ランキング試算(2月14日付)   ケイメヒコ

錦織選手のランキング関連データ 2月7日 現在

現在ポイント 689   本年の対戦成績 4勝2敗

現在ランキング 72位(-2) 本年年初 98    本年最高位 70位

現在45位の選手とそのポイント  Malisse, Xavier (BEL)   1011

WC           年間  5枚  使用数 0枚 残り 5枚

もう眠くて仕方ありませんので、公式のチェック無しで、今週もミス覚悟でアップします。

今週は500のRotterdamと250のSan Jose、Brasilの3大会です。

先週はどの大会もアップセット大会と言える感じで、週末にランキングを越されてしまいました。Anderson、Dodigは自国大会での初優勝おめでとうございます。ことにAndersonは来年には無くなる自国大会での優勝は格別だったことでしょう。

錦織選手はSan Joseの8番シードとなり、初のツアー本戦シード選手として参戦です。そのせいでしょうがドローも比較的こなせるのではないかというものですね。

対戦したい相手という第2シードのMonfilsに何とかQFで勝って順位ではなく、少なくともこの辺まで基礎点を押し上げておきたいものです。今週はついに45位のレベルが1000点を超えてきました。

Verdascoとの決勝でリベンジのチャンスなどというのは夢の夢ですかね。今大会の爆発は後々のエントリーにとても有利ですし、今年の1つの目標であるツアー2勝目の達成まで行っちゃって欲しいと浮かれています。勝ち残るとMemphisは本戦最終DA以外パスになってしまいます。が、それでも良いのではないかな?

時にこのような爆発も嬉しいけど、私的に一番望むのは地道に少しずつ積み上げて、安定的に上を目指すのが最も良いと思っています。心配は体調の回復かな。

1回戦敗退 689 (加点0) 対Hajek, 最高で71位、最悪79位でしょう。
2回戦敗退 709 (+20点) 最高で66位、最悪75位でしょう。
準々決勝  734 (+45点) 最高で66位、最悪73位でしょう。
準決勝  779 (+90点) 最高で64位、最悪69位でしょう。
準優勝  839 (+150点) 最高で59位、最悪62位でしょう。
優勝   939 (+250点) 最高で50位、最悪56位でしょう。

Berlocqが失効で下に行きます。
最高値は日を追って他の参戦者の成績によって下方修正されます。
最悪値は日を追って他の参戦者の成績によって上方修正されます。

今後のスケジュール(錦織選手のエントリー状況)です。

2.14 Memphis 32Draw 6Out (去年は辞退者とSE解消で5人追加DA、Blake、Del Potro、RaonicがWCを得ています、予選第2シード)
2.21 Delray 32Draw DA (Blake、Del PotroがWCを得ています)
3.07 Indian Wells 96Draw 5Out (今年も去年10人一昨年8人追加DAのようですと最終DAの可能性があり、予選開始直前に判明します。2月8日に予選エントリー判明。予選からですと2回勝ち上がりが必要です。)
3.21 Miami 96Draw (2月9日頃判明。多分ストレートDAでしょう。)
4.04 Houston 28Draw (2月23日頃判明。多分ストレートDAでしょう。)
4.11 Monte-Carlo 56Draw (3月2日頃判明。San Jose、Delrayで余程の活躍がない限り、ストレートDAには届かないでしょう。)
4月以降の参戦は2月からのアメリカ大会でどれだけの成績を残すかに関わってきます。

上位選手について

今週はトップからSoderling、Murray、Ferrer、Berdych、Melzer、YouzhnyがRotterdamへ、Verdasco、MonfilsがSan Joseへ参戦します。

  • Murrayの自力4位復帰は決勝進出です。準決勝止まりなら、Soderlingの優勝で5位のままです。逆に初戦敗退でもSoderlingが準優勝なら4位になれます。
  • Soderlingは去年の優勝分が失効しますので、基本的に優勝以外4位キープできません。しかし、Murrayとの決勝戦では勝っても5位に転落です。
  • Ferrerは優勝以外加点を得られませんので、自力6位キープは優勝しかありません。
  • BerdychはFerrerの成績に関係なく優勝すれば6位、準優勝以下では7位のままです。
  • Roddickはお休みですが8位キープです。
  • Verdascoは250のSan Joseに参戦で、去年の優勝分が失効します。自力9位キープは優勝です。準優勝ではMelzerの優勝に負けてしまいます。早期敗退で最悪11位でしょう。
  • Melzerは最高9位、最悪11位です。
  • 昨年の準優勝分の失効が大きくひびきますが、Youzhnyは優勝して、Verdasco、Melzerが共に準決勝止まりなら9位があります。

33 件のコメント

  • いつもありがとうございます。

    ひとつ気づいたことが。。
    Cuevasが去年のBrasilの優勝ポイントがなくなるので、
    下回りそうです。

    優勝するとポイントが大きいので一気にランクがあがるけど、
    コンスタントに稼いでいないとがくっと下がりますよね。
    上位にいる選手はコンスタントに稼いでいるように感じます。

    今年はコツコツ稼ぎ、ときどき上位にって感じになればいいですね。

      引用  返信

  • Cuevasはシングルス準々決勝で終わったはずです。
    確かにダブルスは優勝してましたが。

      引用  返信

  • ほんとですね。
    去年はFerreroが優勝ですね。

    どうしてもATPのホームページを頼りにしていて、
    ATPのホームページのポイントを押したらダブルスのところに
    とんでしまっていたんで。。

    もう少し確認が必要でした。

    失礼しました。

      引用  返信

  • 2月8日
    2回戦敗退 709 (+20点) 最高で67位、最悪75位でしょう。
    準々決勝  734 (+45点) 最高で66位、最悪74位でしょう。
    準決勝  779 (+90点) 最高で64位、最悪69位でしょう。
    準優勝  839 (+150点) 最高で59位、最悪62位でしょう。
    優勝   939 (+250点) 最高で50位、最悪54位でしょう。

      引用  返信

  • 初戦勝利したし、MiamiのDAを確認できました。
    今日は心おきなく寝られます

      引用  返信

  • 掲示板見ながらハラハラしていましたが、
    San Jose 1回戦勝利よかったです。

    MiamiもDAできたようでこれもよかったです。

    Delray Beach の シードのことですが、
    エントリー上位の選手のポイントですが2/8時点で確定だと思います。

    1 Roddick, Andy USA 3325
    2 Fish, Mardy USA 1956
    3 Isner, John USA 1555
    4 Anderson, Kevin RSA 1064
    5 Malisse, Xavier BEL 991
    6 Tipsarevic, Janko SRB 935
    7 Becker, Benjamin GER 870
    8 Mannarino, Adrian FRA 798
    9 Dodig, Ivan CRO 794
    10 Stepanek, Radek CZE 770
    11 Benneteau, Julien FRA 750

    12 Nishikori, Kei JPN 709

    なので決勝進出すると839pointで8番目。
    WCの選手によりますが、シード圏内。
    優勝すると939pointで6番目でシード確定かなと。。

    下位から追い越されることもないと思います。
    決勝まで進むとRaonic、Berankis より上位になりますしね。

    ひとつずつ勝ち進んでいくことが大事でしょうが、
    期待を膨らませて週末楽しめたらなと思います。

      引用  返信

  •  みつさん、大勢には影響ないですが、MalisseはDavis Cupの
    10ptが繰り上がるため、2/14付のポイントは1001ptになるかと
    思います。

      引用  返信

  • コリコリさんの仰る通り、現在の2月14日付けで45位はMalisseは1001点の計算です。
    Staraceが次勝つと1035点となり入れ替わりますが、2月14日付けも45位は1000点以上が確実です。

      引用  返信

  • みつさんのシード権観測をわたしも確認しました。
    Delray Beach参戦予定者で現在の勝ち残りでMannarinoの798を超えるケースは錦織選手の決勝進出とBerankisの優勝です。ですから、上位者のWCが無ければ錦織選手の決勝進出でシードが確定します。

      引用  返信

  • コリコリさん、ケイメヒコさん、指摘と確認ありがとうございます。

    確認してもらえて安心しました。

      引用  返信

  • >Staraceが次勝つと1035点となり入れ替わりますが、
    は参戦大会種別をATP500にしてました。
    データの修正のとき気がつきました。
    BrasilのQFの人は45点なのにStaraceは90点になっていました。
    現在のQF45点では加点がありません。
    次のSF進出で90点の45点追加になり、1035点となります。
    大丈夫だと思っているこういう基礎データの入力ミスがあります。

    今年最初の500大会で、ATP公式の扱いに疑問がある人が2人います。
    HewittとKohlschreiberです。年初30位以下なのに、シード選手並みの扱いです。確かに去年はシード選手でした。
    Kohlschreiberの場合、Davis Cupの15点が別枠計上されています。
    しかし、これもシード選手としても500別枠の4番目はATP250以下の未計上のポイントが多いとき、置き換えることができるはずで、そのような45点と置き換えると30点多くなります。
    去年もそうでしたが、500枠とDavis Cupの扱いは疑問符がつきますので、公式の発表を待たないとなりません。

      引用  返信

  • 2月9日
    2回戦敗退 709 (+20点) 最高で67位、最悪72位でしょう。
    準々決勝  734 (+45点) 最高で67位、最悪72位でしょう。
    準決勝  779 (+90点) 最高で64位、最悪68位でしょう。
    準優勝  839 (+150点) 最高で59位、最悪61位でしょう。
    優勝   939 (+250点) 最高で50位、最悪53位でしょう。

    最高が余り変化がないのは、間の参戦者が少ない上、敗退しているからです。
    現状でランキングダウンはないと言えます。

      引用  返信

  • 2月10日
    2回戦敗退 709 (+20点) 最高で67位、最悪71位でしょう。

    準決勝 1 Hewitt
    決勝  1 Berankis
    優勝  1 Brasil Mello
        1 San Jose Raonic、Kendrick

    この後の試合でKendrickが負けたら3になり、最悪70となります。

      引用  返信

  • ケイメヒコさん、いつも楽しませていただきありがとうございます。錦織の2回戦敗退は残念でした。

    BerankisとRaonicは次の準々決勝で対戦してどちらか1人が消えるので、現時点での最悪は70位となりますか。(もちろん現段階の予測でドローを考慮されていないことは重々承知しておりますです。現状ではこれくらいしかお手伝い出来ないのを申し訳なく思っておりますですです。)

    この両者は錦織と今後もずっと比較されるでしょうし、僕も注目したいと思っています。

      引用  返信

  • Berankis、RaonicとKendrickはボトムハーフに入っているので
    そこからの可能性は1人になります。

    2月10日時点で最悪70位になります。

    Raonicは決勝進出以上(587+150=737point)で上位にいくと
    思うのですが。。

      引用  返信

  • 2月11日
    709 (+20点) 最高で67位、最悪68位でしょう。

    決勝  1 Raonic

    昨日は失礼しました。皆さんの指摘通りでした。ありがとうございます。
    わたしの試算表ではRaonicが150では2点届かず、優勝が必要でした。
    調べてみると587の所を557と記入ミスしていました。120人以上をWEB見ながら入力しているとどうしてミスしますね。だから再チェックが必要でしているのですが、入力後は頭はパニック気味、疲れている性もあり、どうしても甘めになりがちです。今後、こうして名前を上げるときには、チェックする数もほんの僅かですので慎重に再チェックするようにしましょう。

      引用  返信

  • 2/14付も明日の Raonic VS Monfils で確定しますね。

    60位台かぁ。うれしいなぁ。

      引用  返信

  • みつさんに僕も同感で、60位台ともなると、もはや「TOP100」というのとは全然違った趣がありますよね。

    ただ、ここから50位台に突入するためには、まだ100ポイント以上の加点が必要です。800点台の選手なんて今現在はたった5人しかいませんから、そこからさらに100点近くの加点でようやく50位台前半に入るという・・・ やはりここから先へ行くには大きい大会での爆発が必要ですか。

    ちなみに3月はMasters1000の2大会に出て、その代わりに12+7点が錦織の累計ポイントの18大会枠から除外されるでしょうし(Mastersの2つでそれ以上を加点するという前提)、4月18日から5月16日までの1ヶ月足らずで4大会分190点もの失効が出ます。ううう・・・

    錦織がんばれ〜〜〜〜。

      引用  返信

  • あ、記述を間違えました。
    >(Mastersの2つでそれ以上を加点するという前提)
    というのはおかしいですね。

    正しい前提は、まずはメンフィスで予選を通過して、さらにデルレイで1勝すればChampaign CHの7点が18大会枠からはじき出されて消える・・・と。
    次にIndian Wellsで本戦に入れればその時点で次のEastbourneの12点が消えるわけですか。Indian Wellsで仮に本戦に入れなくてもMiamiはDAされているのでMiamiが終了した時点で結果如何に関わらずその12点は消えるんですよね。

    あ〜〜、うまくいけば(?)早速今月28日には、失効点ではないですが、入る点の代わりに差し引かれる点というのが発生してくるわけですねぇ。そういうのは4月になってからだとばかり勘違いしてましたが、迂闊でした。単純な足し算ではなくなるのが寂しいけど、しょうがないですね。錦織が健康体で順調にツアーを回ってる証でもあるんですから。

      引用  返信

  • モンフィスはSF棄権なんですね…恐るべしラオニッチ。
    実力と強運を備えてます。圭君よりランクが上になるのか…

      引用  返信

  • え”ぇぇぇ~!!! びっくり、知らなかった。
    どこ痛めたんだろう?記事さがしてみよう。
    えみっちさん、ありがとう。
    それにしても強運恐るべしラオニッチ!
    (ラオニッチ変換したらラオニっちってかわいく出てしまったw)

      引用  返信

  • というわけで、2月14日付けは68位確定ですか。まあ、冷静に考えれば現在の状況で念頭に置かなければならないのは順位アップというよりもむしろ基礎点アップですよね、メイメヒコさんのおっしゃる通り。各大会着実にポイントを穫って行くと順位は後から着いてくる・・・みたいな。サンノゼで穫るはずが穫り損なった点を、是非ともメンフィスで取り戻してもらいたい!

      引用  返信

  • いつもランキング試算、楽しみに拝見しています。
    ロム専を卒業して、初カキコです。おじゃまかもしれませんが、よろしくお願いします。
    あまり知識がないので、教えていただきたいのですが、GSやTour500の成績は、例え0(ゼロ)点でも18試合にカウントされてしまうのですか?圭くんの場合、最低、デルレイ、インディアン・ウエルズまでは単純足算でポイントが積み上がるものだと、てっきり思いこんでいたので。。。
    トップ50って、やはり一筋縄ではいきませんね。

      引用  返信

  • >ゆきたろさん

    例えばこの世界73位AndreevのRankings Breakdownを見てください。

    http://www.atpworldtour.com/Tennis/Players/Top-Players/Igor-Andreev.aspx?t=rb

    GSやATP500の大会にひとたび出てしまえば、それが例えゼロ点でもカウントされてしまってるでしょう。GSは本戦に出れば無条件にその全てですが、Masters1000は8大会までは無条件です。ATP500もカウントされる大会数に制限があるものの、その制限内では本戦に入ればゼロでも適用されていきます。これらの大会は1つ勝てばポイントは高いんですが、諸刃の剣ですよね・・・て僕もようやく最近みなさんに教わって勉強したことなんですが。

      引用  返信

  • すみません、僕、自分の2つ前のコメントでケイメヒコさんをメイメヒコさんとか書いてます・・・ 大変失礼しました。

      引用  返信

  • ひろQさん、丁寧なご説明ありがとうございました。
    なるほど、WCもらってもこんなデメリットがあるんですね。
    勉強になりました。またいろいろ教えてください!
    メンフィスの予選突破して20ポイント取り返せるといいですね!

      引用  返信

  • これから錦織選手が上位に上がっていくとポイント計算を間違えてしまいそうなので。
    以前どなたかのコメントに分かりやすい説明が書いてあって
    参考にしていたのですが見つけることができなかったので。。

    ゆきたろさんの質問にのっかって、ぼくが解釈している認識を書いてみます。
    ご指摘などしていただけるとうれしいです。

    基本はベストの18試合でおおむね下記の18試合がベースになると思っています。

     グランドスラム 4試合
     Masters1000   8試合 (Monte-Carlo をのぞく)
     Tour500   4試合 (Monte-Carlo,Devis Cupを含む)
     Tour250以下   2試合

    グランドスラム、Masters1000、Tour500 の本戦に出場するとTour250以下で高得点をとっていても優先されると・・・。

    グランドスラム、Masters1000、Tour500 の本戦に出場していないと
    Tour250以下の試合もベスト18にはいるようになると。

    ただ、上位だとMasters1000などは出場義務があって
    出場していなくても0ポイントになることもあるはず。。
    (Hewittなんかがその例なのでしょうね。その辺がよくわからなくて・・・)

    まだ、わからない部分が多々あって、
    ぼくもみなさんに教えてもらっているところです。
    またよろしくお願いいたします。

    ところでひろQさんのコメントみるまで気にしていなかったのですが、
    そろそろベスト18の入れ替わりがでてくるところまできたんですね。

      引用  返信

  • 昔は純粋にポイントの高いほうから加算されていました。

    いつから現在のようになったかは知りませんが、ムスターがクレーの大会にしか出場していないにもかかわらず世界ランク1位になったときに、問題になりました。

    クレーでしか活躍していないのに世界のトップに立つのはおかしい、ということですね。
    サンプラス・アガシもムスターに文句をつけていたらしいです。

    ちなみにその時代から現在のようにグランドスラムやマスターズを無条件で加算していたら、サンプラスの1位在位記録はもっと短かったでしょう(サンプラスは全仏の早期敗退が多かったため)。

    さて、デル=ポトロ(484位)が準決勝に進みましたね。
    これで現時点で155Ptとなりだいたい300位前後です。
    決勝に進めばさらに60Pt加算され230位前後に、優勝すればもう100Pt加算され170位前後まで浮上します。

      引用  返信

  • 皆さん、おはようございます。
    ご指摘の通りMonfilsはSan Joseのドロー表にWalk OverでRaonicが決勝進出を決めた表示になっていました。これで68位が決まりましたね。この表示から見るとMonfilsは怪我では無さそうです。

    ATP大会に限らず、参戦した場合のポイントは0点も含めて全て記録されます。GSとMSにストレートDAの場合、実際に試合に出なくても参戦したことになり、ペナルティの0点が1年間強制カウントされます。ATP500の場合は複雑ですが、年末30位以内のシード選手は年間500枠の大会に4大会参戦しなければペナルティになります。しかし5大会目やシード選手以外の場合参戦しないときポイント記録は残りませんし、参戦して初戦敗退の0点はベスト18対象の0点になり、多くの場合ベスト18外となりカウントされなくなります。しかし、500枠の所で、ATP公式でも人による扱いにブレがあるように思います。そのような一例は数日前にここに書きました。

      引用  返信

  • Q. What if a player is injured and can’t play in a Grand Slam or ATP World Tour Masters 1000 tournament?

    A. If eligible to play in one of the Grand Slam or ATP World Tour Masters 1000 tournaments, a player must count the points from these tournaments, even if it is ‘a zero pointer’ because he missed the event. Just as in Formula One and numerous other sports, if a competitor misses a race or an event, he loses his chance to earn points. Players with direct acceptance who do not play an ATP World Tour Masters 1000 tournament will be suspended from a subsequent ATP World Tour Masters 1000 event which will be the next highest point earned ATP World Tour Masters 1000 event within the next 12 months. If an injured player is on site within the first three days of a tournament to conduct promotional activities over a two-day period, a suspension will not be enforced but a 0-pointer will be counted on a player’s ranking.

    Q. What are the requirements and rules for player participation for an ATP World Tour 500 tournament?

    A. Top 30 players (based on ’10 year-end ranking) must play a minimum of four 500 level tournaments during the calendar year, including at least one event following the US Open (Monte Carlo Masters 1000 event will count towards the minimum of four and all penalties apply):

    — A 0-pointer for each event less than four played.

    — A 0-pointer for withdrawing from any 500 tournament after the acceptance list is out.

    — A 0-pointer for not playing at least one event after the US Open.

    — A 0-pointer can be appealed by a player to the same tribunal formed to hear 1000 suspension appeals.

    — No suspensions or fines (including no withdrawal and late withdrawal fines).

    Q. What are the rankings rules for players who compete in Davis Cup?

    A. Davis Cup points are awarded for World Group and World Group playoff ties only. Points allocated are as part of the 500 point category. Davis Cup does not count towards a player’s commitment to the 500 category. The points accumulated in the four ties within the previous 52 weeks can become part of a player’s 500 category if:

    1. Player has not more than three 500 results within the previous 52 weeks and Davis Cup result(s) is better than lowest best other.

    2. Player has four 500 results within the previous 52 weeks and Davis Cup result(s) is better than the lowest 500. Also, 500 0-pointers cannot be replaced.

    この部分ということは分かるのですが、翻訳にかけてもまともに訳してくれません。。。(英語は苦手科目)

    ちなみにモンフィスは手首の故障のようです。

      引用  返信

  • みなさん、素晴らしい知識と情報量ですね!
    よーく読んで勉強します。ありがとうございました。
    圭くん、1回戦勝てて良かったですね☆

      引用  返信

  • ラオニッチ、ついに初タイトルを穫ってしまいましたね。モンフィス戦がなかったのはラッキーだったのかも知れませんが、ベルダスコとは本当に互角の実力だったと思います。まさに新星現る。

      引用  返信

  • 2011.02.14付けで68位と発表されました〜。

    http://www.atpworldtour.com/Rankings/Singles.aspx?d=14.02.2011&c=&r=1#

    ただ、あれ〜?

    http://www.atpworldtour.com/Tennis/Players/Top-Players/Kei-Nishikori.aspx?t=rb

    来週付けはメンフィス予選の10点がこれに加わるとして、再来週付けのデルレイのポイントが仮に20点以上入っても、まだChampaign CHの7点は18大会枠から除外されませんねぇ。僕、何を勘違いしてたんだろ? ともかくデルレイの次のIndian Wells終了時点では是非ともこのChampaign CHの7点をNon-Countable Tournamentsに押しやって欲しいものです。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください