【公式ブログ更新情報】錦織が苦しい気持ちを吐露

公式ブログが更新されました。

【from 錦織圭】今の気持ち。

読んでみてください。苦しい気持ちがつづられています。私や皆さんが想像していた通りの悩み、苦しみを抱えていたようで、読んでいて胸が苦しくなりました。

そりゃあそうだ、苦しいよね。弱音吐きたくなるよ。それが普通だ。

いいんです、愚痴って。ここで弱音吐いたって、ファンはガッカリしたりしない。

むしろ、少しは発散できたかな?ってちょっとホッとする。

「身が入っていない」って言ったって、トレーニングやってることは意味がある。

「なかなか寝付けなくても、横になっているだけでも違う」ってよく言うのと同じこと。そりゃあ健康でテニスバリバリやれた方がいいけど、まだまだ取り戻す時間はたっぷり残っている。

落ち込んでいても回復するための時間もある。今は無理に頑張ろうとしたりしなくてもいいんじゃないかな。

とりあえず惰性でもトレーニング続ければそれでOK!

ブログのコメント欄もさっそく励ましのコメントが続々と届いています。私もコメントしました。

(最近は無記名でコメントしています。内容的には上と同じように、書いて発散するのはいいのでは、と書きました。)

陸上選手でもないのに走ってばかりでは、それはストレスもたまるでしょう。全仏そしてウィンブルドンと続き、テニスが一番盛り上がるシーズンに自分はボールすら打てないでいる、それはまだ若くて伸び盛りの錦織にとっては想像を絶する苦しみだと思います。

まだボールが打てればそれほどでもないのでしょうが、我慢するしかないから苦しいですよね。

そしてなんとかストレス発散するしかないですね。周囲の励ましも必要です。

もちろんご両親、友人、スタッフのサポートは厚いでしょう。そこでファンの出番。なるべくたくさんの励ましコメントが集まるといいですね。

何も「素晴らしいこと」を書く必要はありません。素晴らしい1つのコメントよりも、普通の100のコメントのほうが、錦織を励ますことができると思います。皆さんも、ぜひ励ましのコメントを・・・。

私は、体さえ良くなれば錦織はすごい活躍ができる選手だと思います。

それは戦績やデータ、世間の評判とかではなくて、生でそしてTVで錦織のテニスを見ての感想です。

日本人だから、若くて有望だから応援しているだけではありません。錦織のテニスは本当にすごいです。

あんなフォアハンドが打てる日本人が出てくるなんて、絶対あり得ないと思っていました。だから今は心配でも、体さえ治ってテニスができさえすれば、結果は本当に自然についてくると思っています。

きっと今の錦織は、自己評価が低くなっている状態だと思いますが、自分の以前のプレーを見て、「俺って、こんなすごいプレーしてたんだ・・・」と再確認してみるのもいいと思いますし、ウィンブルドンが終わったら杉山選手や伊達選手と話してみるとか、とにかく自分を外から見てみるのが良いと個人的に思います。

不安な気持は、実際にプレーしてみないと拭えないと思いますが、逆にプレーしてみれば、「何だ、それほど心配すること無かった・・・」と思う可能性も高く、本当に今は新生「錦織圭」の産みの苦しみの時期だと思います。

単なる一ファンとしてできることは限られていますが、私としては微力ながらこのブログで応援を続けていきたいと思います。

18 件のコメント

  • ほかの人のコメントを読んで、なんか私も励まされたようなw
    いいコメントが多いですね。
    もっともっと増えたら、きっと錦織も元気出ると思います!

      引用  返信

  • あと思ったのが、「日本に帰りたい」って気持ちがなんとなくわかること。
    きっとボロテリーでもニック師匠、グレンコーチ、その他スタッフ、みんな日々、錦織を励ましていることでしょうが、やっぱり日本語で励まされるのとは違うんじゃないかと・・・。

    もちろん錦織は英語に不自由してませんが、なんか違うんですよね。
    外国語だと、何となく弱音を出しきれないというか(これは自分の経験でしか言ってませんが・・・)。

    やっぱり日本の義理・人情、ワビ・サビ、演歌の世界というか、一言でいえば日本人的なメンタリティは日本人あるいは日本の環境でないと癒せないのではないかと・・・。
    何言ってるかわかりませんが(酒は入ってません)。

    だれか錦織を屋台のおでん屋に飲みに連れて行ってください!!
    (未成年だって!)

      引用  返信

  • なんかいろいろ考えちゃいますね。

    公式ブログを最初読んだとき、こんなに悩んでたのか・・・と少しショックではありましたが、よく考えたら本人がれだけ悩むのも、テニスが好きだから、頑張りたいと思っているからこそだと思うんですよね。

    頭では分かっていても感情が付いてこない、そういうときにできることって、限られてるんですよね。

    でも逆にいえば、条件さえ揃えば、きっと事態は好転するということです。つまり、体に不安がなくなるときです。

    そのとき錦織はきっと、テニスができる喜びに満たされることでしょう。

    今、つらいのは本人が言っているように、とにかく「いつ治るか見えない」こと。

    しかし以前このブログでも書きましたように、

    「夜明け前が一番暗い」

    この言葉を錦織に贈りたいと思います。

      引用  返信

  • また公式ブログのコメント読んできました。
    Nosaさん、私のこと書いてるしwww
    そのあと、この記事の一部を勝手に書いてる人がいるしwww
    (おかげで本人の目にも入るのでいいですけど)
    私のコメントは16番目です。

      引用  返信

  • 錦織選手、もうアメリカに戻っていたんですね。
    ブログの更新がないので、何かあったのかなとだんだん心配になってきたところでした。
    遠くから応援することしかできないので、励ましコメント入れてきました。

      引用  返信

  • 団長さん、コメント欄まで、あふれる思いですね…
    何か、こんなに気持ち吐き出してもらえると、
    うれしいもんですね、応援心がますます気持ちが募ります。
    もちろん、錦織圭自身は、たいへんな気持ちなんだろうけれど。

      引用  返信

  • 私もコメントしてきました。

    錦織選手のブログを読み、
    みなさんのコメントを読み、
    団長さんのブログを読んだら
    なんだか胸いっぱいです。

      引用  返信

  •  何かできることはないのか・・・

    今はただ、見守ってあげることしかできないでしょうね残念ですが

     私には、圭より団長の方がまいっているように思えますが(笑

    圭はああやって吐き出すことで、心を軽くすることができる人です

    (いつも、内にため込んでいたのに、随分な進歩です!!)

    でも、私もブログに、アメリカ式の自分を無理やり鼓舞する方法は

    反対だ、圭は日本人なんだから、とカキコしました。

    日本にもうしばらく居れば良いのにねえ…。

     でも、T.ハースに話を聞くのもいいかも^^)

     

      引用  返信

  • 公式サイトでなんとか圭君をみなで笑わすこと
    できないかなあ~

      引用  返信

  • やっぱりいい子だよね~
    みんなが好きになって応援したくなるよね。
    コメントも100超えていましたね。
    いろいろな人がいろいろなところで
    いろいろな思いを圭くんにかさねているんだなぁとしみじみ思いました。
    オットに「そのおばはんサーブをどうにかしろ」といわれ、
    「いいもん。おばはんだもん」と開き直っていたけれど、
    やっぱりがんばろう! と私が励まされてどうする!

    団長さんも微力なんて・・・強力、強力ですよ。
    そっか~私もコメント残そう!と思えるし。

      引用  返信

  • 圭くんのブログを見て、胸がつぶれる思いでした。
    でも、なんとか圭くんに応援の気持ちを伝えたいと、今コメントしてきました。
    皆さん、たくさんのコメントをしていて、私も慰められました。

      引用  返信

  • ライスコで伊達さん応援しています。
    すごいです。
    このまま勝ってほしい。
    keiの励みにもなるでしょう。
    どこかにライストないかな~(^o^)

      引用  返信

  • ブログ、更新されてたんですね!
    今知り(ありがとうございます)、慌てて読んで来ました。
    コメント数、150以上。内容も、心温まります。

    錦織選手が今、あんな心境だったなんて…。
    アメリカのテニス漬けの環境に戻って、周りの選手といつプレーが再開できるか分からない状態の自分のギャップに、気持ちが落ち込んでしまったんでしょうが…

    上手な励ましの言葉が浮かびません。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。