錦織圭、鉄の壁を圧巻の攻めで粉砕する!(2015全豪オープン4回戦)

2015 Australian Open (Grand Slam)
4th Round
Kei Nishikori[5] def. David Ferrer[9], 6-3,6-3,6-3

勝ってくれるとは信じていました。ただ、鉄人フェレール相手にこんなスコアでの勝利は予想していませんでした。

正に「圧巻の攻め」。仕事の打合せの合間、iPhoneをデスク脇に忍ばせ、無音で観戦していました(不良社員、仕事はちゃんとしましたよ!今月も7GB超えそう)が、小さな画面からも迫力が伝わってきました。

フェレールとのこれまでの対戦成績は6勝3敗。しかも昨年は4連勝しています。そのことから錦織有利のトーンで報道される機会が多かったようですが、私は決して楽観視していませんでした。

というのも2つ前の記事でコリコリさんがお書きになった通り、3敗はいずれもストレート負けであったのに対し、6勝はいずれもフルセットにもつれ込み、ほとんどが接戦だったことから、現在の実力はやや錦織が上であるとは言えるものの、確実に勝利するとまでは言い切れないと考えたからです。

錦織もインタビュー等で「ラリーをさせてくれる点はやり易さもある」という趣旨の発言をしてはいましたが、それはプレースタイルについてのみの話であり、フェレールはプレーのレベル自体が高いので、ベテランの経験とタフな試合を戦い抜く気力・体力の前に我慢できずミスを重ねる展開も十分可能性としてはありえた状況だったと思います。

長年このブログをお読みになっている方はご存じと思いますが、私は「相性」をすぐ口に出すことを好みません。ほんの数回の対戦成績だけで統計的なことは言えないし、条件や試合展開が変われば結果もコロコロ変わるということを経験上知っているからです。

過去6勝3敗という対戦成績はそろそろ十分なデータが揃ってきた段階であり、「相性」を口にしてもいい頃だったかもしれませんが、そういうこともあって上記のような慎重な予想を立てていました。ただ、

  • 前回の対戦でファイナルセットは圧倒した点
  • フェレールとプレーすると錦織がストロークの調子を上げてくる点(本人もその現象を口にしていました)
  • 年齢的に錦織の方が成長余地が大きい点

などから、勝利に対しては大きな期待はしていました。スコアはともかく試合展開は予想通りで、錦織が気持ちよく打ち込んでいましたので、ここにきてのこの舞台でこのスコアでの勝利はやはり相性がいいと言っていいのだと思います(遅い)。

フェレールにはシモン戦の疲れもあったはずというのは当然、考慮しなければなりませんが。

過去にはプレイスタイル的な相性は良くても結局粘られてミスして負けることがありました。2013全豪では逆にストレートで負けていたわけで、そこからの錦織の成長がいかにすごいかが分かります。

これで自己最高タイのベスト8。会心の勝利でさらに勢いに乗って、次の試合も頑張ってほしいです。

でも、まだ優勝を口にするのは早いですよ!1戦1戦です。その先に優勝があるのです。

136 件のコメント

  • いやー強かったですね!フェレール相手にこのスコアとはどんだけレベルアップしてんだ?って感じです。
    しかし強敵相手なので最初から気合入ってるのが目に見えましたね。頼もしい。

    こっちのコメンテーターが言ってたのが、フェレールは高いレベルで安定しているのでトップの選手には最適なバロメーターで、彼に安定して打ち勝てるようになるということは相当強い証だ、ってなことを言ってまして確かにその通りだと思いました。
    コメンテーターの方々そろって圭に脱帽してるので聞いていて楽しいです。

    スタン戦ホントに楽しみ~♪
    レッツゴーけーい

      引用  返信

  • ユーロスポーツの番組で、game, set and Matsっていうビランデルがホストの番組があるんですけど、そのビランデルが、圭は怪我でもしない限り現役のうちに絶対にグランドスラムをとれる!って断言してましたよ。
    日本(人)は(この番組)聞いてないかもしれなけど、、、言いながら。
    バックハンドはジョコービッチと同レベルだし、フォーハンドもエクセレントだし、どのサーフェースでも戦える。すべてのクオリティを持ってると。。。(ちょっと端折ってますが、もう少し具体的に言ってました)
    成長したいんだ!いうことが彼の目を見れば伝わってくる。
    チャンの元で集中力もすごいしね。ってなことを熱く語ってくれました。

      引用  返信

  • ようやくBest8ですね。フェレール相手に3-0はヤバいです。欲を言うなら今後の対戦の為にブレーク無しで格付をしたかったですが、ちょこっと中田瑠美氏が出てきましたね。

    決勝でナダルに勝つ夢を見ました(→気が早いw)。ナダルは「圭、おめでとう。いつか君に負ける日が来るだろうと思ってたんだけど、それがこの全豪オープンの決勝になったのはきっと偶然じゃないと思います…」とかインタビューで言ってました(笑)。正夢期待!

      引用  返信

  • 解説者については好みが分かれますよね。私は、坂本さんや土橋さんが解説していると画面に集中できます。

    修造さんの勉強になることも多いし、試合を勝った後に見る分には楽しいですが、ハラハラドキドキしながら見守っているときには負担になるので消しています。

    できればNHKがウィンブルドンでしているように二か国語放送にしてマッケンローさんなどの解説が聞けたら楽しいかなと思います。これからますます世界のひのき舞台で活躍するのですから第三者的(?)な立場の解説者の声にも触れてみたいと思いますのでいちど両局に要望を出してみようと思います。
    世界をめざすジュニアたちにとってもテニス英語の勉強になるし修造さんも賛成してくれるかもしれませんね。

      引用  返信

  • QF進出、おめでとうございます!!!!
    フェレール選手との試合は、打ち合いになって見ていて本当に楽しいです。(勝ったので尚更!)
    次のバブリンカ戦までに、疲れを取って、万全な状態で戦ってほしいですね‼︎
    錦織選手、頑張れー!

      引用  返信

  • 解説もですが、ワイドショーなどでのコメントも、おいおい、ですよね~(^_^;)
    日本での長年のテニス氷河期のせいで、テニスをちゃんと語れる人材が不足しているか埋もれてしまっているってことでしょう。
    錦織の活躍を機に、いろいろな人材にスポットがあたると楽しいですね!

      引用  返信

  • あ、修造さんのことじゃないです。コメンテーター全般。

      引用  返信

  • 遅ればせながら、強い圭くんが見れて本当によかった!

    フェレールとのラリーは鍔迫り合いのようでした。その中で、どちらが先にスイッチを入れるかを観てました。
    そのおおくの主導権を、圭くんが握っていたと思います。圭くんがラリーの角度やスピードに変化をつけることで鍔迫り合いが斬撃の打ち合いに様変わりして、最後はウィナーでバッサリ!みたいな見応えのある試合だったと思います。

    バブリンカもアイアンですが、いまの圭くんはさながら斬艦刀!「我に断てぬ物無し」とばかりに、一刀両断してくれる事を期待してます☆

      引用  返信

  • 私も最近は修造さんの解説はちょっと違和感を覚えています。心理描写(予想というより妄想と思える事も多い)が多すぎですよね。修造さんの事は好きなので今の所wowowで観てますが。

      引用  返信

  • 自分がテニスをやっていた頃は
    (といっても10年前程度)
    プロの試合なんてほとんど放送が無いので、
    友達からVHSを借りてやっと見ていました。
    それが今では解説者を選べるまでに…
    ネットではライストやyoutube。
    こんなに沢山の「教材」をリアルタイムで見れて
    今、現役の子たちは本当にうらやましい!

      引用  返信

  • 私も修造さんは興味深い話も多く、嫌いではありませんが、4回戦の途中でたまらずNHKに切り替えてしまいました。

    ちょっと錦織選手がいいプレイをすると「ゾーンに入った」と解説し、この言葉を
    あまりに頻繁に使いすぎて振り回されているような気がしたものですから。
    良いプレイをしているくらいに抑えてほしいです。

    私はWOWOWの解説では坂本真一さんが好きなのですが、今回参加されていなくて残念です。

      引用  返信

  • 修造さんを大目に見てあげて下さい~笑

    とても役割意識の強い方なので、テニス普及の為にコアなファン以外に向けて敢えて「わかりやすく」「演出過多」にコメントしている面があるかと思います。

    ネガティブなコメントに関しては、ご本人の性格もあるでしょうが(自認していらっしゃいますね)、自身がハードルを引き下げるコメントをする事で、「GSベスト8程度は当たり前」「すわ優勝か!」というワイドショー等で見られる風調から錦織選手を守り、同時にプレーの凄さや偉業ぶりを幅広い人々に手触り感をもって伝えようとする意図を感じるものですから…(もちろん、落ち着いてじっくり観たいという方の気持ちもわかります)

      引用  返信

  • @Wake さん

    「ゾーンに入った」それ分かります(笑)。特に最近よく使ってますよね。あと修造造語?みたいなのが時折飛び出してきて、インタビューとかで「???」という事も、、、2回戦位までは良かったのですが(苦笑)、できれば色々な方を解説に呼んで頂いて聴き比べてみたいかな~。

    圭くん、(かなーーーり先の話ですが)現役引退後は日本を拠点にって考えがあるみたいです。テニスアカデミーを開校してくれたら、孫入れたいなぁ~(笑)。
    http://jp.reuters.com/article/sportsNews/idJPKBN0L002M20150127

    全豪Junior、日本人選手も頑張っていますね。会社の同僚の男性が、高橋悠介君と同じマンションに住んでいて、お父様とお知り合いらしく、それ以来、勝手に親近感を持って彼の応援をしています(^▽^)。今日はダブルスに登場です。そして、福田創楽君(確かIMGでしたよね?)は添田選手と死闘を演じたウマー選手の弟とダブルスを組んでいるようです。今日、シングルスとダブルスの2試合あるようなのですが、これって、かなり過酷ですよね・・・(>_<)

      引用  返信

  • Twitterなどを見ても、修造さん解説の評価は二分してますね。
    すごく面白くて分かりやすいっていうのと、もう勘弁してくれみたいなのw
    最近、テニスを見る人が飛躍的に増えたので、ニーズが多様化するのは当然かと思います。
    それにWOWOWの、他局に修造さんを取られる訳にはいかないという事情もとてもよく分かるので、ここはやっぱりサブチャンネルでしょう。
    ご紹介してくださった海外の方のコメントとか読むと、ニタニタしてしまいます。
    マッメンローさんの解説とか聞けたら最高です

    他の多くのみなさんもそうだと思うのですが、修造さんが嫌いな訳ではないです。
    ってか私は好きです(^^)
    解説もさすがと思うところもたくさんあるので、決めつけや過剰な妄想、自分の言い回しに酔ってしまうwなどでお腹いっぱいになってきたらサブチャンネルに変える…なんてできたらいいなあw

      引用  返信

  • 圭は次もナイターではなくNB14:00ですね、、19:30開始を切願してたんですが。

      引用  返信

  • 実家の父が「昨日は錦織、強かったなぁ。おかげで夜更かししてもうたわ」と言ってました。NHKが再放送してたんですね。
    テニスファンを増やすにはプレーをみてもらうのが一番なので地上波で流してくださることに感謝です。
    私は今回からWOWOWに入って満足してます。リアルタイムで他の試合もみれますし。…
    仕事柄ナイトマッチだけですが、ナダル対スミチェック、マレー対ディミトロフ等々時間の許す限り楽しんでいます。
    錦織選手の試合は録画ばっかりですけど、それでもありのままのプレーをはじめから最後のインタビューまでみれて嬉しいです。
    ただサッカーも好きなのでリーガが映るため毎日スポーツ三昧で困ってます。
    でもここまで勝ち上がってくれた錦織選手に感謝し、残りの試合を精一杯応援します!
    解説云々より錦織選手をみてればいいんですから。(笑)
    ちなみに我が家では修造さんの解説は突っ込みどころが満載で人気はあります。
    明日が楽しみです。

      引用  返信

  • 明日のOOPが出たようなので、改訂します。
     
     
     全豪オープン準々決勝 vs.スタン・バブリンカ 対戦情報
          
     Australian Open (Grand Slam)
     [Surface:Hard,Draw Size:S-128]
          
     Quarterfinal 
          
    対戦相手:[#4]Wawrinka, Stan (SUI) 4位 29才

    • キャリアハイ3位(27.01.2014)
    • 本大会前回優勝者2008北京五輪ダブルス覇者
    • シングルスの通算タイトル数は8(内ハードは4)。
    • 身長183cmのビッグサーバー。片手バックハンドのコース打ち分けが絶品
    • 1月のチェンナイではSFでGoffin(22位)に7-5,6-3勝ちする等して、今季早くもツアー優勝
    • 今大会4Rでは好調Garcia-Lopez(37位)と3時間を超える熱戦を演じ、7-6,6-4,4-6,7-6で勝利。2年連続のQF進出を決める。
    • 今季の公式戦成績は8勝0敗(圭は6勝1敗)

    対戦成績
     1勝2敗
      ×2012ブエノスアイレスQF:4-6,2-6【泡26位 def.圭17位】
      ×2012シンシナティ3R:3-6,3-6【泡26位 def.圭18位】
      2014全米QF:3-6,7-5,7-6,6-7,6-4【圭11位 def.泡4位】
          
    試合日時
     現地時間:1月28日(水) 11:00開始の第3試合 NB14:00 [Rod Laver Arena]
    (日本時間:1月28日(水) 9:00開始の第3試合 NB12:00)

     ※昼12:00(日本時間)にはスタンバイしておきましょう。
           
    天候予報:晴れ~曇り
         
    生観戦手段

    • 大会公式ライブスコア
    • NHK地上波(生中継未確定)およびWOWOWによるテレビ中継

    勝利獲得Pt:今大会720pt(実質加点360pt2/2付最高4位)+鼻血賞
         
    平均Odds:Wawrinka- vs.圭-
     
    応援フード
     Coming soon

      引用  返信

  • まゆさんにも一票!私も突っ込みどころ満載の修造さん、楽しみにしてます。

      引用  返信

  • 私も修造さんの事はとても好きです
    でも好みがあるので仕方ないですけど 真剣勝負のスポーツシーンを集中して観たい私には
    修造さんの解説じゃない方が嬉しいです

    解説じゃなくてダバディさんと一緒にMCみたいなポジションやリポーター的な役割りなら
    修造さんのキャラも活きるし修造さんならではの話も聞けて楽しいと思うのですが‥‥

    なーんて勝手な事を思ってしまいました

    でもwowowは有料チャンネルですし 視聴者の様々な意見やリクエストを言うのは有りだと思いますし

    ここの場でも こんな話がたくさん出るのは皆がテニス愛に溢れてるからで
    皆さんの様々な意見が聞けてとても勉強になります

    あ、話変わりますがベルディヒがナダルに1セットUPですね
    悲願の打倒ナダルなるか!?

      引用  返信

  • うちでは、嫁が修造解説推しで、私は修造さんの解説チョイ苦手です。ま、いろんな解説があって、いろいろな意見があってよかったなあ♪ライストの「ここで固まるかい!?」で見るしかなかった今までを考えれば、ATP250までテレビで見れるんですものねえ=^_^=

      引用  返信

  • 今日1/27の日経新聞朝刊2面に「錦織圭の挑戦1」という記事が出ています。半分以上は経済効果に関してですが、盛田さんやユニクロの開発担当者の談話も出ていて次回が楽しみです。

    同じ朝刊の「私の履歴書」が今、王貞治さんが執筆していて、その中に「あのゾクゾクする勝負の世界に身を置きたい」ということばがありました。まさに錦織圭に当てはまる言葉だなぁと読みながら思いました。

    錦織は技術的にも戦略的にも小さい頃からずば抜けていたようですが、それに加えてあの優しく謙虚な性格ながら「大舞台のゾクゾクする緊張感の中に身を置いて強い相手を倒したい」
    というギラギラした欲望がTOP3と並ぶほど突出しているところが、アスリートとして世界的に希な逸材であり、彼を今の位置まで押し上げている要因なのだと感じます。

      引用  返信

  • 私もしまちゃんさんと同じ意見です。
    修造さんの解説は過剰で試合を集中して見れません。
    かなり決めつけ的な心理描写も、ラリー中のささやきボイスもして欲しくありません。
    副音声で解説ナシを選べたらいいのに。

    でも人気のある修造さんを起用することによって
    テニス人口(観戦人口含む)を増やすということに繋がってるのは事実ですよね。
    だから、ダバディさんと同じMCでいいと思うんです。

    WOWOWさんにこの内容を伝えたいのですが、
    HPではお客様の声を紹介しているページしかなくて、ご意見はこちらとかないですよね?
    やっぱり電話ですか?

      引用  返信

  • Altsのようにこの世にはものが分かる人もいるのです。

    この国民にしてこの政治家あり。

    スポーツのファンと解説実況者に置き換えても当てはまる含蓄です。

    日本の野球の解説実況がなかなかよい理由を考えてみてください。

    日本のファンのレベルがあがれば修造さんももう少し頑張り過ぎなくてもよくなるのです。

      引用  返信

  • >ぴなさん

    WOWOWに意見を届ける方法ですが,My WOWOWのアカウントを持っていらっしゃるなら,問合せのフォームがありますよ。私は今日の昼に,「問い合わせではなく要望です」と書いて送りました。アカウントがなくても,問合せフォームがどこかにあるはずだと思います。

    私も修造さんは試合解説ではなく,ダバディさんのようにアンカーとして起用してくださいと要望しました。また,修造さんが試合中,「圭」「錦織選手」「錦織」と呼び方がコロコロ変わるのも気になるので,それも意見として伝えました。

    私の友だちは,かつてTBSに,東レPPOのカメラアングルについて,USオープンのビデオをつけて要望を送ったら,改善したと言ってました。本当かどうか定かではありませんが…。

      引用  返信

  • 修造さん談義に華が咲いてますね!
    修造さん、MC案はいいです。場を盛り上げるのには素晴らしいかたですから。
    たまには修造さんの解説でもいいのですが、岩淵さんなど他のかたの解説もお願いしたいです。
    なんだか、前は土橋さんばかりでしたが、偏らないでローテーション的にやってほしいなあ。

    修造さんは、日本のテニス界にとってはとっても大切な人じゃないでしょうか。
    引退してもあんなに有名なスポーツ選手はそうそういないです。
    圭君効果にあやかる設けもあるでしょうけど、基本的にはWin-Winの関係じゃないでしょうか?
    修造さん効果でさらに圭君についても注目が集まってると思うし、協会もありがたいでしょうね。

    それにしてもサブチャンネルで英語か無声はお願いしたいです!そんなに難しいことなのかしら?
    そういえば、マッケンローさんは、全米のジョコとの戦いも解説してらしたみたいですが、かなりジョコびいきだったらしいです。
    聞いてないのでよくわからないですが、外国の人の「Nishikoriに対して失礼だ」みたいなコメントが散見してました。
    誰でもある程度は有名選手びいきのところはあると思いますが・・
    好みによりますが、海外の実況とかが必ずしも優っているということはないと思います~

      引用  返信

  • 私も修造さんの解説は好きですねー
    何よりテニスプレイヤーとして世界で戦ってきた方なのでトッププレイヤーの強さを肌で感じてきた上での解説は本当に聞いてて気持ちが良いです
    日本のテニスプレイヤーが世界のトップで戦っている事が自分の事のように本当に嬉しいんでしょうね

    どこかで錦織選手に便乗した下らないお金儲けするなみたいな意見も見たんですが修造さんも生活があるのでそれも大切な仕事なんだと私は捉えてます

    何より修造さんの実績があるからこそ錦織選手が活躍することでお仕事が貰えるんでしょうし

    人の好き嫌いはそれぞれなんで賛否が別れるのは仕方ないんでしょうが私はあの暑苦しい性格は許容範囲です
    なによりあの極端な戦力分析のグラフが笑えて楽しみです(笑)

      引用  返信

  • MIYAさん、回答ありがとうございます。
    問合せフォームで要望を出したらいいのですね!
    後でやってみます!

    WOWOWさんは実家に居た独身時代からの付き合いですが、
    なかなか視聴者の意見も取り入れて頑張っていると思います。
    ここで愚痴っていてもしょうがないのでちゃんと意見してきます!

    わんわん丸さん、私もあのグラフがセットごとに変わるのを見てかなり笑えました(^_^;)
    毎回、分析じゃなくて結果やろーと突っ込んでます。
    ツッコミどころ満載なのも魅力ではありますね(笑)

      引用  返信

  • 修造さんの解説、心理描写、多いですが、
    大好きです。

    keiが本当に追い込まれている時、あります。もちろん、全選手、すごいメンタル戦で

    戦っているのですけど、1試合真剣にみると、終わったあと、ぐったりです。

    修造さん、メンタル的な解説、多いですが、よりkeiの気持ちに近づけます。

    他の解説の方、当たり障りのない解説、全然魅力がないです。

      引用  返信

  • 私を含めてその他の方も殆どがそうだと思うのですが、あくまで修造さんのテニス生中継解説に「限る」個人的な合う合わないの話です。生中継解説は個人的には合わないけど、修造さん自身や人間性やコラムや多くのご活動やご発言など…私は全て大好きですよ。
    私的には修造さんは熱い方だと思うけど、暑苦しいと思った事はないんです。解説議論が、まるで修造さんが苦手の様に思われていたらとても残念ですので、よろしくお願いします。

      引用  返信

  • わんわん丸さん、ぴなさん、あの修三グラフは面白いですね

    ゆうべのマレーvsキリオス戦で第1セットをマレーが取ったあと、マレーとキリオスの守備力が10:0になっていて、守備力ゼロはないやろ!と思わず心のなかで突っ込みました(笑)

    他の解説の方は技術・戦術面の解説を淡々とされるのに対し、修三さんはメンタル論の比重が高いので、好みが分かれるんでしょうね。私も贔屓の選手が勝っているときはいいんですが、負けていると疲れます(^^;
    まあ、NHKも選べますし、修三さんらしい熱い解説もアリだと思います

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。