錦織圭、あと1週間のリハビリ後プレー再開

Facebookでオリバー錦織が以下のようにコメントしています。

I am not going to play Miami and spend the next 7 days in full rehab every day and then start playing again. Really feel like we are getting to end of this long road back. So excited to play again soon.

(マイアミはプレーせず、今後7日間はずっとリハビリを行います。その後プレーを再開します。長い復帰への道のりの、本当に最後の段階に来ていると実感します。またプレーできることがとても楽しみです。)

正直な感想

喜ばしいけど、あと少し、あと少しと言い続けてなかなか完全復活できないので、今回も気が抜けない。とりあえず気長に待ちます^^

次の目標はヒューストン(US男子クレーコート選手権)ですね。

6 件のコメント

  • デルレイは、試合したくてリハビリに飽きて、精神的に煮詰まっていた錦織君の願いで、強行出場したのかなという印象だったのですが、その出場後、やっぱりまだ痛みが出るということや、サーブの違和感などがあるなら、また粘り強くリハビリと練習を続けて、最終段階をさらに細かく分けて完全復帰を目指してほしいです。

    錦織君が一番今の状況に苛々していることでしょう。耐えて欲しいなあと思います。

      引用  返信

  • 確かにもう少し待てばPRは12大会使えましたから、それでもデルレイに出る以上はもう万全だと思ったのですが・・・。
    ほんとにここ正念場なので頑張ってほしいですね。

      引用  返信

  • テニス界の宝物なので、このまま慎重に進めてほしいです。

    5セットマッチを戦えて、2週目突入しても大丈夫な将来の錦織が、私には見えます!!

      引用  返信

  • 圭君はやはりプレイヤーですから「早く試合をしたい」という思いがあるところを、色々なサポートやアドバイスできる先達の方々が「焦らないで。じっくりと」と年輩者らしく、彼の気持ちを慮りながら温かく皆でサポートしている。との事をとある元名選手の方から「伝聞の伝聞で」聞きました〜!
    情報源はもちろん明かせませんが、以前団長さんに私の携帯写メをお見せしたあの方です。さすが元ウィンブルドン常連は懐が深く、面倒見のいい方ですね。
    ついでに、「君はこの頃元気だった?」と私なんぞにも気遣いの言葉頂きました…。なんて細やかな気配りが出来る人〜。と恐縮しきりの巻でした。
    みんなが様々な形で、将来がある若者のサポートをしているのですね!
    もちろん、団長はじめこのブログで応援している皆さんの力もありますね!!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。