そうか、そんなにテニスしたいか(公式ブログ更新情報)

昨日のことなのでもうご存じだと思いますが、公式ブログ更新されています。

【from 錦織圭】みなさん、連絡が遅れて申し訳ありません(錦織圭公式ブログ)

この何日間か毎日ブログを書かないと・・・
と思って、毎日書こうとするんですが、
最初の2行でその次が思い浮かばなくて・・・
明日は絶対書こうって毎日思うんですが、、いつのまにか今日になってしまいました。
すいません!!

はたして本当に思い浮かばなかったのか、それともファンにどうやって報告するか・・・と悩んだのか。

やっぱり手術となると、リハビリ期間や治るのに時間がかかるので、
できるだけ手術はせずに治したかったんですが、
今回の怪我は内視鏡で見ないと分からない、
ということだったので致し方なかったです。

ルーカスさんのコメントにあった通りですね。なるべく手術しない方向で治療してきたということですね。

やっと光がでてきて、やる気も前よりは出ています!!

この言葉は嬉しいですね。

今は去年のUS OPENのフェレール戦のDVDを見ています!
テニスがしたくなるとよくこの試合を見ます。
やりたいなんて言葉じゃ到底表せないぐらいですが・・・。笑
まぁ焦っても仕方ないので、
ここまできたら焦らず、完璧に治してからテニスを始めたいと思います。

あーーーでもテニスしたい o(;△;)o エーン
でも今は無理なので・・・しばらくは映像で我慢します。

笑>o(;△;)o エーン

これは冗談っぽく言ってますけど心の叫びですね。言わずにはおれないけど、ファンの見るブログなので笑いも取りに行ったと。

そうか・・・そんなにテニスしたいか・・・そうだよなあ・・・。

と、何もできないのがはがゆいですが、復帰した時にしっかり応援できるようにこちらでも仕事を片づけたり、お金を貯めたり、体調を整えたりできますので、見る側も準備しておきたいです。

テニスのプロは当然ながらテニスをするのが仕事ですから、今は仕事ができない状態。

そして度重なる休養延長でかなり気持ち的に疲れてきていると思います。
今度こそ良くなってほしいです。

11 件のコメント

  • あるスポーツ障害専門の医療機関のブログを見ました。
    100%復帰までのリハビリ計画が載ってましたが120日かかるようです。
    とすると、来年当初からの復帰でしょうね。

      引用  返信

  • いやあ、なんというか、ずいぶん重症だったのですね。ちょっと驚いています。また、手術をするか否か、自分で悩まねばならなかったのは大変だったろうと思います。

    単なる肘痛かと思っていたら骨折、そしてそれが完治しても痛みがとれず…ということで、やむをえない決断だったのでしょうが、何故実際に内視鏡を入れてみるまでわからなかったのか、ちょっと気になるところではありますし、残念でもあります。

    デ杯の前くらいから痛みはあったわけで、その後に重症化してしまったのか、あるいはその時点で手術前に近い状態だったのかもわかりませんが、まあ、ウダウダ言っててもしょうがないか。。

    圭君ブログの皆さんのコメントを読んでてちと泣けてきました。みんな温かいっすね。僕もじっくり待ちます!が、ホンネを言えば、早く圭君のテニスが見てえ~

      引用  返信

  • 120日ですか~
    エーン エーン早く圭君のプレイが見たいよ~!
    でも でもファンもガマンしないと・・・
    その日までこのブログが頼りです。
    団長さんが苦労しながらこのブログ更新してくれているの
    伝わってきますよ!団長さんも頑張ってください!

      引用  返信

  • ずっと応援してますよ。
    圭クンも、団長さんも。
    がんばれ~・・・・・

      引用  返信

  • とにかく底は脱したわけで後は回復する一方なわけです。これから年末までは、怪我のない身体作りにまい進する圭君に伴走するつもりで行きますぅ。毎日ストレッチといい食事やグルコサミンなどとるとともにDVDを見て圭君の戦い方からインスピレーションを受け、練習に励もうっとっとっと・・・

      引用  返信

  • みなさん温かいコメントありがとうございます。
    120日となるとおそらくネタ切れになるでしょうw
    まあテニス全般ネタということでなんとかつないでいきたいと思います。

      引用  返信

  • 97年に日本で手術した斉藤隆投手は、春季キャンプ中に右ひじに遊離軟骨を発見したため除去手術を行い、シーズンを棒に振る。98年4月5日に復帰らしいですよ。
    120日という数字が一人歩きするのは、どうかなと思います。

      引用  返信

  • 了解しました。
    すぐ治ることもあるし、リハビリに時間がかかることもあると。
    症状次第ですもんね。
    120日かかる「例もある」ということで、あんまり焦って「まだ治らないか~?」と思うことがないようにしたいと思います。

      引用  返信

  • 小さい頃から「僕からテニスを取ったら何も残らない」
    というくらい、
    テニスをすること以外は求めてこなかった錦織選手のこと。
    今、テニスが出来ないことがどのくらい辛いことなのか、
    十分想像できます。

    スポーツ選手が体にメスを入れることの決断は勇気がいることだったでしょう。

    自分を信じ、スタッフを信じ、
    来年への忍耐の年として、今年を乗り切って欲しいと思います。

    イメトレ訓練期間と思って、実際のプレー以外のことにうまく集中してくれてるかな?

    私もお金が出来たらWii買わなくちゃ。
    懸賞で当らないかと思っているんだけど~本体^^;

      引用  返信

  • ブログの記事を見つけ出せないまま書き手しまいましたが、
    リハビリ計画書?処方?みたいなものでした。

    120日が一人歩きするのは問題に感じます。
    人による回復力の違いや手術内容によって、相当幅のある期間だと思います。
    わたしはもっと短いと思ってましたので長いナーと驚いて書いたんです。

    皆さんを混乱させてしまったようで申しわけございませんでした。

      引用  返信

  • おはようございます。
    入会しているクラブのプロに尋ねたら、「メスをいれたら最低一年、内視鏡でも半年は見ておかないと、戻ってしまった筋肉や試合感が(現役時代に)戻るのにかかる。なにしろそれまでの三倍訓練しないといけないから」と聞いていたので、4ヶ月で復帰って大丈夫?と思っていました。
    とにかく専門家がついているので、(私自身おたおたせず)無理せずに復帰してくれることを望んでいます。
    今朝のナダル戦、腹筋を痛めていて包帯をして望んでいるとか。プロ選手は厳しい世界ですね。
    完全に直ってから! が 一番の希望です。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。