錦織圭、ついに、ついにジャパンオープン優勝!!!!!!!!!!!(2012楽天ジャパンオープン決勝)


こんなん鼻血出るに決まっとる・・・。
ゆ、輸血を・・・。

(2012/10/8 0:50 記事アップ)

2012 Rakuten Japan Open ATP 500
Final
Kei Nishikori [8] def. Milos Raonic [6], 7-6(5),3-6,6-0

急遽有明に行くことにして現地でこの感動を味わうことができました・・・本当に良かった。

どんなことを書こうかとずっと考えてますが、何を書いてもこの気持ちを表しきれない気がします。気のおもむくままに書いてみます。

いつもジャパンオープンの決勝はTVで外国人選手のスーパープレイを堪能していました。どこか他人事のように・・・。
そして2007年、錦織圭が初登場し、初めて生でプレーを観戦。敗戦ながらもこれはすごい選手が現れた、きっと日本テニスの歴史を変えるに違いないと確信。
それでも22歳の若さでこの大会を制するか?と言われたらNoと答えていたと思います。
それでもいつかは決勝の舞台に・・・と膨らむ期待。客観的な観戦のためのジャパンオープンが、主観的な応援のための大会に変わりました。

2008年、錦織圭フィーバー到来。
連日、TVは錦織圭の特集を組みました。3回戦にガスケに敗退するも、成長した姿を日本のファンに披露。

2009年、悪夢の年。有明に錦織圭の姿は・・・あった。あったが、テニスウェアではなかった。つらい時期。
世間的な注目はすっかり落ちていたが、熱心なテニスファンは錦織のことを決して忘れていませんでした。
そのことが分かっただけでもブログで応援を続けていこうと改めて思えた年。

2010年、復活の年。だがプレッシャーで力を出せない。
自滅でトロイツキに緒戦敗退。
故障前より弱くなった、そんな声が聞こえてきました。
だがマネージャーのオリバーさんは落胆の表情もなくあっさりと私にこう言いました。

「Keiはhard workingでどんどん良くなってるよ。今日はちょっとナーバスになっていたけど見ていてくれ。どんどんランキングを上げていくから。」

その言葉通り、年末の土壇場でランキングを上げ100位以内を確保。翌年の躍進につながりました。

2011年、飛躍の年。だが有明ではまだ結果が出ない。
前年よりは力を出し切るも、フェレールに打ち負ける。
「修造越え」が最大の関心の時期。
前年より成績を上げ、50位前後につけるものの足踏みが続いていました。
しかしこんな位置でくすぶる選手じゃないとファンは知っていました。
すぐさま錦織はその期待に答え、再び歴史を塗り替え始めました。

そして今年、歓喜の年。
全豪ベスト8により雲の上まで高まったファンの期待。
ちょっとやそっとの好成績では満足させられない。
本人も自信と不安の入り混じった気持ちだったことでしょう。
しかし蓄積された鬱憤は、いつの間にか錦織の体の中でエネルギーに変わっていました。
それがそのまま爆発した今大会。

錦織は一度に多くのものを手に入れました。
待ち望んだ2度目の優勝、自国での優勝。
大量のATPポイント、来年のシード権。
そして同世代最大のライバルに対する勝利。

しかし我々ファンはさらに多くの、大きなものを手に入れた。それは感動。またとない体験。
錦織圭は私たちを想像することもできない場所に連れて行ってくれた。

私は錦織の大ファンですが、テニスの試合を見て感動して泣いたのは初めてだと思います。
しかもまだ全くリードしてもいない1stセットのタイブレークから、感情が吹き出てどうしようもありませんでした。
一方で細かくスコアを取りながら(笑)。
私をそうさせたのは、結果以前に、錦織のプレーの内容です。
こういうテニスが見たかった。それを日本人が、錦織圭が目の前で超満員の観客の前で披露している。
こんな日がこんなに早く来るとは。しかもあんな大きな故障がありながら。
この男たった1人の肩に日本中のどれだけの期待が集まっていることか。そしてその期待に答えるのがどれほど難しいことか。
それを考えたらこの目の前で繰り広げられている光景は良くできた映画か何かではないだろうかと思わずにはいられませんでした。

そして錦織は勝利しました。

分析したいが分析不能。私の手に負えるようなことではなく。

でも今日くらい、分析などこざかしいことはせずに、素直に余韻に浸ってもいいかな、と思っています。
錦織圭本当にありがとう。それから一緒に応援してくれた現地のみなさん、ブログを読んでくださったみなさん、実況掲示板のみなさん、本当にありがとう。

またこんな感動味わえたらいいですね。

【追記】報道関係者の皆様へ

当ブログは画像の著作権と選手の肖像権に極力配慮したいと考えているため、画像の少ない少々殺風景なブログとなっております。しかしこの快挙に文字だけというのも非常にさびしいので、もし提供してもよい画像をお持ちでしたらurryy@keinishikori.infoご一報いただけませんでしょうか。よろしくお願いいたします。

214 件のコメント

  • 圭くん、おめでとう!!
    本当に立派になって。。。うるうる
    こんな歴史的瞬間を見ることができて本当に嬉しい。
    ここの皆様とパーティーしたいです!!

      引用  返信

  • コメントが200件のを超えたのは、過去最高ですよね!?

    そちらもおめでとうございます!!

    思えば、準決勝・決勝は、会場の「あーー」が少なかったんじゃないかと感じました!そして、ちょっとあった「あーー」の後にも「ドンマイ!」、劣勢の時には「挽回!」という声も飛び交ってましたね!

    それって少なからず、鼻血ブログのおかげもあったんじゃないかと思ってます。

    錦鯉や日本のテニスファンの皆様と共に、楽天オープンを「会場の雰囲気世界一」の大会にできたら素晴らしいですね!!!

      引用  返信

  • 初コメです。いまだにフワフワさんです♪

    既出かもなんですが、

    第3セットの2ゲーム目をブレイクしたとき
    錦織がボッティーニさんに今まで見たことのないような
    ドヤ顔でアイコンタクトをしていたのを見て
    ズキューンとハートを射抜かれました~~~

    ボッティーニさんも凄くかっこよい決め顔で
    答えていたのも、とても素敵でした。

    もう、錦織ったら何度私に「一生応援する」と誓わせるの!!
    と、あきれるほどでした。

      引用  返信

  • デルレイの優勝でにしこりくんを知って、それ以来、右手に団長のブログ、途中から左手にTwitterで応援してきました。
    鼻血ブログのおかげで中国とのデ杯を見に行って以来、観戦の楽しさも教えてもらいました。
    にしこりくん、団長、本当に感動をありがとう。JAPAN OPEN後のお二人が楽しみです。
    ずっと応援してゆきます。
    鼻血が出た後もブログ、続けてくださいねーw

      引用  返信

  • ご無沙汰しております。実は夏ごろ(五輪あたり)から体調を崩し、なかなか書き込むことができませんでした。気力がなかったと言ってもいいかもしれません。精神的にもいろいろと参ってる時に錦織がとうとうやってくれました。決勝もテレビで観戦することはできませんでしたが、携帯のライブスコアで観戦。3rdセット5-0から6-0に変わり、winner Kei Nishikori の文字が出た時はさすがにジーンとしました。デビューしてから4年間、怪我をしてた時も、復帰してからチャレンジャー大会で深夜早朝のライスコで応援してた頃の事も遠い昔のように思いますが、今回の優勝はTOP10に入るための大きな壁を打ち破った大きな大きな勝利だと思います。
    当初は同郷ということで応援してましたが、今ではそんな事はあまり思わなくなり、日本のテニス界の誇りとして応援している自分がいます。私も体調が戻るにはもう少しかかりますが、来年のジャパンオープンにはまた行きたいと思ってます。応援し続けていたみなさん本当に良かったですね。僕には見えますよ、グランドスラム決勝後、セレモニーでトロフィーにキスをするのが恥ずかしいので、変わりに高々とトロフィーを掲げる錦織の姿が

      引用  返信

  • Geoさん、最後の一文、クスッとなったあと、
    想像してジーンとして、目が潤んでくる自分がいました。
    私もはっきりと想像できました。
    お体ご自愛くださいね。

      引用  返信

  • Geoさん、お久しぶりです。
    毎年自分が立てた目標をしっかりとクリアしている錦織選手ですが、正直、今年の「ツァー優勝」は難しくなったななどと思っていました。
    でも、見事にやってくれました。
    GS優勝もランキング1位もますます夢が膨らみます。

    お体大切になさってください。

      引用  返信

  • Geoさん・・・・・・・・・(ToT)

    泣かせないで・・・・ほんとに(ToT)

    Geoさんもおめでとうございます!!

    これからも錦織圭や錦鯉をよろしくお願いします!!

      引用  返信

  • げおさん、おかえりなさい。
    そのお言葉、待ってましたー。

    早く体調良くなりますように。

      引用  返信

  • げおさん、
    素敵なコメントですね。私もしみじみと想像できました。
    お身体、たとえ時間がかかっても、良くなることをお祈りします。
    来年は有明に集合!ですね(^^)
    と、個人的には存じ上げないのに、おかしなコメントですみません。

      引用  返信

  • げおさんのお言葉(予言?)の部分で、
    私もグランドスラムのトロフィー掲げてる圭君の姿が浮かびました^^
    遠くない将来きっとありますよね。

      引用  返信

  • 本当に錦織の優勝素晴らしかったですね~
    現地有明で、もう滂沱の涙。。それを抑えて圭君の晴れ姿を
    撮影するのは大変でした(汗)が永久保存版Photo movieに
    しようと思っています。

    ラオニッチとの決勝戦。。

    最初の出だしはよく、「これはいけるか~」
    第2セットはラオニッチの220k級?のサーブで「こりゃ無理かぁ」

    そしてファイナルセットは何も考える余裕ないほど、
    圭君のSuper shotsとAgressiveなテニスに見惚れました。
    ラオ君にベーグルを焼かせてしまう最高のテニス!あっぱれでした!

    錦織君本当に優勝おめでとう!

      引用  返信

  • あまりのコメントの多さに圧倒されて書き込みを控えていましたが、
    ゲオさん登場で書き込む勇気を与えていただきました。

    圭くんおめでとう。
    団長おめでとう。
    皆さんおめでとう。

    恥ずかしそうにトロフィーを掲げる圭くん
    私にも見えます。。。

      引用  返信

  • Geoさん、お久しぶりです!

    応援掲示板にGeoさんのお告げ「俺には見える・・」をしばらく
    見ることが出来ず淋しく思っていました。
    グランドスラムで優勝カップを掲げるお告げきましたね!

    上海が始まっているというのに、まだ楽天優勝の余韻に浸っており、ドラッグストアで「綿棒」を見て、「錦織」と読んでしまう始末・・・

    楽天観戦が終わり、今日久し振りに出勤しましたが、テニスに日頃興味のない何人もの同僚から「錦織、よかったね、すごいね」と言われ嬉しかったです。やはり優勝するって素晴らしいですね。

    Geoさん、おからだのご回復祈っております。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。