2018ダラスCH 準々決勝 vs. ケプファー プレビュー

試合の展望

またもや読みが分かりません・・・Koepfer・・・なんて読むの? ケプファー?

2回戦では1回戦の調子が持続するかに注目して見ていましたが、やはりまだまだ安定するには時間がかかると思います。
この試合も内容はアップダウンがあるかもしれませんが、上位に行けば行くほど得られる実戦経験は大きいものものになりますので、今日と同じく最後に勝者としてコートに立つ!ことを目指して頑張って欲しいですね。

Keopferはキャリアハイ239位でグランドスラム出場経験無し・・・ノビコフやバッヒンガーよりも楽そうな相手ですが、今の錦織はまずは自分との戦い!

また、バーニーCHで西岡が準決勝進出!
盛岡ではデ杯チームがイタリアを迎え撃ちます。シングルスは杉田、ダニエルが選出されました。
明日は盛りだくさんすぎますね。

試合情報

大会名:The RBC Tennis Championships Dallas
開催地:ダラス (テキサス州)
ラウンド:準々決勝

試合日時

現地時間 2月1日(木) 19:00以降(この日の第5試合)
日本時間 2月2日(金) 10:00以降
@ Hamilton Family Stadium

※ 日本時間=現地時間+15時間

対戦相手

Dominik KOEPFER (GER) ドミニク・ケプファー(ドイツ) ※読み方は暫定

  • ランキング295位(最高239位)
  • 23歳、180cm、82kg
  • 今年の勝敗(ATP250本戦以上):0勝0敗 (錦織は0勝0敗)
  • 今年の勝敗(チャレンジャー以下):3勝3敗 ※GS予選含む (錦織は2勝1敗)
  • 直近GS4大会の成績:18全豪出場無し、17全米出場無し、17WB出場無し、17全仏出場無し

過去の対戦成績

0勝0敗

観戦手段

テレビ

” rel=”noopener” target=”_blank”>WOWOWライブ 2/1(木) 19:30〜

ネット

応援フード

ATPのランキングに発音がでてたので、それで決めましたが、
おばさん耳です
違ってたらごめんなさい

圭くん、しっかり経験つんでね
ハラハラおっけーだよ〜

micchi

73 件のコメント

  • ダニエル太郎君、惜しかったです〜!見応えのあるラリーにアツくなりました。イケメン勝負❗では負けちょらんじゃったです〜。次、杉田選手応援ですね。

      引用  返信

  • フォーラムでは皆さんから火のような元気玉をもらい、現地のファンとともに血管が切れそうなほど応援したのですが……力及ばず。太郎選手、最終セット第3ゲームをブレイクしていればなあ……タラレバですが。残念無念。

      引用  返信

  • aoiですさん,
    ご丁寧にありがとうございます。私もトライしてみます(⌒▽⌒)
    すんなりとはいかないと思いますが(笑)

      引用  返信

  • 錦織くん冷や冷やながら勝ってよかった!
    相手はこれまでのテニス人生最高のフィーリングでアタックしてきてましたね。
    それでも最後はスルッと勝利をつかむあたり、今までの冷や冷やは何だった???
    と思わせてしまいます(*^^)v
    この泥沼から這い上がる錦織くん楽しみです!
    修造さん、今日のダラスは圭の実力の10%です!だって・・・私もそうおもいました。

    太郎君頑張ってましたが、とても残念な結果でした。第3セット取った時は行ける!と思ったのにな~

    フォニーニはラケット投げのプロですね~(笑) これが戦術なんですね。
    去年、圭がラケット2度程投げてメンタルがどうのこうのと大たたきしていたメディアは
    フォニーニの戦いぶりをどう伝えるのかなーーー??

      引用  返信

  • だいあんさん、現地応援お疲れ様でございます。岩手、盛岡は、雪多く、サブいでしょうが、激アツな応援宜しくお願いします。こちらは、テレビ通してアツく応援しちょります。

      引用  返信

  • 今晩は。
    あけびさま、下団さま、大変失礼致しました。
    ダラスCHのマクドナルド選手のSF対戦相手は確かにデニス・クドラ選手…。ジェイソン・カブラー選手は間違いなくバーニーCHです。私がフォーラムで度々やらかす「スペルをぱっと見で早とちり」の類とお許しくださいませ。だって「KUBLER」と「KUDLA」なんですもの(苦笑)

    で、デ杯です。
    ダニエル選手、フルセット負け残念でした。新米パパのフォニーニ選手はモチベーションも最高潮のようですね…。
    杉田選手、錦織選手と何かと因縁深いセッピ選手と1セット・オールでブレイク先行! 目にモノ見せてやってたもれ!

      引用  返信

  • なっちさん、
    今日の盛岡は澄みわたった青空がきれいでした。雪をいただいた岩手山が美しかったです。
    先週の東京の大雪&極寒を経験しているので、盛岡の寒さもまったく違和感ありませぬ。さあ、第4セット1-1。こめかみの血管が切れるほど応援しちゃいます。

      引用  返信

  • 今晩は。
    恒例?の錦織選手一問一答、塚越さんレポートです。TENNIS.JPより。
    <錦織圭「まだまだ」だが、しっかりと4強>
    http://tennis.jp/news/archives/58021

    気になる自己採点、本日は復帰後一番よかったそうで、それでも○○点でした(笑)

    そして今、この記事の記述にもある西岡選手が、バーニーCHでフランスのロベール選手と絶賛SF対戦中。セット・オールでファイナル突入です。
    西岡選手、頑張って!

      引用  返信

  • 杉田選手やった〜〜

    応援の力ですね!!
    現地での声援ありがとう🤗

      引用  返信

  • 杉田選手、か、勝った…‼️
    最後まで、ハラハラドキドキ💓
    大きい勝ち💪

    今日だけでフルセット二回の全部で10セット🎾
    だいあんさん始め現地応援の皆様、こちらで応援の皆様、お疲れ様でした🙇🏻💕

    私は今日は杉田選手だけしか拝見出来ませんでしたが、
    明日は朝6時から、頑張るぞ💪

      引用  返信

  • だいあんさん、素晴らしい応援有難うございます❗
    杉田選手が勝利しました〜。感動しまくりです。
    頼りになる男、杉田選手❗かっこええでえ〜ええでぇーええでぇー(^-^)/

      引用  返信

  • 杉田選手すごいねばりでした。
    最後は精神力がものを言いましたね。
    タイブレークの集中力、見事です。
    (全豪でカルロビッチ選手との最終セットのヒリヒリする延長戦を
    繰り広げたあの経験が活かされたように思います。)
    ブレイクバックされて追いつかれた後はセッピ選手が押せ押せで、
    マッチポイント握られた時は「ああもうダメ」と思いましたが、
    それも切り抜けての素晴らしいタイブレークはしびれました。
    ここで2敗するのと1勝1敗では大違いです。
    杉田選手ありがとう!

      引用  返信

  • あじゃこ〜さんも応援お疲れ様です。
    痺れるような試合を目撃されて、羨ましいですね❗明日の応援も宜しくお願いします。ダブルスが、楽しみですね。

      引用  返信

  • ダニエル太郎選手の頑張りと、杉田選手の痺れる勝利に感動!
    それにしても、杉田選手の右肩上がりの成長を見ると、人はいつからでも成長できるんだなぁと勇気をもらえる。

      引用  返信

  • なっちさん、
    私はこちらで応援組のテレビ組です😅❓
    紛らわしい書き方で、ごめんなさい💦

    明日は、朝6時からの錦織選手の応援に始まり、
    そうです!そうです!
    ダブルスがホンマに楽しみやで〜〜💕😙
    TV組で一緒に応援しましょう〜📣

      引用  返信

  • 今晩は。
    バーニーCHのSFは、西岡選手がロベール選手に惜敗。残念。でもベスト4、復帰の道程としては良いのではないでしょうか。来週のローンセストンCHも期待大です。

    盛岡のデ杯1Rは、ダニエル選手惜敗&杉田選手の踏ん張りで1勝1敗。これで明日のマクラクラン選手/内山選手組のダブルスが天王山に。現地応援の皆さま、何とぞ宜しくお願い致します。

    そのダブルスに関する神仁司さんコラムです。まさにグッド・タイミング。Web Sportivaより。
    <デ杯、東京五輪。テニス日本代表のカギはこの「ダブルス戦士」が握る>
    https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/otherballgame/tennis/2018/02/02/___split_7/

    カギを握るのはダブルス。それは岩淵監督もイタリア監督も仰っていましたね。過去、こんなにダブルスに注目したことはなかったのでは? これまた期待大ですね。やってくれますよ、ベン&ヤスはきっと。

    フォーラム・鼻血ブログラボ「南蛮渡来の庭球情報」トピにてご紹介の情報です。
     ◆トミック選手、とうとうヒューイット氏に見放された?件。
     ◆ジョコビッチ選手、右手に包帯。手術を受けたらしく復帰が長引きそうな件。

      引用  返信

  • 年寄りの冷や水?早とちりです〜。失礼しました、
    あじゃこ〜さん。そうです、先ずは錦織君の全力応援❗からですね。

      引用  返信

  • 杉田選手の頑張りには本当に励まされます、ウクライナやフランスとのデビスカッブでは控えでしたもんね
    あの当時からは考えられない
    今や、現時点での日本のエースだしいつも言ってしまうのですが、日本で頑張ってる中、高校生、つまり全中や高校のインターハイの優勝を目指してる子供達も杉田選手のようになれるんだと思える
    錦織圭はちょっと別次元ですもんね
    アジアのテニスも面白くなってきましたね
    錦織、西岡抜きでもイタリア相手にここまで追い詰める事ができるのですから、でも、イタリアもここまは想定内でしょうかね
    もし明日のダブルスで日本が勝ってはじめて五分五分か、少四分六くらいかなと冷静にイタリア側は思ってるのではないでしょうか
    もし、イタリアに勝って、全米の後に西岡と錦織が完全復活してたら、ひょっとしたらひょっとするかもですね
    西岡は完全復活はあっても、錦織圭は16年の時の絶好調の時にはまにあわないかもしれませんね
    今年はトップ10に返り咲かなくったっていいじゃないですかね
    大きなケガなく20位以内で終われたら僕は大成功と思って(’-’*)♪ですけれどもね

    ところで、今(´ー`)ノ”坂ノ上の雲”を読んで(’-’*)♪ですけれど ロシアに立ち向かう日本、みたいなもんですかねイタリアとの試合は、なんて事をついm(__)m

      引用  返信

  • お早うございます。
    テニスとは無関係かもしれませんがご容赦を。

    けんじさま
    思わぬところで共通点です(笑) 実は私、しばりょう(司馬遼太郎)の1ファンでして、読む本がなくなると必ず読み返すのが「坂の上の雲」か「竜馬がゆく」です。
    錦織選手や杉田選手をはじめとする日本選手たちは、確かに秋山家と正岡子規、それから明治維新の革命児たちにシンパシーですね。よくぞしばりょうコメントしてくださいましたっ!って嬉しかったです。
    ま、こういう好みが、相方から「君の中身は男だ。毎日部活の合宿してるみたいだ」と言われる所以なのですが(苦笑)

    因みにあと1つはA・クリスティーの「アクロイド殺し」なのですが、推理小説は伏線の文学。陣営方針や出場大会や選手コメントも伏線と思えば共通点もあるかな?(笑)

      引用  返信

  • NORICHANさん、けんじさん、私も司馬遼太郎のファンです!!!
    「坂の上の雲」は何度読んでも胸に熱いものがこみ上げてきて、勇気がわくんです。日本人であることの誇りを感じます。「竜馬がゆく」にも共感をおぼえ、鼓舞されます。

    大きな壁に立ち向かう日本人選手たちをますます熱く応援したくなりますね。

      引用  返信

  • NORICHANささま
    だいあんさま
    僕も坂ノ上の雲と翔ぶが如くは何度も読んでいます
    幕末や明治の日本人の心をデビスカッブのメンバーに感じてしまって、特に杉田選手はまさに”侍”ですね
    小さくて華奢な日本人がでかい欧米人に立ち向かう姿はまさに、いつも感動させられます

    テニスに関係なくてすいませんが翔ぶが如くと坂ノ上の雲を読むと当時の日本と、それと今がよくわかりますね

      引用  返信

  • 今年は、維新150年。明治という時代に、小国日本が、列強国に、立ち向かう姿は、現代の日本テニス界、何か重なるモノがありますね。

      引用  返信

  • 今晩は。
    けんじさま、だいあんさま、なっちさま
    思わぬところで共感するものですね。私だけでなく多くの方々が、今の日本のテニス選手たちを幕末&維新の志士たちと重ね合わせていたとわかり、大変嬉しく思います。奇遇というより必然なのかも知れませんね。

    私達の大先輩が成し遂げたこの無血革命、男子プロテニス界でも是非巻き起こしてほしい。
    デ杯、モンペリエと残念な結果が続きましたが、これからNY、ドバイ、ロッテルダムと志士たちの奮迅が続きます。まさに獅子奮迅。
    さあATPツアーへ参りましょう!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。