【公式サイト更新情報】錦織圭、怪我について語る

公式サイトのニュースが更新されています(知らせてくれたchachaさんありがとうございます)。

【インタビュー】錦織圭インタビュー ~怪我の克服、そしてこれから~(1)

ファンがとても知りたかった、リハビリ中の腕の状態やそのときの気持ちについて語ってくれています。

(1)となっていますから続きがまだありそうです。

ギブスして退院して、全く動かせない状態が1~2週間ぐらいあって、リハビリは曲げ伸ばしくらいから徐々に始めました。最初は全く動かなくて、曲げるだけでもすごく痛かったですね。手術の後1カ月ぐらいしてだんだんと動かせるようになって、曲げたり伸ばしたりはつい10月の終わりにできるようになりました。

って、こんな状態では楽天オープン参戦どころではなかったですね。

ちょっとメディアへの発表と食い違っています。過去の故障のときも似たような状況でしたので、まあメディアの発表は「うまくいけばそのくらいに治る」くらいにとらえておいて、発表よりも進捗が遅れているようでもやきもきしないように心がけておきたいものです。

手術に対する迷いや葛藤はかなりあったようです。確かにあの時期はブログを見ても元気がなかったし、ファンの側も沈んでいましたね。今は元気のいい発言も出てきましたし、最悪期は脱したと見てよいでしょう。

そしてFacebook(こっちもオリバー錦織かw?)に気になる書き込みがありました(おこyさん知らせてくれてありがとうございます)。

looking like my first tournament back will be in January. More to come… Working on this with my team.

復帰初戦は1月になりそうな感じ、とのことです!

昨日や一昨日の記事では私は2月復帰を予想していましたが、これは逆フラグが良い方向に発動したと考えてよいのでしょうかwww

果たしてどのトーナメントになるのでしょうか?全豪をスキップするつもりなのにシドニーやオークランドに出かけるとは思えませんでしたし、かといってチェンナイやドーハで(1月4日から)では日数があまりありません。

チャレンジャーもアメリカ国内では下旬のホノルルまでありませんから、チャレンジャーで復帰ということも可能性が低そうに思います。

どうもどっかでワイルドカードでももらえそうな感じですね。プロテクトランキングを使用しなくてすむのなら、大会に出れるのなら出た方が得です。負けても全然問題ありません。シドニーかオークランドで試運転を行い、全豪の会場に入ってトッププレイヤーたちの練習相手になって仕上げていくというパターンかもしれませんね。

そうか、その手があったかという感じです。

2 件のコメント

  • いよいよ圭の啓蟄って感じですね。春だ、なーー。ブラッド・ギルバートなんかもまじっていろいろ復帰戦略を練ってるでしょうね。

      引用  返信

  • こちらでは お久しぶりです。
    いよいよですね、ワクワクしてきます。

    本人の生の声が ようやく伝わってきているような感じがします。

    そして いよいよ net dash さんの出番がやってきます。
    けいめひこさんも・・・

    深~~く、広~~く、よろしくお願いします。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。