錦織圭、相手の猛反撃を耐えぬいて2大会連続のベスト4進出!(2011バーゼル準々決勝)

1stセットを取りながらも2ndセット以降、サーブの確率に苦しみ、ククシュキンの思い切りのよい攻撃に苦しみ、ファイナルセットも競り合いながらも耐え抜いて勝ちある2大会連続のベスト4進出です!

2011 Basel ATP500
Quarterfinals
Kei Nishikori def. Mikhail Kukushkin, 6-4,5-7,6-4

試合の流れ

本日はGAORAでの生放送!辻野&鍋島の名コンビによる解説・実況も堪能しました。
今日の錦織の安定したスタートを切り、ククシュキンも好プレーで序盤は互角の戦いを見せます。
最初から思い切りのよいプレーで来たククシュキンでしたが、なかなか錦織を打ち抜くことができず、徐々に錦織ペースになっていきます。

サーブアンドボレーなどを織り交ぜ錦織のテニスが自由自在になり、あっという間に5-2となりました。
ここでほっとしたのかミスが増え、ブレイクバックを許してしまいますが、5-4からのサービスゲームは気持ちを引き締め直してフォアハンドのエースでセットを奪い取りました。

2ndセット、ククシュキンはまだ食らいついてきます。錦織はフォア、バックともにコーナーに厳しい球を送るのですが、なんとかスライス面を使って返しただけのククシュキンの球が深く入り、錦織は攻めあぐねてミスを出してしまいました。

ブレイク先行され0-2。気温が低いせいか、錦織はボールの飛びのフィーリングが合わないようで、ストリングを踏んでテンションを緩めようとするなど、少し神経質になっていました。そんな中でも最低限のプレーレベルは保ち、ククシュキンのミスにも助けられてなんとか挽回、さらにもう1ブレイクして4-3の1ブレイクアップとします。

勝利を目の前にした錦織でしたが、ククシュキンは粘りの返球に加えて開き直ったかのような強打を連発。ミスも出しながらも最終的には打ち切ってククシュキンが2ndセットを奪い返しました。

2ndセット後半はククシュキンのエースかミスのみでポイントが決まる展開で、錦織が自らのショットでポイントを取る場面が激減しました。今年は1stセットを取れば23勝1敗という驚異的な勝率を収めていた錦織圭でしたが、ファイナルセットが心配になる形での落とし方でした。

バックハンドのネットとフォアのサイドアウト、そして1stサーブの確率の低さが気になりました。

ファイナルセット、気を取り直した錦織は深さを追求するような配球に変え、これが功を奏して3-1とリードします。ククシュキンは相変わらずアグレッシブに攻めてきましたが、錦織のディフェンスにやや余裕が出て来たようでした。

しかしこのままでは終わりませんでした。この試合を勝った方が来週のパリマスターズのSE枠を手にするとあって、やる気満々のククシュキンは錦織の2ndサーブを思い切り叩いてきました。これがことごとく決まって3-3。さらに4-4となります。

しかしそこはここ数カ月、一皮むけたプレーを続けている錦織圭のこと、第9ゲーム、土壇場でスーパーショットを決めてブレイク。最後はワイドにサービスエースを決めると言う最高の締め方でククシュキンの猛攻に耐え、勝ち切りました!

それにしてもククシュキン、いいテニスしてましたね~。
敵ながらあっぱれです。

次はついにジョコビッチか?

これで前回の上海マスターズに続き、ベスト4進出です。今大会もATP500の大会ですので、大きな大会での好成績が続いています。しかも両大会ともトップ10選手を破っており、また「錦織圭、覚醒」の確率が高まりました。

現在、ジョコビッチとバグダティスの準々決勝はファイナルセット3-0でジョコビッチがリードしており、ついにNo.1との対戦が濃厚となってきました。

過去に2010年全仏でジョコビッチとは対戦していますが、あのときは2回戦。今回は準決勝まで勝ち上がっての対戦ですから、価値が違います。

今年、ジョコビッチに土を付けた選手は全仏でのフェデラー、シンシナティでのマレー、デ杯でのデルポトロの3人しかいません。
しかもマレーとデルポトロに対する敗戦はジョコビッチのリタイアによるものです。まさに無敵。

もし勝つようなことがあれば、世界の注目がさらに錦織圭に注がれることでしょう。

当然、相手がジョコビッチなら鼻血対象試合です。

明日もGAORAが生放送してくれることを期待しましょう!

ポイント推移

Set1

G1ク○×○××○○××× 0−1 取られたが安定したスタート
G2圭○×○××○○×○○ 1−1 クク粘るが落ち着いてる
G3ク×××× 1−2 クク素晴らしいプレー
G4圭○○××○×○○ 2−2 錦織安定、クク頑張ってる
G5ク×○×○×○○○ 3−2 徐々に押し始める
G6圭○○○○ 4−2 自由自在になってきた
G7ク○×○×○○ 5−2 辻野さん格上宣言
G8圭○×××× 5−3 ミスと不運あり
G9ク×××○× 5−4 中だるみ?キープすればOK
G10圭×○○○○ 6−4 きっちり締めた!

Set2

G1ク○×××× 0−1 攻めてるがククよく返す
G2圭×○×○×○×× 0−2 返されてミス
G3ク○×○○×○ 1−2 ここは攻めが成功
G4圭×○○×○○ 2−2 ガットのフィーリング合わず
G5ク×××○× 2−3 ややぎこちない
G6圭○○×○○ 3−3 ナイスキープ
G7ク○○○×○ 4−3 ククにミス
G8圭×○××○× 4−4 クク土壇場の反撃
G9ク××○○○×○×○××× 4−5 ククが攻める時間帯
G10圭○○×××○○○ 5−5 激しい攻撃しのいだ
G11ク○×××○○×× 5−6 流れに乗れない
G12圭○○×××× 5−7 ククに躍動感

Set3

G1ク×○○○××○○○ 1−0 さすが切り替えてきた
G2圭×○×○×× 1−1 1st入らない
G3ク○○○○ 2−1 クク出入り激しい
G4圭○○××○○ 3−1 錦織のストローク安定感
G5ク××○○× 3−2 クク攻撃的
G6圭○××○×× 3−3 30−30からのミス痛い
G7ク○×○××× 3−4 クク強い
G8圭○○○○ 4−4 Svで良い形のキープ
G9ク×○○×○○ 5−4 スーパーショット!!!!
G10圭○○×○ 6−4 うひょおおおおおおおお

14 件のコメント

  • 団長のレビューが出た直後ですみませんが、急な事なので告知させてください。

    たった今、Parisのドローセレモニーが始まりました!

    【Parisマスターズのドローセレモニー生中継サイト】
    http://www.fft.fr/en/bnp-paribas-masters-en/news/draw-live-streaming-0

    このレビュー記事のすぐ前に特設記事をアップしていますので、そちらも併せて是非ご覧ください!

      引用  返信

  •          - 暫定版 –

    Swiss Indoors Basel 2011(ATP500)
    [Surface:Indoor Hard,Draw Size:S-32]

    Semifinal

    ●対戦相手:[#1]Djokovic, Novak (SRB) 1位 24才
    ・9月中旬のデ杯アルゼンチン戦で試合途中棄権
    ・その後今大会まで実戦無し

    ●対戦成績:1敗(昨年の全仏2回戦 16,46,46)

    ●試合日時(※時間帯は憶測)
     現地時間:11月5日(土) 14:30開始の第1試合
    (日本時間:11月5日(土) 22:30開始の第1試合)
      [@センターコート]

    ●天候予報:インドアのため影響無し

    ●生観戦手段
    ・ATPの公式ライスコ(ライストも多分あり)

    ●テレビ放映予定
    ・GAORAにて生放送:11月5日(土)22:28~27:30
     
    ●勝利獲得Pt:120pt(11/7付1500pt:25位~26位)
           +全豪シード権確実
           
    ●勝算:3~4分?
     ※Djokovicは故障明けではあるが、今大会で試合を
      重ねるにつれ、本来の力を取り戻しつつある。
      世界一の相手に思いっ切りぶつかってきてくれ!

      引用  返信

  • 今日の試合は見れなかったのですが、団長さんやほかの方々のレスを読んで何となくつかめました。ブレイク合戦だったのですね。
    明日は土曜なので試合見てます。今日まで勝ち続けてくれてありがとう!!明日はじっくり応援するぞ!

      引用  返信

  • Kukushkinに勝った瞬間は、ホント疲れました〜。嬉しかったのはもちろんだけど。大きな宿題をやり終えたような気分。だって対戦者のランキング的にもここまでは勝って欲しいっていうカードでしたからね。

    しかしその余韻に浸る間もなく、今日はもうジョコとの準決勝。

    そしてまだ勝ち残っているのに来週のParisマスターズのドローが決まってしまいました。1回戦の相手の名前はまだ決まってませんが。予選通過者だから。まもなくこれについての記事もアップします。

    土曜まで勝ち残るのって、こういうことなんですね。だって次の大会のための予選に日程がかち合って出られないほど勝ちまくってるって事なんですからw シーズン最終盤に来て、我らが錦織は大忙しです!

      引用  返信

  • ククシュキンが意外と強かったですね!
    バックのクロスの打ち合いでは、錦織とほぼ互角でしたので、
    錦織の得意のパターンになかなかもっていけませんでした。
    でも、そこを耐えて、なんとか勝ちきった錦織は、まさに
    「勝ち方が分かった!」感じでした。
    次のジョコビッチ戦も、いい闘いをしてくれることを期待します!

    ところで、上記本文中で「ウィンブルドンでのフェデラー」でなく、
    「全仏でのフェデラー」ですね。

      引用  返信

  • 掲示板で、唯一の心残りは・・・・
    辻野さんのシャツ、もっと詳細アップください。笑

      引用  返信

  • だんちょ、早速の講評ありがとうございます。掲示版でつぶやいてらした凄いメンツ、今確認してきました。準決勝のメンツは、ジョコビッチ、フェデラー、ヴァブリンカ、そしてそこに錦織、確かに目がくらむ、
    次は、横綱に胸を借りるつもりでおもいっきりいけますね。

      引用  返信

  • 楽しみですね~。
    疲労の回復がどのくらいできるか、大事なポイントかと思います。

    れいこさん、掲示板も最後は辻野さんのシャツ実況になってました。。
    今日も辻野&鍋島コンビになってます…詳細アップしますwwwww

      引用  返信

  • おめでとうございます!
    見ごたえのある試合でしたね~
    必死に喰らい付いてくる相手を振り切り・・・みたいなパターン
    団長さんの「覚醒」宣言ももうすぐ?http://www.swissindoorsbasel.ch/News.443+M500ff504d2c.0.html
    圭くん、テニス界の「宝石」ですって。
    ダイナミック・侍ですって。きゃー

      引用  返信

  • 前半は、ククシュキンが大事なポイントでミスしていましたが、じわじわ調子をあげていて、怖かったです。
    辻野さんが、試合後に、
    「2セット目からはククシュキンの方が押していましたからね。」と振り返っていました。でも、3セット目のイーブンの時には「必死で追いついていってるのは、ククシュキンの方ですからね!!」と力説しており、なんだか好感が持てました。
    服装は、荻野目ちゃんがコーディネートしてるんだとか?
    ジョコ相手にどんな試合をするか楽しみです。

      引用  返信

  • 1stセットを観て、これは昨日のセッピ戦に続き2セットで勝利だな、と楽観していたら2nd以降はブレーク合戦に・・
    はあああ~~、久し振りに最後の最後までハラハラしどうし。
    でもMPはサービスエースですかっと決めてくれて緊張も疲れも吹き飛びました!!

    こうやって団長の試合解説を読むと、ライブでもう一度観戦しているようです。録画を見直してこよう。
    もちろん辻野さんのシャツ、ゆっくりチェックしてきます。

    Nosaさん、
    「必死で追いついていってるのは、ククシュキンの方ですからね!!」の辻野さんの言葉は、弱気になっている私を励ましてくれましたよ。

    今夜のジョコ戦は思い切りぶつかってほしい!!

      引用  返信

  • GAORAでライブ、辻野&鍋島の名コンビ、錦織選手の勝利!本当にうれしいですね。
    今日も辻野&鍋島の名コンビでジョコ戦ライブなんて本当に幸せです!!!

      引用  返信

  • 錦織は強くなりましたね。嬉しいかぎりです。今日勝つような事になれば覚醒認定ですかね?w 鼻血出したいです。

      引用  返信

  • 5-2からの自分のサービスを落としたのが、すべてのはじまりでしたね!あれでククシュキンが息をふきかえしてしまった(>_<)
    体力温存に失敗どころか、あわや!!というところまでいきましたね〜(;´д`)
    でも、圭はよく耐えた!!ファーストサーブがまったく入らず、思うようにプレーできない状況なのに勝ちきりました♪(‘-^*)ok
    久しぶりにハラハラしたけど、あれっ?いつ以来だろう!?(@_@)と思って、かえって圭の強さを再確認しちゃいました!!(*^.^*)
    今夜のジョコは、逆に思い切ってやれるから良いんじゃあないでしょうか
    ロジャーとの決勝戦を激しく希望します(≧∀≦)

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。