2017ウィンブルドン3回戦 vs. バウティスタ・アグート

試合の展望

 バウティスタ・アグートは、錦織とは主にクレーコートで対戦し、スペインの選手ということもありクレーコーターのイメージがあるかもしれません。しかし実は勝率は芝が一番高く、タイトルも1つあります。サーフェス別勝率は芝 .667、ハード .614、クレー .593です。フラットなストロークも芝適性を裏付けています(ただし、芝の勝率はサンプル数が少ない(ウィンブルドン前で27試合)ので、そこは加味して考える必要があります)。

 いずれにせよ、4勝0敗という対戦成績での錦織の勝利は絶対的ではない強敵だと心得ましょう。ストロークに限れば1、2回戦の対戦相手より確実にしっかりしています。
 とはいえ、スタコフスキーのようにスライスやネットプレーを多用する選手ではないのでやりにくさはなく、純粋に基本プレーの出来が試合を左右しそうです。
 気を付けなければならないのは、錦織に勝ててない選手がしばしば、序盤からリスクを負った猛攻撃を仕掛けてきたり、それまでの対戦とは戦術を変えてくるパターン。面くらっている間にリードされることは避けたいです。1stサーブの確率を一定以上に保ち、早いイージーなミスは極力さける。また不要なリスクは取らないようにしたいです。例えば拮抗したスコアでの不用意なドロップショットなど。ドロップショットは、相手が予測していないこと、相手のポジションが悪いことの両方が揃った時に使ってほしいです。どちらか一方しか成立していないのに打ってミスするか、逆襲されるパターンが目立ちます。

 あとは錦織が試合を通じて波を作らなければ勝てると思いますが、そこが一番心配だったりします。相手のバウティスタアグートが良くも悪くも安定タイプなので、錦織の調子が良ければ最近2戦のようにストレートで勝つこともありますし、調子が悪ければ危ないこともあるかと思います。地力は上です。

試合情報

大会名:2017 Wimbledon
開催地:London / All England Lawn Tennis & Croquet Club (United Kingdom)
ラウンド:3回戦

試合日時

現地時間 7月7日(金) 11:30~
日本時間 7月7日(金) 19:30~
@ No.3 Court

※ロンドンとの時差は+8時間(サマータイム、日本時間の方が早い)

対戦相手

Roberto Bautista Agut (ESP) ロベルト・バウティスタ=アグート

  • 第18シード、ランキング19位(最高13位)
  • 29歳、183cm、76kg
  • 今年の勝敗(ATP250本戦以上):28勝11敗(錦織は27勝10敗)
  • 素早いフットワークからフラットなストロークで勝負する実直ストローカータイプ。
  • 今年、チェンナイで優勝がある他、安定して2回以上勝ち上がっている。
  • グランドスラムでここ数年、安定して3回戦、4回戦に勝ち上がっている。しかしQF以上進出はない。
  • 直近GS4大会の成績:17全仏4R、17全豪4R、16全米3R、16WB 3R

過去の対戦成績

4勝0敗
2016 Miami R16 Kei Nishikori 62 64
2015 Madrid R16 Kei Nishikori 63 63
2015 Barcelona QF Kei Nishikori 62 36 61
2014 Barcelona R32 Kei Nishikori 61 46 63

生観戦手段

応援フード

かたこりさんの、アグアグ噛んでね~ の言葉に、ミミ(ン)ガを買いにコンビニへダッシュ!

アグート選手との試合、超高速参勤交代 ではなくて、超高速のラリーになるかも?

圭くん、スピード調整頼んだよ~

micchi

food-agut5-micchi

15 件のコメント

  • NHKの放送予定。

    ウィンブルドン2017 男子シングルス・3回戦
    「錦織圭」対「ロベルト・バウティスタアグット」

    19:30~ 総合テレビ(サブチャンネル) ※マルチ編成あり
    20:00~ 総合テレビ(メイン・サブ共有) ※マルチ編成なし
    20:45~ 総合テレビ(サブチャンネル) ※マルチ編成あり

    基本的にマルチ編成です。メインとサブを行ったり来たり、めんどくさいですね~。
    これは、はじめからサブで見ていれば、20時になってもサブのまま見続けられるので、楽かと思います。
    枠は22時まで取っていますが、もちろん試合が延伸すれば継続放送です。

    東北ブロックだけは、プロ野球楽天を放送するため、Eテレでの放送です。
    ますます面倒な編成だ。
    解説は辻野さん。

    深夜の総合テレビの放送枠は、基本的にライブ放送枠ではありません。
    昨日の杉田の試合は、総合テレビで九州豪雨関連ニュース放送のため、急きょEテレでの放送でしたね。
    今夜総合テレビ0:10からの「大坂なおみ」対「ビーナス・ウィリアムズ」は、今のところ総合テレビですが、やはりニュースの状況次第ではEテレの可能性もあるでしょうね。

      引用  返信

  • でもこのEテレ枠、錦織が試合後スタジオ生出演してましたよね~。
    杉田もスタジオに来たし、意外と要チェックかも。

    でも私は録画容量がなく、WOWOWと両方は録画できません…。

    あっ、東北ブロックの20:45~21:00は、「手話ニュース」放送のため、15分間中断があります…。

      引用  返信

  • 楽天オープン
    あとはBIG4の誰か(複数でも)
    来日して欲しいな‼️

      引用  返信

  • アグートと芝での対決!
    どんな対戦になるのかな~。
    ハードとクレーでは負ける要素は見当たらなかったけど・・・。

    楽天オープン、毎年行ってるけど今年はチケット取れるだろうか?
    皆さん、チケット取れました?

      引用  返信

  • 楽天OPマジですか!!!
    ティームの噂は本当だったんですね!!
    ラオニッチも戻ってきてくれる!
    嬉しいです。すごい楽しみです。土曜日だけゲット出来たんで。今からワクワクです。

      引用  返信

  • 圭君 ✨💪🏻 頑張って下さいね〜 ((o(*^▽^*)o)) 楽しみにしてま〜す🎵

    楽天情報有難うございます。(._.) ペコ ♪

      引用  返信

  • 団長さま、micchiさま、いつもありがとうございます(^o^)/
    近所のスパーにあぐー豚が確かあった!
    みみがーはあるのかなぁー。とりあえずあぐー豚を買って帰ります!

      引用  返信

  • アグートの試合は観てませんが、1R&2Rのスタッツをチェックするとネットプレーを意外と使っていて、Net Points Wonは1R(3セット)21/31 (68%)、2R(4セット)は14/16 (88%)でスタッツ悪くないです。ちなみに錦織選手は、1R(3セット)18/25 (72%)、2R(4セット)は25/43 (58%)でした。

      引用  返信

  • 今晩は。
    団長さま、新スレ立て&プレビュー記事有難うございます。
    また、新たな大会参戦情報も有難うございます。夏の北米ハード・シリーズ、ますます楽しみですね。

    ATP公式記事<Federer Dazzles Into Wimbledon Third Round>の抄訳記事です。
    <「ナーバスさ」を振り払ったフェデラー、3回戦展望「リターンに慣れておくことが必要」>
    https://the-ans.jp/news/6112/

    山陰中央新報さんの特派員レポートです。
    <錦織 2年連続3回戦進出 消耗戦くせ者攻略>
    http://www.sanin-chuo.co.jp/www/contents/1499393047233/index.html
    同じく内田暁さんの現地レポートです。
    <アキのKEIルポ 臨機応変で最大の成果 理想通りならずも我慢>
    http://www.sanin-chuo.co.jp/www/contents/1499392507679/index.html

    記事については次でコメントいたします。

      引用  返信

  • ご紹介の記事について。
    実はそんなにコメントすることがない(笑) 内田さんレポですが、「理想はいったん脇に起き、置かれた状況で」と。勝利のためにはこれ、大事ですね。

    シングルスあれこれ。
    オフナー選手。以前ご紹介したオーストリアのU21。なんとソック選手を下克上。恐るべしティーム選手2世。
    ドナルドソン選手。マーディー・フィッシュ・コーチに師事を仰ぐUSAのU21。彼もまたロレンツィ選手を下克上。
    グルビス選手。帰ってきたYOUNG GUNS。同じく元YOUNG GUNSのデルポトロ選手をまさかのストレートで退ける。復活劇なるか。

    ダブルスつれづれ。
    ウィリス選手/クラーク選手組。WCの期待に応え見事1R突破。ロンドンでは「マーカスが帰ってきた」と話題沸騰。次は何とエルベール選手/マウート選手組[2]と対戦です。

    フォーラム・鼻血ブログラボ「フリージャンル」トピにて、その他の海外選手記事をご紹介していますのでぜひ。
    さあ今夜、グラスでお初のアグート選手戦。どんな闘いを見せてくれるか、そして魅せてくれるか非常に楽しみです。

      引用  返信

  • 連続投稿失礼いたします。
    コメントし忘れたことが。ティーム選手の楽天参戦ですが、結局ティーム選手、リオ、バルセロナ、ハレ、東京、ウィーンと、錦織選手の500出場大会にもれなくついて来るという…(苦笑) なので錦織選手のワシントン出場は、「ドム、ついて来んなよ」という意思表示でしょうか(笑)

      引用  返信

  • アグーとしては リベンジ、油断し兼ねないが 有ると 危ないとも 感じマス!が 錦織チームが それをさせないとは 思ってマス!アグーは特に 好きな プレーヤーのひとりですが 対 圭 となると 興味が湧く訳で目開マッチ ですが 差し迫った程では 無いとして 嵐の前の静けさマッチですか!

      引用  返信

  • 1R&2Rが終了したので、WB非公認ドロー表をアップデートしました。シード落ちは、マレー山は3人、ナダル(錦織)山は1人、フェデラー山は2人、ジョコビッチ山は3人でした。上位シード群第1−16では、5位ワウリンカ、14位プイユだけが敗退でした。やっぱり錦織山が一番厳しい山になっていると思います。

      引用  返信

  • ワシントンは、ティエムが先で錦織が後からの参戦になりますが、500・MS・MSで3週連続参戦という全仏後に懸念したとおりのスケジュールになってしまいました。

    これまで、秋のホーム東京→上海MSの2週連続でさえ錦織には体力的に厳しく、2週連続で好成績を上げた年は一度もないのに、厳しい夏の北米で3週連続とは一体何を考えているのか・・・。

    最初のワシントンで力をセーブできればいいですが、対戦相手のレベルを踏まえれば少なくともベスト4ぐらいまでは勝ち上がることになるでしょう。そうすると、例年通り、ワシントン好成績→カナダMSベスト8前後で息切れ→シンシナティ序盤戦で怪我・体力切れという悪循環になるとしか思えません。

    錦織はロボットではないので、大会に参戦すればその分必ず消耗します。錦織のプレースタイルやフィジカルからすれば、他の選手よりも疲弊しやすいです。そして、体力や怪我に問題があるままではトップ選手には勝てず、MSでも優勝できません(去年のマドリード→ローマが良い例です)。

    MS(GSも同じです)で優勝する・上位に進むには前週は空ける必要があります。そのことが分かっていながら、ただでさえ厳しいMS2週連続の前週に大会に出るのは、MSを真剣に狙っていないとすら受け取れてしまいます。

    ポイントがほしいならば、アトランタかあるいは強豪がいないハンブルグの方がずっとまともだと思います。まあ、WBでベスト8・ベスト4に進めるのであれば、それでもいいかもしれませんので、今は、アグー戦を応援したいと思いますが。。。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。