【公式サイト情報】錦織圭、怪我について語る(2)

昨日に引き続き、公式サイトのニュースのところにインタビューその2が掲載されました。

【インタビュー】錦織圭インタビュー ~怪我の克服、そしてこれから~(2)

Q:右肘の状態はいかがですか?

錦織:だいたい6~7割ぐらいは回復していると思います。すでに公式のボールで打ちはじめて、バックはもう痛みもなく打てたのですがフォアーがなかなか打てなくて……。不安だったり痛みもあったのですが、やっとフォアーを打ち出しました。もう淡々と打ち出せるようになったので、今はポイントができるぐらいまでになりました。

バックが痛くなくてもフォアが痛いということがあるんですね。

確かにある角度だけ痛い、ということは私も経験したことがあります。このことからも、フォアの激しいスイングが故障の一因だったことは明らかです。

体づくりにしかkり取り組み、体のケアも以前よりも入念に行っているとのことですから、これからは故障の少ない体になっていくと思います。

1 個のコメント

  • 公式サイトのありがたみをしみじみ感じています。
    公式発表が当たり障りのない文章になってしまうのは仕方ないと思いますが、錦織選手の正直な気持ちを知る機会ができたのはありがたいことです。

    先日、もうひとりのきょうこさんがここのコメントに書き込みをされてたTシャツ、やはり公式サイトのものでした。
    プレゼントの競争率は高そうです・・

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。