錦織圭、1回戦を順調に突破(2012USオープン1回戦)

2012 US Open
1st Round
Kei Nishikori [17] def. Guido Andreozzi, 6-1,6-2,6-4

ランキング的にも経験的にも錦織圭の優位は揺るぎなく、順当な結果ではありましたが試合内容も伴ったいい試合だったと思います。

やはりグランドスラム前1週間くらいはじっくり練習してテニスの調子を整え、体力を回復してから臨むのがベストのようです。

昨年は故障明けで実戦経験を求めて過密スケジュールとなり、1回戦棄権につながってしまいました。

今日の錦織はフィジカルが充実し、ぶれない体幹と素早いフットワークで非常に安定感あるテニスをしていました。

アンドレオッツィは荒削りながらもポテンシャルの高いテニスを見せましたが、錦織が何事もなかったかのようにその豪打を返球し、結局はアンドレオッツィがミスをするという展開が続きました。

気になる錦織のサーブの調子ですが、1stが安定して入り効果的でしたが、アンドレオッツィのプレーからプレッシャーを受けていない状態だったのであまり参考にならないと思います。

またこの試合はどちらかというとサーブを頑張るよりはストロークを数多くこなして調子をつかみたいという意図を感じました。なにがなんでもサーブでポイントを取るという感じではなく、球種やスピードを色々試しながら感触をつかもうとしているように思えました。時折サーブアンドボレーも見せ、上位ラウンドでの戦いを見据えたプレーだったと思います。

また今日のラリーの組立てで目立ったのはバックハンドで相手の読みを外すストレート、逆クロスを使っていたことです。相手は完全に予測を外されているので軽い感じで打っているにも関わらずよく決まり、上位選手と対戦したときでもこれは有効打になると思いました。

錦織のストロークと言えばまず安定感のあるクロスのラリーで主導権を握り、出来たオープンコートに打ち込んでいくというスタイルをよく目にしますが、この試合ではラリーの早い段階での仕掛けを増やし、上位選手対策と体力温存を意識しているようでした。

また今日の錦織は課題である試合の出だしで良いプレーをし、スムーズに試合の主導権を握ることができた点が良かったと思います。2時間の雨天中断でも調子を崩すことなくストレートで勝利を決め、2回戦に向けて好発進と言えるでしょう。

2回戦の対戦相手は何回も対戦しているスミチェクに決まりました。1回負けたことがあるので要注意選手ではありますが、地力は錦織が上でしょう。今日のようなプレーができれば問題ないと思います。

スミチェクと言えば「冷蔵庫のスミをチェック」するだけで応援フードができてしまうというOKSMの味方ですね!どしどしご応募ください。

日本人男子の結果

Mardy Fish def. 添田豪, 7-6(3),7-6(2),6-3

Ivan Dodig def. 守屋宏紀, 6-0,6-1,6-2

Mathieu Ebden def. 伊藤竜馬 7-6(9),6-3,6-2

と、3人とも敗れてしまいました。残念ですが4人本戦出場はすごい!

9 件のコメント

  • 試合見ました。

    アンドレオッツィのたまに見せる強烈なショットにもしっかりと対応し、堂々たる試合運びでしたね。

    昨日のような安定したラリーがこれからもできれば、ドロー運も手伝ってQFに進出できる可能性も高いですが、問題は左肩の具合と、風などのコンディション悪化下でも昨日のようなストロークを打ち続けられるかどうか、かと。

    2Rは、レイノルズだと嫌だなと感じてたんですが、そうじゃなくてよかった。
    ぜひ磐石の試合運びで完勝し、十分な準備と休養をしてチリッチ戦に臨んでもらいたいですね。

      引用  返信

  • 錦織は楽々勝てましたね。伊藤がエブデンくらいのクラスにストレート負けとこのところ調子を落としてるのが心配ですでびすかっつ。守屋は100位代のドディグに3ゲームしかとれないか~。まだ4大大会に出るレベルじゃなかったね。デビスカップは錦織と添田次第になりそうだね。

      引用  返信

  • http://www.nikkansports.com/sports/news/f-sp-tp0-20120828-1007620.html

    予選会から勝ち上がった守屋宏紀の記事。
    「初の5セットマッチ。緊張して自分のテニスが出来ぬまま、終わってしまった。勝負どころでのポイントの取り方、粘りが足り
    ない。予選勝ち上がりは大きな自信になった」

    http://www.nikkansports.com/sports/news/f-sp-tp0-20120828-1007688.html

    下部大会からのライバル、エブデンに敗れた伊藤竜馬の記事。
    「TBまで持ち込んでチャンスあったのに、折れてしまった」との事。

    http://www.nikkansports.com/sports/news/f-sp-tp0-20120828-1007717.html

    格上の相手&声援「アウェー」状態の中、第1・第2セットをTBで落とす。ただ、先にリードを許しながらBBで追いついての惜敗。
    「負けはしたが(力は)出し切った」「(格上に勝つには)少しの差が大事な部分で話された要因。もう少しプレーの波を減らしたい」と分析。

      引用  返信

  • 圭くん、緒戦突破、おめでとう♪
    雨中断の時、仮眠するつもりが、
    朝までぐっすり眠ってしまいました。(^_^;)
    WOWOWの録画で、残りを観戦。
    余裕の試合運びでしたね。
    勝ち進んでいく圭くんに合わせて、
    応援する方も、体力配分しなきゃ♪

      引用  返信

  • わかりやすい解説内容をいつもありがとう、感謝しております。
    途中 雨による中断がありましたね、身体が冷えて怪我の心配をしましたが余計なことだったみたいですね、アップも充分だったみたいでした。
    くじ運にも恵まれたので期待大です、二回戦でも今日のような試合内容を期待して応援します。

      引用  返信

  • ドロー的にも比較的ベスト8までの道のりは明るいと思います。 本人の状態もしっかり休養と練習バランス良く取れて治療も行い精神的にも自信が芽生えてる様子。 このチャンスしっかり掴みとれれば好循環の波に乗れるんじゃないですかね

      引用  返信

  • http://sportsnavi.yahoo.co.jp/tennis/text/201208280007-spnavi.html

    こちらにも惜敗した3選手の記事が出ています。

    初のGS本戦となった守屋、と善戦しながらも「ここぞの時」にポイントを取り損なった添田と伊藤。数多くの対戦の中から様々な経験を積み、長所を磨き短所を克服し、自分自身を客観的に見つめ、相手を冷静に分析し、勝利に酔い、敗北に涙し?、更なる上を目指して切磋琢磨して欲しいものです。

    Vamos!!

      引用  返信

  • 雨中断には参りましたね(;^_^A
    しばらく待っていましたけど、さすがに寝てしまいました(>_<)
    圭、強かったですね(‘-^*)ok
    シード選手の貫禄充分でした。油断せず、しっかり自分のテニスができていましたね
    派手さはなかったけど、凄みを感じた試合でした(*^.^*)
    マレーまで行けますように(≧∀≦)

      引用  返信

  • 昼行灯さんから紹介していただいた記事を読んでいたら、こんな記事も見つけました。
    「経験値が上がっている」って、実に頼もしいですね。

    http://sportsnavi.yahoo.co.jp/tennis/text/201208280005-spnavi.html

    カウントが良かったからかも知れませんが、ひょっとしたら障害になっていた格下相手への楽勝義務意識も薄らいでいるようです。
    この調子で是非とも2週目に突入してもらいたいものですね!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。