【鼻血対象試合】2018ローマ準々決勝 vs. ジョコビッチ プレビュー【応援フードアップ】

鼻血対象試合です。

試合の展望

マドリードに続いて2週連続となるジョコビッチとの対戦。
先週は1回戦で当たりましたが、今週は両者勝ち上がっての対戦。
コンディションも違えば環境も違います。
マドリードは標高667mと高く、ボールが飛び回転数も落ちます。

モンテカルロ(標高0m)とマドリードの両方に出場した選手21名のサーブのスピードを両大会間で比較したところ、1stサーブの平均で約9km/h、マドリードの方が高かったとのデータを禮さん(本ブログのデータ分析部長)が出しておられます。これは5%弱のスピードアップです。かなりの影響です。

これはTennisTVで試合後に表示されるスタッツを地道に集めたものです。大変貴重なデータです。禮さんありがとうございました。

当然、ストロークの速度にも影響があったはずで、ジョコビッチの高速テニスはマドリードの環境を上手く利用したと言うことができそうです。
もちろん、高速になればミスしやすくもなるので、しっかりとミスの数を抑えたジョコビッチをまずは褒めるべきですが。

そして標高が低く(20m)、見た目にもパワー系の試合が多いように思えるローマになってどう戦略を変えてくるか。本来のスタイルは受けきってのカウンターですが、昨日の錦織の攻撃力を見たらやはり先に攻撃を仕掛けて来るのではないですかね? 状況次第の側面がありますが。

錦織はもう、何も考えずにぶつかって欲しいです。
11連敗は忘れて欲しい。
ジョコビッチと戦うということもあまり意識せず、昨日のテニスを再現することだけに集中して欲しい。
試合前のプレビューは、私は基本は慎重なことを書きます。

「100位位内の選手はどの選手も神」

これが基本的なスタンスで、技術的な差は僅かです。
どんなに有利に思える戦いでも、負けておかしくない怖さがプロツアーにはあります。
逆もまたしかりで、どんなに高い壁に思えても、1試合なら勝てるチャンスは意外にたくさんころがっていると思います。
勝ちそう、負けそうと事前になるべく決めつけないようにしたいと思っています。

ですが、今日の試合に関しては強気で臨みたい。
「勝てそう」、でなくて「絶対勝つ!」です。
私たちの多くは画面の前で応援することしか出来ず、直接的に錦織に力は届かないかもしれませんが、長年に渡り多くの人が応援してきたことは錦織に伝わっているはず。
今日もそれを継続し、いつも以上に気合いを入れて応援するのみです。
試合後、皆様と喜びを分かち合えることを楽しみにしています。

試合情報

大会名:Internazionali BNL d’Italia BNLイタリア国際
カテゴリー:Masters 1000
開催地:ローマ(イタリア)
ラウンド:準々決勝
獲得ポイント:準々決勝進出で180 + この試合勝利で180 = 360

試合日時

現地時間 5月18日(金) 16:00以降(この日の第3試合)
日本時間 5月18日(金) 23:00以降
@ Centrale

※ ローマとの時差は7時間(サマータイム考慮、日本が早い)

対戦相手

Novak Djokovic (SRB) ノバク・ジョコビッチ(セルビア)

  • 第10シード、ランキング12位(最高1位)
  • 30歳、188cm、77kg
  • 今年の勝敗(ATP250本戦以上):5勝5敗 (錦織は12勝6敗+チャレンジャーで5勝1敗)
  • 直近GS 4大会の成績:18全豪 4R、17全米 欠場、17WB QF、17全仏 QF

過去の対戦成績

2勝12敗
※ 11連敗中

2018 Madrid R64 Novak Djokovic 75 64
2017 Madrid QF Novak Djokovic W/O
2016 ATP Finals SF Novak Djokovic 61 61
2016 Canada F Novak Djokovic 63 75
2016 Rome SF Novak Djokovic 26 64 76(5)
2016 Madrid SF Novak Djokovic 63 76(4)
2016 Miami F Novak Djokovic 63 63
2016 Australian Open QF Novak Djokovic 63 62 64
2015 ATP Finals RR Novak Djokovic 61 61
2015 Rome QF Novak Djokovic 61 36 61
2014 ATP Finals SF Novak Djokovic 61 36 60
2014 Paris SF Novak Djokovic 62 63
2014 US Open SF Kei Nishikori 64 16 76(4) 63
2014 Miami SF Novak Djokovic W/O
2011 Basel SF 26 76(4) 60
2010 Roland Garros R64 Novak Djokovic 61 64 64

観戦手段

TV

ネット配信

応援フード

もうドキドキして、ふつうの状態じゃないです
きっとレベルの高い試合になるのではないかしら

圭くんのケーキは試合が終わるまで我慢するから、ドロドロでもいいから勝って〜

micchi

45 件のコメント

  • 今日は。
    コメント第1号失礼致します。
    団長さまの仰るように、錦織選手には、今日は「勝てそう」ではなく「絶対に勝つ!」というスタンスで臨んで欲しいですね。いやきっと臨むはず。

    こちらの記事は、タイトルこそ錦織選手側ですが、実はジョコビッチ選手の意気込みコメントをご紹介。
    <錦織がイタリア国際準々決勝進出、今季初8強のジョコと対戦へ>
    http://www.afpbb.com/articles/-/3175046?cx_part=top_category&cx_position=3
    「ケイとの試合ではコートのあちらこちらから素早くボールが来る」
    ジョコビッチ選手にここまで警戒させる錦織選手。誇らしいとともに、だからこそ超えて欲しい。ジョコビッチ選手もまた、自身の復活の試金石を錦織選手に見出しているということですね。上等上等。かまして貰いましょう。

    こちらの現地レポートは秋山さん。前記事でご紹介した稲垣さんレポート、そして吉松さんのツィッター等々、どうやらみなローマに集合ですね(笑)
    <ジョコビッチ戦も「打開したい」。錦織圭の自信を裏付ける変化とは。>
    http://number.bunshun.jp/articles/-/830816

    ところで錦織選手のツアー対戦相手、もしかしてジョコビッチ選手が一番多い? ならばこの2人の対決の歴史は、テニス界に脈々と語り継がれることになるかも知れませんね。

      引用  返信

  • 団長、早めのプレビュー有難うございます❗️
    そう、「絶対勝つ!」ですよね‼️
    「100位以上は全員神」は私も前から思っていたことですし、だからこそ誰に対しても勝つチャンスは常にあるという考えも、激しく同意です。
    しかも、今の錦織には最盛期の力が蘇っていると感じている中、チャンスは従来になく大きく思えます。今日は今の錦織の力を信じて、全力応援します‼️

      引用  返信

  • 団長さま
    記事立てありがとうございます。

    ジョコビッチ戦で個人的に1番印象に残っているのは16年のローマMSです。

    私の記憶が確かだとは思うのですが、ローマの最終セットのタイブレークに現地応援の日本の御婦人が涙を流しながら応援していたシーンが映像に抜かれた事は今でも強い印象に有ります。

    錦織選手の現地応援の方々は大会毎に見られますが、あのシーンは見てるこちらもかなりヤバかった記憶があります。

    もし今夜勝ったら、泣いてしまうでしょうね。

      引用  返信

  • 『私たちの多くは画面の前で応援することしか出来ず、直接的に錦織に力は届かないかもしれませんが、長年に渡り多くの人が応援してきたことは錦織に伝わってるはず。』

    団長さまのこの言葉に色々な人の想いを感じて、じーんとしました。

    錦織選手、自分の思うように目の前の1ポイントに全力を注いで下さい。
    私も、どんなポイントも見逃さず画面の前で応援します。
    夜中ですが、私も隣の犬やうちの家族に吠えられない程度に、現地のケイコールに合わせて全力で応援します!
    錦織選手の勝利を信じて!!!

      引用  返信

  • もうプレビュー記事が上がってる!ありがとうございます。
    団長さん の今日の試合への期待度が伝わります。
    昨日の試合を受けて世界中のテニスファンの誰もが錦織選手に期待しているような
    気さえします(⌒▽⌒)
    ジョコビッチ選手に勝利することを誰よりも強く願っているのは錦織選手自身。
    誰にでも勝てるような気が徐々にしている…の中には、ジョコビッチ選手のことも
    想定しての発言ですよね。「いつか」は「明日」を想定している。
    2014年の勝利以降、こんなに明確にジョコビッチ戦の勝利を口にする錦織選手を
    見たことがあったかな?
    「自信」自分を信じる力を錦織選手は確実に手に入れたと思います。
    あとは実行するのみ!
    熱烈応援します!

      引用  返信

  • 早々のプレビュー記事、ありがとうございます。
    寝不足なのに、今日は朝からソワソワしてハイテンションで落ち着きません。
    錦織選手はあまりプレカンでも嘘をつけないタイプだと思うので、ディミトロフ戦後の「相手が誰であろうと勝てそうな気が徐々にしている」ってコメントが、2014年全米QF後の「勝てない相手はもういないと思うので」と被って、期待せずにはいられません。

    レビュー記事は「クソ強い。なんだこれ。」となる様に期待しています。

      引用  返信

  • 同じく団長様の最後の言葉にぐぐっときました。
    勝利を信じるのみ。
    そして、喜びを分かち合おうと。
    こんな心強く嬉しい言葉、、もう始まる前から勇気百倍です。

      引用  返信

  • 頑張ってほしいですね
    前回はちょっと錦織君がからまわっちゃって負けちゃったんじゃないかなと個人的には思ってます
    がっぷり四つで普通に戦えば今のジョコなら勝てると思います

    今回も負けてしまったらレベルの差云々ではなく単に相性が激悪いということでしょう

    あと今朝NHKでニュースにありました硬式テニスの中体連加入という記事もおりに触れていただけたらなぁと思ってます

      引用  返信

  • 朝のニュースみました。
    硬式テニスはまだ中体連に加入してなかったのですね。
    うちの子の中学は結構強くて、全国大会にも何度か出場しています。うちはテニス部ではなかったですが(;^_^A
    でも市内の中学校には、まだ硬式テニス部のない学校も多くて、よその学区から越境して通学してる子もずいぶんいましたよ。
    中体連加入によって中学で硬式テニスをやりたい子の環境が整うといいですね。

      引用  返信

  • 時は来た❗時は今❗錦織君の大復活❗を世界一、宇宙一、信じて疑わない団長さま、に導かれて、引っ張られて、今日まできました❗
    今度こそ、今日こそは、錦織君と、団長さまと、錦鯉のみんなと、ホンモノのエクスタシーを、感じたい❗

      引用  返信

  • 圭くん🌟のあの痛々しいギプス姿を見たのは今から9カ月前の今日でした。
    そして今年1月ニユーポートビーチ チャレンジャーからの復帰を見ながら、まだしばらく我慢の日々が続く事を覚悟していました。
    それなのに! 4月にはマスターズ1000の決勝の舞台に立ってくれて・・・・。前進後退はあるものの私の想像以上の活躍をしている事、ありがたいばかりです。
    今日またジョコビッチと闘うことにができるのは、嬉しいことには違いないのですが、正直まだワクワクするよりドキドキの気持ちのほうが大きいような気がします。彼との試合では「他の選手とは違った感情になる」 それがこの一戦でまったく別のものになってくれたら・・・・嬉しいのですが。
    とにかく真さらな心で挑んでほしい。錦織圭のテニスを見せてくれればそれでいい❗ 今それを自分に必死に言い聞かせています。
    けれど、やっぱりジョコから3勝目をあげる圭くん🌟を見たい❗ 矛盾ばかりの私です。

      引用  返信

  • 「絶対勝つ!」ですね❗( ̄▽ ̄)b
    団長、了解しました❗😘❤️⤴️⤴️

    私の本日のミッションは、さっさと仕事を片付けて帰宅し、圭の試合開始までに晩ごはんをちゃんと済ませてTVの前に座ること❗😆👍❤️⤴️⤴️
    頑張るぞ~❗(*≧∀≦*)♥️⤴️⤴️

      引用  返信

  • 絶対に勝って欲しいですね!ガチ勝負っていうより、アンダーサーブするくらいペースを崩して勝利に執着して欲しいです。

      引用  返信

  • 団長さんのプレビュー記事と皆さんのコメントを読んでいたら、既に感極まってウルウルです。

    錦織選手が負けた時は、最初、錦織選手のペースだったのに、いつの間にかジョコビッチ選手の術中にはまって力尽きるパターン。
    今日は逆に錦織選手のペースに引き込んでジョコビッチ選手のテニス脳をショートさせてしまいましょう。
    ディミトロフ戦で見せた諦めない気持ちと、コールシュライバー戦で見せたクソ強いテニス。この二つを手にした今の錦織選手は最強だと思います。
    今日は絶対勝つ!!  

      引用  返信

  • 団長さんのプレビュー記事を拝読するにつけ、今日は、ジョコビッチ選手に完勝して、錦織選手が自らテニスの歴史を作る日になるような気がしてなりません。

      引用  返信

  • もうギリギリのタイミングですが、昨日のコールシュライバー戦のレビューとジョコビッチ戦のプレビュー記事を書きました。何が何でも勝ってもらいたいです!!
    https://yuri-san.com/tennis132/

    いつか・・・じゃなくて今日!!!でしょう!
    Come on!! Kei!!!

      引用  返信

  • ジョコが全盛期の頃も土の上ではあまり完敗したという記憶はないので
    今日でジョコに対する嫌なイメージを払拭してもらいたい

      引用  返信

  • https://youtu.be/53YlcU4YoCw
    26分があっという間です。14年以降拮抗した対戦はこのローマが一番なのではと思っています。
    かつてのフォアの“しばき”を蘇らせ、今進化した体幹とネットプレー、サーブ、そして健在するバックハンド。
    全てを出し尽くして勝利をもぎとってほしい!

      引用  返信

  • 下団さん,
    いつも記事紹介ありがとうございます。
    今日はもう朝から何度ここを覗いたか……。ジッとしていられない気分です。
    皆さんも同じですね(⌒▽⌒)
    記事を読んでジョコビッチ選手の「お互いの試金石となる試合となる」という言葉
    頷けます。一見自信のある言葉のようにも受け取れますが、ジョコビッチ選手の今
    の調子から見ても本心でそう思っていると感じます。
    偵察気分で(笑)昨日のジョコビッチ選手の試合を観ました。
    その試合を見る限りは、負ける気はしませんでした。
    がっ!ジョコビッチ選手、錦織戦は別物と思っておいたほうがいい!(◎_◎;)
    錦織選手の言葉からも伺えますが、今日の試合で戦う相手はジョコビッチ選手では
    なく、「ジョコビッチ選手相手に特別な気持ちになってしまう」錦織選手自身の心
    だと思えます。その気持ちを乗り越えて、自分のテニスを貫くことに集中すること。
    ここが今日の戦いだなと考えます。
    何が何でもジョコビッチ選手に勝つ!とか思った時点で危ないのではないかな?
    ただひたすら、昨日できたテニスをやることに集中して欲しいと願っています。
    それができたら勝利は案外簡単に手に入るかもしれませんし、もし勝利できたら
    それこそ、3人のトップ選手とは比べ物にならないくらい大きな自信を得て、道が
    大きく開ける!と思います。

    ナダル選手のことは………………………まっ、この際置いときましょ(^◇^;)

    錦織選手の挑戦をリアルで目撃できる幸せ❤️を実感しています。

      引用  返信

  • やっと自信が戻ってきたような気がします。
    今日は勝ちましょう! 絶対勝ちましょう!
    全力応援します!!

      引用  返信

  • 【ジョコビッチのサーヴ解析】

    前回の対戦でみたジョコビッチのサーブの傾向です。サーブ方向は、ハードとクレーで変わらないので、全コートのデータです。ジョコビッチの右利き選手相手と錦織戦のデータについて纏めています。
    1)サーブ方向
    2)サーブ・ポイント

    ジョコビッチは、前回マドリード(高地なので空気密度が低くボールが速く飛ぶ)の錦織戦で、他の試合よりも1stサーブで10km/h、2ndサーブで20km/h近くも速いサーブを打ってきました。ローマは低地だし、雨の影響とか夜の試合ではボールは飛ばず重いサーフェスのようです。マドリードとローマは、CPI(21−22)やボールが同じ(ダンロップ)でも条件がかなり違うので、今日はマドリードとは違った試合展開になるかと思います。

      引用  返信

  • 絶対勝つ! 団長さんの一言一言に圭くんへの熱い思いが濃縮されていて鼻血出そうです✨
    今日からvsジョコビッチ戦の連勝記録が始まる!
    それくらい圭くんのテニスは素晴らしくて勝ち抜く自信も持っています!
    後は圭くんが登場するのを待つだけ。
    っと、またシャラポワが圭くんの試合の前に立ちはだかっている!今朝と同じじゃん。良いかも。

      引用  返信

  • 昨日に続いてシャラポワの次の試合。縁起いいかも。
    まだ始まったばっかりだから11時開始はないかなー。
    金曜の夜、たっぷり楽しみましょう!!!

      引用  返信

  • Go圭さん,
    久しぶりに観ました。気づけばあっという間でした。
    これでどうして負けたのか⁉︎というような試合ですね。
    圧倒的に錦織選手のほうが打ち抜いて素晴らしいショットが多い!
    今大会の錦織選手は勝負に対して粘りもあるし、試合の勝負どころを
    がんばれているので、この時よりもさらに進化しているように思える
    けどどうでしょう?
    ローマの借りはローマで返す!

    開始時間が押しそう…というコメントもあったので、心を落ち着けて
    じっくり待ちます。

      引用  返信

  • WOWOWで昨日の試合見てるんですけど、相手はあのコールシュライバーですよね…。
    この赤子の手をひねる感はなんなんだろう。試合形式の練習してるみたい。

      引用  返信

  • 前回はジョコに先にDTLに展開されて、そこからの振り回しにやられていたように思いました。
    今回はジョコより先にDTLに展開して欲しい!
    ジョコ戦に限って特にクロスラリーを続けてしまう傾向があるように思います。
    クロスからDTLに切り替える勇気があと少し必要なのかな、それが難しいだけのジョコのストロークの質の高さがあるのだとは思いますが…
    あと、ジョコと錦織でDTLに対する意識に違いがあるのではないかと思っています。
    錦織のDTLはウイナー狙いですが、ジョコは振り回しの契機程度に考えて、最終的に相手がミスしてくれるのを期待しているのではないかと思っています。
    ウイナー取ってくれた方が気持ちいいですが、ミス待ちで打つDTLよりもリスクは高いでしょうから、後者のアプローチでのDTLも意識してくれたら、攻撃のバリエーションになるのではないかなぁと思っています。
    とはいえ、生半可なDTLではカウンターの餌食になるだけですので、ジョコはやはり凄いのですが…
    フェデラーは錦織同様、ウイナー狙いのタイプだと思っていますが、それで破綻しないのがフェデラーたる所以なのではないかと思っています。

      引用  返信

  • 今晩は。
    いよいよですね。
    今日の公式プラクティス・スケジュールでは、日本時間18:00よりコート4で錦織選手、コート5でジョコビッチ選手。この2人、コートをシェアしたり、同じ時間帯に隣同士で練習したり、あくまでシンクロするつもりですか(笑) コート4と5が隣同士かどうかは知りませんが、もしそうなら絶対お互いチラ見してた、いやガン見していたでしょうね。

    コートのサーフェイスですが、Ubitennis公式SNSでジョコビッチ選手曰く
    「ピエトランジェリはセンター・コートより遅くて滑りやすいんだ。でもこのコートにボクはいい思い出があるからね」とのこと。

    さあ両選手、ピエトランジェリより速くて滑りにくいセンター・コートで、お互いどんな攻防を見せてくれるか、いや魅せてくれるか。楽しみです。

      引用  返信

  • 試合前に、どうしてもコメントしたい。

    今日は「絶対勝つ!」

    日本からも、たっくさん応援してるから(o^-‘)b !

      引用  返信

  • いよいよジョコビッチとの試合をするリセットする試合が始まります。
    今日を境に連勝する時代の始まりです。
    2勝11敗から1勝ずつ積み重ね、2020年には勝率がほぼ5分になり、オリンピックには金メダルになる出発点となる日となる事を確信しております。

    今までのテニスキャリアが確変する事を確信しております。
    週末のこの時間を大いに期待して錦織時代の始まりを告げる瞬間に立ち会える事にワクワクしておりります。

      引用  返信

  • とりあえず、験担ぎとして曜日にちなんだ曲をこれからヨウツベ鑑賞です。

    「決戦は金曜日」

      引用  返信

  • akio様、
    ホント!被っちゃってる!
    シャラポワ2-5リードされてたのに追い付いてタイブレーク!やっと1セット終わった。まだまだかかりそう(>_<)
    頼むから巻きでお願いしま~す🙇⤵️

      引用  返信

  • あけびさん,
    同感で進化していることに嬉しい気持ちでいっぱいです!
    そしてポジティブに捉えればまだ過去の圭を拾い集め切れていないと思ってます!
    だからこそ“もう誰が相手でも勝てそう”と言う発言と“打開したいいつか。出来れば明日”を聞いたときは思わずあれ?と違和感を抱きました。長らくこんな発言聞いたことない…もしかして錦織選手は4位の頃、貫禄に囚われていたばかりに“純粋なチャレンジャー”で在ることを14年〜15年の間でどこか置き去りにしてしまったのではないかと感じたんです。その貫禄すら保ち続けた、使命を果たしてきたことも十分すごいのですが。
    最近の彼はコートに入る前、いつも楽しみと話していた。16年の頃もこんな楽観的な発言もあまりなかった。
    テニスが出来ることを本当に幸せに感じてる今、我々が抱えてきたモヤモヤももしかしたらこのジョコ戦でぬぐい去ることになるかもですね!

      引用  返信

  • まさかマドリッドでの敗戦がローマでの勝利を一層甘美にするための、天の配剤だったとは。 まさかいい歳した白髪混じりのオッサンが二週連続で妻に一生のお願いをしてまで夜更かしテニス観戦することになるとは。
    鼻血充填完了です❗

      引用  返信

  • Go圭さん,
    返信ありがとうございます(⌒▽⌒)
    ランキングが上がると守るもの、背負うものが増えてしまうんでしょうね。
    そういう立場でチャレンジ精神をキープするのはなかなか難しいことと想像
    します。怪我の功名♪(´ε` )で身軽になった錦織選手、今日の試合を楽しみに
    できているでしょうか?
    入場してくる錦織選手の表情はどんなかな( ̄▽ ̄)

      引用  返信

  • 仮眠すればよかった!もう寝れないし、寝たら起きれないし、試合が終わったら興奮して寝れないし!(もちろん錦織が、勝って)もしファイナルまでいったら、外は明るくなってるだろうし!こまった!でも楽しみも延びたのでいっか!2徹上等!

      引用  返信

  • シャラポワvsオスタペンコをDAZNで観ながら(叫び声の応酬がすごい)、応援フードのチョコビスケットをかじり、団長さんのプレビューを読み返して勇気凛々、みなぎっています。
    「絶対勝つ❗」
    そう、今日はジョコビッチとの戦いというより、自分自身との戦いだ。
    絶対、ぜったい、ゼッタイ勝つ❗❕❗❕❗

      引用  返信

  • やったー。3時間13分の死闘終わったw
    シャラポワ去年の全仏女王オスタペンコに勝ちました

    くそ強い圭くん登場です✨

      引用  返信

  • 始まるよーーーーーーーーー♪
    待ちくたびれちゃダメよ♪(´ε` )
    これから!これから!
    団長さんもがんばってぇええええええ\(^o^)/

      引用  返信

  • 待ち疲れて既に眠たい……
    でも!本当に今日は絶対に勝つで~!眠気にも勝つ!!
    駄菓子コーナーで買ったBIG KATHUも完食済みだし。
    深夜の間食にチョコチップ(ジョコビッチ)クッキーでもつまもうかしら。
    そろそろ始まりますね。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。