錦織圭、奮闘したがスタコフスキーは強かった(2011全仏2回戦)

いやー、今日も興奮する試合内容でしたが、結果は残念でした。

2011 French Open
2nd Round
Sergiy Stakhovsky def. Kei Nishikori, 6-1,3-6,6-3,7-6(3)

錦織は1stセットこそ固さがあったように見えましたが、2ndセット以降は立ち直り、いいプレー80%、まずいプレー20%という感じだったでしょうか。

差はわずかだったと思いますが、スタコフスキーが持てる力を総動員して錦織の強打を封じ込めた、そんな感じに見えました。

4thセットの終盤はスタコフスキーのサーブが鬼となり、エース連発。錦織は最後まで食らいつきましたが、フィニッシュに向けてに向けてどんどんギアを上げてくるスタコフスキーが見事でした。

スタコフスキーのドロップショットに最後まで苦しめられました。2ndセットは対応できていましたが、ものすごい浅いところに入ってくるので返すのがやっと。錦織もよく走っていましたが、返したところで切り替えされる場面が多く見られました。

加えてディフェンス力。最終的には錦織のポイントになっても2回、3回と返してくるので(しかも深い)、錦織も相当フラストレーションが溜まったことと思います。2ndセットを落とした後も、4thセットで追いつかれた後も、まったく気落ちすることなくむしろプレーのレベルを上げてきたスタコフスキー、素晴らしかったです。こんなに強い選手とは思いませんでした。

大会前の腎臓結石および胃痙攣のことを考えればプレー内容に合格点をあげることができると思います。1回戦は2セット目後半から疲れが見られましたが、今日の試合ではドロップショットなどでかなり走らされたにも関わらず、3rdセット中盤までは問題有りませんでした。そこからやや体力が落ちたようにも見えましたが、4thセットで挽回した場面ではもう一度気合いを入れ直し、膝の落ちたストロークを見せてくれました。このあたりも「強くなったな〜」としみじみ思いました。

流れが錦織に傾き始めた場面で出た2,3のミスが悔やまれますが、現時点での力はまずまず出せた試合ではなかったかと思います。

ダンテコーチの談話だと、スタコフスキーのフォアにボールを集める作戦だったみたいですが、結果としてはかなりバックにボールが集まっていました。それはバックのクロスのラリーで十分な体勢で打たせてもらえない(ストレートを打つにはリスクのある体勢)ことが原因だったと思います。このあたり、さらにボディバランスを強化し、ぶれない体軸で相手より先にストレートを狙えるようにしていく必要があるでしょう。

ストロークの基本はクロスですが、クロスに大きく振られたときは意外とストレートが有効だと思います。左右に振られた状態では、クロスをクロスに返球しても真ん中寄りになってしまうと、結果として相手の待っているところに絶好球を送ってしまうことになります。その球がなまじ速かったり低かったりすると、自分がもどる時間も稼げません。

そういった場面では意外とストレートに深く、ゆるめの球でも返すことが有効だったりします。当然、自分のオープンコートは広くなりますが、相手が読んでないところに打つわけですからメリットがあります(もちろん、そればっかりやっていてはいずれ通用しなくなりますが)。

クロスに振られた場合の有効な返し方は、

「本当に」クロスに返す → 角度が必要

ストレートに(できれば)深く

センターでいいので強く深く返す(差し込み狙い)

等があります(他にもあるかもしれません)。十分な体勢が取れなかったら仕方ないのですが、「ややクロス」の返球をして簡単にポイントを取られてしまっていると感じたら、他の選択肢ももう少し増やしてみるのもよいでしょう。

何はともあれ、負けはしましたが手応えも感じた試合だったと思います。ブレイクスルーがありそうでなかなか来ない、でも悪い成績でもない、そんな感じが続いていますが、着実な底上げが行われていることを今日も見ることができました。みなさん、もうすぐだと思いますよ!

まだダブルスもありますし、体力を完全に戻す意味でも気持ちをリフレッシュする意味でも全仏を楽しんで欲しいですね。

有力選手の練習相手となるのも得るものが多いでしょう。

69 件のコメント

  • 初コメです。
    ダブルスエントリーの件ですが、WOWOWのブログ、
    http://www.plus-blog.sportsnavi.com/tennisgs/article/259
    に分かりやすく書いてありました。
    ローマのマスターズの時、コーチつながりで約束していたそうです。
    シングルのランキングが使えるそうで、エントリーできるのがわかったのでエントリーしたそうです。
    私も昨日ナダル戦の前ちらっとみました。
    今日も楽しみです。

      引用  返信

  • >ひろQさん
    私もあやうく見逃すことこでした…。
    というか、「あっやってる!」と思って
    台所からテレビの前に移動している間にほとんど終わってました(T_T)
    森田戦の後、すぐ中継してくれると思ったんですけどねー。
    今日も中継はないかもしれないですが、楽しみですね!
    強敵とのことですが、頑張ってほしいです。

      引用  返信

  • まきこさん

    タイムリーな情報ありがとうございます!!

    なるほどそういうことなんですね・・・

    私はテニス通らしいです~~~~(嬉)

      引用  返信

  • Jijiさん

    遅ればせながら、私が知っているドロップショットの歴史を、、、
    ボルグ(75-81年全盛期)が出てくるまで、本格的にトップスピンを主体にしている有名選手はいませんでした。85年ぐらいまでののベースラインでのプレー位置は大体各選手ベースラインラケット一本分ぐらいでした。90年ぐらいまではボレーにでる選手が多かったこともあり、テレビで見るのはネットでのドロップボレーが多かったと思います。85-95年がベースランのプレー位置にバラエティーが出てくる時期です。アガシなどはかなりベースラインに近め、ブルゲラやコスタは2メートル以上下がる位置が主戦場でした。95年ぐらいから明らかにクレーで戦う時の世界の傾向は2メートル後ろ。ドロップショットが非常に重要なテクニックのひとつとなってきました。昔の日本ではドロップを打つと怒られました、、、私も言われたことがあります。でもまだそのような指導をする人がいたら、日本のテニスの未来は暗くなってしまいますね。

      引用  返信

  • まだ試合途中ではありますが、スタコがフェレールに良い様にやられています。

    やはり、クレーのフェレールは別格か?あるいは相性?それともスタコが錦織戦で力を使い果たした?

    まあ、まだ終わってないけど・・・。現時点で6-1、6-1でフェレールの2セットアップです。

      引用  返信

  • あの強かったスタさんがそれほどやられるとは
    上には上がいるものです

    コリたんのダブルス映像はないものか?

      引用  返信

  • 書いている人に他意はないのでしょうが、酢だこ、酢だこ、とあんまり連呼されると、相手選手を馬鹿にしているようで、あまり気分よくない。
    テニスファンとしては、全てのプレイヤーに最低限の敬意は持ちたいものです。

      引用  返信

  • ダブルス第一セットタイブレでとってます

    第二セットはリードされてますけど

      引用  返信

  • ダブルス非常に残念でした。
    強豪ペアが相手なのでスコアに差がつくのではと思っていましたが、初めてペアを組んだわりには接戦でした。
    これからもダブルスでも期待できそうです。

      引用  返信

  • 女子シングルスがすごいことになってますね!

    ウォズニアキが敗れて上位2シードが共倒れです。

    男子だと、最近はナダルが試合直前に欠場表明したときぐらいですよね。

      引用  返信

  •  圭のダブルス、かなりいけますね。

     今日のゲーム、ファイナル4-6で惜しくも負けましたが、相手は
    10位と11位の超強豪ペア(全仏#5シード)ですよ!

     また、ライブスコアーで見ている限りでは、圭のサービスゲーム
    の方が安定していたようです。

     圭にはネット際の処理とボレーにもっと磨きをかけてもらいたい
    ので、これからも積極的にダブルスに出てもらいたいです。

      引用  返信

  • ダブルス惜しかったですね。このペアいけるんじゃないですか♪
    ノーアド方式じゃないのもやりやすかったのかも。
    コリコリさんの言うようにネットプレーを磨くことは大事ですね。

      引用  返信

  • 昨日の書き込みに朝方圭君のダブルスをチラッと見たとの情報があったので期待して見てたらあった。圭君がベースラインのセンターから前衛の脇のアレー上に打ち込んできめたとこ、かっこよかった。確かにこのチームいけそう。このゲーム見たいな・・・wowowでとっているってことないのかなあ・・・

      引用  返信

  • ttp://tennisjp.cocolog-nifty.com/tennis/2011/05/post-ad0c-16.html

    ゴンザレスもリターンがうまくて頼りがいがあるパートナー。これからも組んでいく可能性がある。」

    錦織選手、ゴンザレス選手との相性がいいみたいですね。かなり気に入っている様子がわかります。楽しんでテニスをプレーしてくれればどんなこともプラスに働くと思うので頑張って欲しいです。

    また、7月のデビスカップ出場決定のようですね。体調に気をつけていろんな事に挑戦していければいいのかな。

      引用  返信

  • デビスカップ出場予定ですね♪ とても楽しみです。
    なんとか、金曜日の休みを取って格安航空券を探さなくちゃ!!

    でも、TVの前でさえ圭選手のゲームはハラハラドキドキして
    肩に力が入りっぱなしなのに、生錦織圭選手観戦なんかしたら
    心臓・・・もつかなぁ  ウフフ♪

      引用  返信

  • 双子パパ さん
    解説ありがとうございました。よくわかりました。
    jijiは修造が引退してからは、winも決勝を時々見るくらいで世の動きをさっぱりと理解していませんでした。けいが現れ、久々に男子テニスを視聴すると驚きの連続。相手がベースラインにいるのに昔で言うパッシング...
    winでさえ、ネットに行くのが一種のかけ状態。げげげ、いったい何が起こっているのか。浦島太郎状態でした。
    こんな中、世界を相手に奮闘しているけいへの応援はjijiの生活の大きな柱です。また、浦島jijiがとんちんかんな質問をするかもしれませんが、よろしくお願いいたします。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。