ランキング試算(2014年9月15日付)

錦織選手のランキング関連データ 9月08日現在
現在ポイント 3870 本年の対戦成績 40勝10敗
現在ランキング 8位(+3)
本年記録 年初 17位 最高位 8位 最低位 21位
生涯最高位 8位(2014.9.8) 生涯最高ポイント 3870(2014.5.12)
トップテン在位週間 4  現在継続週間 1  過去最高継続週間 3
現在レースポイント  3675  6位(+4)
現在5位の選手とそのポイント  Ferrer, David (ESP) 4495
現在8位の選手とそのポイント  Nishikori, Kei (JPN) 3870
現在10位の選手とそのポイント  Dimitrov, Grigor (BUL) 3710

全米前は練習もできなかった大会には行って好調で錦織選手は準優勝に輝きました。
ワクワクの2週間でした。結果として生涯最高位8位と、レースは多いに期待をつなぐ6位になりました。この結果は後のシード順をみれ見てもとても有利なシード順になっています。これが今後の大会にとても重要なことです。

試算をアップできなかったのは42時間連続してインターネットがつながらなかったからです。
昨日、たまらなく電話会社にクレームに行きました。寝る前はつながってませんでしたが、今朝起きるとやっとつながってました。まぁ、明日からですので、何とか良かったと思います。

atpの発表が未だCilicが12位でしたので、正しく修正されたのを確認できました。

今週はDavis Cupの準決勝です。
 France vs Czech、 Switzerland vs Italy

わたしにはDavis Cupの失効分を記録していないので、いつもDavis Cup週はATPの発表待ちです。
すみません。
ただ、加点分は準決勝での有効ラバー1勝は70点、2勝で140点です。ですから、加点の最高点は140点です。

15日付けポイントは 現在点3870-失効点 0=基礎点3870 8位です。

15日付け 11日現在 3870 8位 40勝10敗   3675 6位

トップテンについて(これからはいつもここに名前が載っていて欲しいものです。
準決勝参戦のトップテンはFederer、Wawrinka、Berdychの三人です。
互いにポイント差は140点以上ありますので、参戦書による変化は錦織選手を含めトップテンの順位変動は起こらないと思います。

錦織選手の参戦予定(の想像)

※大会開始日、開催地、カテゴリー、ドロー数、エントリー状況の順です。
(GS:グランドスラム、MS:マスターズシリーズ、500:ATP500、
 250:ATP250、DA:ダイレクトアクセプタンス)

アジア・年末
9.15 Metz 250 28Draw エントリーしていません。
9.22 Kuala Lumpur 250 28Draw DA(現在#2シード) 上海のシード順
9.29 楽天 500 500 32Draw DA(現在#4シード)
10.05 上海 MS 56Draw DA (現在#8シード) Valenciaのシード順
10.13 Moscow、Stockholm、Vienna 250 エントリーしていません。Parisのシード順 
10.20 Valencia 500 32Draw DA 今年はBaselではありません。(現在シード#2)
10.27 Paris MS 56Draw 自動DA (8/27判明)
11.09 Finals London 8名

[参考] 2014. 9.08
レースランキング
1 Djokovic 8,150
2 Federer 6,160
3 Nadal 6,645
4 Wawrinka 4,365
5 Cilic 3,935 
6 Nishikori 3,675
7 Ferrer 3,535
8 Berdych 3,510
9 Raonic 3,425
10 Dimitrov 3,335
11 Murray  3,155
12 Tsonga 2,555

日本人ランキング ・・・・
8 Nishikori, Kei 3,870
106 Soeda, Go 563
114 Ito, Tatsuma 524
146 Sugita, Yuichi 388
160 Moriya, Hiroki 339
167 Nishioka, Yoshihito 315
172 Daniel, Taro 299
257 Uchiyama, Yasutaka 188
344 Niki, Takuto (JPN) 127
382 Kibi, Yuya (JPN) 112

39 件のコメント

  • 重要な記事の前になってすみません。
    7時半のクローズアップ現代ですか。まぁ、今回NHKは頑張ってくれたと思います。
    もう放送中なのですね。だからまぁ、良いと許してもらいましょう、わたしはこの番組は深夜の再放送の予約にしています。多分そのままだと思います。これから確認します。

      引用  返信

  • ありがとうございます。
    ファイナルに向けてこの記事もますます注目度が高まりましたね。

      引用  返信

  • こうしてみると本当に日本の底上げが実感できますね、100位台の選手が6人もいるなんて!時期尚早ですが来年のデ杯メンバーがどうなるか今から気になります。その前にロンドンですけどね。

      引用  返信

  • 下位のディミ、チリッチなどに超されるんじゃないかと心配される向きも多いようですが、上を見ればワクワクしますよ。ベルディヒ、フェレールは既に射程内。バブとはレースランキングで700点差。
    狙い通りにマスターズを獲れば4位フィニッシュもあり得ますね。

      引用  返信

  • ケイメヒコさん、いつもありがとうございます。
    今回のランキング試算をみて、あらためて
    しみじみ…(感動)しております。
    ロンドン行きは来年かな~なんて
    クレーシーズン終了後に勝手に思っていたのが
    恥ずかしい…(>_<)
    良い意味で裏切ってくれて嬉しすぎです(^_^)
    私はFrenchopen行きの為に貯金してたのですが
    ロンドン行きに変更です!
    ダンナさんに、パリに行きたいだけでしょ…
    な~んて言われてたのですが…(少し図星)
    ロンドン行きが現実味をおびてきて
    ワクワクしてきました♪

      引用  返信

  • 帰ってみたら、溜まっていた録画分は全部ダウンロード完了してました。
    ただ、クローズアップ現代は頭に大雨情報かな入っていて、尻切れでした。
    これからゆっくり見て見ます。

    もう、発注して9ヶ月待たされている光が早く入ってくれないかなぁ。
    そうすれば、日本にいるのとほとんど同じ状況になります。
    通信環境での遅れは無くなります。
    ただ、わたしは怠けてられない状態になりますね。

    アップダウンとも200Mというのですが、今の日本はどんな感じですか?
    7年前まで日本で使っていた時はダウンが100M、アップが30M?だったと記憶してます。

    それから、団長、通信会社は変わるのですが・・・
    光が開通してからの問題ですが、ipアドレス関係が変わると思います。
    その時はアクセス許可をお願いします。
    光が入ってからのことなのに、気が早いかな???

    今これをアップしようとしたら、動かない。モデムを見ると切れている。
    早く安定した環境にして欲しい。赤から青に変わった。

      引用  返信

  • FB更新されてます。
    もう練習再開❗️。

    圭君は、次の目標に向けて始動です。

    私も頑張らねば。

      引用  返信

  • ツアーファイナルのサイトの「players」を見ると8名の選手の中に錦織君が入っていますね。ジョコビッチ、フェデラー、ナダルの出場確定済みの3人は写真がくっきり鮮明になっていますが、スタン以下の現在4~8位の5人は未確定という意味の様で写真が薄くなっています(チリッチも)。
    このまま変わらないで欲しいですね(錦織君以外は、他のメンバーが来ても面白いですけど)。

      引用  返信

  • ATPのサイトに選手のスケジュールが詳しく書いてましたね。いよいよ終盤戦で目が離せない展開となりましたが、しっかり応援して夢のファイナルに向けて頑張って欲しいものです!

      引用  返信

  • http://www.bbc.com/sport/0/tennis/29172149

    マレー、北京WC決定です。
    どこに書きこんでいいか分からなかったので最新記事に書きました。ケイメヒコさん、すいません。

    世間の反応を見るとビッグ4を3人とも中国に取られたことを批判として言っている人がいますが、トップ10だけで見れば北京5×東京4、マレーはトップ10より外なのですから冷静に見てほしいと思います。

    ここは下位対抗シードに苦手選手が来なくなったということで優勝も期待したいところですね。

      引用  返信

  • マレー、ガラガラだった予定がこれで3週連続になりましたね。
    深センはこれでビッグネームも獲得できたし、チリッチやディミトロフの参戦は薄くなりそうですね。

      引用  返信

  • チリッチに関しては実質ファイナル確定なのでまずないと思いますが、ディミトロフの可能性はまだあると思います。
    ディミトロフにはマリーとは違ったスター性がありますから、どこのツアーでも欲しがると思います。

      引用  返信

  • 薄くなったと書いただけで完全にないと書いてるつもりはありませんでした。誤解のある表現ですいません。

    ディミトロフは参戦すると深セン→北京→上海→ストックホルム→バーゼル→パリと6週連続になるのですが、果たして参戦してくるのか注目ですね。

      引用  返信

  • さすがに6週連続で実際に参戦することはないと思うので、上海に対する深センを重視するのか、パリに対するストックホルムを重視するのかの判断だと思っています。

    おっと、太郎が昨年11月以来のCH決勝進出ですね。
    これで西岡を抜き返し、守屋に肉薄です。この勢いのまま優勝してくれ!

      引用  返信

  • 12日のコメント        更新 日本時間 13日 12:40

    やっとつながった。明日早いので諦めかけてました。

    15日付け  12日現在  3870 8位 40勝10敗  3675 6位

    エントリーは無理なので、以下レースポイントだけです。

    有効ラバーのみです。

     France vs Czech     2:0
          Gasquet  1 70     Berdych  0 0 
          Tsonga  1 70     Rosol  0 0
     Switzerland vs Italy   2:0
          Federer  1 70     Bolelli  0 0
          Wawrinka 1 70     Fognini  0 0

    play offs
     IND vs SRB   0:2
     BRA vs ESP   1:1
     ISR vs ARG   1:1
     CAN vs COL   2:0
     USA vs SVK   2:0
     AUS vs UZB   2:0
     NED vs CRO   1:1
     UKR vs BEL   1:1

    レース

    1 Djokovic 8150 ○
    2 Federer 6880 + 70 = 6950
    3 Nadal 6,645 ○
    4 Wawrinka 4725 + 70 = 4795
    5 Cilic 3935 ○
    6 Nishikori 3675 ○
    7 Ferrer 3535 ○
    8 Berdych 3510 + 0 = 3510
    9 Raonic 3425 ○
    10 Dimitrov 3335 ○
    11 Murray  3155 ○
    12 Tsonga 2555 + 70 = 2625
    13 Gulbis 2400 ○

      引用  返信

  • ベルディヒ、この積み損ねは結構痛いのでは。
    これだけ接近してる中での70ptですからね。

    そしてじわじわとマレーに迫るツォンガ.…

      引用  返信

  • k-impactさん

    その情報はランキング記事にすごく密接な関係ある情報じゃないですか。ありがとうございます。

    わたしは筋の通らない話が嫌いなだけで、わたしも相当身勝手なこと書いちゃってます。
    だからコメント欄に書くことは、自由に気にしないで良いと思っています。

      引用  返信

  • ケイメヒコさん

    ありがとうございます。一つだけ、Murrayのレースポイントは3155ではないでしょうか?(ソースATP公式)

    八神庵さん

    痛すぎですね…もしダブルスで決着がついたら2試合目はデッドラバーになりますから、実質2試合落としたも同然ですね…

    というかラオとディミが相変わらず活躍している今、これで単純に進出が危ないのはベルディヒの方かもですね。

    ベルディヒの残りのMS以外は、北京とストックホルム。
    北京はビッグ4が3人にディミ、チリッチ、ガルビスもいます。今の調子なら4強以上は厳しいところ。

    そうなるとまだ500以下の枠に余裕のあるラオや、5週連続参戦のディミのほうがよさそうですね。

      引用  返信

  • レースの行方、面白いですね。トップが不安定だから混沌!どの大会も盛り上がりそうです。目が離せない!

      引用  返信

  • 圭、本日(13日)帰国!?日本のマスコミがまた大騒ぎですね!

      引用  返信

  • すみません・・・チリッチのファイナルがほぼ決定、というのは何故なんでしょう?良く分からなかったので、誰か理由を教えてください。

      引用  返信

  • yuriさん、「2014USオープン準決勝 ジョコビッチ戦」レビュー記事4/7のLinusさんと下団さんのコメントを読んでみてください。

      引用  返信

  • k-impactさん

    またまた、ありがとうございます。あれ?どうして間違っちゃったかな?
    最初の記事にはちゃんと正しく記載されているのにね。
    修正しました。いつものように、12日のコメントを修正しています。

      引用  返信

  • yuriさん

    お分かりですか?
    まとめてみると、GS優勝者で、レースランキングがもし8位以下になった場合にfinalsへの参戦資格が与えられる、という補足が今までも有効でしょうから、ほぼ決定と言えると思います。
    この補足の適用ではなく、そのレースポイント事態でパスする可能性が一番高い位置にいて、これからの参戦での上澄みも期待されますから、4人に超される事態は多くないと思います。

    確かに3000点代が5位以下7人と大混戦状態です。
    Cilicはちょっと上にいますから、パスの5000点の目安に一番近いです。

    2番目が錦織選手で、260点差ですから、Kuala Lumpur(2)での期待が高まります。
    そして有明(4)、Valencia(2)の500大会もある程度の加点が見込まれます。
    上海、ParisのMSはシードを守ることで良いと思います。

    Murrayが11位と一番不利ですから、そんな事態になるとは思っていなかったでしょうから、何とか上を目指すためWCを沢山申請しているものと思います。

      引用  返信

  • ケイメヒコさんとyuriさんのお話を受けてファイナルズの参戦権について質問させてください。
    どこかで、GS優勝者優先になり、仮にチリッチが9位になっても、8位の人よりも優先的に行ける可能性があるというのを見たのですが・・これは間違いでしょうか?

    最近ではそういう例を見たことはないのでうが、過去にはあったのでしょうか?

      引用  返信

  • コリコリさん

    太郎選手、決勝行きましたね!
    決勝の相手のパブロ•カレーニョ•ブスタ選手は今年のモンテカルロでモンフィス選手にストレート勝ちしている実力者ですが、全米でも見せた粘りに期待したいです。
    伊藤選手もIstanbulの準決勝に駒を進めていますし、日本勢から目が離せませんね!

      引用  返信

  • MCさん、その関係の話題は、どちらかというと1つ前の記事のコメント欄の方で盛り上がっていましたw

      引用  返信

  • ebicci さん、92年全英王者のアガシ選手が最終的に10位に終わりファイナルに出場出来なかったのが切欠でつくられたルールです。01年全英王者のイワニセビッチ選手(最終15位?)がルールの適用を受けてファイナルに出場してRRで見事に1勝を挙げています。
    ただし、GS王者が二人以上8位以内に入れなかった場合(20位以内でないと資格無し)は上位一人が出場権を得ます。
    例えば
    ・7位ワウリンカ選手、8位錦織選手、9位チリッチ選手だった場合は錦織選手が補欠になります。
    ・7位錦織選手、8位ワウリンカ選手、9位チリッチ選手だった場合はチリッチ選手が補欠になります。
    ・8位ワウリンカ選手、9位錦織選手、10位チリッチ選手だった場合は錦織選手が補欠になり、チリッチ選手は落選です。
    ・8位錦織選手、9位ワウリンカ選手、10位チリッチ選手だった場合はワウリンカ選手が出場、錦織選手が補欠、チリッチ選手は落選になります。

    ルールが設けられてから当然、8位前後の選手の不満もありましてルールの微調整等あったと思いますが、無条件に出場確定になるのは7位以内です。ワウリンカ選手が7位以内確定になれば、チリッチ選手も確定になると思います。
    ただ、私がこのルールをテニス誌で読んだのは、かなり前なので、ルールが変わっていたらすいませんm(__)m

      引用  返信

  • 下団 さん

    ありがとうございます!
    これはスタンにもチリッチにも頑張って8位以内に入ってもらったほうが安心ということですね。
    本当にみんなの動向が見逃せないです。

      引用  返信

  • コリコリさん、ケイメヒコさん、下団さん

    ありがとうございました。スッキリしました!

    錦織には是非、後二つのマスターズで大活躍してもらいたいですね!マイアミとマドリッドで取りそこなったマスターズのタイトルを!!!

    で、ロンドン決定!でお願いしたいです。

      引用  返信

  • ポイントの件ですが、Cilicがデビス杯のP/O、勝敗のかかった第5ラバーに第2シングルスの選手変更で登場。勝って、CroatiaをWGに進出させました。
    確かP/Oもデッドラバーでなければ、ATPのポイントが付くのでは。

      引用  返信

  • 14日のコメント

    15日付け  14日現在  3870 8位 40勝10敗  3675 6位

    エントリーは無理なので、以下レースポイントだけです。

    有効ラバーのみです。
    Playoff勝利ポイントは基本 10 です。
    Cilicのこのポイントは500以下でのベスト6(現在45)以上ではないので、カウントされません。

     France vs Czech     4:1
          Gasquet  1 70     Berdych  0 0 
          Tsonga  1 70     Rosol  0 0
     Switzerland vs Italy   3:2
          Federer  2 140     Bolelli  0 0
          Wawrinka 1 70     Fognini  0 0

    play offs
     IND vs SRB   2:2
     BRA vs ESP   3:1
     ISR vs ARG   2:3
     CAN vs COL   3:2
     USA vs SVK   5:0
     AUS vs UZB   5:0
     NED vs CRO   2:3
     UKR vs BEL   2:3

    レース

    1 Djokovic 8150 ○
    2 Federer 6880 + 140 = 7020 ○
    3 Nadal 6,645 ○
    4 Wawrinka 4725 + 70 = 4795 ○
    5 Cilic 3935 ○
    6 Nishikori 3675 ○
    7 Ferrer 3535 ○
    8 Berdych 3510 + 0 = 3510 ○
    9 Raonic 3425 ○
    10 Dimitrov 3335 ○
    11 Murray  3155 ○
    12 Tsonga 2555 + 70 = 2625 ○
    13 Gulbis 2400 ○

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください