【公式ブログ情報】復帰戦手ごたえあり

【from 錦織圭】 デルレイビーチ大会を終えて – 錦織圭公式サイト|KEINISHIKORI.COM

試合は負けてしまいました。
負けた悔しさはあったけど、自分のテニスに対する悔やみはあまりなかったです。
思った以上にふつーに試合ができていたのと、
練習でやってたよりも内容は良かったのでポジティブにとらえています。

試合自体にはアップダウンがあって、
1セット目は緊張していた割には出だしは良かった。
2-3のときに自分のミスとダブルフォルトが続きブレークされて、2-4のゲームもチャンスがあったと思います。
前半悪かったのはその2ゲームでした。
2セット目は相手のリターンミスが多く、自分のペースで終始いけました。
3セット目は相手の方が積極的に攻めてきて自分のディフェンス力に欠けたのと、
1stサーブの確率が低すぎました。
サーブの練習がなかなかできてなかったのでしょうがないですが。
これから肘が治るにつれ練習していかないといけないです。

あとはこれから試合をこなしていくにつれて試合勘などを取り戻していけるといいです。
それには早く1勝目をあげることが自信につながると思うので、まずは1勝目指してがんばります!!

とのことで、試合内容も手ごたえがあったようです。

これで

目標1:肘に問題なく試合を終える

目標2:何か手ごたえをつかみ取る

目標3:勝つ!

の目標2までクリアできた復帰戦だったことが判明しました。

錦織の立てた目標でなく、私か勝手に立てた目標ですがwww

次はインディアンウェルズの予選です。3月9日に予選は始まります。

インディアンウェルズ・BNPパリバオープンスケジュール

錦織が負けた後のデルレイビーチですが、グルビス、ニエミネン、フィッシュ、カルロビッチの4人が準決勝に勝ち上がっています。

錦織に勝ったベッカーは2回戦は不戦勝、準々決勝はニエミネンに敗れました。

ATPのニュースでは「ニエミネンがベッカーに対して番狂わせ」と報じていますが、ニエミネンは20位台に長いこといた実力者です。決してアップセットではないと思います。

ATPのランキングは良くできてはいますが、過去1年しか成績を参照しませんし、逆に1年前の成績が1週間前の成績と同じ重みを持っていますので、ときどき「ランキングが実力を表していない」ということが起こります。

個人的には、過去2~3年くらい参照して、直近になるほどウェイトを大きくするのが公平だと思っていますが、ATPはランキングシステムをできるだけ簡略化したいという意向のようですから、実現はしないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

 テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。