逆転で準々決勝進出も、調子はいまいち?(2015メンフィス2回戦)

2015 Memphis (ATP 250)
2nd Round
Kei Nishikori[1] def. Ryan Harrison, 3-6,6-3,6-4

ポテンシャルは評価されているとはいえ165位に低迷するハリソンに第1セットを取られる嫌な展開でしたが、その後はリードを許すことなくフルセットで勝利することができました。

ただ、内容としてはあまり良くなかったようです。ミスが多く、1stサーブの確率はトータルで52%に留まりました。
大会の初戦に苦戦することはよくありますし、真夏のオーストラリアから冬のインドアへ移動して慣れない部分もあったと思われます。サーフェスも速いとの噂でアジャストするために時間を要している状況かもしれません。これからの試合で調子を上げていけば3連覇可能だと思います。

5位に到達し、挑戦される側に立つ場合がほとんどになりました。今回のハリソンも序盤から積極的に攻めてきたようですので、スロースターターの癖が顔を出さないように工夫が必要だと思います。
言うのは簡単ですが、慎重すぎてもいけないし無謀すぎてもいけませんので非常に難しい調整が必要です。
そのためにはサービスを安定させることが最も効果的ですが、これも地道なレベルアップの積み重ねが必要です。
我々から見るとフォームは毎回同じに見えるものですが、プロは必ず毎日フォームの微調整を行い、その日の「打ち方」を決定していると思われます。「打ち方」を多く持つことができれば「今日はこの感じなら入る」という「解」を見つけることが容易になります。

最近の錦織は、サーブの時の動作や間の取り方一つをとっても、以前より確信してサーブを打つ場面が増えましたので、「解」のバリエーションを増やしつつあるのではないかと楽観的に想像しています。今日もファイナルセットは63%まで確率が回復していましたし、もっと試合の早い段階でサーブを修正できるようになれば、100%以上の力で向かってくるランキング下位の選手に対し危うい場面を迎えることもめったなことでは起きないようになるでしょう。

次の対戦相手はクライチェクですね。96年ウィンブルドンを勝ったクライチェクと何か関係あるんでしたっけ・・・?

50 件のコメント

  • カルロビッチの敗退で一安心したのは私だけではないはずw
    ラリーでは錦織負けないし初戦突破したしこのまま勢いが出てくるんじゃないでしょうか?

      引用  返信

  • ミスが多かったようですけど、まずは勝利して良かった~
    サーブの入りも悪かったのですか、なるほど。

    他人のPCはライストが頑丈にブロックされていて、実況板で経過を見まもっていました。

    板だけの観戦、ってチャレンジャーまわっていた頃見てたライスコより、意外に冷静にしておれました。
    (ライスコって、ジッと集中してPCを見てて突如、ドン!とソコアが変わるので心臓に悪かったです。)
    まっ、圭君があの頃より別人のような強豪になっているので観る側に余裕があるからかも知れませんけど。

    超久しぶりの板、相変わらずnamicchiroさん、ソコアつけを頑張っておられました。
    この方、かなり以前ですが、勝利してインタビューされた圭君の日本語スピーチをほんの1、2分後にはアップされていた、のにはタマゲました。
    キー打ちの神様!としか思えません、片指で打つ小生にとっては。

    実況板のみなさん、ありがとうございました。

      引用  返信

  • インタビューに答えるのをスピーチとは言いませんね(汗)

      引用  返信

  • 英語版Wikipediaの「Austin Krajicek」の頁には、「He is a distant cousin of Dutch tennis player Richard Krajicek」って書いてありますね。
    「遠い親戚」ってどれくらいの感じなのか、裏付けが取れないので何とも言えないですが(^^;)。

    それにしても、↓は時事通信の記事で、クライチェクとは実力差はかなりあると思うんですが、その中でも元ルームメートとかの気心の知れた旧友だとやっぱりやりにくいんですかねぇ。
    http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2015021200663

      引用  返信

  • 「最後までラケットが合わなくて、その中で良く勝ったなという感じ。」という錦織の話が出ていました。

    う~ん。繊細な感覚が持ち味の錦織ですが、TOP10選手でもない、それも100位以下の選手相手に対して、ここまでストリングスに左右されてしまうのは不安です。NO.5ですから、「弘法筆を選ばず」位で行って欲しいものですが・・・他のTOPの選手たちはどうなんでしょう?

    あと最近思うのは、インタビューであまりにも正直に色々な事を答えたり、話し過ぎてる気がします。今の錦織は誰からも研究される立場にいるので、言わなくてもいいことは言わないでおく、というのも戦略の一つだと思います。全米前のインタビューでも弱気発言をしてマイケルにすごく怒られたと聞きました。

    いくら事実とはいえ、「ビッグサーバーは苦手」とか「あまり当たりたくない」とか、自分の弱みを敢えてさらすことは、20位の選手ならいざ知らず、世界5位のTOP中のTOPの選手が口に出すのは違和感があります。錦織以外の選手の口からそのような言葉を聞いたことは私はあまり記憶にありません。錦織らしいとも言えますが、皆さんはどう思いますか?

    錦織自身が全豪で言ったように、5位という位置にまだ慣れてないということなのかもしれませんが、クーリエが「しばらくこの位置にいることになるんだから、早くなれた方が良いよ」と言ったように、もうそろそろ自分が世界のTOP5の一員であることをあたりまえ、と思うくらい自分に染み込ませて欲しい気がします。

      引用  返信

  • 団長の記事、いいなあ。
    『解』の話のように、内面の事を言葉にできるってすごいと思います。
    何度も読み返しちゃいそう。

      引用  返信

  • まず話題にあがらないとおもっていたクリックステイン選手が記事になったので
    ハンネを くりっくすていん からこちらに変えます。

    スロースターターではあるんですが、最近特に感じるのは
    錦織の中で明らかな実力差があると感じているであろう相手に対して
    ナメているとまではいいませんが、ちょっと雑というか・・・。
    私たちが思い込んでいるほど、錦織は(勝負に関して)「良い子ちゃん」ではないかもですね(^^;)
    邪推ならそれにこしたことは無いのですが、なんとなく感じたもので。

      引用  返信

  • YURIさんの意見に同感です。錦織チームは、他の選手への影響という意味で、自分に不利になる、あるいは、相手に有利になるような情報を充分コントロールできていないのではと感じています。実際には「今日の状況では勝てるとは思わなかった」としても、他の有力選手がそのようにストレートに発言しているのを知りません。彼のフランクなパーソナリティといってしまえばそれまでですが、ジョコビッチ当たりであれば、そ知らぬ顔して、相手の自信になるようなこと一切言わないような気がします。
     それと、錦織対策、プレースタイルの情報が徹底的に研究されているようですが、錦織チームの情報戦略はあまり有効に機能していない気がしています。最近、ラオニッチやバブリンカのようなビッグサーバーへの敗戦後、サーブが全く読めなかったなどと言うことが増えているような気がしてなりません。最近も、ニッポンハムの大谷投手が、口をしっかり結んだ時には、必ずストレートを投げるという癖を他チームに見破られたと言われてましたが、あれだけの早いサーブをリターンするには、動作や表情、くせなどの徹底的な研究が必要な気がするのですが、その辺は十分な対策がされているのでしょうか。
     チャンコーチが中心となって、情報戦略は立てているのでしょうが、世界で一番になるために一層情報戦略を強化して欲しいです。

      引用  返信

  • 今日の圭はシューズがバリケード8+のグリーンのマレー使用モデルでしたが、バリケード2015は合わなかったのですかね?
    全豪後の練習ではバリケード2015のネイビーを履いていましたが…

      引用  返信

  • Yuriさん

    ハリソンがどれだけ期待をかけられてきた選手だったか知ってますか。実際にも彼のhighest rankingを見ればシニアツアーでも一定の戦績を残した選手だとわかりませんか。彼の身体の強さを見て取れないですか。バブリンカのようにがっちりとしたはちきれんばかりのパワーを持ってる選手なんですよ。弟のクリスチャンもなかなかいい選手だからついでに調べてみてよ。

    ハリソンはいい選手だよ。フォアがガスケのようにおかしなことになっちゃたけど、テニスはガスケのように見る人が見ればすごい才能の持ち主だとわかるよ。

    その国のその年代のトップがひしめきあってるツアーですよ。錦織君が1セットを落としたからって調子が悪いとかそういう問題じゃない。相手が強いんだ。

    皆世界の選手を知れよ。無知なせいで錦織君なら勝って当然なんて客観的な実情から乖離した期待をかけるのは錦織君のためにならない。

      引用  返信

  • wowowさん、映像いっぱいです。
    大会前の練習や、試合後のインタビューなど。
    http://st.wowow.co.jp/sp/special/detail/146
    準々決勝もオンデマンドでライブ配信ありだそうですね。

    wowowさんの張り切りはもちろん嬉しいのですが
    永年gaoraさんの迅速果敢な仕事 振りにお世話になった身としましては
    「gaoraさん、ファイト」と申し上げたいです。

      引用  返信

  • 前に日本のマスゴミがバクダディスのことを格下とかいってたけど皆さんはそんなアホな認識じゃないですよね。

      引用  返信

  • マスゴミ言ってるからバグダティスがバクダディスになってる 笑

      引用  返信

  • 圭くんの自分に不利になる発言についてですが、ビッグサーバーが苦手なのはほとんどの選手が苦手な筈です。 ただ多くの選手は同時に結構なビッグサーバーでもあるのです。
    然し圭くんはよくなったとはいえまだサーブ強化の途上です。インタビューなどで喋っても喋らなくても、みんな知っているはずです。喋らないようにすることはあまり問題ではなく、日々努力していただいて もっと強化していただくことが大切と思います。確率もスピードもコース etcもです。すぐに成し得るほど簡単なことではありませんが、良くなっていくと期待しています。ただ怪我や痛みや疲労などについては、やはり言わない方がいいと思います。

      引用  返信

  • てぃ さん、yuriさんは錦織選手に大きな期待を持ってみえるのだと思いますよ・・・表現の仕方が大胆か慎重かの差であって決して他の選手を甘くはみられてないと思います。
    私はハリソン選手に勝って当たり前と思いつつもファイナル5-4の錦織選手サーブでデュースになった瞬間は吐きそうでしたΣ(゚Д゚)小心者です・・・(*´▽`*)
    私もマスコミは対戦相手の評価が低すぎると思います。バグ選手とは大会の序盤で対戦するには未だに怖いと思います。

      引用  返信

  • ていさん

    ハリソンが良い選手なのは知っています。今日の試合も良いプレイをしていたと思います。

    >皆世界の選手を知れよ。無知なせいで錦織君なら勝って当然なんて客観的な実情から乖離した期待をかけるのは錦織君のためにならない。

    ここに訪れる人達は錦織ファンでありながら、純粋なテニスファンである人達がほとんどです。皆、無知ではありません。でも実際問題として、ランキング5位で大会トップシードの選手が、予選上がりの165位?の選手に勝つのは当然、と思われるのが普通だと思います。

    今日の出来に関しては、錦織本人も「最後までラケットが合わなかった」と言っているように、チャンスボールを何回もネットにかけたり、フレームに当たったりと自滅気味なミスを連発していたのは、試合を見ていればわかったと思います。ハリソンも良かったですが、それ以上に錦織が良くなかったと思います。1セット落としたことが問題ではなく、その落とし方が問題だと私は思っています。もし上位選手相手に自分のミスで簡単に1セットを献上したら、やはり勝つチャンスは少なくなります。

    今後2.3年のうちに、グランドスラム優勝、世界NO.1を目指す錦織ならば、こういうセットの落とし方やスロースターター気味な癖?は改善していくべきだと思っています。過度の期待?とは思いません。過度の応援wです。

      引用  返信

  • 全豪含めてランキングが低い選手相手にすっきり勝てていないからフラストレーション溜まってる方が多いのかな?
    大会初戦等はフィーリングが合わなくてトップ選手でも苦戦することは珍しくないので別に気にする必要はないと思います
    ロッテルダムの方でもディミが負けたりトップ10選手たちも1セット落としたりしてますしね
    追われる立場になってプレッシャー等も多くかかり、思うようなテニスができていないようにも見えますが、苦戦しようと勝てている限り何の問題もないと思います
    むしろ精神的に苦しみながらも勝ち進んでいくことは今後の糧になると思います

      引用  返信

  • 前のスレにバックスピンさんがコメントしてくれてましたが、今日はハチマキだったんですか?

    久しぶりな気がしますね。
    日清のSAMURAIコマーシャルの影響だったりして~?

    それなら全豪でハチマキにしろって突っ込みが入りそうですけど、全豪は暑いし眩しいからハチマキできず、今回はインドアだしそこまで暑くないから、いよいよハチマキの出番だったのかも。

    ああ見えて、意外と(CMを)意識してたりして?!

    それにしても勝って良かった!

    スロースターター、下位選手相手に雑、発言が隙だらけ、対戦相手の情報分析が甘い、等々、肘の怪我で休んでた時を思えば、夢のような贅沢な心配ですね!

    トップ目指して頑張れー!!

      引用  返信

  • 確かにミスが多くてサーブの確率が良くない心臓に悪い試合でしたね〜。
    それでも、絶対逆転してくれるだろうという確信はありました。
    それだけ成長しましたよね!
    こういう試合の後はいろいろともの申したくなるのは当然と思いますが、
    「TOP5の選手だからこうしなくてはらない」というような雰囲気はなんだか
    「あなたお兄ちゃんなんだから!できて当然でしょ!しっかりしなさい!」と怒られてるみたいで,,,,ToT
    なんだか私の方が読んでてしゅんとしてしまいます。。。。

    TOP選手はこうでなくてはならない、という答えはあるような無いようなもので
    No5というのも単なる数字ですよね。
    今日のような雑なミスのある状態は、手首の痛みやラケット、それから様々な要因から来るメンタルの乱れかなととらえています。
    一時的な波であり、彼の技術力が下がってるわけではないと。
    大きくくくって「メンタル」といってもいろいろですが。
    ほんの些細な何かで、プレーが乱れちゃうのでテニスって本当に難しい。
    (素人のテニスとオーバーラップさせても失礼ですね^^;)

    まとまりが無くて稚拙な文章で失礼いたしました。。。
    今発売中のNumber 871号の、圭のお父様のインタビュー記事のご一読をお勧めします。
    圭の事を「怖い人」と言っています。興味深い記事です!

    あと、案外自分の心情をしゃべってしまうのも、作戦の1つになりうるというか。
    「あんなに弱音はいてたくせに、錦織めっちゃつえー」
    て、相手にダメージ倍増な気がして(笑)

      引用  返信

  • 映像見れてないのではっきりしたことはわかりませんが、もともとここのコートは高速でビッグサーバー有利です(^_^;)
    リターンは、コンマ何秒を争う世界なので、テンションがあわないと思うようにコート内に収まらないんでしょうね~(^_^;)
    もともと0.1ポンドの違いがわかるという、プロの選手もびっくりの繊細な感覚の圭なので、常人には理解できないものがあるんだと思います。
    昨日も、最後の方でやっと張替のラケットが戻ってきたらソッコーでラケットチェンジしていたようですし(^_^;)
    それでもビミョーに合わなかったみたいですけど
    ロジャーもテンションを気にするので、テニスの世界では“弘法筆を選ばず”とはいかないのではないでしょうか?(*_*)
    過去の試合でも、何度も何度もラケットを張替に出し、やっとテンションが合った時の別人に変身する様子を目撃しているので、次の試合で確認したいですね!d=(^o^)=b

      引用  返信

  • 錦織のフィーリングについて、
    序盤にサーフェスや気候、環境、ボールにフィットしていくのは難しいし、対戦相手を熟知した上でフィーリングを合わせることが、とても大切な作業だと思います。
    試合中に細かい感覚を研ぎ澄ましてフィットし勝利を手にすることこそ、さすが世界ランク5位だといえるのではないでしょうか。
    特にアメリカ勢はサーフェスに慣れるためにコートで存分に練習してきてる訳なので勝ちあがりの選手がとても多いです。ハリソンは予選2試合と1回戦勝利しているので、充分コートにはなれているはず。
    アメリカ勢は皆’打倒!第一シード錦織’を目標にしているわけですから、フォーカスされての初戦が難しいのは当たり前だと思います。
    フィーリングが合わないまま力で押し勝ったとしても、それは本来の圭のテニスではないとも思いますし、序盤は勝てても、準決勝や決勝ではボールを置きに行くテニスでは到底勝てないと思います。
    勝ち進んで行くほどに、自信を深めて「勝てない相手はもういない!」「まあ、見ていてください!」
    といった言葉が飛び出してくるようなわくわく感を楽しみたいですよね(*^^)v

      引用  返信

  • 連投すみませんm(__)m
    roroさん説、めっちゃ受けました!!!(σ≧▽≦)σキャー
    圭のお父様、確かに「彼は、自分で確認しながら1歩ずつしか階段をあがれない人なので、もどかしいかもしれないけど、待ってやって欲しい」みたいなことをおっしゃってましたね!(^-^)/
    さすが、親御さんの見方は違うなぁって感心しましたね~!!!(*^3^)/~☆

      引用  返信

  • あかねさん、となんさんに同意です。
    TOP5選手としてかつてない大きなプレッシャーを乗り越え、苦戦しながらも全豪Best8達成や、どんな勝ち方でも今大会初戦突破は本当に立派だと思います。3年前の追う立場での全豪Best8とでは全く意味が違いますから。本人ブログでもあるように、本当によくやってるな〜と感心します。
    また、発言に関してですが、ビッグサーバーが苦手だと話しても戦績をみれば結構な勝率を上げているのは他のプレーヤー周知の事実ですし、話す事が問題だとは思いません。そして、率直なところが錦織選手の持ち味ですし、正直でいられる事は大きな事を成し遂げる上で大事な要素ではないでしょうか。ただ、マイケルチャンも言う通りに相手に自信をつけさせる事は言わない方が良いというのもあり、最近の錦織選手の発言も変化が見られると思いますよ。
    私は、TOP5選手だからこうあるべき、とかではなく、錦織選手らしく、錦織選手の
    ペースで今の地位を確立していって欲しいと
    願っています。

      引用  返信

  • 個人的な評価としてTOP20、GSSF、MSF経験者はマグレでは到達しない位置なので、何らかの武器を持っているか戦術的な引き出しが多い選手だと思ってます。なので現時点でランキングが下(順位下)でも、格は同格なんじゃないかと。ヒューイットなんて未だに怖いですもん。それでも対TOP10成績が良く「後輩には負けない」のは素晴らしいと思います。
    とは言えあまりにもつれてしまうと「いけるんじゃないか?」と精神的な期待を持たせてしまう分、後々厳しいような気がしますので圧勝するに越したことはないんでしょうね。

    もういっそのこと木刀で出たら(笑)?

      引用  返信

  • サーフェスや気候が変わったばかりの大会緒戦で苦しむのは誰でもあることだと思いますがね。
    例えば、同じTOP10選手でもバブリンカ・ラオニックも緒戦はフルセットになっています。
    (対戦相手のレベルもランキング二桁後半~三桁くらいで年齢的にもハリソンと似たレベル)

    メンフィスには申し訳ない表現ですが、このレベルの大会に上位選手と緒戦から当たることは
    ありえませんし、緒戦から高いレベルのパフォーマンスが見せられるように準備する意味なんて
    全くないと思いますけどね。仮に落としたところで所詮は250大会でしかないですし。

    むしろ大会緒戦自体は手抜き調整で調子が悪かろうが試合は落とさず、大会終盤までにソコソコ
    仕上げて250大会を勝ちきるような心意気でないとシーズンが乗り切れないんじゃないのでは?

      引用  返信

  • yuriさん
    「ビッグサーバーは苦手」とか「あまり当たりたくない」という発言、私もちょっとビックリしました。
    「勝てない相手はもういない」精神はいったいどこへ?と思いました。
    とりあえず、私はもう少し静観しようかなと思っています。

    私は時々錦織選手が日本の期待を背負って戦っているのを見ると、
    何故か、英国民の重すぎる期待を背負って戦っていたヘンマン選手が重なって見える事があります。
    ウィンブルドンでのヘンマンに対するあまりに熱烈な英国民の応援に子供ながら若干引きましたし、怖くて少し震えましたw
    錦織選手にはプレッシャーに押しつぶされず、
    わが道を進んで欲しいです!

      引用  返信

  • Yuriさん

    現在時点でのランキングが主たる判断基準かのごとき様子に異議があります。

    過去に実績のある選手に関しては、現在のランキングは絶対視すべきではありません。もちろん、ランキングが下降した要因はあるはずですが、こと目の前の一試合について見れば相手の脅威はそのポテンシャルで測られるべきでは。少なくとも自分はハリソン相手に勝って当たり前とは全然思えません。

    想像して見てください、二人とも同じ拠点で練習し高い期待をかけられてきた特別な選手です。それが今では一方がはるかに先を行くようになった。こういう状況で他方は何が何でも一矢報いてやる、俺の強さを改めて示してやるぞって特別なモチベーションが沸きませんか。

    もっとも錦織君の自らに起因するミスが多かったことや、現時点で錦織君の方がハリソンよりも強いことはyuriさんのおっしゃるとおりでしょう。それでも自分が申し上げたいのは、相手選手もまた錦織君と同じように母国などで英雄のように期待されてたりするわけで、すくなくとも特別なエリート同士の戦いを一方が勝って当たり前と思ったり、相手を軽んじるような表現は誤っていると自分は思います。

      引用  返信

  • すみません、無知とはこちらにいらっしゃる方に言ったのではなく、日本のマスゴミに対してです。

      引用  返信

  • 前半の方々のコメントを読んで、少し凹んでしまったのですが、後半の方々のコメントを読んでたら浮上しました。ありがとうございます。

    特に「肘の怪我で休んでた時を思えば、夢のような贅沢な心配」というのに、そうだよね、と今の幸せを実感しました。

    単なるコメントの感想になってしまい、申し訳ありません。どうしても、一言お礼を言いたかったので。

      引用  返信

  • yuriさんとてぃさんの意見は両方とも良いと思います。

    yuriさんの気持ちわかります。圭君が好きだからこそ「弱気になるなて!ふよふよ言わずにしばけや!!!好きだからー」なんですよね。
    つい弱気な圭君にツッコミたくなるんです。そんな意見は見方によって嫌な感じに受け取る方いると思いますが、この衝動は僕にもありますし良いと思います。寛大な心で受け入れて欲しいし今後もyuriさん的意見はお聞きしたいです。
    てぃさんの意見は正論で冷静な意見です。とても適切な意見でなる程そうだよなあ、と思います。
    意見の違いは良いですからどっちが善悪かを決めずにやっていきましょうね。
     僕は圭君には最初からガンガン打ってエアKをもっとやって欲しいぞ。しばけや圭。

      引用  返信

  • 試合を全く観てませんので、私も皆さんのコメントの感想にしかならないのですが、KANさんのご意見に賛成です♪ もちろん本人も三連覇は狙っているでしょうが、長いシーズン全体からすれば、この大会は、アカプルコ→北米1000×2の前哨戦に過ぎません。その初戦に一喜一憂してもあまり意味はないような気がします

    発言についても、誰だってトップ選手になりたての頃は慣れないことばかりでしょうから、大目にみてあげたいと思います(^_^;)

      引用  返信

  • ビッグサーバーとはあたりたくないってジョコビッチもいってませんでした?
    そのくらいはトップ選手でも素直に言うと思いますが・・・
    ビッグサーバーのテニスはほんとのテニスじゃないとか負け惜しみしたり
    妙な批判する選手より、ただの素直な思いってだけで感じ悪くないと思います

      引用  返信

  • 小学生の時から応援している、私にとっては、
    怪我なく頑張ってくれれば、それだけ十分なんですけどね
    今でも大成功だし、熱くなるのは、分かるけど、全米以降あんまり聞きたくないコメントが、多いし本人が読んだら、ブレッシャになる発言は(^^;、元々プレッシャーには強くなく、あがりしょう、な性格だと思います
    皆さんが書いてる事は本人及び対戦相手も、十分承知でしょうし、個人的にはああいった発言も、天才及び天然だからでしょう

      引用  返信

  • 圭 大好き! さん、ありがとうございます@^ ^@
    圭のお父様の「彼は自分を俯瞰で見ている」という言葉に感心しましたし、ますます圭を尊敬しちゃいます!
    お父様もまた非常に客観的な視線もあって、才能あるアスリートの親御さんってすごいと思います!

    上のコメント、けんじさんの言う、天才及び天然だからでしょうって、そうですよね。
    たぶん本人はどういう状況でどんな発言したか、細かく憶えてないと思うし(笑)
    「勝てない相手…」発言も、(他選手にも自分に対しても)一発ここでいきっとくか、みたいな。
    流行語にノミネートされたときは、一人歩きしちゃったな^^;と感じてました。
    天然だけど、芯はしっかりと自分を捉えている人だと思うので、素直な発言も彼の良さだなー。

      引用  返信

  • yuriさんの辛口コメントは正直毎回驚いていますが、今回もまたガックリきたといいますか・・・。特に「弘法筆を選ばず」というのは、ラケット感覚に人一倍繊細な錦織にとってはあまりに酷な、過大な期待をしているように思いますがね。

    「インタビューで何でも正直に話しすぎ」という意見ですが、「ビッグサーバーが苦手」なのはほぼ全選手に言える事で、例えジョコビッチでもビッグサーバーが高確立でサーブを入れてきたら負けるのですから。ジョコビッチも苦手発言があったと思いますし、もし錦織が言わなくてもテニス競技の性質上、相手がカルロビッチやラオニッチなら皆が厳しい試合になると言うでしょう。

    実際「出るかどうか当日にならないと分からない」と言いながらも全米決勝進出し、最近では昨年全仏決勝前に対戦相手のジョコに対して「私は挑戦者だ」と発言したナダルが優勝し、WTFでは錦織対戦前に「私に勝てるか分からない、圭は本当に強い。」と発言したフェデラーが勝利した。ウィンブルドンではフェデラー対戦前のラオニッチが「私が対戦するのはGS最多記録の選手ではない、32歳の一テニス選手だ。」と最大限の強気発言の後、フェデラーに一蹴された。単に弱気(謙虚)発言はダメ、強気発言=トップ選手、って図式には違和感ありますね。
    以前から錦織の謙虚で礼節ある人間性には評価が高かったですが、最近の錦織の立ち振る舞いや発言はトップ選手にふさわしいと思いますよ。前季終盤あたりからMTOや自分からトイレットブレイクをとらなくなったのも。彼は相当な無理をしてるだろうし私達には想像できない精神的苦悩があり、それでもトップ選手として覚悟をもって日々頑張っているのです。

    そして大会緒戦にもつれ込むことに関してはKANさんの意見に全く同感です。錦織も他のTOP選手も実際ロッテルダムでも緒戦はもつれる事が多いですし、250で強敵とは当たらない緒戦から万全なレベルまで調整する事は無意味だと思います。結果的に最後は格の差を見せ付けて勝利したのですからトップの戦いが出来ていると思います。

      引用  返信

  • こんにちは!
    明日が楽しみですね!

    私も圭くんの正直すぎるコメントはそれが圭くんだし、それがけんじさんのおっしゃる通り天才で天然なところで、私の圭くんの大好きなところです(笑)
    確かにチームからは戦略的にもっとこうしてとかリクエストはあるのかもしれないけど(^_^;)
    でもロジャーやラファやジョコになる必要なんてない。
    新しいトッププレイヤーのスタイルで、圭くんらしくそのまま上へ行って欲しいです。ありの〜ままの〜です!

    ひよこちゃんのバッグをGSのベンチにも置いてる人ですよ?
    全米で追い込まれたバブさんが圭くんのベンチ前を通るとき、あのひよこちゃんバッグを一瞥したときの顔がいまだに忘れられません(笑)
    絶対「こんな子供のバッグ持ってるようなヤツに…」って心の中でイラッとしてました(≧∇≦)

    これからもなんだかんだのらりくらり言いつつ、コートではスゴイ!!!っていう圭くんで私はお願いしたいです(笑)

      引用  返信

  • 私の意見はちょっと辛口だったかもしれませんね。「弘法筆を選ばず」は確かに無理が合ったかも。でもこれからBIG4に割って入ろうとしている立場であるなら、そのくらいの確固たる強さを持った姿を見たいなあと思いました。

    インタビュー時の内容については、相手に余計な自信を与えることにもなりかねないので、やはり言葉は選んだ方が良いと私は思っています。対戦相手が錦織に対して気持ちの上で優位になる可能性もあると思うので、わざわざ自分にデメリットになりかねない情報を出す必要はないと思っています。

    「錦織は頑張ってるんだから、それだけでいいじゃん。」という意見もあると思いますし、それはそれでそれぞれの人の応援の仕方なのでいいと思います。

    でも私は自分の仕事の性格上(塾講師をしているので受験生を何としても現役で合格させるのが仕事です)頑張ってるからいいじゃんではなく、合格して結果を出すことが全てなので、いかにそれを後押しするか、ということにフォーカスしてしまいます。この辺の意識が錦織の応援にも影響してしまうようです。彼のポテンシャルが見て取れるだけに、もっとできるはずなのに~、と歯がゆくなってつい辛口になるようです・・。私のコメントを不快に思った人がいたらごめんなさい。m(__)m

    でも、気持ちはいつも全力応援なんですよ~。

      引用  返信

  • 圭君のビッグサーバーは苦手という発言、ビッグサーバーとの試合は好きではない(面白くはない)という意味に捉えていました。
    ビッグサーバーに弱いと言っているのではないような気がします。
    率直な感想なのだと思いました。

      引用  返信

  • よこはまさんに同意です
    ビッグサーバーが苦手という発言のソースは何でしょうね?
    私も聞いたことないです
    ああいう選手とやるのはつまらないとか
    やりたくない相手とかは何回か言ってたのは聞いたことあるけど。
    それはジョコビッチでも誰でもよく言う話だし。
    批判してる人は、自分が圭くんはビッグサーバーが苦手と思い込んでるから
    勝手に弱気と解釈して批判してるんじゃないでしょうか
    むしろビッグサーバーと勝率のいい錦織本人は
    ラリーがないからやりたくないとしても、苦手までには思ってないはずですよ。
    ガスケみたいな、緩急のあるうまい技巧派のほうが
    なぜか勝てないという苦手という意識があると思います。
    ビッグサーバーがあたりの日は誰でも負けますし苦手とは違うでしょう。

      引用  返信

  • 「弘法筆を選ばず」という故事は、下手な者が上手く出来ない言い訳を道具のせいにしてはならないという戒めです。
    つまり、本当の達人は筆の良し悪しがわかるという事ではないかと思います。

    フィギュアスケートの選手は、ミリ単位でブレードを調整し、衣装の数グラムの重さの違いを体で感じると言います。
    陸上の選手も足に合わせて右と左の靴の大きさを変える選手もいます。
    凡人にはわからない、トップアスリートたればこそ感覚が研ぎ澄まされていくような気がします。

    錦織選手は、あの辺りに打つのではなく、あそこに打つ…つまり正確にピンポイントを狙う。
    アウトになるギリギリのところで勝負するからこそ、最高の道具を求めてもいいかな…と思います。
    テニスの事かよくわからない素人意見で失礼致しました…m(__)m

      引用  返信

  • 東浦さんに同意です。
    いろんな意見があって良いと思います。
    yuriさんの意見も、私は全然びっくりしません。どちらかというとyuriさん寄りなので・・・(錦織圭はもっとできるはずと思っているので)

    団長さんがここをはじめてから殆どrom専で、書込みは一度しかした事がないですが、ここは本当に素晴らしいブログです。感謝しております。
    これからも、皆さんのコメント読ませて頂きながら錦織圭を応援し続けます。頑張れkei!!

      引用  返信

  • ひよこ様

    凄い瞬間を見逃してました!
    是非、何セット目の何ゲーム後あたりか教えて下さい。
    気になります〜

      引用  返信

  • 私もいろいろな意見のひとつとして書き込みました。
    yuriさんの意見に反対したつもりはまったくありません!もちろん不快なんてまったくありません。
    というか、いつもyuriさんのオトナなコメントにはさすが〜と思って拝見させていただいています(*^^*)

    いろいろな意見をここで伺うのはとても楽しいです。
    圭くんのテニスやロジャー的テニスが大好きゆえ偏った見方だけしてしまいがちなところをこちらでいろいろな見方を教えてもらえます。
    ありがとうございます!

      引用  返信

  • ぉっと大仏さま(なんか拝みたい気持ちに…笑)

    もうディスクに落としてしまってすぐ確認できないのですが(汗)結構追い込まれてからだったので終盤のはずです!
    帰ってからまた観てみますね!

      引用  返信

  • 錦織選手の発言、私は気にしていません。

    ネガティブにも映る発言を“しっかりしてくれ”と感じる方の気持ちは理解できますが、
    その時々の事実を口にすることは、プレッシャーをコントロールする為に“敢えて”行っている面もあるかと考えます。
    コメントの内容が“敵を利する”“自身を縛る”様なものであれば避けるべきでしょうが、
    その点はかなり強かになっていると思います。

    自己認知とかけ離れる虚勢を張ったコメントをして自身にプレッシャーをかけるよりも、
    問題のない範囲で自身をオープンにすることは、
    「一歩ずつしか階段を上がれない」錦織選手にとって有効なメンタルコントロール法かもしれません。

      引用  返信

  • そもそも、私は圭くんの発言を弱気だと思ったことはありません。

    最近は特に非常に冷静に試合や自分の状況をみて話していると思います。

    「ビッグサーバー」についての発言に関しては、mikaさんと同じで、苦手というのは聞いた覚えがないです。好きじゃない=苦手と解釈してしまっているのではないでしょうか。意味合いは全く違うと思うのですが。

    圭くんってとても感性が豊かな人だと思うので、発言もそうだと思うんです。

    「勝てない相手」発言もメディアなどでは「勝てない相手はもういない」と書かれることが多いですが、本当は「勝てない相手ももういないと思うので」です。ニュアンスが違いますよね。誰に対しても自分のテニスをすれば勝てる(可能性がある)と、やっとそのレベルまできたという自負だと解釈しています。ここまで来るためにどれほどの努力があったのかと思うと、胸がつまります。

    全豪で負けてちょっと落ち込んでいるのではないかと勝手に少し心配していたのですが、杞憂だったようです。私が思っているよりもずっと強くなっているのだなと感じました。安心しました。

      引用  返信

  • ひよこ様
    楽をしようとしてました。
    すみません、自分で探してみます。。
    ありがとうございました。

    終盤を見てたんですが、それらしいのが、4セット目の第6ゲームが始まる前にありました。
    wowowの映像なんで、ひよこ様の見たのと違うかもしれませんが如何ですか?

    改めて、全米ワウリンカ戦の後半から観てますが良い試合ですね。
    結局、4セット目のタイブレークを落としましたが、
    4-0からの追い上げが凄いのなんのって!
    シビレます。

      引用  返信

  • ひよこさん
    私も見逃してましたー
    バブちゃんの一瞥‥‥見なくちゃw

    試合はもちろんプレーを真剣に楽しんでいますが
    プレー以外の選手の様子を観察するのも大好きです
    入場してくる時の表情や仕草 トスの時 チェアの時 ゲームセットの握手やサインに応じる様子
    選手の気持ちや人柄がちょっぴり見えるようで楽しいです

      引用  返信

  • ひよこさま、バブリンカの心の声に吹き出しちゃいました。ピリピリしてるなかで、うそだろ?!な顔ですね。マイペースな天才は無敵ですね *^^*

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。