今日も余裕の勝利!6年ぶりの4回戦進出へ(2014USオープン3回戦)

2014 US Open Grand Slam
3rd Round
Kei Nishikori[10] def. Leonard Mayer[23], 6-4,6-2,6-3

今日も余裕の勝ちあがりでした。

3回戦までまだ1セットも落としていません。大会前は出場できるかどうかも不透明だったのに、蓋を開けてみればこれまでのグランドスラムで最高の勝ちあがり方です。

1stセット、2ndセットともに通常ギアのままで余裕の獲得。チャンとダンテの作戦は「まずフォアに振ってからバックに色んな球種を送る」というものだったそうですが、上手く機能していたと思います。
マイヤーのバックハンドのアウトを度々誘っていました。

ストロークの確実性とコントロールで上回っているので、サーブとリターンでの心理的負荷は小さかったと思います。特にリターンゲームでは序盤こそサーブに苦しめられていましたが、徐々にタイミングが合い目の覚めるようなリターンエースを何発も繰り出していました。

サービスの調子はまだ好調とまではいかないと思いましたが、セカンドのコースと深さが良かったですね。
意識してフォア側にセカンドを打つ作戦だったとのことです。これも見事にはまっていました。
そしてピンチの時に1stが比較的よく入っていたのも大きかったと思います。
マイヤーが固くなってリターンミスをしてくれたことにも助けられましたが。

唯一の心配は体力でしょうか。3rdセットは少し集中力を落としたように見えました。
3rdセット0-2とされたのはマイヤーの開き直りの攻撃を褒めるべきですが、4-3からのサービスゲームはかなりヒヤっとしました。暑かったせいもあるでしょうが、この辺りはブランクの影響だと思います。

でも5ゲーム以上取られずにすべてストレートセットで勝っていますし、体力の節約はできているはず。4回戦はそろそろ疲れも出てくるころですが、2日ありますし休養を十分とってリフレッシュしてほしいですね。

4回戦ですがまだ対戦相手は決まっていません。
ラオニッチが来る可能性が高いのでしょうが、やや苦戦をしているようです。
これまでの勝ちあがり方を見ると、断然錦織の方がいいです。
でも勝負はそんな単純な要因で決まるものではないので、ちょっとした好材料程度にとらえておきたいところ。

次の4回戦は、ラオニッチが来たら鼻血対象試合にしようと思います。

理由は、強くなったとは言えグランドスラムベスト8は2012年全豪以来、約2年半遠ざかっていること、全米に限っても2008年以降、不本意な成績が続いていること。
そしてラオニッチとのライバル関係、2勝1敗とは言えウィンブルドンでは完敗していること。
さすがにグランドスラム2大会連続でやられるわけには行きません。

Burgosが勝ち上がった場合はまだ鼻血対象にするか決めていませんが、ベスト8賭けであることもあり鼻血対象にするかもしれません。

46 件のコメント

  • ただただ脱帽、非の打ちどころのない勝利でした。
    これは次も期待しちゃっていいかな?いいよね?

      引用  返信

  • 団長、世界一早い、圭の勝利記事うp、ありがとうございます!(*^^*)♪

    本当に、何が心配だったの?(;゜∇゜)と言いたいほど、圧倒的な勝ち上がりですね~!d=(^o^)=b

    でも、今日の3セット目は、さすがに疲れていたようです(((^_^;)

    4回戦は、ナイトゲーム希望です!(((^_^;)
    ラオ君となら、大きなコートでナイトゲームになると思います!(*^^*)♪

    生応援はちょっと厳しいけど、圭の体力優先にしたいです(((^_^;)

    WOWOWさん、そこんとこ、よ・ろ・し・く!d=(^o^)=b

      引用  返信

  • ラ王とお肉はいいけどミロと酢って… どんな味!? (((・・;)

      引用  返信

  • いや~、言うことないですね。
    蓋を開けてみればここまで過去最高の勝ち上がり。
    チャンコーチの暗示も効いてるのかな?
    ウインブルドンのときは3回戦の大苦戦で日程がイレギュラーになってしまいましたが、今度は休養十分で戦えますね。
    なにより今は怪我を克服してメンタル的に怖いもの無しなんじゃないでしょうか。
    あとは、真夜中でも早朝でもいいからとにかく見れる時間に組んでほしい!

      引用  返信

  • 圭くん、素晴らしかったですね~(≧▽≦)
    本当に今の時代に生きてて良かったな~と思います!
    今日は暑くて最後しんどそうだったので、次はナイトセッション希望です!
    なにげに火曜日は仕事お休み取っちゃいました( ̄▽ ̄)
    相手が誰であろうと絶対勝てると信じて応援します!

      引用  返信

  • う~ん強かったです。どうみてもポテンシャルの80%も使っていないように見えました。
    でも確かに気になるのは最後の方で急に元気がなくなったように見えた事ですね。体力面?それとも試合勘がまだ戻ってないことでの集中力の低下?それともそう見せてるだけ?

    でももうここまできたら、どこまでも行ってもらいたいです!”Whatever”とまで言ったことですし、決勝まで!!!応援しますよ~。

    老酒(ラオチュウ)でも買ってくるかな?

      引用  返信

  • 34才のEstrella Burgosが頑張っているのもありますが、ラオニッチ、確かに良くないですね。
    この内容なら仮にラオニッチが来ても、Odds的にも圭が優勢になるでしょうね。

    しかし、このおじさん、ガッツありますね。
    観客を完全に味方に付けてるし、まだどうなるか分かりませんね。

      引用  返信

  • ラオ君、勝ちましたね
    すべてタイブレです(((^_^;)

    おじさん、本当に頑張ってましたね~!感動的でした(*^^*)♪

    さあ、いよいよリベンジの時来る、ですよ~!p(^-^)q

    カモーン、圭!d=(^o^)=b

      引用  返信

  • いやー強かったですね~、レオ・マイヤーも良かったんですけどね~
    大会前の心配は何だったのでしょうか?
    次はミロ酢ラ王肉
    今日も安定のタイブレの勝負強さで3セットともタイブレ勝ちでした、
    この相手にサービスゲームの安定は必須、もうちょっと1stの確率上げてほしいな。

      引用  返信

  • 四回戦進出おめでとう!一番乗りでしたね。
    ラオニッチ戦もがんばれ!
    鼻血対象試合!楽しみ。

    僕は明日、日曜日のチケットをもっているので、錦織選手はいないけれど、観戦いってきます。
    しかし夕方雨の予報も。

      引用  返信

  • 今日の錦織の試合、大変感激しました。
    ラオニッチ戦が鼻血対象試合ということ。
    鼻血対象試合ってどういう意味があるんですか?
    住民さんたちの間で錦織の試合のランクづけしているんですか?
    ミロ酢ラ王肉ってラオニッチのこと?妙なネーミングですね(@_@)
    ここは錦織ばかり目がいって、それ以外の選手は笑いに使うんですか。
    テニスを愛するものにとっては、気分が良いものではないですね。
    管理者や住民さんは本当にテニスファンなんですか・・・

      引用  返信

  • きょろんちさん
    私はラオニッチのことは、大変手強い錦織のいいライバルだと思ってますし、リスペクトしてますよ。
    ただ私の書き方に気分を害されたのであれば申し訳ありません。訂正してお詫び申し上げます。

      引用  返信

  • きょろりんちさん
    プロスポーツの世界ですから、試合にランク付けがあるのは当然だと思います。勝ち上がれば与えられるポイントも賞金も上がりますからね。
    「鼻血対象試合」は、ランク付けの高い大会で、ランク付けの高い試合に勝って欲しい、そのために全力で応援しよう!という意味合いなのだと思います。
    ここは、個人の方の錦織選手応援ブログですから、多少狂信的なのは当たり前と思いますが…

    みなさん、テニスが大好きだと思いますよ。
    相手選手へのレスペクトも忘れていません。
    実況掲示板では、相手選手のプレーを称賛するコメントも多く見られますよ。

      引用  返信

  • 鼻血対象試合は全英でのラオニッチ戦以来ですね。
    データだけですが、ラオニッチ戦情報です。プレビュー記事自体は団長にお願いしてもいいですかね? 対戦情報を本文に載せてもらえれば、データ更新は私の方でやります。

    きょろんちさん、鼻血対象試合とは、もし勝ったら鼻血が出ちゃうくらい嬉しい試合ということです。
    ------------------------------------------

     全米4回戦 vs.ミロシュ・ラオニッチ 対戦情報
      
     US Open (GS2000)
     [Surface:Hard,Draw Size:S-128]
      
     4th Round
      
    対戦相手:[#5]Raonic, Milos (CAN) 6位 23才

    • キャリアハイ更新中
    • 身長196cmのウルトラビッグサーバー
    • 今季はワシントンで優勝(ATP500格は初)。ツアー優勝は通算6回(全てハード)
    • その後はトロントでベスト8、シンシナティではベスト4と全米プレシリーズでも好調を維持。ただし、この間トップ10選手には勝ってはいない
    • ドローに恵まれた本大会では、通算で1セットは落とすも6回のタイブレークを全て制して4R進出
    • 全英以降の公式戦成績は13勝2敗(圭は5勝1敗)

    対戦成績
     2勝(2012東京決勝:7-6,3-6,6-0、2014マドリード3R:7-6,7-6)
     1敗(2014全英4R:6-4,1-6,6-7,3-6)
      
    試合日時
     現地時間:9月1日(月) 11:00開始の第○試合 [?]
    (日本時間:9月1日(月) 24:00開始の第○試合

     ※
       
    天候予報:雨~曇り?
      
    生観戦手段

    • 大会公式ライブスコア
    • WOWOWライブによる生中継

    勝利獲得Pt:180pt(今大会360pt、9/8付年間RK最高10位・レースRK最高10位)+鼻血賞
      
    平均OddsRaonic- vs.圭-
     

      引用  返信

  • Estrella Burgos選手、10年か11年のデ杯でもラオ選手とフルセットの激闘を演じてるそうですが・・・11年の東京でも怪我明けだったとはいえ杉田選手と接戦の末に勝っていましたね。小さい選手が苦手なのかな~
    ラオ選手、今夏のハードシーズンから10数度のTBを戦っていますが落としたのは1度だけだったと思います。TBをしっかり取れるのは王者に必要な資質だと思います。全英の錦織選手との試合で初めてTBを取って勝利を収めて自信がついたのでしょうね~
    でも裏を返せばTBまでに決めきれないとも考えられますし、その辺りが付け入る隙でしょうか?1Rと3Rでは土壇場でブレバを許していますし・・・
    おそらくラオ選手はQF以降を見据えて、まだ調子は抑え気味かと思いますが、錦織選手戦からペースを上げてくるのか、それともいまいち調子が悪いのかによって、かなり展開が変わるかと思います。
    対する錦織選手も怪我と体力不足が懸念されるなかで一戦必勝で全開で飛ばしていると思いますので、それがどこまで続くのか・・・本来なら3Rくらいからペースを上げていくと思いますので。勿論、8日まで続いてほしいとは願っていますが。中二日で体力は回復できるでしょうが、逆に気力、集中力が途切れないかとか、不安材料が顔を出してきてもおかしくない頃かと思います。
    正直、ラオ選手までたどり着くとは思ってなかったですが、GSの大舞台で2連敗は阻止したいですね~幸いラオ選手相手なので、ドロドロの長い試合にはならないと思いますので気力体力を振り絞って勝利してほしいですね。

      引用  返信

  • きょろんちさん
    ミロ酢ラ王肉は、応援フードと言って、対戦相手の名前をもじって、その食べ物を食べて(喰って)食べ尽くして(喰い尽くして)勝利を呼び込もうと言う遊び心からしていることですよ!

    他の方も仰ってますが、根底には、対戦相手をリスペクトしての遊び心と私は、解釈して楽しんでますよ!

      引用  返信

  • 圭君勝利本当に良かったです。

    が、ファースト50%はやっぱり苦しかったのでは?

    解説の方が「その代わり、セカンドが深く、コースもスピンも良かった」と
    おっしゃっていましたが、やっぱりセカンドはセカンド。。
    ラオちゃん戦でこのファーストの確率だと、確実にセカンドで攻められます
    (←やられるパターンですね)。。。

    Estrella Burgos選手がラオちゃんといい勝負していたのは63%のファースト
    確率(そう早くはないけど比較的力強いファースト)が物語っているよう思い
    ます。

    どうか、次は、いいファーストが沢山入りますように!!! 

    『GAME NHISHIKORI』が沢山聞けますように祈っております。

      引用  返信

  • @きょろんち

    いつもROMしてますが、ちょっと気になって出てきました。
    色々と感じることがあると思いますが、楽しむためのちょっとした言葉遊びに
    喧嘩を売るような発言は余裕が感じられず見ていて愉快ではありません。
    もう少し言葉を選ばれた方が良いのでは無いでしょうか?

      引用  返信

  • 圭君強かったですね!
    そして、ついにSFのことまで本人の口から出てきました。
    調子がいい証拠ですね。
    その後、Wowowのスタジオに出演した際に「今は体に心配なところが何もない」というようなことを言っていたのでフィジカルも全く問題ないようで本当にうれしいです。ダバディさんによると、メイヤーが試合後の記者会見で「次元の違うテニスをしていた」と言っていたそう。あのレベルの選手にそう言わしめるとはさすがです^^

    やはり課題はファーストサービスですね。
    それにしても、ラオニッチのタイブレ勝率は最近やばいです。ATPの記事によると、夏以降16勝1敗ですって!
    これは、タイブレになる前にゲームを取っておいたほうが良さそうです。

    昨日の試合は、ヤンキースのマー君の奥さんやご家族全員が観戦なさっていたみたいですね。テレビでは特にわからなかったですが。

      引用  返信

  • 昨日も本当に素晴らしい勝利でしたね!!
    ラオくんとの試合、今から楽しみでドキドキも止まりません。
    サーブがよくなるといいなぁ!

    それにしてもKyrgiosくん、すごいですね・・
    プレーも素晴らしいし、派手というか見栄えのするプレーだし、自分でも観客を盛り上げてしっかり味方につけてますね〜

      引用  返信

  • 気になったのでラオニッチのタイブレークについて調べてみました。

    ATPの示す夏以降とはおそらくワシントンからということで考えると、確かに15勝1敗で一致しています。

    ちなみに圭に連続タイブレを落としたあとのローマ以降で見ると24勝4敗です。

    まあおよそタイブレの勝率の数字ではないことは明らかですが、試合データを見ていて気になったのは相手選手のランキングです。

    この24勝4敗をランキング帯で分類すると
    トップ10…1-2(全てジョコビッチ)
    11~30位…3-0(圭、ツォンガ、ロペス)
    31~50位…2-0
    51位以下…18-2

    となります。
    特徴的なのは51位以下が圧倒的ということで、100位以下の選手の記録も多いです。

    単純にラオニッチが上位との対戦が少なくドロー運がいいというのもありますが、やはりあれだけのサーブでタイブレークを取りきるのは下位選手には難しく、ミスで自滅するケースを実際に見たこともあります(トロントのソックは完全にこれでした)。

    つまり結論としては私も下団さんの意見に近く、かなり取り切れていないけど結局サーブでタイブレークを乗り切っている印象が強いということで、必要以上の警戒はしない方がいいです(といっても実況ではタイブレになったら嫌だとか言っちゃうんですけどね~)

    特に今大会はSFSを2回落としています。マドリードでもあったようにチャンスは十分あると思いますよ。少なくとも、ウィンブルドンで感じた絶望感のようなものは見る方としても取り払っていくべきだと思います。

    そういえばラオニッチは対トップ10現在6連敗中でもあります。トップ10ではないにしてもトップ10に等しい実力を持っている圭なら十分に組めます、いや勝ってくれ!

      引用  返信

  • とらきちさん、詳しいデータをありがとうございますm(__)m51位以下でラオ選手からTBを奪ったのがキリオス選手とジョンソン選手?だったと思いますが・・・勢いのある両選手でしたが、最終的にはラオ選手に押し切られてしまいました。
    全米はファイナルセットもTBが採用されていますし、ラオ選手には有利な環境ですが、4R以降の実力者相手にTBを繰り返していたら体力的に自身の首を絞めかねませんね~ラオ選手がペースを如何に上げてくるかも注目されますね。
    錦織選手、頑張れ~!

      引用  返信

  • ラオニッチ、サーブエグいですけど、今回は芝じゃないですからね!
    圭君なら対応できると思っております。
    あー試合が待ち遠しい…

      引用  返信

  • ロブレドが勝ちました。次にあたるであろうワウリンカはロブレドを苦手にしてる(H2Hはロブレドの6-2)。
    錦織とロブレドのH2Hは錦織の2-0。錦織がラオに勝ってロブレドと当たればベスト4が見えてくる!めっちゃ期待です!

      引用  返信

  • とらきちさん

    面白いデータをありがとうございます。
    16勝1敗でなくて15勝でしたか、すみません。

    ラオニッチと言えば、いつもオープンドローだなと思っていたのですが、今改めて今年の成績を見てみたら、ほんとにラッキードローが多いですね。
    http://www.atpworldtour.com/Tennis/Players/Top-Players/Milos-Raonic.aspx?t=pa

    今年トップ10プレーヤーからは唯一マレーに全豪で勝っているだけですね。
    トップ20では、圭君、ソンガ、ロブレドに1回勝っています。

    圭君は、トップ10選手では、フェレール2回、ロジャ1回、ラオ1回勝っています。
    トップ20だと、ディミ、モンフィス
    ちなみに負けのほうもみてみると
    ラオ(対トップ10)ーロジャ2敗、ジョコ2敗、スタン、ラファ (トップ20)-圭君

    圭君ー(対トップ10)ラファ2敗、ロジャ、ラオ (トップ20)-ガスケ、ハース

    ちなみに圭君の今年のタイブレは10勝6敗くらい?です。

    そして自分のサービスキープ率は、ラオ君3位(91%)、圭君21位(84%)
    相手のゲームのブレーク率は、ラオ君60位(18%)、圭君6位(29%)です。

    数字を見る限りやはり圭君有利ですね!どう考えても (笑)

      引用  返信


  • すみません、ラオ君がマレーに勝ったのは全豪じゃなくてIWでした。

      引用  返信

  • とらきちさん
    いつも分かりやすく、かつ詳細な説明、感服いたします。
    ウィンブルドンでは、お手上げといった感じでしたが、全米のハードでは、必ずリベンジしてくれると期待しています。

      引用  返信

  • 強かったですね〜。
    メイヤーの、Keiは次元が違う発言。
    ebicciさんもおっしゃってましたが、20位台の選手にそう言わせてしまうんですねえ。。
    纏うオーラも日に日に増していて、もうワクワクしかありません!

    みなさんの情報量と分析力にはただただ脱帽するばかり。
    いつも感謝しています!

      引用  返信

  • 連投失礼します。
    内田さんの現地リポートです。https://www.facebook.com/smash.monthly21/photos/a.143816799038315.38712.113468702073125/681188038634519/?type=1&theater
    ライバルとの主導権争い、勝ち抜いて欲しいです!

      引用  返信

  • ファンの身贔屓の逆で、殊更に厳しく見てしまうのか…他の方も仰ってますが、ファーストサーブの確率の低さが、どうしても気になってしまいます。
    今回、初めてのシード選手で少し緊張したと錦織くんも言っていました。
    初戦と3回戦は、緊張から確率が下がったのが気になります。

    フェデラーが対ラオ君にやった様に、自分のサービスゲームに集中の度合いをより高くし、リターンゲームは、チャンスが来たらギアを上げブレイクする作戦の方が良いように思うんですが、そうなると、ファーストサーブの確率が重要になりますよね。

    インタビュー等を聞いてると、リターンゲームの時の少ないチャンスをどれだけ生かせるかがポイントみたいに言ってるのを聞くと、WBの時のように、またリターンに照準を合わせるのかなぁと素人ながら思ってしまいます。

    チャンコーチも加わり、今回のラオ君対策はどうなんでしょうか?

    でも、とらきちさんのラオ君のTBの勝率の分析は、物凄く納得出来て、嬉しかったです!
    ありがとうございます‼

    また、こんな杞憂も吹っ飛ばしてくれる活躍で錦織くんは、やってくれると思うんですが。

    リベンジ絶対にして欲しいですね!d=(^o^)=b

      引用  返信

  • 夢のコントさん
    知らなかったw
    なごみました(^^

    はんなりん子さん
    内田さんの現地リポート、ありがとうございます。
    彼の地の記者も結構、突っ込みますね。

    「異なる次元のテニス」
    って、なんという甘美な言葉…
    ポウっと赤くなってしまいます。

    言われたのはお前じゃない!
    圭君!

      引用  返信

  • コリコリさん、ありがとうございます。
    お手数おかけしましたm(_ _)m

      引用  返信

  • 今度は圭くんがラオちゃんにリベンジしてくれると信じてます!
    自信があり集中力も高く試合にのぞんでいる圭くんに大期待!
    もちろん何が起こるかわからない不安はありますが…
    きっとやってくれるでしょう~

    普段は試合を見てない方々がウィンブルドンのラオ戦を見て
    つまらなかったとおっしゃっていたようです。
    芝のラオ戦はほんと特別な環境ですよねー
    ハードやクレーの素晴らしい圭くんのプレイをもっと見ていただきたいなー
    地上波放送がもっと増えれば、なのかなぁ~

      引用  返信

  • 下団さん、興味深いブログ記事でした!ありがとうございます!
    知らなかったです(>_<)
    私も乗ったことがないようなローカルバスにあのラオくんも乗って、頑張ってきたんだ・・と思うと、みんなそうなんでしょうけど、今ああしてトップに上がってきてほんと立派だなぁすごいなぁと改めて尊敬します。。
    みんな頑張って欲しいです!!

    でもやっぱりごめんなさい、圭くんを全力で応援しちゃいますけど\(≧∀≦*)/

    圭くん、次はまたチキンラーメンの黄色いひよこちゃんバッグ持参希望です(笑)
    あれがあるといつも散々な圭くんのベンチ周りがきれいなので(笑)
    (あのひよこちゃんからハンドルネームもらってるのです(*^^* )

      引用  返信

  • ひよこさん、ありがとうございますm(__)m全ての選手にドラマがあると思います。でも、私も錦織選手をはじめ日本選手を全力で応援します(^^)

      引用  返信

  • 「異なる次元のテニス」いい響きですね~。
    私もRYUJI さん同様フワフワしてしまってます(#^.^#)
    ラオニッチ戦も変に構えずに平常心で臨めば、圭くんの実力なら十分勝てると思います!

    圭くんに関係ない話で恐縮ですが、今日のロブレド対キリオス戦の中で、ロブレドの名前のトミーというのは、親御さんがロックバンド「 The Who 」のファンで、バンドが出演したロックオペラ「トミー」からとったのだと紹介されていました。
    若いころ映画「トミー」は観ていたのでなんだか灌漑深かったです。
    ロブレドってすごく老成したイメージだったのですが、自分よりずっとずっと若いんだな~と(あたりまえなんですが・・)
    願わくば、圭くんと共に勝ち上がって、準々決勝で二人の対決が観られますように!(≧▽≦)

      引用  返信

  • kenkenさん、疑問を書いただけで喧嘩を売ってる訳ではありません。誤解のないように。
    なかがわさん、相手をレスペクト(敬意を表す)してのミロ酢ラ王肉ですか・・・
    > 個人の方の錦織選手応援ブログですから、多少狂信的なのは当たり前
    確かにそうなのでしょう。失礼したしました。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。