをちょっとふざけた感じでピッチャーのように素手で投げていました。「このコンディションでプレイするのは大変だった。ここはホームから2時間しか離れてないからすごく心地よくプレーできる。」で大歓声が起りました。

    そのままの席にステイして、その後すぐにツォンガとアグートを観ました。パワーだけでなく、スキルもツォンガの方が上だなあと思っていましたが、2セットめのアグートの粘りが効きました。ツォンガの弾丸独り言、もう毎ポイント毎ポイント凄かったです。リターンの時「俺の足動いてねえ」、そして「こんな靴じゃあ裸足でやった方がまし」から数十分後、まだ「何なんだこの靴は」とまだ言ってる。アグートはご存知の通り、本当に感情を外に出さないですね。ミスしても冷静、ナイスハッスル後の奥深くクロスのコーナーを狙った球、など観客がどんなにエキサイトしても無表情。そして、とても頭が良く、相手の位置の読み、判断力が優れている選手ですね。最後のタイブレになった時はもう自分でプレーした方がまし!(こういうことありませんか、プレーヤーの皆さんw)と思うくらいドキドキしましたが、もうツォンガの自滅でしょうか。靴変えたのに。WF二本や比較的簡単ボレーをネットに掛けたり。
    アグートの沈着冷静なテニスが好きなのと、この時点ではまだブライアン兄弟とのダブルスを棄権していませんでしたので、彼が勝てて本当に嬉しかったです!

    スタジアムに移動してディミVSマリー。まあ、マリーがミスするする。ラケット5回くらいベンチに叩きつけていましたね。1番上の席に行って、海と一緒に観ていましたが、それでも大きく響く音でした。ちなみに高い席(値段ではなく高度が!)もいいものですね! 特に夕方はすごく気持ちがいいです。椰子の木郡や、水平線、客船、ダウンタウンのビルが見えます。ゆったりした気分で見れますから、4階席を買った人はわざわざ上に、背もたれのある最上の席に行きたくなる気持ちがわかりました(ガラガラなのでみんな適当です。座りたいところに座っている)。コートも想像以上に近くて観やすいのですね!  
    モンフィスVSクエバスは、モンフィスが危なげなく勝利。そのままソックVSラオ。ラオが差を付けるのかもと思っていましたがやはりサーブ力はジャックにもあります。1セットめは互角の戦い。面白い試合でした。この時点では寒いくらいになっていましたので、今日の圭くんマッチ、気温は楽です! 23度くらいの予定。ただ、マッチ開始前、6,7時間前から 30%、40%とどんどん降水確率が上がり、8時には60%となっています。そのあとは止むようですが、前の試合が遅れる可能性も少し考えられますね。会場の人によると、少しくらい雨が降ったってそのままやりますよーと(笑)。ワシントンではポツポツで即中断でしたけれど。
    せっかく遅いフライトにしたのに、現地の夜9時以降の開始ではもう諦めがつきました。このマッチは観られませ〜ん。今日はデイのみ、観てきます。

      引用  返信

  • ゆきんこり さん、ありがとうございます(`・ω・´)ゞピシッ!
    若い頃に海の近くのコートで開催された大会に出場したのですが、普段よりも疲れた、暑さにやられた印象がありまして・・・ありがとうございましたm(__)m

    最後のタイブレになった時はもう自分でプレーした方がまし!(こういうことありませんか、プレーヤーの皆さんw)・・・激しく同意ですヾ(≧▽≦)ノ

      引用  返信

  • 圭くんを応援するにあたって、皆様の様々な想いとか…あるとは思います。優しく応援してくれたら嬉しいです。とは言いましたが、サーブさえよければキング…キングゴングです!やってくれ圭くん!!!

      引用  返信

  • GAORAのEPGは、12時までに変更されてましたね、よかった。
    それ以降の延長はないのかな?分かりませんが。

    テレビで見て真似してみたらできちゃった?
    運動音痴には、考えられない次元の話、いやはや天才ですね。
    そんな人がいるのかー。
    しかも、団長さん、その感覚がよく分かるんですね?
    すごいなー。

    アグー選手、そんなに冷静な感じなんですね。
    明日はアグーと錦織、静かな闘志の対戦になりそうですね。

    明日も水ぼうそう息子とお休みなので、ゆっくり見られるのがうれしいです。
    一緒に応援しようっと!

      引用  返信

  • “アグーはやっぱり、実直ストローカーで、そんな彼のプレーを、圭は大好物としている”というのが、私の中での、アグーのイメージですm(__)m←ゴファンとかといっしょで、圭が上位互換(^_^;)💦
    なので、圭の体調さえ万全なら、問題ないと思います!p(^-^)q♥
    ドルゴ君とのストローク精度の差が、あそこまであるなんて、ちょっとびっくりでした❗(;A´▽`A♥
    ひと昔前の、“玉の行方はボールに聞いてくれ”な圭がねぇ(+_+)💨と、一人でしみじみしてしまいましたm(__)m←ギルバートのコーチ就任時は心底心配しましたが、“自分なり”に上手く取り入れてくれたので、今の圭があると思いますm(__)m
    “攻めきって勝つ”テニスで一番難しく、誰にも出来ない命題を、圭にはぜひ、いつか体現して欲しいなぁ~!σ(*´∀`*)♥

      引用  返信

  • micchiさん、連日の応援フードありがとうございますm(__)m
    週末まで、よろしくお願いします🙏

    実直ストローカー、アグーとの対戦、メチャ楽しみです。ハードでは、初対戦ですね〜。
    アグーの粘り強さに負けないでウィナー、決めてほしい!
    戦術、大事ですね。サーブのイメトレも!

    シードの重圧と湿度に負けるな💪💪
    Go!Kei ‼︎‼︎‼︎

      引用  返信

  • さっきスカイスポーツのスタジオトークで、ツイッターからの質問で、ネクストジェネレーションで誰が最初にグランドスラムチャンピオンになるか?との質問で、ゲストでスタジオに来てたレオンスミス(イギリスデビスカップ監督)が、錦織だと言ってました。
    そんなに若いってわけじゃない、ラオニッチや錦織を次世代にいれるなら、前置きしてはいましたが、、、
     
    この間のデビスカップで、強烈な印象を残したのもあるかもね。
    スカイの解説者は未だに激闘に触れてますもん。

    昨日圭の試合を解説していた、元アンディのコーチでもあるMark Petchey(マークペッチィ)は、圭のストロークは世界一だと言ってました。もう一人は、ジョコに匹敵するというなら分かると微妙に反論してましたが、、、
    あと、数インチ高かったら、ナンバー1への扉をたたくとも言ってましたが、、、それを言わないでくれーーーってかんじです。

      引用  返信

  • ユナイテッドさん
    レオンスミス監督が、
    「そんなに若いってわけじゃない、(ラオニッチや錦織を次世代にいれるなら)」
    という前置き=錦織選手のことをしっかり評価した上で、
    ネクストジェネレーションで誰が最初にグランドスラムチャンピオンになるか?との質問で、錦織だ、と言ってくれていたというのは嬉しいですね(^^。

      引用  返信

  • ユナイテッドさん
    レオンスミス監督、目前で見たあの激闘は忘れられないのかもしれませんね~!

    少し前から感じていたのですが、今年はシードダウンが相次いでますよね。
    ゴファンも勝ちましたし、覚醒ラオ君もいる。
    更に若いプレーヤーを含めて、いよいよ世代交代の始まりなのかも?

      引用  返信

  • ティエムが ジョーコを 天候湿度の下で 何処まで 追い詰めるか 興味が湧きます!ジョーコは 暑さには弱い苦手だという印象が 有ります! 4:30~6:30も かなり キツイ 時間帯だと 思います!因みにティエム かなり 急激に進化浮上中と見ます!でもどうかナ¿

      引用  返信

  • おはようございます。
    試合がだいぶ押している(進行が遅れている)みたいですね。
    いま、ようやく①ジョコビッチVSティエムの試合が始まったところです。
    このあと、②モンフィスVSディミトロフの試合があって、
    そのあとさらに、③女子のマカロワVSクズネツォワの試合を挟んで、
    ようやく錦織選手の試合のようです。
    ①が日本時間6時、現地時間午後5時なので、下手をすると、
    ②が日本時間8時30分頃(現地時間午後7時30分頃)開始、
    ③が日本時間10時30分頃(現地時間午後9時30分頃)開始、
    錦織選手の試合は、日本時間12時30分頃開始(現地時間午後11時30分頃)開始、
    なんてことになったりして・・・。
    夜になりすぎると、錦織選手がおねむにならないか、ちょっと心配です。
    そういう場合、③の試合をメインコート(スタジアム)から他のコート(グランドスタンド)に
    移したりとかしてくれないんですかね。

      引用  返信

  • ジョコビッチは今後2年で更に数段強くなる。メンタル面や戦術ではなく、身体能力が少しづつ上がっていく。そして間違いなく攻撃テニスになる。上半身がこの年になってさらに柔らかくなった。なぜなら今ツアーでいちばん上半身が柔らかいのは錦織やけど、錦織はここ1年半で少しずつ柔らかくなった。ジョコビッチも今後どんどんそうなる。したがってパワーが上がって攻撃テニスに自然となるやろう。しかもフットワークも上がる。ただ2人とも、ドロップショットのコントロールに苦戦するやろう 。
    しかし、錦織はやはりかみ合わせを直したほうがいい。奥歯があっていないから、またオフになると首がねじれて体がねじれて、またインナーマッスルが使いにくくなる。直せば普通にジョコビッチ倒せるようになるのに。

      引用  返信

  • 錦織選手、かつてないチャンス!
    是非決勝vsジョコビッチを実現させてくれ〜!!

      引用  返信

  • ティエム、最終ゲームはかなり粘りました。ジョコも何度かダウンしかけたんですが…やっぱりジョコか(笑)。でも今回は決勝でしか当たらないのでOKです!

      引用  返信

  • @naka さん
    現在、モンvs.ディミが1stセットTBに入ったので、フルセットになりそうなら、女子の試合がグランドスタンドに入るかもしれませんね(というか、それ希望)。明日は試合がないからよいものの、Keiくんお寝むにならないか、私も心配です…(^_^;)

    雪さんはそろそろ時間切れでしょうか? レポートもツイッターも楽しませていただきました(^-^)/ こぼれ話もまだまだありそうで、そちらも楽しみにしてま~す♪

      引用  返信

  • 🌴ゆきんこりさん、時間切れ、残念ですね。
    私はツイッターのやり方がイマイチよくわからず、また、マヌケなことをしでかすと迷惑なので、見るだけですが、直前練習風景をありがとうございます❤️

      引用  返信

  • モンフィス選手vsディミトロフ選手は、フルセットにもつれ込みました。
    この後このコートで2試合あるとなると、本当に日付が変わってしまいます。
    他のコートが空いているので、後の試合をどうにか調整して、錦織選手もできるだけ早く試合させてあげたいですよね。
    大会運営どうにかしてくれ~!!

      引用  返信

  • Tennis Channel 解説者が、錦織選手の試合はGrandstand に変更される、と今言ってました!
    開始時間に関しては触れられていませんでした。
    詳細わかり次第追記します。

      引用  返信

  • 今錦織くんの試合はグランドスタンドに移動とアメリカのテレビで言っていました。早く始まるなら良かったです。

      引用  返信

  • モンフィスとディミトロフの試合終了後15分後に錦織圭の試合開始だそうです。よかった。

      引用  返信

  • NHKの情報ですが、錦織選手の試合開始時間は、モンvsディミ終了15分後と言ってました。
    現在最終セット4-3まできてますので、あと少しですね。
    それにしても壮絶な試合してますね。

      引用  返信

  • atpの公式ライブスコアでも、コートがグランドスタンドに変更になってますね、日本時間の11時少し前くらいに試合開始ですかね?
    TVは見れないけど、がんばれー(*゚▽゚)ノ

    追記
    団長さんと、かぶりました(笑)

      引用  返信

  • やっと入場してきました~
    グランドスタンドの入りは5割程度、遅い時間だから仕方ないけど、もったいないー
    空いてるなら、あそこに行って見たいよといつも思います。

    錦織、夜だけどキャップで登場ですね。

      引用  返信

  • 安心して見てられそな今日の試合です。
    ・・・が、
    ウエアーがなんかダサくて錦織くんに似合ってない。
    この配色はどこかの国旗の色で見ててツライ。
    なんでこんな配色??
    ユニクロめ。

      引用  返信

  • 2セット目もいきなりブレイク!
    しかしラインズマンがひどすぎる…アグート少しかわいそうですね

      引用  返信

  • アグーにはレースランキングで負けてるから、ここで差をつけてほしい。

      引用  返信

  • ジャスミンさん、国旗の色ですかー。どこでしょう?
    私は赤青黄色、でおもちゃみたい、レゴブロックみたいだなーって思いました。
    圭のレゴがあったらかわいいなーとか。
    ユニクロウェア、好き嫌いが別れますね。
    (私は特になんとも思わない中立デス)

    それにしてもストレートで勝って良かった^^

      引用  返信

  • 今回もユニホーム色々。 でも私本音言うと、あのワウリンカのダサ過ぎるユニホームをもう見ないですむのは良かった。まるでピエロのお洋服でしたね。
    圭ちゃんのユニクロは襟元に青が使ってあったから、ああ、いつか青いパンツになるなと…………
    4回戦ではきましたね。
    でもラッキーカラーにはしないで。白い方がずっと良いもの。

    圭ちゃん勝ったから、余裕でユニホームの話をしています。
    次はモンフィスですね。 モンフィスと言えば現役100人のプレイヤーの中で一番ユニホームのセンスが
    カッコ良いとか。
    独特なウェアーを引き立たせるパンツ、その中の1色を使ったアームバンド。
    華麗なフットワークを支えるコーディネートされたシューズ。まあ次に気にして見て欲しいです。

      引用  返信

  • モンフィス、スタイリッシュですよね~☆
    長身、小顔に長い手足、そして着こなし。

    錦織くんのパンツもせめて黒なら引き締まると思うんだけどな~笑
    今大会ですでに青パンツを見たような気がするんですが、初めてでしたっけ?

    ・・・勝ったから出来る話題ですね!笑

      引用  返信

  • どなたか書いていらっしゃいましたが、デ杯以降はずっとシャツは赤ですね?
    あの赤にすんなり合わせられる色って、白しかないような?

    ユニクロには本人が色々希望を出して、デザインまで指定しているような報道がありましたね→去年後半の上下2色で分かれているシャツ等。だからあの配色も本人の希望かも???
    濃い色だと余計に暑そう!もう少し洒落たさわやかなウェア姿を見たいですね〜

      引用  返信

  • どこかの国旗の色、はいそれはお隣の国です。
    ただえさえ暑いのに尚更暑そうでしたね。
    今日は白パンツで安心しました!!
    決勝戦頑張れー!!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。