【公式ブログ更新情報】猛暑のフロリダでトレーニングの日々

フロリダに戻り、練習の日々。相当暑いようです。

フロリダ – 錦織圭公式サイト|KEINISHIKORI.COM

地球がパカッて割れちゃうんじゃないかと心配になるぐらい音や光がでかいです。

発想がw

子供の頃の柔軟な発想をそのまま維持している感じ。うらやましい。私みたいに頭ガチガチ人間は「割れるにはエネルギー足りない」としか思わないw

テニス面での課題はけっこう簡単なとこにあります。

でも時にはとても遠くに感じることもあります。

これ、何となくわかります。テニスじゃなくてもこういう感覚になることありますよね。頭で分かってるけどできない、今日できたと思ったら明日はできない、とか。

「学習」ってそういうことなので、正しい手順さえ踏んでいれば「いつの間にか出来るようになっていた」状態になることでしょう。

何回も繰り返して神経伝達回路太くすればできるようになるはず。心配いらん。

また、体を強くするという方向性も正しいと思います。筋肉が付けば動きも速くなるし、同じことをするにしても少ない労力でできます。すなわち余裕が生まれます。

今の状態でも200km/hサーブや爆裂フォアハンドは打てる錦織ですが、フィジカル向上によりそれがコンスタントにできるようになるはずです。従来では打てなかった態勢から鋭い球も打てるようにもなるはずです。

トップ選手でも「もう一段」上に行った選手は例外なくフィジカルの重要性を認識して厳しいトレーニングを積んでいました。マレーやロディックなど。世界1位のナダルはフィジカルお化けで、その基礎が精度の高いコントロールと強靭な精神力を支えています。心技体の「体」が「心」と「技」とうまく連動している典型的な選手でしょう。

見える、見えるぞ!「雷地割れ」フォアハンドを身につけた錦織の姿が!

10 件のコメント

  • 雷地割れフォアwww

    とりあえずしっかりフィジカル磨いてほしいですね。
    ジョコビッチにしても、ナダルにしても、今の上はディフェンスが強いですから。

    ハードコートは今までよりも足に負担がかかることが予想されますので、トレーニング大事です。

    ハードコートシーズンが楽しみですね!!

      引用  返信

  • 雷地割れフォア、いいネーミングですねw
    アトランタで炸裂させてほしいものです。

    で、そのアトランタは予選からみたいですね。
    Signed up to play in qualifying are No. 113 Donald Young of Atlanta, Luxembourg’s Gilles Muller, rising American Ryan Sweeting, Russian Dmitry Tursunov, 2008 Delray Beach titlist Kei Nishikori and 2009 NCAA Division-I singles champion Devin Britton of Brandon, Miss.

    http://www.atlantatennischampionships.com/Players/Main_Draw_Players/

      引用  返信

  • 今年の残りのシーズンで、確実に錦織は大活躍すると確信しております。

    さて問題は、錦織にラファ程の素養があるかどうかだ。

    見えるぞ、私にも「雷地割れ」フォアハンドが見える!

      引用  返信

  • チャレンジャー大会から始まり、全仏オープン、ウィンブルドン、ずーっと突っ走ってきて、もう、あっという間に7月になりましたね。
    肘の心配もなくなり、上半身のトレーニングやサーブの打ち込み練習も出来るようになりますし、もっとパワーアップした圭くんが見られるでしょうね!
    やっぱり圭くんといえば、USオープンの緑にしこりを思い浮かべてしまいます。
    だんだん、ワクワクしつつあります。笑

      引用  返信

  • 数年前1度だけ、フロリダ、オーランドで
    大雷の夜を経験しました。
    本当にすごい迫力だった。

    「雷地割れ」フォアハンド!!
    むちゃくちゃ強そーーー!

    ・・・ちなみに、「雷地割れ」・・・
    なんと読めばよいのでしょう?www

      引用  返信

  • >テニス面での課題はけっこう簡単なとこにあります。
    >でも時にはとても遠くに感じることもあります。
     
    じ~ん、なんて哲学的なんだ~。

    最初、地球がパカッて割れちゃう・・・って桃太郎かって突っ込んでスミマセンデシタ。
    でも、これからのテニス界を割って颯爽と登場するのは…
    まぎれもなく圭くんです!!

    昨日のベルディッヒみたいに、窮地に立たされた時に炸裂する雷地割れサーブも、体幹を鍛えて将来打てるようになると信じてます。
    BFさん、早々にアトランタ情報ありがとうございます。俄然、楽しみになってきました。

      引用  返信

  • 雷地割れフォア&サーブwww
    打つたびに稲妻が走るwwアニメの魔球みたいだわ~
    でもそんなパワフルショットをいつか打てるようになるといいですね。

      引用  返信

  • アトランタ大会の話題が出たので一言。この大会のスポンサーの一つがボリテリアカデミーです(ボリテリさんも子供イベントに出ます)。なので、WCもちょっと期待してしまいますが、大会側は未だロディックに来て貰おうと必死です。もし、ロディックが来る事になればWCの一つが使われてしまいます。今のところ、デント、地元のヤング、他の米国選手の多く及びあのニコラ・マユも予選にいますので、WCは難しいかと思っています。まあ、慣れも兼ねて予選で試合をすることも良いことでしょう(勝てば)。この大会の前身であったインディ大会では2007年に予選から勝ち上がってQFまで行っていますしね。それでは、お邪魔しました。

      引用  返信

  • 圭くんNewPortはスルーなんですね。あそこは穴場でポイントが取れそうな気がしますが・・・。
    芝からハードへの切り換えに時間がかかるから、あえてスルーしたということでしょうかね。少し持ったない気がしてなりません。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。