【公式サイト更新情報】肘についてのインタビュー(3)

インタビューその3(完結)がアップされています。

錦織圭インタビュー(3) 復帰に向けて

(なんかURLのつけ方が良くない気が・・・記事が更新されていったら流れてしまいそう)

内容チェック

  • 全快が100だとすれば、50~60ぐらい(ただし、おそらく8月28日時点の話)
  • テニス欲みたいなのがピーク
  • 痛くない程度に少し振っている
  • 10月始めのジャパンオープンを目標にやっていきたいが、回復の状況次第
  • 同世代のライバル達の活躍は意識して気にしないようにしている。
  • これだけ大きな怪我は、逆にプラスになることの方が多いと思う
  • 復帰したら新しい自分で、コートの中で暴れたい
  • クルム伊達公子選手は良い見本になる
  • 皆さんが書き込むメッセージはもちろん全部見ていて、常に励ましてもらっている

前向き+自制+でも焦りも・・・といった感じでしょうか。

インタビュー時から時間も経っていますので、その後の変化もあるかもしれません。

ファンからみて知りたいことについて、大体答えてくれましたね。嬉しいですね。

5 件のコメント

  • こっちの話を一番先に載せてよって思っちゃった。でも、全部コメント読んでくれてるなんて、カーンゲキーーー!

      引用  返信

  • ひぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!
    フェデラーで外すとは・・・・・
    自分が怖いぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ

      引用  返信

  • やっぱり!!!!!

    来年の全豪で誰を予想されるか
    楽しみになってきちゃいました。

    それにしてもデルポ君の涙、可愛かったです!!!
    これが錦織くんだったらな~

      引用  返信

  • 全米予想の記事、読まなかったんだよね〜。まだその頃自分の予想立ててなかったから。
    だから逆フラグ立ててるものと信じて安心してフェデ応援してました。
    そんなに自分の力が信じられないの〜?!団長!!

    byマックウィン

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。