【暫定記事】1回戦に続き素晴らしいプレーで3回戦進出!(2012ロンドンオリンピック2回戦)

※試合レビューは後で加筆します。とりあえずコメント欄でぜひ試合の感想などを書いてください。喜びを分かち合いましょう!

2012 London Olympic
2nd Round
Kei Nishirkori [15] def. Nikolay Davydenko, 4-6,6-4,6-1

1回戦に引き続き素晴らしいプレーでした。

1セットは落としましたが 常にプレーはダビデンコを押していたと思います。

ダビデンコは芝嫌いで有名ですが、今回は気合いも入っておりプレー内容も良かったと思います。

そのダビデンコを力でねじ伏せての勝利ですから素晴らしいです。

ダビデンコ、あのダビデンコです。元世界3位で21のシングルスタイトル。身長も錦織と同じで体格も細身。よく比較され、参考にするべきと言われる選手です。そんな選手に「ふつうに」勝ったのです。

今はランキングは低迷しているとは言え・・・、またビッグネームからの勝利を増やしました。

3回戦はフェレール。クレーが得意な選手ながら、ウィンブルドンでは錦織が負けたデルポトロに完勝してベスト8入り。きっついです。

でもフェデラー、ジョコビッチ、マレーがここに来る可能性もあったのでそれよりはマシ。いずれにせよ、メダルを取るには、トップ10に入るにはこのクラスの選手を倒していかなければなりません。

今回はあまりプレッシャーのかかる状況ではなさそうなのが好材料。

オリンピックという大舞台ですがテニスに対する注目度はそれほど高くなさそうですし、場所がこの間まで戦っていたウィンブルドンということも好材料。

錦織はどちらかというと「慣れ」が必要なタイプでそろそろ条件にも順応してきたころだと思いますし、3セットマッチの3回戦ならまだ体力も十分。

フェレールはものすごく強いのは間違いないものの、マレーのような有無を言わせないサーブを持っているわけではないし、ラリーはさせてくれます。お互いにある程度長いラリーをすることで調子を出してくるタイプなのでどちらにも流れをつかむチャンスがあると思います。

どちらかというと錦織の方が攻撃寄りの選手になります。普段なら「我慢も必要です、無駄なミスは命取りになりかねません」とコメントするところですが、今回は芝というサーフェスを活かしてある程度のミスは許容しつつ攻めまくる作戦がいいと思います。トミッチ戦を見てトミッチのディフェンスが弱いのかと思いましたが、他の選手の試合も見てみるとみんなディフェンスでの返球に苦労していますので、やはり芝の球足の速さが効いているのでしょう。そしてもちろんお互いにサーブの出来が勝負の行方を大きく左右するでしょう。

10 件のコメント

  • こんにちは。お邪魔します。

    結果的には勝ったものの、「素晴らしいプレー」とはとても思えませんでした。1セット目の4-5からのサーブを案の定ブレークされるところとか、押し込まれたボールに対するフォアハンドのエラーが多いことなど、課題は多いと感じます。
    そもそも、錦織くんがどういうプレースタイルをしたいのかが見えてこないです。

    それに対してダビデンコは、敗れはしたものの、信条である果敢なストロークを打ち続けた点、あっぱれでした。
    #「(ダビデンコは)よく比較され、参考にするべきと言われる選手」っていうのは初耳なのですが、個人的にはベクトルが違うように感じます。

    次のフェレール戦ですが、攻撃的テニスに徹するのは相手の思うツボと感じます。ウィンブルドンで錦織くんが手も足も出なかったデルポトロの攻撃的ストロークすら、フェレールはいとも簡単に受け流すんですから。
    徹底的に守りに徹して相手に無理をさせることが勝機のように感じます。

    ぜひ、今後につながる地に足がついた試合をしてほしいです。

      引用  返信

  • 団長のレビューもお待ちしております♪
    つおい、とにかくつおい!!(^∇^)
    オリンピックが始まるまでの不安は一体何だったんだ!?(?_?)
    心配して損しちゃいました(;^_^A
    毎日寝不足きついけど、起きて生で見る価値充分です♪
    フェレールはきついけど、いまの圭ならやってくれるはず!!(‘-^*)ok
    いや〜サイコー(≧∀≦)
    まさに、至福の時をありがとう圭!!(=゜ω゜)ノ

      引用  返信

  • いや~強かったです、錦織。

    思うに錦織選手は何かが肩に乗っかっていた方が(背後霊ではないですよ)強さを発揮できるタイプなのかな。
    デビスカップもそうですが、自分自身の欲より日本のため!とかの思いが強い方が勝ちたい!っていうモチベーションが上がるんですかね?

    フェレール戦はダビデンコ戦で見せたようなパフォーマンスができれば十分に勝つチャンスはあると思います。
    楽しみです。

      引用  返信

  • 団長、錦鯉のみなさん、こんにちは。

    私の意見は、ほぼ団長と同じで、今日の錦織君は素晴らしいテニスをしたと思いますし、次のフェレール戦はチャレンジャーとして攻めの気持ちをもちつつ存分に持てる力を発揮して欲しいですし、勝てる可能性はあると思います。

    私の素人ながらの意見としては、錦織君のテニスのスタイルは、多彩なショットを創造的に組み立てて、相手を翻弄して調子に乗らせずに、自分の土俵に引き込んで勝ってしまうスタイルだと思ってます。
    ですから、客観的には格上に見える相手にも、大方の予想を覆して勝ってしまう。
    対戦相手も、見ている人も予測を外される、奇想天外なテニスです。

    そういう意味で、今日も緩急をつけてダビデンコの速いペースに巻き込まれないようにしたり、どんどん角度をつけて振り回すのが得意のダビデンコのパターンに乗せないように、ボディショット気味の相手の足元に深く入れるリターンやショットを多く使って彼が角度を付けられないようにしたりと、上手くダビデンコの長所を消しつつ、先に相手を振り回し、最後は相手の読みの逆をついた力のあるショットでポイントを奪うという理想のポイントパターンを多く成功させていたと思います。

    それから、ダビデンコの、ライジングで左右にどんどん相手を振り回して相手の時間を削っていくというプレースタイルは大いに参考になると思いますし、実際取り入れているんじゃないでしょうか。

    以前から指摘されるフォアの守りの弱さ、フォアサイドに深く振られたときの切り返しの甘さは、まだビッグ4には及ばないものの、今回の試合では大分改善されているのが見て取れ、私は相当意識して練習しているんじゃないかと思いました。

    デルポトロは基本的にパワフルなフラットボールで相手をどんどん攻め立てるプレースタイルでリズムは単調ですので、錦織くんの多彩で予測が難しいプレースタイルは、フェレールとの相性で比較するのは難しいと思います。

    繰り返しになりますが、とにかく錦織くんが攻めの気持ちをもって思う存分に上で述べたような自分のテニスを貫くことが明日の試合で勝つための鍵だと思ってます。

    ただ、やはり、フェレールは強い(^ ^;)
    安定感が半端ありません。

    とにかく頑張って応援したいと思います!

    がんばれ、日本! 頑張れ、錦織!

    長文失礼致しましたm(_ _)m

      引用  返信

  • 中断明けのbpを取れず、2セット第1ゲーム0-40からブレイクできなかったところで、これはアカンパターンかも、と思いましたが、よく勝ってくれました。
    少なくともアトランタのころのモヤモヤ感は払拭された感じがします。
    フェレール好きですがもちろん錦織に勝って欲しい。フェレールはダブルスで勝ち残っていて、連戦で多少疲れていまいか、という希望的観測…

      引用  返信

  • いよいよフェレールとですね。強さは違えど、ダビデンコと同じようなプレースタイルなのは慣れという点で良いことですね。
    ところで、ドイツはコールシュライバーもメイヤーもランキング高いのになぜ出ないのか?よくわからん

      引用  返信

  • 素晴らしいストローク戦でした。
    二人とも、ボールが早くて深い~
    あれだけ早いタイミングでがんがん打たれたら、そう簡単にペース変えられんよね~なあんて思ってました
    その中で、徐々に自分の展開に持っていった圭君はすごいです!
    デルポトロに勝ったフェレールだけど、あの時とは圭君違うんだから
    と、一人で息巻いてます
    それと、オリンピックでこんなにテニスが注目されてうれしいです!
    今夜も皆さんと応援します!よろしくです!

      引用  返信

  • 少々足に来ているとはいえダビデンコのあのストロークは健在でしたね

    錦織君がどんなふうに戦うのかドキドキしながら大変楽しみにしていましたが さすがの戦いっぷりでした!

    今夜のフェレール戦もガンガン行くんでしょうか 
    なにせ相手は超人ですのでねぇ

    ダビデンコといいフェレールといいノッポさんじゃない対戦相手というところが少し心休まるところです 

    後は雨が…
    今もう雨でシートかかっていますし 開始時間が計れないのがつらいかも
    でも今夜もしっかり応援がんばります!
    鼻血は出てませんが毎晩のライスト応援で”ものもらい”ができてしまいました(涙)

    では掲示板で…

      引用  返信

  • 錦織選手おめでとう!

    出だしが悪い錦織に、たび重なる出だしを強要するウィンブルドンの天候・・・・
    個人的には、中断がなければもう少しサクッといったんじゃなかろうかと。

    今日も頑張っていこう!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。