添田豪を振り切って4年振りの1回戦突破(2012楽天オープン1回戦)

2012 Rakuten Japan Open ATP 500
1st Round
Kei Nishikori [8] def. Go Soeda, 4-6,6-2,6-3 

なんとか勝ったという試合だったと思います。WOWOWオンデマンドの映像をチラ見した程度ですので、詳しい内容は分かりません。ですが、1stセットの落とし方を見ると添田が持って行きそうな雰囲気もありました。

お互いにサービスキープに苦労したようです。錦織は4回、添田は7回もブレイクされました。ファイナルセットのサービスの出来が勝負を左右したと思います。錦織はエースを交えながらサービスゲームを全てキープ。4−3からのサーブでブレイクポイントを迎え、雄叫びをあげつつ気合いでしのいで最終的に振り切った形になりましたが、ここを取られていたら勝負の行方は分からなくなっていたでしょう。そのくらい接戦でした。

試合終盤でウィナーの数が表示され、添田30に対して錦織は24でした。添田が主導権を握って攻撃的にプレーする姿が多く見られました。また錦織の深い球をことごとく返球してからのフォアのクロスのカウンターも冴え、現地で観戦した方は質の高いラリーに満足したのではないでしょうか。紛れもなくワールドクラスの試合内容で、この内容が日本人同士の対戦で実現する日が来たとは感慨深いものがあります。

錦織には大きなプレッシャーがかかっていたと思いますが、連敗は許されない状況でよく勝ったと思います。帰宅してからじっくり録画を見てみたいと思います。

スコア推移

(スコアリング by KENさん、カッコ内はサーブ)

1stセット 4-6

G1豪 ×○○××× 0-1
G2圭 ○○×○×○ 1-1 (11D121)
G3豪 ×○○××○×○○××× 1-2
G4圭 ○×○×○○ 2-2 (221D11)
G5豪 ×○○×○×○○ 3-2
G6圭 ×××× 3-3 (2212)
G7豪 ○○○××○ 4-3
G8圭 ×○○×○×○×○××× 4-4 (221221111221)
G9豪 ×○○○××○×○××× 4-5
G10圭 ×○×○○××○×× 4-6 (2221121211)

2ndセット 6-2
G1豪 ○××○×○○××× 0-1
G2圭 ×○○○×○ 1-1 (112111)
G3豪 ○○○×○ 2-1
G4圭 ○××○○×○×○×○○ 3-1 (112111121112)
G5豪 ×○×○○×○○ 4-1
G6圭 ×○○××○×× 4-2 (21211121)
G7豪 ×○○×○○ 5-2
G8圭 ××○○×○○ 6-2 (21112112)

3rdセット 6-3
G1豪 ××○×○○×× 0-1
G2圭 ×○○×○×○××○○○ 1-1 (121212111121)
G3豪 ×○○○○ 2-1
G4圭 ○×○○○ 3-1 (A111A)
G5豪 ×××× 3-2
G6圭 ○○×○○ 4-2 (21122)
G7豪 ×××× 4-3
G8圭 ○×××○○○○ 5-3 (1121112)
G9豪 ○×○×○×○○ 6-3

12 件のコメント

  • なんとかなんとかでしたね。圭くんは足、大丈夫ですか?二回戦大丈夫?ブレークの連続のこの試合、修造さんのコメントを聞いてみたい。

      引用  返信

  • 辰馬がマグロにストレートで勝ったー!!(≧∀≦)イエーイ(≧∀≦)

      引用  返信

  • 登場のときから 高校生みたいに見えました。コチコチだったみたいで添田に押されていたので1セット目落としたときは駄目かと思いましたけど、諦めるわけには行かない、と思って応援していました。圭君のチームの三人がすぐ近くにいてダンテが、come on、Kei! とか OK!とか言うのがよく聞こえました。
    2セット目とったときからは勝てる気がしましたけど、やっぱりサービス ゲームが、不安なのは辛いですね・・・
    でも勝ったので祝杯あげました。
    竜馬すごいですね。

      引用  返信

  • 伊藤くんの活躍により圭くんのが飛んじゃいましたね。ぜひとも先輩としての貫禄を。

      引用  返信

  • 圭君おめでとう。
    重圧がかかった試合だったので、今日勝てたのは試合内容はともかく、勝つってことが大目標だったでしょうから、良かったのではないかと思います。
    これで少し気持ち的にリラックスして次の試合に臨めるのではないでしょうか。
    海外からだとライスト(なかったけど)やWowowみれないのでもどかしい!!!!

      引用  返信

  • 圭は難しい試合をよく勝ちきったと思います。

    実はマレーの試合の最中に、お祭り広場で圭のトークショーがあったので、そっちに行ってましたww

    本人いわく、「第1セットはお互いに面白いくらいカチカチだった」「第2セットからは普通にやれた」「第3セットのBPが取りきれたのが勝因」

    日清食品の提供だったんですが、「ロボタイマー」で遊ぶ姿は、相変わらずの癒し系ですう!

    応援もやりずらく、その分辰馬君の試合でみんな燃えましたねww

    次からはきっと、重圧から開放されので快進撃を魅せてくれるでしょう!!!!

      引用  返信

  • 1セット目は、足の状態を気にしてか、乗り切れてないプレーのようでした。
    対する添田選手は、ホームコート有明で、プレイの組み立てもよく、あざやかなサイドラインへの鋭いウィナーや、ネットへ出ての研ぎ澄まされたボレーでうまくポイントを重ねて行きました。
    2セット目に入ると、やっと徐々に本来の錦織ペースに。足の調子もよくなってきたようで、サーブの確率も上がり、セットを取ることができました。
    添田くんは、ネット際で、ボレーをミスしたのが3回はあり、あそこが取れていればなぁ、と添田選手側に立ってみるならそこが残念だったと思います。取れるポイントで緊張したのかな。

    二人の、会場が別の意味で息が詰まるような、切迫した対決に、こちらも、どう応援したらよいものかと戸惑いました。
    テニス365に載っていたそれぞれのインタビューが、本音を吐露していて、興味深かったです。
    守屋選手、ある意味すでに歴史に名を残しましたねぇ(^_^;)

      引用  返信

  • あ、明日のセンターコート第5試合に

    圭&ピコのダブルス登場です!!!!!!!!!!!!

    明日は最終試合まで頑張るぞ~~~~~~~~~~~~!!

      引用  返信

  • 錦織の足とサーブについてです。朝の練習のときから左足が気になる様子で、何度かストレッチしていました。試合でもトレーナーを呼んでテーピングをするなどしましたが、やはり万全とはいえず、サーブを打つときに後ろ足を前足に近づける動作をせずに、そのまま膝を曲げて打つようにしていました(デ杯セラ戦でも3セット目までこれでした)。ちなみにナダルやマレーが前者の方法でフェデラーやジョコビッチは後者の方法でサーブを打ちます。錦織は2セット目の5-2になってからは通常の動作でサーブができるようになり、サーブの速度も約5キロ速くなり、コースもよかったので、添田がリターンミスをするようになっていき、結果サービスゲームが比較的楽にキープできるようになり、勝つ事ができました。その後の状況はダブルスをみればわかるでしょう。

      引用  返信

  • まずはKeiくん、初戦突破・・ホッとしました(*^_^*)
    日本人対決ということで会場の雰囲気もいつもと違い少し緊張した
    面持ちでしたね(+_+) 心の中では超Keiくんの応援ですが添田くんもがんばってほしかったし・・・複雑です(-_-;)
    でもやっぱりKeiくんが勝って良かった\(^o^)/
    足の調子が気になりますね~、試合中に痛み止めを処方してもらった
    様でしたがそんなに痛いんでしょうか・・心配です(?_?)
    でも明日ダブルスのエントリーがあるみたいなので大丈夫なのかしらん♪
    それにしても今日の竜馬くんは魂入ってましたねぇーーー

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。