【公式ブログ更新情報】肘の回復は順調

公式ブログ更新されています。

【from 錦織圭】好きな物

先日診察がありました。
手術してから約6週間ですけど回復の具合はだいぶイイらしいです。
順調です。
これでまた少しモチベーションがでてきました!

ということで、喜ばしいのですが、その一方でジャパンオープンは欠場、年内はリハビリとトレーニングに専念することも発表されています

当初の発表では手術後、ジャパンオープンでの復帰を目指すということでしたが、順調でありながら欠場ですから、最初の発表は努力目標だったということでしょうね(そして、リンク先の記事中にもあるように、それは予想されていましたね)。

このあたりも色々な事情を察しながら読み解かないといけないようです。

日頃から錦織の情報を追いかけていれば予想通りなんですが、テニスファンでもそこまでしている人は多くないでしょう。昨日も友人から、「錦織欠場するんだって!ショック~」というメールが来ました。これが普通の反応だと思います。

もう少し実情に即した発表を望みたいところですが、仕方のない部分もありますね。

発表内容も、錦織本人が決定しているとは思えませんし。

とにかく、順調なのは喜ばしい。トレーニングもしっかり積んでいてモティベーションも上がっているらしいので、来年の活躍を大いに期待したいです。

12 件のコメント

  • 仕事しながら、(!)横目で
    ライスコ見てました。
    2セット目、クレイバノワ(30位)のマッチポイントを
    しのいで、しのいで、ブレイク。
    3セット目も、デュース、デュースで
    すごい接戦でした。ほぼ2時間半。
    最後はラブゲームで、さくっととったけど
    本当に、すごいです~~~!

      引用  返信

  • 見逃してましたが、明日、会見を行うようですね(錦織)。
    そこで肘の状態や今後のスケジュールについても最新情報が分かるでしょう。

      引用  返信

  • つい先日、去年はジャパンオープン後ストックホルムの大会があって、あの時も怪我を押して圭クン頑張ったんだよな~と思い起こしていました。。。(大会スタッフの日本のファンへの気配りもうれしかった。。。)
    残念ながら、今年中はコート上の圭君の雄姿を見ることができませんが、ここで団長や皆さんの記事やコメントを楽しみながら、その日!!を待ちたいと思います。
    いつも楽しい記事と、公式サイトの更新情報ありがとうございます^^

      引用  返信

  • ほんとの圭くんファンは
    年内欠場でほっとしてますよね?たぶん。
    圭くんの体が心配ですからね~。
    これでジャパンオープン出場なんて発表されたら・・・
    「え~~??ほんとにだいじょうぶなの??」って
    逆に心配になりますよね?

      引用  返信

  • そういえば、団長のテニス肘、いや草むしり腕は、その後ご復活されたんでしょうか?

    少しずつ、って感じなのかな~、などと勝手に推察しておりますが。。

      引用  返信

  • おはです。
    圭君は無理をしてしまうのが一番いけないと思うのできちんと治るまでは休んでほしいです。

    伊達さんは私もライスコを見てましたけど、すごかったですよ。
    映像でみたかったなあ・・。

      引用  返信

  • 鼻血さん、ロジャーは、東京に来たのですね。ATPのホームページで確認しました。決勝の切符買ったけど、半分はあきらめてました。よかったーーー

      引用  返信

  • え?どこに書いてありました?まだだいぶ間があると思うのですが。

    私の腕は治りました。

      引用  返信

  • 鼻血さん、ごめんなさい。たぶん日付を確認しなかったので、前にきたときのこもしれません。確かにちょっとはやすぎるし、ほかで確認できませんでした。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。