【投票】デ杯インド戦の勝敗の行方は?

オーダーは正式発表になっていませんが、明日は更新できないかもしれないので投票を開始します。

お題は「デ杯インド戦の勝敗の行方は?」です。

チームとしての勝敗を予想してください。

勝手ながらブログ更新可能な時間の関係で、締め切りを明日(11日)の朝8時(日本時間)とさせていただきます。

予想に対するコメントも遠慮せずに気軽に書いて下さいね!インド寄りのコメントでもOKです。みんなが同じ意見だとつまらないですから。

締切りました。
以下、投票結果。
08davisindiapoll.PNG
オーダー予想

日本
S1 錦織圭
S2 添田豪
D1 鈴木貴男・岩淵聡

インド
S1 プラカシュ・アムリトラジ
S2 ロハン・ボパンナ
D1 マヘシュ・ブパシ/レアンダー・パエス

初日(11日) 錦織 vs ボパンナ、添田 vs アムリトラジ
2日目(12日) 鈴木・岩淵 vs ブパシ・パエス
最終日(13日) 錦織 vs アムリトラジ、添田 vs ボパンナ

*オーダーは現時点での予想です。実際は異なる場合がありますのでご了承ください。
*ダブルス、あるいは最終日の1試合目で勝敗が決した場合、残り試合はメンバーを変える可能性が考えられます。
 たとえば3勝1敗で日本が勝利した場合、最終シングルスは経験のために伊藤竜馬が出場する可能性が高いと思われます。
 そのあたりも含めて予想してください。

また、錦織圭のシングルス勝敗も予想してみてください。

以下、投票結果。

08davisindianishikoripoll.PNG

もし「錦織は単複出場する!」と予想する方は、「Add an answer」を押して、例えば「3勝0敗」という選択肢を追加してください。

6 件のコメント

  • マスケンブログがまた更新です。 レセプション出席のためスーツを着たはイイが、ネクタイの結び方が判らない圭君と竜馬君がういういしいです。 

      引用  返信

  • 松岡修造さんが昔言っていた言葉で「世界ランキング100以内に入っていないのに
    スポンサーがつくのは日本くらいだ」と言われているスポンサーの契約料がなければ生活できない日本選手が勝てるように思えないです。錦織選手は別だと思いますけどね。

      引用  返信

  • ドロー見事に当りましたね。 インドには奇策無しというかランキング通りにきました。 「日本が負けるのでは・・・」さんの意見も重たく受け止めなければいけないでしょう。 でも誰もスポンサー契約料に胡坐はかいていないし、努力を怠っている選手はいません。 選手が一番身に染みて判っていると思います。 修造さんにも直接言われているだろうし・・。 それに努力が足りない人間を竹内監督は選びません。 とにかく明日の日本時間13:30(インド10:00)を心して待ちたいと思います。

      引用  返信

  • インドの内紛というのに期待して(人の不幸を期待しちゃいけませんが)
    3勝2敗で日本が勝つという予想にしました。
    錦織くん以外の人がいくつ勝てるか・・・だと思います。

      引用  返信

  • 「種丸」さんのご意見はごもっともです。前回、インドに勝利していますし頑張ってもらいたいです。

      引用  返信

  • 今からドキドキしているので、先ほどは少し興奮気味でした。 「日本が負けるのでは・・」さん、ごめんなさいね。 明日は一緒に頑張って念を選手達に届けましょう!! 向こうは35℃の気温で暑いそうです。 湿気が少ないのが救いです。 試合前の練習は「会場の芝を傷めないようにするため、両チーム共1時間だけ」しか許されなかったようです。 芝は長めでバウンドは不規則かつ低いようですね。 日本に慣れさせないためとも受け取れますが、ここは素直にインド側の主張を信じましょう。 Tennisnakamaさんの方ではインドキャプテン・パエスのコメントが載っていますので御覧になってください。 あぁ、ドキドキする。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。