ヒューストンの結果予想投票締め切りました。投票結果発表!

ヒューストン・US男子クレーコート選手権の結果予想投票を締め切りました。

集計結果は以下の通りです。 

ヒューストン結果予想投票

私が煽ったせいというわけではないでしょうが、全体の半数強が1回戦負けと予想しています。

確かにブレイクは今大会中では断トツの実力者であり、2度目はないと予想するのが自然だと私も思います。

逆に言えばまたブレイクに勝てるようなことがあれば、かなり上位まで行ける気がします。

ブレイクはクレーは得意ではないみたいですし、あまり粘りがあるタイプではないので、気持ちよくエースを取られさえしなければ付け入る隙はありそうです。

錦織としてはサーブを叩かれないようにする必要があるでしょうね。

残念ながら試合の時間帯にライブスコアでチェックはできそうにありませんが、Tennis Channelを見れる米国組の皆さん!レポートお願いします!

3 件のコメント

  • おもしろい結果となりましたね。皆さん悲観的。

    さてTV放送ですが、残念ながらテニスチャンネルでは、準決勝からしかみれないのです。ヒューストン大会のディレクターのVanにStreamingの要請をしましたが、これはUSTA米国テニス協会の反対に合って実現できなかったようです。これは、おかしな話です。テニスの普及をはかるのが、協会の目的なのに。それに誰も放送しないのですから、放送権の問題もありませんし。

    私は、将来世界の人がライヴでみれるよう、streamingの普及を訴えていこうと前々から思っていました。そこでさっそく、アクション。USTAにメールを送りました。日本もアメリカもスポーツは国境がありません。一日も早く実現できればよいですね。

      引用  返信

  • 自分で予想したこととはいえ、
    1回戦で負けてしまいましたね。

    残念!

    錦織君も、ファンの私たちも、我慢、我慢。

    4-6,4-6
    だから、コロ負け、ではないけれど、
    実力どおり、なのかな。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。