ランキング試算(9月13日付)全米後 ケイメヒコ

錦織選手のランキング関連データ 8月30日現在

現在ポイント 337   本年の対戦成績 1勝6敗(29勝9敗 含むCH,Q)

現在ランキング 147位(+2) 本年年初 417(-∞) 本年最高位 147位

プロテクトランキング 順位 @106位  使用数 6枚 残り 3枚

WC           年間  5枚  使用数 2枚 残り 3枚

現在100位の選手とそのポイント Donald Young (USA )  537点

今週から2週間全米の本戦です。

現在わたしが確認できた錦織選手のエントリー状況は次の通りです。

9.27- Bangkok 28Draw @22OUT
Kuala Lumpur 28Draw @22OUT
10.04 Tokyo 32Draw WC(52OUT)

雨にたたられた予選でしたが、予選決勝はDancevicに快勝でした。

錦織選手の本戦第1戦はTV中継用の13番コートで、30日(月)午前11時(日本31日0時・本戦の開始試合)からになりました。日本ではリアルタイム中継があるでしょうか?多分、録画放送は確実にあるでしょう。

一度は対戦したいというFederer山に入りましたが、対戦までは先が長いです。みんな名のある選手、強敵揃いです。しかし、一昨年よりも良い状態で本戦入りしていると思いますので、爆発はあり得ると思います。

GSでの試合数は少ないですが、No.1と2に負けただけです。しっかり応援しましょう。もし、Federerまで登り詰めたら、3つのGSでトップの3人と全て対戦したことになります。

1回戦敗退 372 (加点35) 対Korolev
2回戦敗退 407 (+70点) 多分対Cilic
3回戦敗退 452 (+115点) 多分対Montanes
4回戦敗退 542 (+205点) 多分対Soderling 本年の目標(トップ100入り)達成
準々決勝   722 (+385点) 多分対Federer  カムバック賞候補になれるか?
準決勝   1082 (+745点)「プロジェクト45」の目標達成
準優勝  1562 (+1225点)
優勝   2362 (+2025点)

上位選手について

GSは順位変動を起こす期待のある大会です。それだけに試算での確定が難しい。多くのケースがあり、細かい所は省略する以外にありません。なお、ドローを基本的に加味していません。

  • Nadalは基礎点で2位以下と4000点以上の差がありますので、初戦敗退でもトップキープです。しかし、昨年の準決勝以上まで勝ち残れると安定的なトップを維持できましょう。もし、優勝して生涯グランドスラムを達成したら夢のような年になるでしょう。
  • Federerの基礎点は6015、Djokovicは5945で差は70点です。3回戦以上でより上位に勝ち残った方が上で、ほぼ2位、3位となりましょう。しかし、下位者の活躍によっては変わりますので、彼らが3位以内を自力確定するには準決勝の直接対決を制することです。DjokovicはFinal出場のポイントを確保するためにも決勝に残っておきたいところです。
  • Murrayは基礎点でDjokovicから1000点離されています。しかし、FedererかDjokovic以外と決勝を戦って優勝したとき、2位があります。彼らが初戦敗退なら準優勝でも2位があります。彼らとの戦いで優勝したとき、勝っても相手を越せませんが3位になります。
  • SoderlingはMurrayから395点ありますが、上位者が早期敗退の場合で優勝すると最高2位があります。優勝するとMurrayを越し初の4位確定です。他の場合で、彼との決勝ではない準優勝したときや他にもあります。
  • Davydenkoは更に435点下ですが、同じように優勝で最高2位まであります。Soderlingの上に行くためには、彼との決勝ではない場合や他の場合もあります。決勝で勝っても上に行けません。
  • Berdychは更に335点下です。同じように優勝で最高4位まであります。Davydenkoの上に行くためには、彼との決勝ではない準優勝のときや他の場合もあります。
  • Roddickは更に635点下です。同じように優勝で最高4位まであります。
  • Ferrerは更に115点下です。同じように優勝で最高4位まであります。
  • Verdascoは更に50点下で。基礎点で10位に落ちます。同じように優勝で最高4位まであります。
  • このRoddick、Ferrer、Verdascoは比較的に点差が少なく、順位争いが面白いところです。
  • Del Potroは昨年の優勝ポイントが消え、20位以下に転落でしょう。

記載事項に見落としなどミスが潜んでいるかもしれません。また、大会が準々決勝まで進むともっと最終的なイメージを描けるようになると思います。

5 件のコメント

  • 今日のWOWOWは深夜0:05からの放送開始予定ですね。
    僕としては錦織戦を当然LIVEでやってくれるだろう!
    と考えてしまうんですが、
    世界84位の森田あゆみ選手も第1試合、
    しかもグランドスタンドで第6シード・全仏覇者の
    スキアボーネと戦うわけです。
    これはちょっと分が悪いかな・・・?

      引用  返信

  • でもじゃあWOWOWは何のためにスポンサーになってんだ!
    インタビューだって公式サイト上でバンバン流してんだし、
    錦織をLIVE放送するに決まってんだろ!

    と嫁に激しくツッコまれましたw(もちっと穏やかな口調で)

    そりゃそうですよね。錦織戦、やってくれますよね、生で。

      引用  返信

  • フェデラーの1回戦の相手は
    今年錦織選手が2回戦った、あのB.ダブルみたいですね。

    1回戦からもうわくわくする試合ばかり!

      引用  返信

  • マックウィンさん、情報ありがとうございます!

    WOWOWの公式サイトでもようやく今日の放送カードが発表されました。

    よかった! 気合いを入れてテレビの前に座ります!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください