2014ワールドツアーファイナル グループリーグ フェデラー戦 半実況記事

頻繁ではないですが試合の様子を不定期に書き込みます。

【23:03】
両者入場。錦織は引き締まった表情。
日本メディアがたくさん来ている模様。現地メディアも錦織に注目しているとのこと。

修造さん「応援解説としては錦織有利と言いたいがここ数ヶ月の試合を見ているとテニス解説者ならフェデラーやや有利と言うだろう。そのくらいフェデラーがいいテニスをしている。」

私も同じ見方ですが、実力はかなり接近しているので実際の勝負の行方は分からないです。

Set1 Game1

結構フォア側にサーブを打ってくるフェデラー。
リターンがまだ合わない錦織。 0−1

Game2

速攻を仕掛ける錦織。二人共球が速い。 1−1

Game3

繋ぎの球を作らない錦織。
何気ないフェデラーのボレーミスで最初のチャンスを掴んだ錦織だが、エースで凌がれた。
フェデラーのネットプレイ、錦織のリターンエース・・・いやー序盤からレベルの高い試合・・・1−2

Game4

30−15からのDFが痛かった。
そして鋭いフォアを食らってブレイクを許す 1−3
フェデラーは最高のプレイをしている。

Game5

クリエイティブなラリーの応酬。ライジングサイドスピントップスピンロブとか・・・。
だがどうしてもわずかにボールがアウトしてしまう。 1−4

Game6

サービスのタイミングが合っていない。なのでリズムを作れない。少しずつアウトする傾向継続。
ただ、踏みとどまってキープした。 2−4

Game7

フェデラーのサーブがいい。畳み掛けた攻撃であっさりキープを許した。2−5

Game8

確率重視のファーストに変えた錦織。これが功を奏して楽にキープ。3−5

Game9

30−30からセカンドサーブに対するリターンをネットに引っ掛けたのが響き、セットを先取された。3−6

Set2
Game1

1st入ってラブゲームキープ 1−0

Game2

フェデラーも負けじとラブゲーム。サーブがエグい。1−1

Game3

またもやダブルフォルトがらみでブレイクされる。ストロークのミス多い 1−2

Game4

リスクを取ってるとはいえストロークのミスが痛い。
フェデラーのサーブがいいだけにラリーになったら確実に取らないといけない。 1−3

Game5

ナイスキープだが、1stサーブの確率が上がってこない。2−3

Game6

試合最初より執拗にフォアサイドのワイドサーブで錦織のフォアを狙うフェデラー。
そして痛いミスが全くない。ストロークも強い。 2−4

Game7

打ち急ぎのバックハンドミス、そしてフェデラーの深いリターンでピンチに。一旦はサービスエースで切り抜けるが、最後はまたもやダブルフォルトで落としてしまう。2−5

Game8

諦めない錦織は動いて攻撃的にプレーし、見せ場を作ったがフェデラーのサービスが崩れず。見どころあるラリーも多く見られたが、サーブ力の差、そしてストロークでも支配できず、完敗といっていい内容だった。フェデラー強し。 2−6

2:10追記

ブログに繋がりにくかったので更新が遅れました。
次の記事で全体的な感想を書きます。

32 件のコメント

  • 二人の天才のレベルが凄過ぎる!修造先輩も思わず「いい試合だぁ~」

      引用  返信

  • 天才は天才を知る・・・フェデラー選手は楽しいだろうな~自身と同じような才能の登場を待ってたかのような・・・今日、ここで対戦できたことは嬉しいかぎりですね!

      引用  返信

  • よし!なんとかキープ!喰らいついていって欲しい。日本語の応援よく聞こえます!

      引用  返信

  • くやしい〜!今日のフェデラーは強かった。完敗。しょうがない。次、次。
    どうか次こそはサービスが復調しますよ〜に。
    しかし負け惜しみだけどフェデラーの
    応援ウザかったな〜。

      引用  返信

  • しょうがない。
    でもラウンドロビンのいいとこ、次が明後日にある!!
    ラオニッチ倒して、ジョコビッチに準決でパリの復讐、決勝でフェデラーにもお返し、前代未聞の日本人ファイナル優勝プラス全豪の第四シード獲得。
    最高のシナリオですね。
    さあ切り替え切り替え。
    皆さんも圭くんも全神経をラオニッチ戦に集中です!!

      引用  返信

  • 残念でした。
    チャンスはあったと思うけど、要所要所フェデラーにおさえられてたな。強かった~。
    でも圭くん悔しいだろうなー。
    この悔しさをバネにまた羽ばたいて欲しい!!
    次はラ王かな?

      引用  返信

  • 圭、今日のロジャーは残念ですが、ベストに仕上げてきましたね。次のラオニッチ戦に向けてチーム錦織で対策を立てて、ファイナルトーナメント進出しに調整して下さい。まだまだ日曜日まで応援させて下さいね。そして良い思い出を残してツアーを締めましょう。

      引用  返信

  • 今日のフェデラーは強かったです。おそらく今年のクレーシーズン並みのサーブの調子で初めて互角になるかどうかという感じでしょう。
    しかしこれでラオニッチ戦がかなり心配です。パリ以降全然サーブの調子が上がらない中、
    ラオニッチに勝つイメージが湧きません。ラオニッチが思い切ってリターンしてきそうで。
    あと、手首は大丈夫だといいですね。デルポトロみたいになってほしくないです。

      引用  返信

  • 現地組の皆様
    大きな声で日本語の「がんばれーーーー!!!」、しっかり聞こえました。
    圭もきっと聞こえていたと思います。ありがとうございました!!!涙が出ました。
    皆さんは史上最高のラリーを目で耳で肌で感じることができたんですね、とても羨ましいです。

    今日のロジャーはキレキレでしたね。
    なんだか「ほら、僕も君みたいに打てるんだよ。君より速い打点で君より速く返球できるだろ?」って言っているようなショットでした。
    「だから君は僕には勝てないんだよ」って圭に思わせようとしているような。

    でも、それって実は圭によってロジャーの何かが覚醒させられたのではないでしょうか。
    それは圭も同じはず。圭もまたロジャーのショットによって何かを感じたはず。

    今日の試合は、圭がまた更なる進化を遂げる為に必要な試練だったのだと思います。

    圭、RRで良かったね!!!

      引用  返信

  • 悔しいが仕方ないくらいにフェデラーが完璧すぎましたね。
    持ち味は出してたけど、対マレーではポイントとれてた展開でも鋭くかつ嫌なところに返球され逆襲されましたね。
    サーブの質の差があった上にラリーでも主導権握れなかった。どちらかでも違ったら拮抗していたかも。
    でも最後まで自分のプレーを貫いていい試合でした。
    次も応援します。

      引用  返信

  • フェデラーは後ろで打ち合いたくないのが明らかでしたね。 ただ、打ち合いからのチャンボのミスが多かったのが敗因でしょうか。

    それと、フェデラーの要所のポイント力は、錦織選手以上でした。

    DF含めこれだけ改善余地が多い錦織選手はどんだけすごいんだ、というTTV解説者コメントも、もう将来を期待されるのではなく今を求められる立場になった錦織選手には空踈に感じられたかもしれません。

    チャンボミスは絶対あかん、としつこく言ってた先輩が昔いました。スマッシュミスしたら、よくどつかれてました。

    ラリー中で、流れで押してたらポイントを取るべきですが、そこはフェデラーの経験と試合巧者ぶりにやらました。

    まあたった一日はことですのできっちり切り替えてくれると思います。

      引用  返信

  • 今日のフェデラー強過ぎ~。
    クレーシーズンの頃のサーブに戻ってほしいなぁ。手首が原因なのか、修造さんが言ってた身体が早く開いてしまう癖のせいなのか?

    とにかく次次!ラオニッチに勝って決勝トーナメントだぁ!!

      引用  返信

  • No.1を取り戻しに来てるロジャさんでしたね!
    あのロジャーに圭くんの今日のサーブとショットでは勝てないです…どんまい!!
    2位通過でジョコにパリのリベンジ、決勝で再び!!のドリームコースでぜひ!!!ですね(笑)

    手首の心配は本人かチームから何かコメントが出てからしようと思います…( *`ω´)
    圭くんがまだまだシバけるぞ!って思えてるなら全力応援です!!!

      引用  返信

  • フェデラー強かったですね。サーブあまり良くないとこからリズムに乗り切れず巧くいなされた印象です。でも随所にとんでもないプレイ見れました。皆さんおっしゃるように次です!手首は大丈夫なのか気になるところですが、ラオに勝って、おそらくジョコ、そして決勝でフェデラーにお返しかまして欲しい!

      引用  返信

  • 今日は残念でしたが次があります!(^^)!
    1日空くのがまた嬉しいですね~次も結果はどうあれ力を出し切って精一杯戦ってほしいです。。
    勝ち上がって決勝でフェデラーと再戦できたら最高ですね!
    日本語の声援もよく聞こえていました!ひよこちゃんをお隣の人にアピールしてる?方もいらして微笑ましかったです(´▽`*)
    現地応援の皆さん、お疲れ様でした。そしてありがとうございましたm(__)m
    それでもって、次!木曜日のラオニッチ戦もよろしくお願いします(^^)/

      引用  返信

  • 残念、フェデラーに勝てず…
    フェデラー側コートが狭く感じた〜
    どこに打っても、いいところに返ってくる〜
    球も早くてまるで卓球観てるみたいでした
    ドロップとか考える時間なかったのでは

    手首も心配だし、眠れません(T . T)
    ラオニッチ戦も全力応援いたします

      引用  返信

  • 完敗だったけど、すごい試合でした。
    フェデラーの引き出しの多さをまざまざと見せつけられましたね。

    将棋かチェスの試合を見ているような感じでした。

    この試合で得るものも多かったのではないでしょうか。

      引用  返信

  • フェデラー強かった。
    錦織もこんなに速い、強い、正確なフェデラーとはバーゼル以来だったのでは?

    今年のフェデラーはまじで強いですね。ジョコビッチを圧倒した上海を思い出しました。サーブもリターンもストロークもほぼ完璧だった気がします。今日の錦織の出来では無理でしたね。

    手首が大丈夫なら、ラオニッチに勝って準決勝に行って欲しいですが、どうでしょうね。祈るだけです。

      引用  返信

  • いつも傍観者的にこのサイトにお邪魔しているのですが、この度ばかりは気になって・・・「怪我によるリタイア決まったんですか?残念です」これは正しい情報ですか?

      引用  返信

  • 天才同士の、凄まじい試合でしたね(((^_^;)
    いや~、マジヤバかったです(///∇///)
    こんなすごい試合を生で観れた現地観戦の錦鯉の皆さん、うらやましすぎ~!(*≧∀≦*)
    本当におめでとうございますm(__)m

    こんなにキレッキレのロジャー、久しぶりでした(>__<)/~~

    でも、次に勝てばまだまだチャンスがありますp(^-^)q
    しっかりリカバリーして、頑張ってくれ~!(σ≧▽≦)σ

      引用  返信

  • あれ?
    コメント、何行か無くなってる~(>_<)/~~

    まあ、いいか、もう遅いし。。(〃_ _)σ∥

      引用  返信

  • フェデラーがよかったというより圭君が悪すぎたように見えたんですが・・・
    いつもの力を半分も出せてないように見えました。
    マレー戦から怪しかったですが、やはり手首かなんかの怪我でしょうね。
    それを気にするあまり最初から足も動いてなかったし、バックもフォアもミスが多く
    強打も出来ないので、いつもは続くラリーが続かず先にミスしてました。
    まだ固かったフェデラーの最初のブレイクチャンスにミスでとれないのをみて
    いつものギアをぐっとあげる集中力がないのを感じて、すぐに不調を思いました。
    試合前から不安そうな表情で怪我の悪化を気にしていたのでしょう
    パリからサーブとストロークミスがこれだけ多いのは、確実に何かあると思います。
    いつもの圭君ならフェデラーに勝てると自信を持っていたので、今日は残念すぎて眠れません・・・
    実力負けでの完敗なら納得できますが、圭君明らかにおかしかった
    次のラオニッチ戦はかなり心配です・・・

      引用  返信

  • もぅ…仕方ない…と、思いました。
    Federerがキレキレで強かったです(>_<)
    さすが皇帝でした。
    圭クンは、Df あり、ちょいmissあり…
    今日のFedererに勝つには、それでは
    無理(-_-;)でしたね…残念。
    まだ次の試合ありますし、あ~ぁ~な
    気分は忘れます。
    圭クンもきっと次の試合は、負けず嫌いさん
    全開でくるはず♪
    またしっかり応援するのみ!!
    手首は心配ですが、中1日あるので
    痛みが酷くならないように祈ります。

      引用  返信

  • 残念です。 やはり手首に違和感というか痛みがあるのかもしれませんね。
    確かにフェデラーは素晴らしかったし、ミスをほとんどしてくれなかったが・・・でも やっぱりちょっとおかしかった。特にバックハンド。圭君にしてはイージーなバックハンドのミスが多すぎたし、バックハンドでの打ち合いをほとんどやってないように思えました。バックはヒットする直前に右手首を激しく返して打っているので、痛いと狂いが出るのでは・・・
    またテーピングをしてしまうと痛みが抑えられても、微妙な感覚がくるうのではないか・・・
    と全く素人考えですけど、そんなふうに感じました。
    次も頑張ってほしいけど・・・
    でも無理して長引くようなことだけは避けてもらいたいな・・・

      引用  返信

  • くそー!フェデラー強ええ!と言う圭くんの声が聞こえてきそうな試合。
    今日のロジャーは何処に打っても返すし、圭くんに”お前にはまだまだやられはせん”というライバル意識+本気が見えた試合だった。悔しーーーーーー!圭くん!ラオニッチに勝ってもう一度決勝であたって勝とう!

      引用  返信

  • フォトセッションで圭くんの背中に手をあてて何か声をかけてました。このとき、いい試合になると確信しました。

    スタッツを見ると走った距離はフェデラー1100mに対し圭君951m。いつもより早い展開のストロークでフェデラーを振り回していたのに、深い返球で逆にミスさせられました。でもやろうとしたことは間違ってなかったと思います。ロブ作戦も機能してました。

    試合前に「圭は本当に強い」発言がありましたね。マイアミのときは負けたくないプレッシャーにサービスが入らなくなってましたが、今回はライバルとして認め、全身全霊で勝ちにきてました。フェデラーもリスクを冒して攻めに攻め、切るか切られるかの死闘を制しました。

    スコアは一方的ですが、中身はきわどい勝負でした。すばらしい試合をありがとうと二人に言いたい。

      引用  返信

  • 先ほど一問一答出ましたね。安心しました。

    手首は100パーではないが、テニスは問題ない、フェデラーがチャンスをくれなかった、もうちょっとブレークしたかった、次はリターンが大切、って感じでした。
    正しくは読んでみて下さい。日刊スポーツかな。

      引用  返信

  • ショックと心配でまだ寝つけずです。

    でも、史上最強プレイヤーから得たものは多くこれからの圭には財産になると思います。

    ちょっと心配な手首の件は、試合後の会見で大丈夫だと話してたようです。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141112-00000004-nksports-spo

    やっと安心して寝れます。次のラオニッチ戦ではベストなプレイで準決勝進出決めてくれーーー!

      引用  返信

  • あのロジャーさえ圭くんの実力を認めるほどだから、本来ならもっと圭くんらしい試合運び出来た気がして…。最近特にですが、サーブが入らないのとUE多すぎる凡ミス、目立ちますよね。ロじゃも圭くんもライン内に殆どいて、展開の早い試合で面白かったけど、私たちを魅了する圭くんらしいゲームじゃなかったような気がして…悔しいけど、次のラオニッチにむけてサーブの強化、がんばって!

      引用  返信

  • Tweetyさん、本当にそうですね…

    確かにフェデラー選手は全盛期は過ぎたかもしれないけれど、錦織選手に触発されて「まだまだ高い壁となり立ちはだかる」との決意を新たにしていると感じます。
    いちファンとして今日の敗戦は残念ではありますが、相手の下り坂に乗じてではなく自らのカで「生きる伝説」を乗り越えるチャンスを得たのだと考えれば、錦織選手にとってこのうえない幸せであると思います。

      引用  返信

  • 現地で3日間6試合、観戦しました。現在朝5時 興奮して眠れません。
    3ゲーム目でフェデラーが、やっとの思いでキープした時、もう全て手の内を出しきったフェデラーには勝てる、と思いました。その後も、ものすごい質の高いショットの応酬に酔いました。2日目のAグループのワンサイドゲームと違う、ほんとにスコア以上の試合でした。
    残念ながらの敗戦ですが、まだ力をためているのです。ラオニッチ戦、トーナメントはやってくれる信じています。
    テレビで観戦している子供が、時々ままの声らしいのが聞こえるよ と報告してくれたのですが、ファイナル(イギリス?)の観戦は、独特ですね。
    少しでも圭君の力になりたく、両手には、常に現地ゲットの日の丸と、作っていった応援うちわ、声を張り上げて応援したのですが、静かなアリーナでは、かなり勇気がいって。
    今日は、帰り際、前にいた年配の女性に、ノイジー、と言われて、ソーリーと謝りました。
    少し気落ちしてたところ、このサイトで、応援を応援してくれているコメント見て元気でました。
    後ろ髪を惹かれる思いで、明日帰国しますが、これから現地で応援される方々、がんばって下さい!
    日本で、念を送ります。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。