錦織圭が自らを語った「頂点への道」が新発売

久しぶりの錦織圭関連書籍の発売です。

頂点への道
頂点への道 錦織 圭 秋山 英宏

文藝春秋 2015-04-16
売り上げランキング : 26

Amazonで詳しく見る by G-Tools

「夢は世界チャンピオンになること」
小学校の卒業文集に、そう記した。

●わずか5年前、怪我に苦しみ、世界ランク898位から再スタートした。
世界各地を週ごとに転戦し、日程によっては深夜2時まで試合を続けることもある。
ジョコビッチ、フェデラー、ナダル、マリー、世界の4強と相まみえる精神的重圧と高揚。
2014年、運命のコーチ、マイケル・チャンを迎えて「動かず攻める」攻撃テニスが開花。頂点をめざす!

●本人が2010年からつづってきた生の言葉で、試合の内幕、負傷の苦悩、戦いへの決意が語られる。
ジュニア時代より彼を追ってきたテニス記者、秋山英宏がテニスの基礎知識を解説、大きな試合をレビューすることで、知られざる苦闘がさらに立体的に見えてくる。
現役の世界トップアスリートが自らの言葉でここまで記した書籍は稀。
国民的ヒーローの初めての自著、テニスファンならずとも必携です。

(Amazon.co.jpの内容紹介より)

書き下ろしたというわけではなさそうですが、錦織圭自身の言葉で構成された書籍のようで、錦鯉としては入手しておかなければなるまい・・・。
購入してからレビューしたいと思います。

なお、直前になりまして申し訳ありませんがバルセロナ関連情報は本日から始めたいと思います。

あっ!今Amazonで見たら売り切れてる・・・

10 件のコメント

  • 団長さん、スレ立てありがとうございます。
    私は2012年まで(ちようど半分)まで読んだところです。もったいなくていい姿勢で読んでます(笑)。
    出版社の解説通り、圭くんがブログにあげたもの+各試合結果+秋山さんの観戦記が、時系列に並べられています。
    ブログ本は世の中色々ありますが、
    みなさんご存知のように、圭くんはその時々に書き込み内容が心の中にも踏み込んでいたり、時にぷっと吹き出す事件報告があったり、「書く力」があるなと、しみじみ思います。圭くん自身も書きながら頭を整理したり、闘志を奮い立たせていたんだろうな。
    本の後半の2013年からはリアルタイムで試合を見、サイトを読みだした年。その時の自分の気持ちも合わさって読むことができるので、一段ギアを上げて読み込みそうです。

      引用  返信

  • 団長!!Σ(×_×;)!
    3個前のスレにも書きましたが、只今、出版社にも品切れ状態だそうです(>_<)
    4月27日に、重版出来だそうですよ~!!!Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

    発売以来10日足らずで重版出来だなんて、もう、どんだけ~!!!(/≧◇≦\)ウヒョー

    私はしかたなく、近所の書店に予約しましたm(__)mm(__)m
    もちろん、次の本(塚越さん著)も、忘れずに!!!(≡^∇^≡)

      引用  返信

  • 楽天ブックスでは今のところ在庫ありになってます。
    出遅れましたが私も注文してきました(^^)

      引用  返信

  • 職場近くの書店で普通に売っていたので、購入しました。
    ハードカバーで質感も上々。
    公式ブログの内容はWebでも見えますが、こういうのはお布施としても購入しないとねw

      引用  返信

  • チャレンジャーの時もGAORAで何度かみたので、その時のスコアが載ってるので懐かしい思いで、歯医者の待ち時間に読んでいます、わくわくしながら凄く読みやすいですね、これだとテニスを知らない人もわかりやすのではないでしょうか。予約しといてよかった!写真集も楽しみですね。まってまーす。

      引用  返信

  • 表紙の写真、精悍な顔つきでかっこいいですね!
    2008年のデルレイ優勝時はもう少しユルフワ系の顔立ちでしたよね。逞しくなりました(^^)
    もうバルセロナが始まるんですね。何か役に立つバルセロナネタがないか色々考えてはいますが小ネタしか出てきません(汗)

      引用  返信

  • 圭くんが18の頃…「夢は世界のNo1!」
    そういい放った時から、応援という形ですが共に歩んできた事を…誇りに思っています。

      引用  返信

  • 私、アマゾンでゲットしました。
    届いてあけてみるとファンにはうれしいいいお顔が表紙に♪
    そして帯には圭君のサインが・・わくわく うれしさがもりあがります♪
    めったにしないのだけど表紙を汚さないように綺麗な髪でカバーをつけて大切に読んでいます。
    ファンとしてはその時々の試合を思い浮かべてああこんな気持ちで頑張ってたんだなあ・・とじんとします。リアルタイムでブログで読ませてもらってたのに改めて時系列にそってよむと灌漑深いものがあります。読み物としてはちょっと単調かなあと思いましたがファンの私は飽きずに読めます。
    写真がもっといっぱい入っていたらうれしかったなあ・・・
    今度は写真集でしょうか・・・いずれにしても本出版情報もこのブログで教えていただいたので感謝感謝です♪ありがとうございます♪

      引用  返信

  • いつかのエイプリルフールネタにされていましたが、団長もブログ本出してこの本の隣に並べてもらえばマジで売れますよ

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。