錦織圭ランキング試算(7月27日付)   ケイメヒコ

7月20日現在ポイント 635(内本年分 85)  本年の対戦成績 4勝6敗

現在ランキング 105位(+5)  本年年初 63位  本年最高位 56位

現在100位の選手とそのポイント Wayne Odesnik (USA )    664点

7月13日現在レースランキング 140位タイ  2008年ATP新人賞受賞

先週の試算はGranollersの失効点の入力を間違えていたようで、635点より下まで行かなかったようです。錦織選手はK.Beckに2週間続けて越されて105位になりました。

今週はATP500に降格した Hamburg とATP250の Indianapolis の2大会があります。このIndianapolisは骨折判明前に招待を受け入れていた大会です。

錦織選手の順位:100-117位

今週は去年のカナダのマスター分が失効になります。635点以上から635点以下になる人は、Kiefer、Ginepri、Navarro、Starace、Cipollaの5人ですから、最高99位まであります。いよいよトップ100以内が見えてきました。635点以下のATP大会への参戦者は15人です。超えていく可能性としては14人にあります。Kieferの準優勝だった700点は現在の持ち点の59%もの失効で大幅に105番以上落ちます。Ginepriは635点で並びますが、このまま終われば錦織選手が上のはずです。予選参戦者を含めると24人が対象になります。

CHはポーランド、アメリカ、ロシア、エクアドル、イタリアで5大会あります。チェック対象者からの参戦者は19人ですが、下から635点を超えることができる該当者は5人で、同じ大会で優勝者は一人だけですから、可能性は本戦で13人、CHで4人ですから最悪117位となります。

Hamburgドロー表

Navarro  準決勝進出(4回勝ち)

Chela   決勝進出(5回勝ち)

Cuevas    予選突破後oo 2回戦進出(1回勝ち)

Starace    予選突破後-o 3回戦進出(2回勝ち)

Indianapolisドロー表

Ginepri  2回戦進出(1回勝ち)

Cipolla   準々決勝進出(2回勝ち)

Ouanna  準々決勝進出(2回勝ち)

Ram     準々決勝進出(2回勝ち)o

Berrer   準々決勝進出(2回勝ち)

Dabul    準決勝進出(3回勝ち)

Udomchoke  決勝進出(4回勝ち)

Clement   決勝進出(4回勝ち)

Reynolds  決勝進出(4回勝ち)

Spadea   決勝進出(4回勝ち)

Dancevic  決勝進出(4回勝ち)

Baghdatis  優勝(5回勝ち)

Levine   予選突破後-o 決勝進出(4回勝ち)

Soeda    予選突破後-o 優勝(5回勝ち)

CH

Poznanドロー表

Roitman  優勝(5回勝ち)

Machado  優勝(5回勝ち)

Lexingtonドロー表

Guccione  決勝進出(4回勝ち)

Penzaドロー表

該当者はいません。

Mantaドロー表

Zeballos  決勝進出(4回勝ち)

Recanatiドロー表

Llodra  優勝(5回勝ち)

各々この条件をクリアした場合で最悪118位です。

あと3週間、このまま推移し100位以内になると楽天にはWC無しでもエントリー可能になるかもしれません。錦織選手の16日のブログに骨折は治ったというが痛みが消えていないからセカンドオピニオンを得るために日本に帰国ということですから、USオープンはパスの可能性が高いです。それは今週中にはっきりするでしょう。日本での診察の結果の発表が待たれます。

上位選手について

Soderlingは優勝し、自己最高の11位になりました。

さて、今週はRoddickとVerdascoが急遽参戦を取りやめましたので、Hamburgには先週に続きSimon、Davydenko、Soderlingが参戦します。

トップ6の順位は変わりませんが、Nadalは優勝の1000点の失効に対して、初戦敗退だったFedererは10点だけですから、1500点弱差に広がります。そして、Murrayに500点差程に迫られます。

Simonは450点の失効が効いて優勝しないと、参戦していないのにペナルティが無くなり50点加算されるTsongaに7位を譲ることになります。Simonは最近早期敗退が続いてますから心配です。

16位のRobredoは準決勝進出でCilicを抜き、決勝進出でNalbandianを抜き、優勝でMonfilsを抜いて13位まであります。

6 件のコメント

  • 圭君はもっと順位が下がってしまうのかと思ったら、今のところはそうでもなさそうですね。
    ロブレドも長く上位にいてますねぇ。
    何事も維持する・継続するのはかなりの労力がいります。
    ケイメヒコさんも毎週の計算の積み重ねは大変だと思います。
    いつもありがとうございます。

      引用  返信

  • 昨年のポイントが一律2倍され、今年得るポイントは同じ結果でも基本的に2倍以下ですから、ポイントを落とす選手が続出し、相対的に有利なんでしょうね。
    錦織は去年のこの時期、ポイントを稼いでいませんから。

      引用  返信

  • やはり見落としがありました。
    Brandsが参戦してました、3回勝つとアップで、あと1つ勝つところまで来ています。ほか未だ勝ち残っている人は7人います。
    1回勝ちが条件の二人が勝ちましたので、現在102-109となりました。

    USオープンにはやはりエントリーをしていました。3アウトですから可能性大ですが、実際に参戦するかどうかは、期待薄ではあります。

      引用  返信

  • もう一つ見落としがありました。Llodraが不参戦でした。

    対象者で勝ち残っているのはDancevicとZeballosですから
    102-104となります。

      引用  返信

  • 試合に出てないのにランキング上がるなあwww

    でも全米終了までの現象ですね。

      引用  返信

  • 皆、去年のポイントを維持するのは困難です。錦織選手は早めに失効してしまいましたから、そのままのポイントで、他の選手が徐々にポイント失っている状態です。しかし、本当に全米の活躍のポイント、大きいですから、調査範囲外に行ってしまいます。
    今週は103位で終わりました。ってまた見逃しがあるかな?

    来週の準備、全然していなかったので、あわてて今日一日10時間かかりました。
    チャレンジャーは無視ねって言えるくらいに、早く戻ってきて欲しいです。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください