錦織ファンならSportiva3月号は目をつぶって買え

Sportiva (スポルティーバ) 2009年 03月号 [雑誌]
Sportiva (スポルティーバ) 2009年 03月号 [雑誌]
集英社 2009-01-24
売り上げランキング : 

Amazonで詳しく見る by G-Tools

コメント欄で「良い」という声が複数寄せられていたSportiva 3月号を購入して読んでみました(¥580)。

最高。

特集のタイトルが「錦織圭 REAL DEAL テニスの王子様」となっているところだけ気に入りませんが、

錦織ファンならこれ、読まなきゃだめでしょ(断言)。

まず分量がすごい。16ページに始まる特集は71ページまで続きます(トータル56ページも!)。
テニス専門誌の特集すら大幅に凌駕するこのボリュームで、Sportivaというテニス以外のスポーツファンも読む雑誌において錦織圭が紹介される意義は非常に大きいものがあります。

内容も充実しています。錦織圭本人および関係者のインタビューを中心に構成されています。
そしてそれぞれのコラムが普通の特集ページなみの分量と中身の濃さです。
構成は以下の通りです(写真だけのページ、広告ページがあるのでページ数の合計は微妙に合いません)。

  • 許斐剛さん(「テニスの王子様」作者)のインタビュー(2ページ)
  • 錦織圭独占インタビュー(6ページ)
  • 福井烈さんによる錦織の技術解説(6ページ)
  • 松岡修造さんインタビュー(4ページ)
  •  いつものように錦織を大絶賛w

  • 米沢徹コーチインタビュー(2ページ)
  • NBTA(IMGアカデミー)留学初期のころの話など

  • ニック・ボロテリーインタビュー(2ページ)
  • NBTAの施設、システムなど紹介(4ページ)
  • 錦織圭完全ファイル(3ページ)
  • 錦織のデータ、プロフィール、年表(かなり詳しい)

  • ドキュメントUSオープン(6ページ)
  • 1回戦から全部、かなり詳しく紹介

  • 杉山愛インタビュー(2ページ)
  • 「私が知ってる『素顔の圭』」

  • 奈良くるみインタビュー(1ページ)
  • 天然っぽさ爆発w あまり知らないのに無理やりインタビューされてしまった感じw

  • 村上武資監督インタビュー(半ページ)
  • 山中夏雄さん(MMTFマネージャー)インタビュー(半ページ)
  • 盛田正明JTA会長インタビュー(2ページ)
  • 「ふるさとに残した走り書き」(4ページ)
  • 松江時代のエピソードと錦織圭ゆかりの地紹介、実家に残された直筆色紙の紹介

  • AIR-Kのライバルたち(4ページ)
  • ビッグ4、ロディック、ブレイク、フェレール、ガスケ、デルポトロ、チリッチ・・・対戦済み、未対戦問わず数多くのトッププレイヤーと錦織の関わりを紹介。
    まるでドラゴンクエストとかRPGの登場キャラ紹介のようw こいつらと錦織が同じ土俵で戦ってるなんて・・・と身震いする。

どうです、もう関係者全員集合!状態でしょwww

この中にハラミロさんの名前がないのが非常に残念ですが・・・。

これだけの分量ですので、見どころを紹介したいのですがしきれません。
次回、もう少し詳しい内容を紹介したいと思います。

しかし今回のSportivaはこれだけにとどまりません。

  • 伊達さん特集(5ページ)
  • 現代テニスの基礎知識(4ページ)
  • ツアーの仕組みから悪童列伝まで

  • お宝ラケット30年史(4ページ)
  • 種さん、たなーさん、島さんあたりが泣いて喜ぶ!

  • 歴代テニス美女図鑑
  • ハンチュコワ北!
    リサ・ボンダー、カーリン・バセットなど懐かしい名前も

と、錦織以外のテニス特集も大充実です。
美女特集もあるし、テニスファンが全国で10000人くらい増えてしまうのではないかと思いましたwww
これで580円はあり得ないです。

Sportiva (スポルティーバ) 2009年 03月号 [雑誌]
Sportiva (スポルティーバ) 2009年 03月号 [雑誌]
集英社 2009-01-24
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

19 件のコメント

  • でた!デカ赤字!!

    立ち読みしようと固く決心して本屋に行きましたが、
    ちらっと中身見て、買わないわけにはいかないことを
    すぐ悟りました。
    今晩、読むのがチョー楽しみです。

    ところで、ベルダスコ、どうなってるんでしょうか!?
    何か、憑依してますかね。

      引用  返信

  • 団長のブログからアマゾンへ、直行。
    ポチっと押してSportiva3月号、
    買い物かごに入れました。
    (ついでに仕事で使う資料を注文して送料ゼロ。)
    1月27日発送予定だそうで。
    楽しみです~~♪
    昨日はちょっと劇場なフェデラー戦を観てて、
    すごく疲れました。

      引用  返信

  • 私もBAKOさん同様ポチしました。。
    スポーツは観るだけなのでいつも圭君が表紙であっても
    買う気にはなれません。

    団長さんオススメ楽しみです。
    昔の選手も美女特集も楽しみ♪

    とうとう全豪2週目。圭君はいませんが毎日楽しいです。

      引用  返信

  • だちょ、
    送料無料にするための抱き合わせセットなんか
    いいのないですかね~w

      引用  返信

  • みなさん、お買い上げありがとうございますw

    Nosaさん、ベルダスコはもともとすごくいい選手。初のGSベスト8というのが意外なくらいです。私も★5つの評価。
    しかしそれでもマレーに勝っちゃうのは驚きましたが。
    優勝候補の呼び声も高かったので・・・。
    やっぱりGSを勝つのは難しいですね。

    reikoさん

    そうですね、プレーをする方には鈴木貴男初の著作「試合に勝つテニス 鈴木貴男のサーブ&ボレーレッスン」がおすすめ。

    試合に勝つテニス 鈴木貴男のサーブ&ボレーレッスン (LEVEL UP BOOK)
    試合に勝つテニス 鈴木貴男のサーブ&ボレーレッスン (LEVEL UP BOOK) 鈴木 貴男

    実業之日本社 2008-11-28
    売り上げランキング : 13314

    Amazonで詳しく見る by G-Tools

    まるごとサーブとボレーの解説に終始したという画期的な一冊です。ネットプレーの第一人者鈴木貴男ならではの解説が楽しめます。
    ただし、注意が一つだけあって、タイトルはまるで「サーブ&ボレーの本」みたいな感じなのですが、サーブ&ボレーのやり方や戦術についてはほんの少し(本の最後6ページだけ)しか触れられていないということです。

    「サーブ&ボレーの本」ではなくて「サーブとボレーの本」です。

    しかし、類書が他にありませんし、サーブととネットプレーが苦手な女性にこそ推薦します。

    他には策士・ブラッド・ギルバートの有名な本「ウィニング・アグリー 読めばテニスが強くなる」はギルバートの自慢話(どうやってベッカーに勝ったかなど)が少し鼻につきますが、読んでいて楽しいです。テニスというゲームの奥深さを味わえます。

    ウイニング・アグリー 読めばテニスが強くなる
    ウイニング・アグリー 読めばテニスが強くなる Brad Gilbert Steve Jamison 宮城 淳

    日本文化出版 1997-10
    売り上げランキング : 5002

    おすすめ平均 star
    star同レベルの相手に勝つために!
    starどうしても勝ちきれない人に・・
    starすばらしい

    Amazonで詳しく見る by G-Tools

    そして私がいま一番読んでみたい本が「宮城黎子の昭和テニス史―グッドデイズ、グッドイヤーズ、グッドライフ」です。

    宮城黎子の昭和テニス史―グッドデイズ、グッドイヤーズ、グッドライフ
    宮城黎子の昭和テニス史―グッドデイズ、グッドイヤーズ、グッドライフ 宮城 黎子

    日本文化出版 2008-05
    売り上げランキング : 404993

    Amazonで詳しく見る by G-Tools

    宮城黎子さんと言えば選手としても全日本を10回制覇(男女通じて最多)するなどすごい人でしたが、何といっても生涯にわたり日本テニス界の発展に尽力してこられた功労者で、最高の人格者だったと聞いています。
    テニスクラシックの編集長もされていました。

    Wikipediaの宮城黎子さんのページ

    残念がら昨年6月にがんのため他界されてしまいましたので、本書は遺作ということになります。まだ読んでいないのですが、ぜひ入手したい一冊です。

    reikoさん名前も一緒だし、読んでみては?

      引用  返信

  • ども!

    皆様お久しぶりです。

    圭君特集、良かったです。

    しかし、それより1回戦負け&伊達さんも。。。。

    なーのーでー、
    当然フェデラーに頑張ってもらいます!!
    昨日2セットダウンからはひやひやしましたが。
    14つ目のグランドスラムへGO!GO1GOOOoooooo!!!!!

    ところで、アーストラリアンオープンスレッドは立てないのですか?>団長
    何故立てないのか、秘密を教えていただく為にメールアドレスお伝えしましたので、宜しくお願いします。

    更には、私スカパーでwowow観ている為に、
    今やっている0:00~2:00 & デイリーナヴィしか観れません(泣)
    どなたか、スレッド立てて次のナダル戦までには、
    実況しませんか♡
    今はセレーナがやってます第2セット6ゲーム終了。
    (いずれにせよ、どうせダイジェストなので、放送編集の仕方で勝敗が分かってしまいますが。。。。)

    ところで、あの子は今日どうしてテニス練習に来なかったんでしょうか?メールしてくださいませ~
    私信を最後にしてしまいすみません。

    では、また。
    だんちょ、たねさん、ゲオさん、マックウインさん、mimiさん、robyさん、takolin師匠、そしてtakaさん等々へ

      引用  返信

  • borisさん、久し振りです^^
    実況掲示板は負荷がかかると落ちてしまうので、最近は第2実況掲示板に移動しているのですよ。

    http://jbbs.livedoor.jp/sports/34934/

    こっちに全豪オープンスレッドも立っているので、遊びにきてくださいね。

    第1の内容を全部第2に移して、第1は閉鎖する予定です。
    (そして第2が第1になります)

    忙しくてまだやってませんが・・・

      引用  返信

  • すすめられるとほしくなりますね。
    私も買おう~っと。
    Sportiva、美男特集もあればいいのに・・・(笑)

      引用  返信

  • 今日、絶対に買います!!
    いやいや、今から楽しみ!
    今日の全豪ナイトセッションもとても楽しみです。

    borisさん、お久しぶりです。元気そうでよかった。
    どこかに旅に行ってしまったかと思いました!!

      引用  返信

  • お~、またまた詳しい説明ありがとうです。西の方にいる家族に買ってもらうかも。

      引用  返信

  • 団長!ツボを押されて出てきました(笑)

    「お宝ラケット30年史」ですか・・、ぶら下がりやボルグ・プロから始まった私のラケット史ですが、懐かしさに浸ることができそうです。
    そういえば25年前のあの頃、ウィルソンの最高級モデルで確かジャッククレーマー・オートグラフとかいう白地に茶色いひし形の模様が描かれたラケットがありました。
    (確か、かなり若い頃のマッケンローが使っていたと思います)

    そして、ふっと気がついたら、その横に寄り添うようにぶら下がっている一つの美しいウッドラケットが目に入りました。
    「ティアラ」と名づけられたそのラケットは、唐草模様だかなんだかが妙に美しい品を感じさせる女性用ラケットでした。
    私は「・・よ~し、いつかこいつを麗しの彼女に持たせて、一緒にテニスするぞ!」などと堅く心に決めたものです。

    そして、その日は・・・まだ来ません(かっ、悲しい・・!!)
    若者よ、「光陰矢のごとし」。 心して過ごされよ。

      引用  返信

  • sportiva買うつもりが、隣にあったスマッシュ
    買っちゃいました。貴男さんのサーブ特集に
    惹かれてつい・・・
    今は反省してます、ごめんなさい。

      引用  返信

  • >takaさんゑ
    目をつぶって買ったら隣にあったスマッシュを手に取っていたってことですよね、わかりますわかりますw

    まあ冗談はさておきsportiva3月号、よかったですなあ。(ちなみにスマッシュも買ったw)
    例えて言うならsportiva持って東京から新幹線乗って、特集読み終わってたら広島だった。それぐらい読み応えがあると言えましょう。

    錦織特集ももちろんですが、お宝ラケット30年史。これも味がありました。その中でレンドルが使ってたadidasのラケット、昔レンドルに憧れてた僕としては(年がばれる)感慨深いもんがありましたねえ。
    そのadidasがついにラケットを復活する!というニュースもちらっと小耳にはさんだんですが、気になります。
    名前は「バリケード」 生粋のadidasマニア、名づけてダスラーの私にはこれも気になるとこです。

      引用  返信

  • おお、ボリさん、おひさ♪
    実況できそに無いのでごめんね・・・シュン・・。。

    島さん、マッケンロー使用モデルのひし形模様は
    プロスタッフですね、使ってましたww
    懐かしいですねぇ♪♪
    あのあとダンロップ・マックスフライに変わってしまいましたが・・・。

      引用  返信

  • コメント遅くなりました~。

    Sportivaはサッカー中心で
    まさかテニスが特集になるとは思ってもみませんでした。

    IMG全面協力のもと組まれたこの特集。
    「圭はこの環境がベストなのだ。」
    と力説するニック氏。

    もちろん圭くんの才能は認めていますが、
    日本への事業拡大に、彼はキーパーソンなんだなぁと
    ひしひし伝わってきました。

    『いつでも、
     誰にでも
     ラッキーが来る、そう思え』
    直筆が載っていましたね。

    是非将来錦織圭博物館に飾って欲しいな。
    (って気が早い私^^;)

      引用  返信

  • 種丸さん>
    ああっ、あれはプロスタッフだったのですか。
    ティアラも唐草模様ではなく、印象深かったのは王冠の模様や美しい木目でした。
    検索して写真を見たのですが、いまだにオークション(もう終わっていましたが)に出されていたので驚きました。
    それにしても、当時のラケットのデザインには品格とか個性がありましたよね。

    私は当時、そのひし形模様の描かれたプロスタッフとボルグプロのどちらを買おうか迷い、ややトップ・ヘビーのボルグプロを選んだのですが、あれも良いラケットでした。
    芯を外して先端で打ってしまったとき、「プル、プルッ」と震えるような味のある感触があったのは、このボルグプロとプリンス・グラファイトMPだけでした。

    マッケンローのダンロップ・マックスフライは「まるで、棍棒だな・・」と思ったのを憶えています。
    でも、あの小さな面でS&Vを繰り返すとは、やはり並の人間じゃあないですねww
    でも反面、プロスタッフやティアラの写真を見ていると、ウッド・ラケットの打球感が思い出されてきてしまい、今度はそれでゲームをしてみたくなってしまいましたw

      引用  返信

  • 思惑通り、島さんの熱いラケット談義を引き出せて私、満足ですwww

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。