ランキング試算(4月4日付)-2   ケイメヒコ

錦織選手のランキング関連データ 3月28日 現在

現在ポイント 827   本年の対戦成績 9勝6敗(含む予選など 10勝7敗)

現在ランキング { 61位(+1)} 本年年初 98    本年最高位 62位

現在45位の選手とそのポイント { Del Potro, Juan Martin (ARG)   1015}

WC           年間  5枚  使用数 0枚 残り 5枚

Nadalとの3度目の対戦でしたが、ブレイクチャンスを生かせませんでした。与えてしまったブレイクチャンスはきっちり取られてしまいました。ここがNo.1との差だったと思います。宇宙開発(フォアのフレームショットで大きくアウトすること)も減らしたいですね。

Miami結果:2回戦敗退 827 (+25点) 最高で61位、最悪64位でしょう。

Petzschner、Cuevas、Berlocqは準々決勝、Rochusは準決勝が条件です。彼らが次3回線でアップセットできなければ、錦織選手の61位(本年最高位)確定です。

  • PetzschnerはTipsarevic、CuevasはSimonに勝った後4回線で当たります。だから彼らの内最大で一人が準々決勝進出です。
  • RochusはYouzhny、次多分Federerに勝った後、上のグループから勝ってきた人に勝って準決勝進出です。
  • BerlocqはBerdychに勝った後、多分Almagroに勝って準々決勝進出です。

今後の予想スケジュール(錦織選手のエントリー状況)です。

実際にどの大会に参戦するかどうかは本人側からの発表を待たなければなりません。DAできたら必ず参戦ということは体力的に無理がありますので、何処を選ぶか興味のあるところです。

クレーシーズン

4月 4日 Houston 250 28Draw DA
4月11日 Monte-Carlo この週はCHも含めエントリーしていません。
4月18日 Barcelona 500 56Draw DA
4月25日 Belgrade 250 28Draw DA
5月 2日 Madrid MS 56Draw 19OUT
5月 9日 Rome MS 56Draw (3月30日頃判明)
5月16日 Nice 250 28Draw (4月6日頃判明。多分ストレートDA可)
Düsseldorfはチーム戦ですので参戦はないでしょう。
5月23日 全仏 GS 128Draw (4月13日頃判明。ストレートDA)

短いたった3大会の芝シーズン

6月 6日 Queen’s 250 56Draw (4月28日頃判明。多分ストレートDA可)
6月13日 Eastbourne 250 32Draw (5月 4日頃判明。多分ストレートDA可)
6月20日 全英 GS 128Draw (5月11日頃判明。多分ストレートDA)

上位選手について

  • Nadalは今大会もどんな成績でもトップ維持です。
  • Djokovicは決勝進出で自力2位キープです。Federerが優勝しても届きません。
  • Murrayはチャリティサッカーでゴール決めましたが、テニスの方はまたも初戦敗退でした。
  • Soderlingはこのチャンスを生かせずケガ復帰中のDel Potroに負けましたので、5位になります。
  • Ferrerが優勝したとき、Soderlingと同点になりますが、GSの得点差で5位にはなれません。
  • Berdychが優勝、Ferrerが準々決勝止まりのとき、Berdychの6位があります。
  • Verdasco、Melzer、Wawrinka、Roddickが初戦敗退したのでAlmagroは準々決勝では11位、準決勝では9位、優勝すれば8位です。

13 件のコメント

  • 添田豪選手今回の優勝で
    トップ100入りほぼ確定との話が(^-^)
    日本人が2人同時に100位は何十年ぶりでしょうか。ウィンブルドンも本戦インもほぼ間違いないみたいで♪

      引用  返信

  • くまさんも書いてますが、添田豪選手、おそらく80位台まで上がってきます。これでGS本戦やマスターズで戦えることになります。錦織選手と違って、失効ポイントがありますが、このレベルにしばらくとどまって、二人で日本の男子テニスを盛り上げてほしいですね。

      引用  返信

  • ケイメヒコさん、いつもありがとうございます。

    4月までは失効点が少ないのでそこまでで
    キャリアハイまでいけたらいいですね。

    添田選手のランキングですが、今週のチャレンジャーのドローが
    でたのでもう一度確認しました。
    4月4日付では最高91位で最悪95位になりそうです。

    すでに3月21日付で87位相当の584ポイントを
    Schuettler,Tursunov,Rochus,Kunitsynが超えてきますので
    現状は91位と思われます。

    MiamiはBlakeとBogomolovが敗退したので可能性はなくなりました。

    今週のチャレンジャー大会で越えてくる可能性があるのが
    以下の6人になります。

    Barletta(Italy)で
     Hajek が決勝進出以上、Haider-Maurer,Gremelmayrが優勝。
    Barranquilla(Colombia) で
     Zeballos、Dabulが優勝。
    St. Brieuc(France)で
     Gonzalezが優勝。

    そのうち最大4人になるので最悪は95位と思われます。

    80位台には届かない感じですが、100位以内は大丈夫だと思います。

    コリコリさんのコメントによれば日本人2人同時36年ぶりのようなので、
    うれしいことですよね。

      引用  返信

  • 錦織選手のランキングは4月でどれだけ稼げるかで大きく変わってくるでしょうね。
    あと気になった点で宇宙開発について書かれてますが、ナダルのスピン量は異常ですからね。
    映像を見るとかなり不規則なバウンドをしてるからある意味やむを得ないシーンもありました。
    以前に比べると確実に減ってますよ。それより2ndサーブの強化と勝負勘の部分ですかね。これは本人のブログのコメントを見れば充分に分かってるからいいと思います。

      引用  返信

  • もうひとりのきょうこさん

    イレギュラー・バウンズなどでフレームショットしてあらぬ大ホームランを打ってしまうのはトップ選手でも時々見ます。が、ことし映像で見た試合の中で錦織選手はあれ。またかと少しその頻度が多いように感じました。イレギュラーが少ないはずのハードですから気になりました。

    みつさんの暗算力には敬服します。
    わたしは錦織選手以上の人についてだけマックで計算しています。それで精一杯です。
    それが最初の勝ち残っている間は最高値だけしか書けない理由です。負けた時、錦織選手以下で勝ち残っている人にやっと目を向けることができます。でも、以前よりはずっとミスが少なくなって来ていると思います。もっと手作業の部分を少なくしていけば、精度もミスもなく、添田選手にも目を向けられるようになるのでしょうが、能力不足を痛感しています。

      引用  返信

  • 3回戦を終わって

    2回戦敗退 827 (+25点) 最高で61位、最悪62位でしょう。

    ・Rochusだけがアップセットしました。次Federerに勝った後、SimonとTipsarevicの勝者に勝って準決勝進出です。Rochusがあと2つ勝つと錦織選手は負けてしまいます。

    今年の目標値 キャリヤーハイ 55位  867 後40点
    プロジェクト45        45位 1017 後190点

      引用  返信

  • Geoさん
    コメントを読んでいませんでした。
    仰る通り、スピンによって弾み方の予想がずれてしまったのでしょうね。
    超反射神経があることは随所のプレーで分かりますので、ボールを本当の最後まで見て打てば少なくなるのではないかと素人は考えたので、ああ書いてしまいました。
    プレーの技術的なことは余り書かないようにします。ごめんなさい。

      引用  返信

  • 多分宇宙開発は「宇宙兄弟」が好きだという気持ちの表れでしょうw

    という冗談はさておき、確かに減ってきてはいますがフォームにやや問題ありと思っています。
    食い込まれたとき、あるいは突っ込みすぎたときに起こってます。
    要するに上に急激に振り上げすぎのときに起こっています。
    ちゃんと打点に入って前方向へのベクトルを確保できればあまり起こらないミスと思います。
    ナダルのスピンによる予測外れってのはあるかもしれません。
    でも減ったとはいえ他の選手と比べたら明らかに多いですね。

      引用  返信

  • 余計な文章を書いてしまったでしょうか。ケイメヒコさん、お気を悪くされたら申し訳ございません。
    鼻血さんの
    >食い込まれたとき、あるいは突っ込みすぎたときに起こってます。
    というのはなるほどと思いました。彼のフォアのフォームの特性もあるのでしょう。
    錦織選手の映像はなかなかお目にかかれないし、カメラがない試合も相当にあるし一概には言えませんが、去年のGSの映像を見ると相当多かった記憶があります。(全仏のヒラルド戦とか)あの頃はまだラケットにボールが乗ってる、当たりがいいショットは少なかったです。ですが今年に入ってからはフォアの当たりにも厚みが出たような気はしますね。
    それは本人もコメントで言ってます。
    まだ他の選手に比べたら確かに多いですが、確実にハードヒットしてるショットが増えてますから、徐々に減っていけばいいですよね。なんか宇宙開発の時に実況が辛口コメント多くなるのでつい書いてしまいました・・・

    あとスマッシュの今トレーナーのコラムがありましたが相当科学的なトレーニングをこなしているのを見て今後の展開に更に期待できると思いました。

      引用  返信

  • 4回戦を終わって

    2回戦敗退 827 (+25点) 61位本年最高位確定です。

    5月 9日 Rome MS 56Draw 20 OUT
    とエントリーしていました。MadridもRomeも予選からになりますが、今度のチャリティのことがあるから、Belgradeは参戦必至でしょう。MSの予選を含む全仏へ6週連戦はいかにも無理な気がします。どう予定を組むのでしょうか。

      引用  返信

  • チャレンジャーで
    Haider-Maurer が Barlettaで、Zeballos がBarranquilla で 、Gonzalezが St. Brieuc(France)で 勝ち上がっています。
    なので添田選手のランキングはいまのところ91~94位の状態です。

    ケイメヒコさん、ありがたい言葉をかけて
    いただきありがとうございます。

    ぼくはどちらかというと下位の選手から追い越されることが
    気になって下位までエクセルを使ってる感じです。
    チェックする範囲がせまくなってきていることはありがたいです。

      引用  返信

  • チャレンジャーで3選手とも敗退したので
    添田選手の4/4付ランキングは91位と思われます。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください