ランキング試算(3月1日付)   ケイメヒコ

錦織選手のランキング関連データ

2月22日現在ポイント 10   本年の対戦成績 -勝-敗

現在ランキング 898位(+0)  本年年初 417位  本年最高位 -位

現在100位の選手とそのポイント Daniel Brands (GER )  528点

プロテクトランキング 順位 @106位  残りカード 8枚

2月15日現在レースランキング -位

今週はATP500のDubaiとAcapulco、ATP250のDelrayの計3大会があります。
3月1日付ランキングはMonte-Carloに使われます。

3月1日付錦織選手のポイント:10-30-55-100-160-260点

あと一ヶ月後の復帰でプロテクトランキングのカード12枚と来年の全豪までカバーできましたが、まぁ、微妙な順位と言うこともあるだろうと思いますが、年内有効9枚のカードで復帰決断したようです。来年の全豪は実力で参戦するぞという意気込みを感じます。

初優勝したDelrayへWCではなくプロテクトランキングでの復帰です。30位以内の人は出るなら500大会でしょうから、Delrayには30位台以降の選手が主に参戦します。

WCで参戦のHaasが18位でトップシードです。錦織選手はそのHaasの山に入り、もし、共に勝ち上がるなら準決勝で当たります。復帰戦でここまで行けたらそれこそ最高です。錦織公式のブログに来なかったけどギャラリーに17日付けの練習風景の動画、中々迫力有る感じです。火曜日からいよいよ試合です。

上位選手について

Soderling、Cilicはそれぞれ7、9位とキャリヤーハイを達成しました。

NadalとSoderlingを除くトップテンはDubaiに参戦申請し、WCにもTsongaと豪華です。しかし、Federerはドロー発表後に病気と言うことでドタキャン、Del PotroとRoddickは期限前に参戦を取り消しています。メキシコのAcapulcoはGonzalezとWCでVerdasco、そして、この前復帰したMoyaもWCで出ます。

  • Murrayは準決勝進出でNadalの上に行けます。
  • Cilic、Verdasco、Tsonga、Gonzalezは実質差200点なく、とても接近していて、今週の成績如何では、誰もが9位から12位まであります。基本的に優勝した人が9位になります。CilicあるいはTsongaとGonzalezが同時に優勝したときはGonzalezは10位です。その他の細かい場合分けは煩雑ですし、トップ争いでもないので省略します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください