【投票】全仏オープン予選、錦織圭の結果は?

予選ドローの発表まであと30分ほどありますが、だいぶ眠くなってきてしまったので、とりあえず予想投票だけオープンしておきます。

本戦ドローの発表は23日で、そのころには予選決勝くらいまで行っちゃってますから、予想投票は予選と本戦の2回に分けたいと思います。

まずは予選の結果を予想してください。締切りは後ほど設定しますが、予選が始まる前にします。

21:30締切ました。下の画像は投票結果です。

予選ドローが発表されたら、対戦相手についてこの記事で紹介したいと思います。

【20日 AM 7:30】予選ドローが発表されていました!錦織圭は予選第5シードです。

1回戦の対戦相手はアルゼンチンのJuan-Martin Aranguren 24歳。

フューチャーズ、チャレンジャー周りの選手で、錦織と比べたら戦績的にも大きく見劣りします。

右利きであること以外、プレースタイルに関する情報は分かりません(身長も)。

勝てば2回戦の対戦相手はSimon Gruel(ドイツ)Julio Silva(ブラジル)の勝者。

Greul193位、27歳、185cm、Silva233位、28歳、172cm。

どちらもクレーコートを中心に出場している選手です。どちらかというとGreulの方が実績があるようです。

これも勝てば予選決勝の対戦相手は、順当ならJan Henrych(チェコ)。予選第20シード。

28歳、190cm、138位。

予選最大の強敵でしょう。2005年には60位まで上がっています。

経験も豊富で、ATPツアーレベル以上で127試合を経験。2006年にはダビデンコを破ったこともあります。

戦績的にはクレーとハードであまり差がないように見えます。

ドローを見た感想としては、「なかなかいいドローじゃないの?」でした。

南米勢は土男(クレー巧者)じゃないの?とかHernychはベテランで強敵じゃないの?とか懸念はあると思いますが、それはどこの山に入っても同じこと。

それにざっとドロー全体を見渡しても、完全に錦織が実力上位に見えます。

きっと予選を突破してくれると思います。

7 件のコメント

  • おはようございます。こっちは早起きしました。
    結構いいドローだと思います。予選決勝までは必ずや行けるでしょう。
    3戦目がちょっときついかなーーって感じだと思いますよ。

      引用  返信

  • 出ましたね。 期待できそうです。
    あぁ~どきどきしてきた。。。

      引用  返信

  • ありがとうございます!
    WOWOWとGAORAの比較から、ずっと考えていた加入、
    連日のpromotionもあり、
    今、WOWOWに加入してしまいました!!
    アンテナはあったので電話でのやりとりで5分ぐらいですぐ見れるようになりました。
    あー、わくわくしてきた~。
    伊達選手、6月10日からの有明に出場するそうですね☆

      引用  返信

  • 本当にドキドキしてきました。本戦まで行ってくれると思います。
    フレンチオープンの本戦で活躍する 我らが圭君の勇姿を録画できたら最高ですね。

    Nosaさん、今日の深夜に早速Tennis Walk Onがご覧になれますよ。

      引用  返信

  • takolinさん、さすが山男は早いっすねw
    こっちは朝は弱いです…。

    種丸さん、私もドキがムネムネ・・・

    Nosaさん、WOWOW開設おめでとうございま~す。見まくりましょう!!

    Akemiさん、予選通過したら液晶TV買っちゃいそうです…。

      引用  返信

  • お久しぶりです!。圭くん、15番コートで4試合目ですよね。1試合目がファイナルに入ってるし、明朝起きた時に間に合うか微妙ですので、是非試合経過を皆さん書き込んでください!!!お願いします!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。