ランキング試算(2014年10月20日付)

錦織選手のランキング関連データ 10月13日現在

現在ポイント 4355 本年の対戦成績 49勝11敗
現在ランキング 6位(+1)
本年記録 年初 17位 最高位 6位 最低位 21位
生涯最高位 6位(2014.10.06) 生涯最高ポイント 4435(2014.10.06)
トップテン在位週間 8  現在継続週間 5  過去最高継続週間 5
現在レースポイント  4265  5位(+0)
現在5位の選手とそのポイント  Ferrer, David (ESP) 4585
現在8位の選手とそのポイント  Cilic, Marin (CRO) 3,945
現在10位の選手とそのポイント  Dimitrov, Grigor (BUL) 3745

現在ポイントは 現在点4355 – 失効点 0=基礎点4355 6位スタートです。
今週は何処にも参戦しません。

20日付け 13日現在  4355 6位  49勝11敗   4265 5位

勝ち残り 錦織選手より上位選手  1
     錦織選手        0
     錦織選手より下位選手  多数

レースランキング について

  期末(Paris後)には、エントリーランキングと一致します。
  その上位8人がLondonに参戦できます。
  今年はParisまで混戦が続くことでしょう。

現在点   4265

今週の参戦者は優勝しても誰も越えません。5位キープです。

1 Djokovic 9010 ○
2 Federer 8020 ○
3 Nadal 6745  ○
4 Wawrinka 4805 ○
5 Nishikori 4265 ○
6 Cilic 3990 + 0 (0 - 90)= 3990 △
7 Berdych 3945 + 0 (0 - 90)= 3945 △
8 Raonic 3750 + 0 (0 - 0)= 3750 △
9 Ferrer 3715 + 0 (0 - 90)= 3715 △
10 Murray  3655 + 0 (0 - 20)= 3655 △
11 Dimitrov 3,450 + 0 (0 - 45)= 3415 △
12 Tsonga 2,650 ○
13 Gulbis 2455 + 0 (0 - 90)= 2455 △

錦織選手       4265+0=4265 Valencia準々決勝止まりまでの場合
    Valencia準決勝=4355
    Valencia準優勝=4475
    Valencia 優勝=4675

錦織選手がValencia準々決勝止まりの場合に各選手がParis前までに錦織選手を越える条件

Cilic   3990+160+410=4560 ○ Moscow優勝とValencia優勝 2連勝
     3990+160+210=4360 ○ Moscow優勝とValencia準優勝
     3990+0+410=4400  ○ Valencia優勝
Berdych 3945+160+350=4455 ○ Stockholm優勝とValencia優勝 2連勝
     3945+60+350=4355 ○ Stockholm準優勝とValencia優勝
     3945+0+350=4295 ○ Valencia優勝必須
     3945+160+150=4255 × Stockholm優勝とValencia準優勝
Raonic  3750+250+500=4500 ○ Moscow優勝+Basel優勝 2連勝
     3750+150+500=4400 ○ Moscow準決勝+Basel優勝
     3750+250+300=4300 ○ Moscow優勝+ Basel準優勝
     3750+150+300=4200 × (Moscow準優勝+ Basel準優勝は×)
Ferrer  3715+160+410=4285 ○ Vienna優勝+Valencia優勝 2連勝のみ
     3715+160+210=4085 × (優勝+準優勝は×)
Murray 3655+230+480=4365 ○ Vienna優勝+(Valencia o Basel)優勝 2連勝のみ
    3655+130+480=4265 × Vienna準優勝+(Valencia o Basel)優勝
Dimitrov 3450+205+410=4065 × (2連勝しても×)
Gulbis  2455+160+410=3025 × (2連勝しても×)

錦織選手がValenciaで優勝すると誰にも超されなく5位キープです。差は200点以上。

錦織選手がValenciaで決勝進出をすると超されるのはCilicかRaonicの2連勝にのみです。
Valenciaは決勝進出したいですね。その場合最悪7位です。
この場合、Cilicに勝って優勝すれば5位キープです。全米のリベンジして欲しい。
決勝の対戦相手が他の人の場合、その時点で最悪6位キープです。Raonic次第。

錦織選手がValenciaで準決勝進出をする場合、

Cilicが準決勝進出すると未定。—1
BerdychがStockholm準優勝後準決勝進出すると未定。—2
Raonicが準決勝進出すると未定。—0
MurrayがVienna優勝後準決勝進出すると未定。—3
FerrerがVienna優勝後準決勝進出すると未定。—4
つまり、0,1,2,(3 o 4)の4ケースに絞られる。

エントリーランキング こちらの順位は今では意味がありません・・・

基礎点   4355

現在の錦織選手(4355)を優勝して超える選手 0

1 Djokovic, Novak (SRB) 11,510 ○
2 Federer, Roger (SUI)   9,080 ○
3 Nadal, Rafael (ESP)   8,105 ○
4 Wawrinka, Stan (SUI)  5,385 ○
5 Ferrer, David (ESP)   4,585  + 0 (0 - 90)= 4585 △
6 Nishikori, Kei (JPN)   4,355 ○
7 Berdych, Tomas (CZE)  4,325 + 0 (0 - 90)= 4325 △
8 Cilic, Marin (CRO)    3,945 + 0 (0 - 90)= 3945 △
9 Raonic, Milos (CAN)   3,885 + 0 (0 - 0)= 3885 △
10 Dimitrov, Grigor (BUL)  3,745
11 Murray, Andy (GBR)  3,635 + 0 (0 - 20)= 3635 △
12 Tsonga, Jo-Wilfried (FRA) 2,705 ○
13 Gulbis, Ernests (LAT)   2,465 + 0 (0 - 90)= 2465 △

錦織選手の参戦予定(の想像)

※大会開始日、開催地、カテゴリー、ドロー数、エントリー状況の順です。
(GS:グランドスラム、MS:マスターズシリーズ、500:ATP500、
 250:ATP250、DA:ダイレクトアクセプタンス)

アジア・年末
10.20 Valencia 500 32Draw DA 今年はBaselではありません。(シード#2)
10.27 Paris MS 56Draw DA (現在シード#6)
11.09 Finals London 8名

[参考] 2014. 10.06  日本人ランキング
6 Nishikori    4,355
94 Ito       589
111 Soeda     506
146 Sugita     378
154 Moriya    351
157 Daniel     338
166 Nishioka    322
250 Uchiyama   192
332 Niki      136

21 件のコメント

  • ケイメヒコさま、こんにちは、

    期末(パリ後)には年間ランキングとレースランキングが一致するとの事ですが、ロンドンのツアーファイナルで得られたポイント(最低200ポイント~最高1500ポイント)は次年度のレースランクのポイントに加算されるのでしようか?
    加算されなければ年間ランクとレースランクのポイントが一致しないのではないかと…???

    初歩的な質問でお恥ずかしいのですが、お教え頂ければ幸いです。

      引用  返信

  • レースランキングは年初からParisまでの獲得ポイントです。
    エントリーランキングは獲得ポイントが1年間有効で計算します。ですからFinalのポイントも加算されます。が、Finalのポイントは1年間では無くParisで失効します。ですから、Paris後のポイントはエントリーもレースも同じになります。これが翌年の年間シードの算定に使われます。

      引用  返信

  • ベルディヒが決勝行ったら来週のエントリーランクは圭を抜いて6位にならないでしょうか。

    まあ、おっしゃる通り今重要なのはレースランクですけど。

      引用  返信

  • ケイメヒコさま、早朝のお忙しいところ回答ありがとうございました。

    おバカな私なので、もう一つ質問させて下さい。

    パリ終了後ではエントリーとレースランクポイントは一致する事は理解出来ましたが、そうすると、ファイナル後はエントリーにポイントが加算されて、レースポイントと一致しなくなるという事でしょうか?

    又、ファイナルの加点をもって、次年度のランキングが決まると考えて良いのでしょうか?
    そうなると、錦織選手がファイナルで好成績を収める事が出来れば、更にランキングアップを狙えると考えて良いのでしょうか?

      引用  返信

  • そうです。Finalへの参戦者は、通常はエントリーとレースは一致しません。
    で、普通にランキングと言った場合はエントリーランキングのことです。そしてこれはオフシーズもFinalのポイントやDavis Cupの得点も加えて毎週更新されます。(加えてレギュラーシーズン後にひらかれることもあるフューチャーズはいつも2週間後にポイント計上されます。)
    レースランキングは年初から始まります。エントリーランキングと違ってオフシーズンには存在しません。ですから、その年にどれだけ頑張ったかを表すランキングと言えます。
    Finalのポイントはその年に頑張った8人への次の年のボーナスポイントだと理解できると、わたしは何時も言っています。

    例えば、Djokovicのエントリーは昨年のFinal優勝の1500ポイントが加えられて1000点以上です。しかし、レースは9000点ほどです。また、随分長く欠場していたNadalはその間にトップから落ちて先週まで2位でした。そして今週は上海優勝のFedererに超されて3位になりました。

    エントリーは大会参加を決めるために使われるランキングです。(シード順もですが)
    そして単にランキングと言ったらエントリーランキングのことです。

      引用  返信

  • ケイメヒコさま、

    ご丁寧に解説頂きましてありがとうございました。m(__)m
    一年間頑張った人へのご褒美ポイントなんですネ!
    他の選手の動向も気になりますが、錦織選手自らの力でロンドンへの切符を掴み取って欲しいてすネ!

      引用  返信

  • 詳しい解説をありがとうございます。
    私もこのファイナルのボーナスポイント加算が有るのと無いのとで、選手のモチベーションに大きく左右すると思っていました。
    上位の選手との差がとても大きく開いているのは、GSだけではなくファイナルもあるから更に開くのですね。
    来年以降のランキングに影響するなら、やはり出場するだけでも有利ですね。
    チームは、それも計算しているのですね。

      引用  返信

  • ばぁばさん
    ファイナルは出場するだけでは有利にはならないと思います。
    一勝でもすれば200pt貰えるので、来シーズンを通して有利になります。
    もちろん、たとえ0勝で終わってしまったとしても、ファイナルでの経験ということでは、来シーズンにもかなり効いてくると思いますが(^^)

      引用  返信

  • もし仮にファイナルに出てポイントを稼ぎ、来年ファイナルに出れなかったらポイント丸々喪失でしょうか?
    それも怖いですね。
    来年の話をしたら鬼が笑いますが・・
    圭君は来年、後半に失うポイントが多いですね。
    来年は早目からガシガシポイントを稼いで後半がプレッシャーにならないことを祈ります!

    でも、今年マスターズやRGなどPTがない大会もあるのできっと大丈夫ですね!
    そうやって考えると、毎年こうして空きの部分があると安心な気がしてしまいます W

      引用  返信

  • ランキングが上がれば上がる程、過去の実績を越えていかなければ更なる高みに登る事は出来ないし、隙を見せれば容易く追い越される。
    勝ち続ける事で更にハードルが上がる。
    錦織選手は、もうそんな所まで上がって来たという事なんですネ…。
    そんな非常な世界で何年もトップに君臨し続けるビッグ4がいかに偉大であるかと改めて思いしらされました。
    ここからがトップランカーとしての本当の戦い。
    鼻血出るまで応援します!

      引用  返信

  • ダッツさん、
    そうでした。出場するだけでは、まだ0ポイントですね。
    何だかお得な優遇ポイントがもらえた様な勘違いしてはいけませんね!
    でも、出ないとその優遇ポイント、逃してしまう。
    ポイントを稼ぐと、1年後の失効時が心配。
    あー、なんて過酷なんでしょう(@_@)

      引用  返信

  • 数日前から、「Live ATP Rankings」につながりません。(困る)

    皆さんのところではどうですか? ・・・当方は日本

    外国の串をさせば、いちおう見られるみたいなんですけど。

    私の使ってるプロバイダーだけかしら?

      引用  返信

  • Live ATP Rankings は 公式ではありません。

    数年前ここでもしょっちゅうそことの違いをここで指摘されました。
    能力はすごいと思いますが、色々なミスはわたしたちと同じに存在すると思います。
    多くの場合、わたしの方が合ってました。
    今はどうか知りません。ほとんど見ていませんが・・・

    公式と勘違いだけはしない方が宜しいいかと思います。

      引用  返信

  • 15日のコメントです。      日本時間15日23:00

    アップし忘れてました。データは上の通りです。

    Raonicは相変わらず調子がおかしいようです。
    3-6、6-3,1-4 でこれからRaonicのサーブです。

    20日付け 15日現在  4355 6位  49勝11敗   4265 5位

    勝ち残り 錦織選手より上位選手  1
         錦織選手        0
         錦織選手より下位選手  多数

    レースランキング

    1 Djokovic 9010 ○
    2 Federer 8020 ○
    3 Nadal 6745  ○
    4 Wawrinka 4805 ○
    5 Nishikori 4265 ○
    6 Cilic 3990 + 0 (45 - 90)= 3990 △
    7 Berdych 3945 + 0 (0 - 90)= 3945 △
    8 Raonic 3750 + 0 (0 - 0)= 3750 △
    9 Ferrer 3715 + 0 (0 - 90)= 3715 △
    10 Murray  3655 + 0 (0 - 20)= 3655 △
    11 Dimitrov 3,450 + 0 (45 - 45)= 3415 △
    12 Tsonga 2,650 ○
    13 Gulbis 2455 + 0 (0 - 90)= 2455 △

    錦織選手       4265+0=4265 Valencia準々決勝止まり
        Valencia準決勝=4355 Valencia準優勝=4475 Valencia優勝=4675

    錦織選手がValencia準々決勝止まりの場合に各選手がParis前までに越える条件

    Cilic   3990+160+410=4560 ○ Moscow優勝とValencia優勝 2連勝
         3990+160+210=4360 ○ Moscow優勝とValencia準優勝
         3990+0+410=4400  ○ Valencia優勝
    Berdych 3945+160+350=4455 ○ Stockholm優勝とValencia優勝 2連勝
         3945+60+350=4355 ○ Stockholm準優勝とValencia優勝
         3945+0+350=4295 ○ Valencia優勝必須
         3945+160+150=4255 × Stockholm優勝とValencia準優勝
    Raonic  3750+250+500=4500 ○ Moscow優勝+Basel優勝 2連勝
         3750+150+500=4400 ○ Moscow準決勝+Basel優勝
         3750+250+300=4300 ○ Moscow優勝+ Basel準優勝
         3750+150+300=4200 × (Moscow準優勝+ Basel準優勝は×)
    Ferrer  3715+160+410=4285 ○ Vienna優勝+Valencia優勝 2連勝のみ
         3715+160+210=4085 × (優勝+準優勝は×)
    Murray 3655+230+480=4365 ○ Vienna優勝+(Valencia o Basel)優勝 2連勝のみ
        3655+130+480=4265 × Vienna準優勝+(Valencia o Basel)優勝
    Dimitrov 3450+205+410=4065 × (2連勝しても×)
    Gulbis  2455+160+410=3025 × (2連勝しても×)

    錦織選手がValenciaで優勝すると誰にも超されなく5位キープです。差は200点以上。

    錦織選手がValenciaで決勝進出をすると超されるのはCilicかRaonicの2連勝にのみに超されます。
    Valenciaは決勝進出したいですね。その場合最悪7位です。
    この場合、Cilicに勝って優勝すれば5位キープです。全米のリベンジして欲しい。
    決勝の対戦相手が他の人の場合、その時点で最悪6位キープです。Raonic次第。

    錦織選手がValenciaで準決勝進出をする場合、
    Cilicが準決勝進出すると未定。—1
    BerdychがStockholm準優勝後準決勝進出すると未定。—2
    Raonicが準決勝進出すると未定。—0
    MurrayがVienna優勝後準決勝進出すると未定。—3
    FerrerがVienna優勝後準決勝進出すると未定。—4
    つまり、0,1,2,(3 o 4)の4ケースに絞られる。

    エントリーランキング こちらの順位は今では意味がありません・・・

    基礎点   4355

    現在の錦織選手(4355)を優勝して超える選手 0

    1 Djokovic, Novak (SRB) 11,510 ○
    2 Federer, Roger (SUI)   9,080 ○
    3 Nadal, Rafael (ESP)   8,105 ○
    4 Wawrinka, Stan (SUI)  5,385 ○
    5 Ferrer, David (ESP)   4,585  + 0 (0 - 90)= 4585 △
    6 Nishikori, Kei (JPN)   4,355 ○
    7 Berdych, Tomas (CZE)  4,325 + 0 (0 - 90)= 4325 △
    8 Cilic, Marin (CRO)    3,945 + 0 (0 - 90)= 3945 △
    9 Raonic, Milos (CAN)   3,885 + 0 (0 - 0)= 3885 △
    10 Dimitrov, Grigor (BUL)  3,745
    11 Murray, Andy (GBR)  3,635 + 0 (0 - 20)= 3635 △
    12 Tsonga, Jo-Wilfried (FRA) 2,705 ○
    13 Gulbis, Ernests (LAT)   2,465 + 0 (0 - 90)= 2465 △

      引用  返信

  • 16日のコメントです。      日本時間17日11:10

    レースランキングのMurrayの計算が違ってました。
    今日勝ったので、今回優勝するとベスト6が500大会では90になります。
    ただ、MurrayはValenciaは断念したが、Baselにも交渉中か?
    ただ、数年前のWC決まってたのに追い出してWCを得て、結局参戦しなかったことがあり、多分、Valenciaより厳しい状態ではあると思います。最終発表がどうなるか?
    Paris優勝にかけているのかな???

    20日付け 16日現在  4355 6位  49勝11敗   4265 5位

    勝ち残り 錦織選手より上位選手  1
         錦織選手        0
         錦織選手より下位選手  多数

    レースランキング

    1 Djokovic 9010 ○
    2 Federer 8020 ○
    3 Nadal 6745  ○
    4 Wawrinka 4805 ○
    5 Nishikori 4265 ○
    6 Cilic 3990 + 0 (45 - 90)= 3990 △
    7 Berdych 3945 + 0 (45 - 90)= 3945 △
    8 Raonic 3750 ○
    9 Ferrer 3715 + 0 (45 - 90)= 3715 △
    10 Murray  3655 + 0 (45 - 20)= 3655 △
    11 Dimitrov 3,450 + 0 (45 - 45)= 3415 △
    12 Tsonga 2,650 ○
    13 Gulbis 2455 + 0 (45 - 90)= 2455 △

    錦織選手       4265+0=4265 Valencia準々決勝止まり
        Valencia準決勝=4355 Valencia準優勝=4475 Valencia優勝=4675

    錦織選手がValencia準々決勝止まりの場合に各選手がParis前までに越える条件

    Cilic   3990+160+410=4560 ○ Moscow優勝とValencia優勝 2連勝
         3990+160+210=4360 ○ Moscow優勝とValencia準優勝
         3990+0+410=4400  ○ Valencia優勝
    Berdych 3945+160+350=4455 ○ Stockholm優勝とValencia優勝 2連勝
         3945+60+350=4355 ○ Stockholm準優勝とValencia優勝
         3945+0+350=4295 ○ Valencia優勝必須
         3945+160+150=4255 × Stockholm優勝とValencia準優勝
    Raonic  3750+500=4250 × 
    Ferrer  3715+160+410=4285 ○ Vienna優勝+Valencia優勝 2連勝のみ
         3715+160+210=4085 × (優勝+準優勝は×)
    Murray 3655+230+410=4295 ○ Vienna優勝+(Valencia o Basel)優勝 2連勝のみ
        3655+130+410=4195 × Vienna準優勝+(Valencia o Basel)優勝
    Dimitrov 3450+205+410=4065 × (2連勝しても×)
    Gulbis  2455+160+410=3025 × (2連勝しても×)

    錦織選手がValenciaで優勝すると誰にも超されなく5位キープです。差は200点以上。

    錦織選手がValenciaで決勝進出をすると超されるのはCilicの2連勝にのみに超されます。
    Valenciaは決勝進出したいですね。その場合最悪6位です。
    この場合、Cilicに勝って優勝すれば5位キープです。全米のリベンジして欲しい。
    決勝の対戦相手が他の人の場合、その時点で最悪6位キープです。

    錦織選手がValenciaで準決勝進出をする場合、
    Cilicが準決勝進出すると未定。—1
    BerdychがStockholm準優勝後準決勝進出すると未定。—2
    Raonicが準決勝進出すると未定。—0
    MurrayがVienna優勝後準決勝進出すると未定。—3
    FerrerがVienna優勝後準決勝進出すると未定。—4
    つまり、1,2,(3 o 4)の3ケースに絞られる。Murrayはどうなのか?

    エントリーランキング こちらの順位は今では意味がありません・・・

    基礎点   4355

    現在の錦織選手(4355)を優勝して超える選手 0

    1 Djokovic, Novak (SRB) 11,510 ○
    2 Federer, Roger (SUI)   9,080 ○
    3 Nadal, Rafael (ESP)   8,105 ○
    4 Wawrinka, Stan (SUI)  5,385 ○
    5 Ferrer, David (ESP)   4,585  + 0 (0 - 90)= 4585 △
    6 Nishikori, Kei (JPN)   4,355 ○
    7 Berdych, Tomas (CZE)  4,325 + 0 (45 - 90)= 4325 △
    8 Cilic, Marin (CRO)    3,945 + 0 (45 - 90)= 3945 △
    9 Raonic, Milos (CAN)   3,885 ○
    10 Dimitrov, Grigor (BUL)  3,745 + 0 (45 - 45)= 3745 △
    11 Murray, Andy (GBR)  3,635 +25 (45 - 20)= 3660 △
    12 Tsonga, Jo-Wilfried (FRA) 2,705 ○
    13 Gulbis, Ernests (LAT)   2,465 + 0 (0 - 90)= 2465 △
    16日のコメントです。      日本時間16日21:40

    3–6、6-3、3-6でRaonicがまけました。

    次の更新はまたこちらの夜になってからです。

    20日付け 16日現在  4355 6位  49勝11敗   4265 5位

    勝ち残り 錦織選手より上位選手  1
         錦織選手        0
         錦織選手より下位選手  多数

    レースランキング

    1 Djokovic 9010 ○
    2 Federer 8020 ○
    3 Nadal 6745  ○
    4 Wawrinka 4805 ○
    5 Nishikori 4265 ○
    6 Cilic 3990 + 0 (45 - 90)= 3990 △
    7 Berdych 3945 + 0 (0 - 90)= 3945 △
    8 Raonic 3750 ○
    9 Ferrer 3715 + 0 (0 - 90)= 3715 △
    10 Murray  3655 + 0 (0 - 20)= 3655 △
    11 Dimitrov 3,450 + 0 (45 - 45)= 3415 △
    12 Tsonga 2,650 ○
    13 Gulbis 2455 + 0 (0 - 90)= 2455 △

    錦織選手       4265+0=4265 Valencia準々決勝止まり
        Valencia準決勝=4355 Valencia準優勝=4475 Valencia優勝=4675

    錦織選手がValencia準々決勝止まりの場合に各選手がParis前までに越える条件

    Cilic   3990+160+410=4560 ○ Moscow優勝とValencia優勝 2連勝
         3990+160+210=4360 ○ Moscow優勝とValencia準優勝
         3990+0+410=4400  ○ Valencia優勝
    Berdych 3945+160+350=4455 ○ Stockholm優勝とValencia優勝 2連勝
         3945+60+350=4355 ○ Stockholm準優勝とValencia優勝
         3945+0+350=4295 ○ Valencia優勝必須
         3945+160+150=4255 × Stockholm優勝とValencia準優勝
    Raonic  3750+500=4250 × 
    Ferrer  3715+160+410=4285 ○ Vienna優勝+Valencia優勝 2連勝のみ
         3715+160+210=4085 × (優勝+準優勝は×)
    Murray 3655+230+480=4365 ○ Vienna優勝+(Valencia o Basel)優勝 2連勝のみ
        3655+130+480=4265 × Vienna準優勝+(Valencia o Basel)優勝
    Dimitrov 3450+205+410=4065 × (2連勝しても×)
    Gulbis  2455+160+410=3025 × (2連勝しても×)

    錦織選手がValenciaで優勝すると誰にも超されなく5位キープです。差は200点以上。

    錦織選手がValenciaで決勝進出をすると超されるのはCilicかRaonicの2連勝にのみに超されます。
    Valenciaは決勝進出したいですね。その場合最悪7位です。
    この場合、Cilicに勝って優勝すれば5位キープです。全米のリベンジして欲しい。
    決勝の対戦相手が他の人の場合、その時点で最悪6位キープです。Raonic次第。

    錦織選手がValenciaで準決勝進出をする場合、
    Cilicが準決勝進出すると未定。—1
    BerdychがStockholm準優勝後準決勝進出すると未定。—2
    Raonicが準決勝進出すると未定。—0
    MurrayがVienna優勝後準決勝進出すると未定。—3
    FerrerがVienna優勝後準決勝進出すると未定。—4
    つまり、1,2,(3 o 4)の3ケースに絞られる。Murrayはどうなのか?

    エントリーランキング こちらの順位は今では意味がありません・・・

    基礎点   4355

    現在の錦織選手(4355)を優勝して超える選手 0

    1 Djokovic, Novak (SRB) 11,510 ○
    2 Federer, Roger (SUI)   9,080 ○
    3 Nadal, Rafael (ESP)   8,105 ○
    4 Wawrinka, Stan (SUI)  5,385 ○
    5 Ferrer, David (ESP)   4,585  + 0 (0 - 90)= 4585 △
    6 Nishikori, Kei (JPN)   4,355 ○
    7 Berdych, Tomas (CZE)  4,325 + 0 (0 - 90)= 4325 △
    8 Cilic, Marin (CRO)    3,945 + 0 (0 - 90)= 3945 △
    9 Raonic, Milos (CAN)   3,885 ○
    10 Dimitrov, Grigor (BUL)  3,745
    11 Murray, Andy (GBR)  3,635 + 0 (0 - 20)= 3635 △
    12 Tsonga, Jo-Wilfried (FRA) 2,705 ○
    13 Gulbis, Ernests (LAT)   2,465 + 0 (0 - 90)= 2465 △

      引用  返信

  • ケイメヒコさん、はじめまして
    ラオニッチの敗戦、びっくりしました
    病み上がりの体にはモスクワは寒すぎたかも知れませんね

      引用  返信

  • Raonicは何時ものようにブレークポイントのセーブが決まらず、各セットともブレークを赦し、
    計4回もブレークされてました。ファーストサーブの決定率が58%ととても低いので、本来と遠くかけ離れた状態が続いていると思えます。レースはこの配線でとても厳しい状態となりました。

    つながっている内に・・・

      引用  返信

  • つながっている内の書込、ありがとうございます
    ラオニッチはだいぶ調子が悪かったのですね
    錦織選手がバレンシア欠場? との話もあるようですが、ますますバレンシアが熱くなりそうな…

      引用  返信

  • ケイメヒコさん、いつもいつもありがとうございます。
    Valenciaで決勝進出を願っておりましたが、欠場ですね(>_<)
    今後、どうなるのでしょうか?

      引用  返信

  • 19日のコメントです。      日本時間19日 10:30

    Cilic、Berdych、Murrayが優勝しました。

    全然つながらなくて・・・

    20日付け  4355 7位  49勝11敗   4265 5位

    レースランキング

    1 Djokovic 9010 ○
    2 Federer 8020 ○
    3 Nadal 6745  ○
    4 Wawrinka 4805 ○
    5 Nishikori 4265 ○
    6 Cilic 3990 +160 (250 - 90)= 4150 △
    7 Berdych 3945 +160 (250 - 90)= 4105 △
    8 Murray  3655 +230 (250 - 20)= 3885 △
    9 Ferrer 3715 +60 (150 - 90)= 3775 ○
    10 Raonic 3750 ○
    11 Dimitrov 3,450 +105 (150 - 45)= 3555 ○
    12 Tsonga 2,650 ○
    13 Gulbis 2455 + 0 (90 - 90)= 2455 ○

    錦織選手 4265 Valencia欠場

    Cilic   4150 Q Valencia欠場
    Berdych 4105+350=4455 ○ Valencia優勝
         4105+150=4255 × Valencia準優勝
    Raonic  3750+500=4250 × Basel優勝
    Ferrer  3775+410=4185 × Valencia優勝
    Murray 3885+410=4295 ○ Valencia優勝
        3885+210=4095 × Valencia準優勝
    Dimitrov 3555+410=3965 × Basel優勝

    27日では最悪6位です。でもここにあるように、非常に僅かな差になります。
    つまり、Parisではここに書いた人たちより先に負けるとFinalに行けません。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください