2015モントリオール準決勝 vs. マレー 実況記事(1ゲームごとに更新)

鼻血記法でお送りします。
何のこっちゃか分からないと思いますがすいません。後で解説しますw

Sv:サーブ、R:リターン、F:フォア、B:バック、V:ボレー、Sm:スマッシュ、Ap:アプローチ、Lb:ロブ
Cr:クロス、St:ストレート
Dr:ドロップショット、Dv:ドライブボレー
Sl:スライス
S:サイド、O:アウト、N:ネット、Ac:エース
Wi:ワイド、Ct:センター
○:相手の凡ミスでポイント、×:自分の凡ミスでポイント落とす
○○:自分のショットで相手にミスをさせてポイント、××:相手のショットによってミス
○○○:ノータッチのウィナー、×××:相手のノータッチのウィナー

Set1
Game1(マレー) 0−1
1× FRSO
1○○○ FSt 長いラリー
2× BStO 惜しい
1××× BDr サーブに押された
1× FN

マレーは1stの確率高いし、ミスが全然ない

Game2(錦織) 0−2 Break
2×× BN 押された
2× BN
1○○○ FSt 鼻血サーブから。良いパターン
2× DF
1○○ BRO
2××× FV Drでおびき出されて返された

マレーと逆。サーブ確率低く、ミスが出た。

Game3(マレー) 1−2 Break
1○○○ FRSt
2○○ FCr 2nd叩いてからフォアで攻めた
1××× BDv SvWiに押された
1○ FN マレー初ミス。粘った。
2○○○ FRSt 2ndを回り込んでリターンエース

攻めまくっているので、精度の勝負になるだろう。
ミスが多ければマレー、決まれば錦織。今のところその狭間にいる感じ。
このGで調子が出れば行ける!

Game4(錦織)
1○○ BV ストレート攻めから超甘スマッシュ・・・ポイントは取れた
2×× BR 2nd叩かれた。深い。
1× FN ラリーが長いときに少し無理して攻めてる?
1○○○ BV 外を切れていくBVが数mmだけギリでIN・・・
D× DF 2ndサーブでまだポイント0
1○○ FCr ミスせず攻め切れたが、毎回これはしんどい
1○○ Sv
1○ BN

危なかったが最後3p、1stが入って凌いだ
1Gに凡ミスが2本出ると危ない

Game5(マレー)
1××× SvCtAc
2× FRSO 回り込んだが逆クロスRが切れていった
1× FO 大アウト。深いRをうまくいなされた
2○○ BR
2× FO

リターンミスの精度が低く、これではプレッシャーをかけられない。

Game6(錦織) 2−4 Break
2××× BV リターンダッシュ
1○ BO
2×× FCrAp 2nd叩かれた
1○○○ FCr
1×× BSt Rから攻められた
2○ FRSO 完全にやられてた、助かった
1× FN マレーの球が深い
2○○ Sv 2nd深かった。マレーのポジションすごく前
1×× BN マレーのFが深い
1○○ FCr センターからフォア側へ。マレーの球深い
2× DF プレッシャーかけられた結果
1× FSO

ショットの精度に差がある。サーブで押せていない。

Game7(マレー) 3−4 Break
1××× FCr SvWiで追い出された
2○○○ F Dr甘かったがネット際攻防で決めた
1×× FAp マレーの守備範囲が広く、逆転された
2○○○ FCr リターンからF高い打点
1○ FN 打ち込みミス
1×× SvCt
1○○ FR 鋭いR
2○ FO 2nd深かった

ミスしてくれた&鋭いR返った
Rゲームでマドリッドの時より対処できている

Game8(錦織) 3−5 Break

※お互い、試合の最後までプレーのレベルをキープできるか
 あるいはレベルを上げていけるかが重要になりそう
 レベルの高い試合。

1○○ SvWi
2○○ BCr 2ndアタックに上手く対処した
1○○○ FSt スーパーショット
2× FSO
2×× FSO 2nd叩かれた
1×× FRvCr Sv良かったのにRが深すぎる
2× FSO チャンボミス
2××× Sm 2nd叩かれた

ミス2本したらやられる

Game9(マレー) 3−6
1××× Sv
1×× SvCt
2× BRO あたり損ね
2○○ BRSt 錦織のコートがら空きだったがマレーのFがO
2××× FCr 追うのあきらめた

Set2
Game1(錦織) 0−1 Break
2○○○ FDr
2○○○ BLb
1× FN
1○○○ Sm
1××× FCr 懸念してた甘い鼻血サーブ
1× FO
1××× BDr Dr返された

足がおかしい?のでDrに頼ってる

2×× BRCr

完全に走れてない

Game2(マレー) 0−2
1××× SvCt
1××× SvCt
1×× SvWi
2× BRO

Game3(錦織) 0−3 Break
D× DF
1○○○ FCr
1○○○ FSt
2××× FRSt
2× BSO
1××× FCr

Game4(マレー)
1× FSO
1××× SvCt
1××× SvWi
2××× FCr

リタイアすべき状態だが、選手の責任として最後まで続ける模様

Game5(錦織) 0−5 Break
2××× BR
2× BO
1××× BSt
1× FDrN

Game6(マレー)
D○ DF
1××× BDr
1××× SvWi
1××× Sv
2××× BCr

最後は動かないことでブーイングを受けてしまいました。

おそらく責任感から最後までプレーしたのだと思いますが、あそこまで動けないとなるとリタイアした方が良かった気もします。
リタイアよりは、少しの差だとしても最後までプレーする方がまだ責任を全うできると思ったのでしょう。

シンシナティはお休みでもいいと思います。

385 件のコメント

  • @風 さん

    コメントありがとうございます。
    確かに怪我の可能性に言及しなかった点だけでなく、戦意喪失という発言も槍玉に挙げられていますね。
    これは失礼しました。

    ただ、私も実際見ましたが、谷澤さんの「戦意喪失」発言は錦織を心配するような同情的なニュアンスに感じられました。少なくとも侮辱的で非難がましいものには聞こえませんでした。このあたりの受け取り方は人それぞれかもしれません。難しいですね。

      引用  返信

  • ちびくりさん こんにちは。

    アンチだ、にわかだ、と言ってるのは、団長さんではありません。誰とは言いませんが、ほんの一部の方です。
    批判的なコメントも、団長さんは削除されないと思いますので、そのあたりは誤解のないようにお願いします。

    ただ、ここからは私の見解ですが、愛あるダメ出しや批判ってよく聞きますけど、本当に愛があるの?なんて思っちゃいます。
    だって、錦織が悪いことをしてるなら、もちろんダメ出しすればいい。
    例えば、キリオスのような行動を見たら、私も批判します。それは、人間としてあり得ないだろうってダメ出しします。
    けれど、圭が、何か悪いことしました?
    満身創痍のあの状態で、棄権すべきって人もいて、最後までやるべきって人もいて、圭は最後までやる方を選択しただけなんですが、それって、そんなに批判されることなんでしょうか。私個人的には棄権して欲しかったんですけどね。でも、圭は棄権しなかった。私のその選択を尊重したいと思いました。

    ダメ出しや批判のコメントには、そういう見方もあるのだなと受け止めますが、的外れな批判もあったりするので、すべてを肯定的に受け止めるのは苦しいです。

      引用  返信

  • @関西のおっちゃん さん

    >さて、圭君は日本テニス史上に現れた奇跡的存在であることは、ここの皆様はほぼ同意して頂けるでしょう。代わる者が存在しない、極めて付加価値の高い逸材です。
    >比較すると、残念ながら解説者は交代の利く存在です。
    >視聴者から支持されれば活躍の場は増えますし、ソッポを向かれればその職場を去るしかなく、過去の経歴に関係なく解説者としての力量を問われます。

    単純に疑問なんでお聞きしてみたいんですが、この理屈だと、もっとはるかにランクの低い「代わる者が存在する」選手が錦織と同じことをしていたら、関西のおっちゃんさんは非難するのでしょうか? 逆に、日本語のテニス中継で最も上手と思われる辻野鍋島コンビでああいう実況解説がなされたら、擁護するのでしょうか?
    別に関西のおっちゃんさんに文句を言ったり反対したりする意図はなく、単純に不思議に思ったのでお聞きする次第です。

      引用  返信

  • 結局、総じて誰も錦織選手を非難していないんじゃないの?言葉の解釈や定義が違うことが誤解を生んでこじれたかもしれませんが、皆さん大好きな錦織選手を心配してるだけかとおもいます。団長も意外とこの熱くなった状態をほくそ笑んでたりしてる?

      引用  返信

  • @けんさん
    やる気が感じられない?戦意喪失?戦う姿勢を見せろ?そういう批判ですよね。
    戦えないなら、棄権するべき。あんな試合を見せるのは観客にも対戦相手にも失礼というような論調の批判も多かったような。
    たぶん、棄権すれば棄権したで、棄権するな。最後まで戦えって批判が出ると思うんですよ。実際、以前に棄権したときは、そういう批判も出てましたし。

    私は、彼の一ファンで、本当の彼のことは知らないですが、少なくとも、私が見た限りでは、真摯にテニスに取り組んでると思うので、何で批判されないといけないんだろうと疑問に思ってしまうわけです。

    @みどりさん
    確かに、誤解が生じてこじれた面はありますね。誤解されてる部分については、理解していただけるよう丁寧に説明する必要があるでしょうか。

      引用  返信

  • けんさん、丁寧なメッセージありがとうございます。

    僕は、個人的に圭君のファンですが、同時に、彼の存在が日本テニス市場全体(=テニスというスポーツやファン)の拡大に、より好機となれば、(既に充分、貢献してくれていますが、欲は尽きません。)と考えています。
    (同時に、団長様を中心に運営して頂いているこのスレッドにも、とても感謝しています。)

    ですので、マーケット理論の基本である付加価値や希少性といった視点も意識しています。

    先のコメントでは、圭君と解説者を相対して申し上げています。
    ですので、何故テニス選手同士の想定質問を頂いたのか良く意味が分からないのですが、
    僕の言葉足らずだったかも知れません。

    さて、ご質問についてですが、
    ランキングが低く、また、注目度の低い選手の場合、今回の試合と比較すると、絶対的な視聴者数が少ないので解説者が同じコメントをしてもテニス市場への影響力(=テニスにネガティヴな印象を持つ、或いは少し興味を持ち始めたが、関心が薄れてしまう・・・といった意味です。)は低いと思われます。
    加えてこの場合、数少ない視聴者は、ツアーの実情に、より精通していると考えられるので、実際の影響力はさらに低くなるでしょう。(=不快に感じ、解説者の資質に疑問は持つことはあっても、テニスへの関心が低下する可能性は低いという意味です。)

    ただ、身体の異変で最後までボールを追えなくなってしまった選手に対し、「やる気がない」と捉えかねないようなコメントは、やはり何ひとつプラスになる事はないので、解説者としての資質については、同様にダメ出しをせざるを得ないと考えます。

    次に、辻野氏が同様の解説をした場合・・・という仮定ですが、彼の解説は、視聴者層の想定を、テニスを知る方から、より一般の方向けへの解説に意図して変更してきているような印象です。
    勿論、その根底には、よりテニスへの関心度を上げようとの考えもあるでしょうし、慎重に言葉や表現を選択されていますので、現実的な仮定ではないと思いますが、もし同様のコメントに終始した場合、やはり批判することはあっても擁護はしません。

    理由は簡単で、圭君の持つ付加価値に比較すると残念ながら、より代替えの利く立場だからです。

    テニス選手としての経歴ではなく、解説者として、これまでの市場(この場合は視聴者ですね。)から高い評価を受けておられますが、このような発言が何回か繰り返され、批判が重なれば、解説者としての職場は失うことになると思います。
    (辻野氏には大変失礼極まりない想定質問でしたが、けんさんに僕の考えをご理解頂くため、敢えてお答えしました。辻野氏のファンの皆様には伏してお詫びいたします。)

    今回のことは、地上波での放送の可能性もあるという解説者としての責任感を感じることができなかったという点でもかなり厳しい評価にならざるを得ません。

    先のコメントでも触れましたが、プレーの良し悪しはブロの解説者としてハッキリ言っても然るべきと考えます。

    何も圭君だからと言って不自然に持ち上げる必要はないですが、(勿論、その様なキャラクターが衆知されていれば、それも否定しません。何より市場拡大のマイナス要素は少ないです。)今回のような場合、新規の方では気付きにくいかも知れないブレーヤーの身体の異変などが発生してしまった場合、プロの解説者であればその可能性に気付き、また言及してもらいたいと考えますが、残念ながら精神論に終始するかのような印象でした。

    このことは、このスレッドでの多くの皆さんのコメントからも容易に判断して頂けると思います。

    以上、長々と失礼いたしました。
    m(_ _)m

      引用  返信

  • あばたんさん
    もう前だけ向いていこうと思ってた私ですが、あばたんさんの意見があまりにも私の気持ちに近かったのでついまた後ろ向いちゃいました。
    批判的な意見も人それぞれ考え方や感じ方は様々あるから理解しなければ・・・と思いつつも
    なんで批判されなきゃならないのかな?という気持ちもあって悶々としてました。

    こちらの書き込みでよくみかけるのが、
    ある選手はGSに照準をあわせてるからこの大会は本気で勝ちにいかない、とか早期敗退もありと思ってるとか、それがチームの戦術だとかいう話、よく話題になってますよね。
    ツアーのことよく知らなかった私は、なるほどトップ選手はそうやってたくさんの大会をこなしてるのか〜と感心したのですが、
    あれ?でもそれって最初から本気で戦わないってことですよね?全力でやらないってことですよね?
    でもこのやり方に批判的な意見ってみたことありません。むしろ戦略としてもてはやされてるような・・

    私も全て全力で戦うべきだとは思ってませんが、
    戦略として全力出さないのは受け入れられるのに、全力で勝ちにいったけど身体の不調で全力だせなくなってしまった錦織選手がなぜ批判されなきゃならないのでしょうか。
    試合の途中から全力ださないのは戦意喪失にみえる(私はそうみえませんでしたが)からダメなのでしょうか?

      引用  返信

  • 関西のおっちゃんさんの
    >身体の異変で最後までボールを追えなくなってしまった選手に対し、「やる気がない」と捉えかねないようなコメントは、やはり何ひとつプラスになる事はないので、解説者としての資質については、同様にダメ出しをせざるを得ないと考えます。」

    にまったく同感です。

    けんさんへ
    >「谷澤さんの「戦意喪失」発言は錦織を心配するような同情的なニュアンスに感じられました。少なくとも侮辱的で非難がましいものには聞こえませんでした。このあたりの受け取り方は人それぞれかもしれません。難しいですね。」
    と、おっしゃっていますが、
    私の発言の趣旨は、解説者が同情的であったかどうか
    というようなことではなく、
    「事実でないことを事実であるかのごとく語った点」を
    問題だと指摘しているのです。
    だから何度も申し上げますが、「怪我に言及しなかったこと」を
    問題視しているわけではないんです。
    怪我には触れなくても「錦織選手、全く動きません。どうしたんでしょうか?」位のコメントだけにして、自分の印象にすぎない事を
    断定的に語るなどの余分な発言は差し控える、
    という選択はできたはずです。
    彼の発言は事実ではないことをあたかも事実であったかのごとく
    語ったこと(それも繰り返し、念押しするかのように)にある、
    ということを前の書き込みでは申し上げたつもりです。
    どうかその点をご理解ください。

      引用  返信

  • つるみさん

    戦意喪失に対する批判は、体に異常をきたしてたという正式発表があってからは、ほぼ収まりましたよね。
    なのに、私が蒸し返しちゃったみたいで、ごめんなさい。

    私も、つるみさんと一緒に前を向くことにします。彼をこれからも応援し続けます。

      引用  返信

  • @関西のおっちゃん さん

    詳しいレスありがとうございました。ただ、

    >辻野氏には大変失礼極まりない想定質問でしたが

    この部分には正直申し上げて遺憾です。関西のおっちゃんさんが錦織の希少性とか谷澤さんの代替性を理由の一つとして谷澤さんを批判されていたので、では希少な実況解説コンビならどうなのだろうと思ったまでです。単なる仮定の話に対して「大変失礼極まりない」とされるのは心外です。

    これまでに複数の方が「錦織がキリオスのような発言をしたならばさすがに擁護できない」といった類の発言をされていますが、そのような仮定も「大変失礼極まりない」のでしょうか。そんなことを思う人はほぼ皆無だと思うのですが。
    関西のおっちゃんさんの錦織愛はよく分かりましたが、その思いが少々あらぬ方向に先走りすぎているように感じます・・・m(__)m

      引用  返信

  • 一応一言付言しますと、ほとんどの方はご理解いただけると思いますが、「戦意喪失」発言が谷澤さんでなく辻野さんだったら・・・という仮定の質問は、辻野さんを侮辱する意図をまったく含みません。

      引用  返信

  • @けん
    気になったのですが、けん様は、遺憾に思われた部分以外には関西のおっちゃん様の説明にどう感じられたのでしょうか?

    後、自分としては「錦織がキリオスのような発言をしたら批判する」という発言は割と失礼な仮定であるような気はしますね。これに関しては個人の感じ方に過ぎないと思っておりますが。

      引用  返信

  • 今回は棄権しないで試合を流したのは新しい結末で見る側には大きい戸惑いがありましたが、わたし個人的には圭くんの新たな決意に今となっては思えます。怪我をしたわけではないが疲労でこれ以上あのテンションで試合を続ければ怪我を招く可能性がある。かといってMTOを入れて怪我を知らしめて同情を買うのも面倒。観客や相手のために試合をするのでなく、自分がナンバー1になるために自分のために戦う。自分のためにテニスをするとブログでいってたのはそのことなのかなぁと思いました。オフコートではあんなにキュートな圭くんですが、オンコートではふてぶてしくも自分のために集中する。観客のブーイングなど無視しろとチャンからも言われているような気がしてなりません。

      引用  返信

  • @dfmn さん

    >気になったのですが、けん様は、遺憾に思われた部分以外には関西のおっちゃん様の説明にどう感じられたのでしょうか?

    詳しいレスには感謝しますが、聞き方に不十分な点があったせいか、あまりこちらの質問の趣旨が正しく伝わっていないように感じました。ただ、本筋と関係ない話ですし大して重要な疑問でもないのでもうやめにします。

    >後、自分としては「錦織がキリオスのような発言をしたら批判する」という発言は割と失礼な仮定であるような気はしますね。これに関しては個人の感じ方に過ぎないと思っておりますが。

    そう感じる方もいらっしゃるのですね。ただ、キリオスを引き合いに出すコメントが錦織に失礼だという指摘は今まで見られませんでしたから、大半の方は問題視していないようです。

    あと、敬称のつけ忘れは気にしてません。以前に私も同じミスをしましたから笑

      引用  返信

  • 視聴率は、1%で100万人。10%で1千万人。
    錦織選手の試合は、大きな大会は深夜帯でも「1千万人以上が観る、強いコンテンツ」となりました。去年突然。
    その視聴者の多くはまだ、「テニスのルールもよくわからない」「話題だから観る」方々です。
    テニス視聴は、日本人にとって、まだ「黎明期」なのです。

    ですから、わからない人向けの『フォロー』をしてあげないと、誤解を招き、その言葉だけが今回のように一人歩きしてしまいます。
    解説者が、「戦意喪失」や「メンタルがもう」「ショックなんでしょう」ということ自体は許容範囲でしょうが、今回のような誤解が生じないよう、「補足説明」が必要だったと私は思います。

    特に公共放送は、民放以上に影響力が高いといわれ、名前がニュースになっただけで、1億円の広告価値と試算されます。(公共放送の信頼度、全国を網羅する唯一のネットワークとして)
    以前と同じ、「テニス好きに向けた解説」では、もう難しいので、建設的に改善していって欲しいというのが、「解説のあり方に疑問を持った方々」の多くの意見かと思います。
    (GAORAとNHKの解説者が逆であれば、視聴者層、視聴者数が違うので、問題にはならなかったと思います)

    特に、全米では、今回の何倍、何十倍も注目が集まるのは明々白々。
    無用な論争が少しでも起きないよう、その前にこういう議論がされたことは、もしかしたら良かったのかもしれません。
    解説する側も、ATPツアーの解説としては、黎明期であり、錦織選手同様、進化中だと思いますので、
    解説者さん達にご留意頂けたら幸いだなと思います。
    (ま、無用な論争が起きる=人気スポーツになってきた、ということでもありますが)

    *初期に、解説に疑問を呈した側の者として、建設的な議論ではなく、個人の言葉尻を捉えた叩き合いが散見することを憂慮して書かせて頂きました。

      引用  返信

  • マレー攻略法の所で他の方(お名前失念してすみません!)が添付されたブログ記事が、
    こちらの多くの方々の意見、物議に対し、納得させてくれるような包括を、
    とても上手にされていますので、こちらに勝手に添付させて頂きます。
    今年のチーム戦略から、よくおさらいされていて、そうそう!そうだったね!という感じです。
    全部が納得できるわけではないかと思いますが、ご参考までに。
    (ブログにブログを貼る無遠慮、お許し下さい。また、既出だったらすみません)

    世界のテニス人口1億人。その『1億人分の4』に座す偉業。
    さらにその上、『1億人の1』を目指す錦織選手を、長い目で応援したいですね!

    http://www.plus-blog.sportsnavi.com/twosetdown/article/172/page/1

      引用  返信

  • というかそもそものNHKのテニスの放送解説レベルが低いんですよね。これはwowowもあてはまります、一々ラリー中にしゃべんじゃねぇ!と常々思ってます。wowowは柳氏がいなくなってからかなり解説レベルが落ちましたね、まーあの人も賛否両論ありましたが私は別に気にしてませんでした

      引用  返信

  • @momo さん

    同感です。NHKの解説については、当初その問題性に上手く気付くことのできなかった私みたいな人もいれば、逆にこれはどうかと思うくらい過剰な批判に及ぶ人もいますが、momoさんのその書き込みが最も妥当かつ穏当なように思います。

      引用  返信

  • こちらでの皆様の一連のコメントは、大別すると、対マレー戦での圭君の様子とNHKの解説者の方のコメントについての二つだと思います。

    整理する意味で、僕は、このうちの解説者の方についてのみ述べさせて頂いていますこと、再度申しあげます。

    風さん。dmfnさん。

    僕の長々としたコメントに目を通して頂き、ありがとうございます。
    また、部分的にでもご共感頂いたようで嬉しく思います。

    残念ながら、けんさんは、僕や皆さんのコメント全体の意図へのご理解よりも、一部のフレーズに執着されてのご意見に終始されているように感じざるを得ませんが、これもまたひとつの感性と受けとめています。

    momoさん。

    全く仰る通りです。
    今はテニス視聴の黎明期であり、新たなテニスファン予備群の方々への影響力も大きいだけに、出来るだけ丁寧かつマイナスの誤解を与えないよう、解説者の方には配慮をお願いしたいと考えています。

    けんさん。

    ご質問の趣旨、理解しております。
    また、そのどちらもが、本筋論でも、まして大して重要な疑問でもないことを、ご質問を頂いた時点で重々承知した上で、真摯にお答えした次第です。

    僕の解説者の方に対する一連のコメントを良く読んで頂ければ、錦織愛とは別の観点(マーケティング論と記した部分です。)からの論旨であることをご理解頂けているかと考えておりましたが、言葉足らずでしたでしょうか。
    ただ、長文過ぎて分かりにくく、面倒くさいコメントだったかもしれません。

    またぞろ、長くなると思いますが、暫しお付き合いをお願いします。

    さて、辻野氏の件につきましてお答え致します。

    辻野氏もこれまで数多くの試合解説をこなされ、また視聴者からのクレームを受けてきたであろうことは想像に難くありません。
    (局へのクレームとは、的ハズレのものを含めてそういうものです。)

    圭君の出現で解説の機会も増え、当然、解説者としての在り方や表現方法、また発言の趣旨をどの様に誤解なく伝えるか等、悩まれたこともあったでしょうし、その様な経験を経て、現在の解説者としての地位におられるのだと思います。

    熟考の上で、解説のスタイルも変化してきた辻野氏に対して、ご質問者である、けんさん自身が[つまらぬ疑問]とされる「不用意な発言をした場合」という仮定は失礼な想像だというのが僕のスタンスです。

    まして、辻野氏の解説を支持する方も多い、こちらの場所での、仮定に対する僕の解答は不快に思われる方もいらっしゃると思います。

    けんさんが辻野氏を誹謗する気持ちが全く無いことは僕も含め、多くの方が理解されているとは思いますが、その有無に関わらず、僕の立場としては、上の二つの意味で、[失礼極まりない想定]としてお詫びの意思を表明した次第です。

    最後になりますが、今回のやり取りも単なる考え方の違いですので、けんさんついて特段の感情はありません。

    ただ、けんさんの質問に真摯にお答えしたことについて、他の方へのコメントの中で、【(この質問は)本筋と関係ない話ですし大して重要な疑問でもないのでもうやめにします。】というのは、一般論として、少なくとも僕に対しては失礼な態度だと思いますので、そのことだけは留めおかれておいた方が良いかと思います。

    でも、怒ってないよー(長州 小力風) 古ッ!

    今回の解説者の方の発言についての僕のスタンスは概ねお伝えしましたし、けんさんに対してはとても上品とはいえない論旨の展開で敢えて自分の立ち位置を下げましたので、僕もこれを最後にし、一連のやり取りのご判断も皆様にお任せしたいと思います。

      引用  返信

  • @関西のおっちゃん
    これまでの流れとは関係ない事ですが、私のHNをdmfnとタイプしてらっしゃるのを見て「エスパーか!?」と思ってしまいました(責める意図は全くないです(笑))
    というのも、このHN、決めた当時のBIG4の頭文字をランキング上位からとったものだからです。
    今週になってマレーがフェデラーを抜かしたので、dmfnの方が現在の状況としては正しいです。

    くだらないコメントすいませんでした。

      引用  返信

  • dfmnさん、

    ありゃー、これは偶然とはいえ、嬉しいミスでした。

    でも、本当にごめんなさい。

    単純なミスです。

    僕のHNにもありますように、実際に関西のおっちゃんなんで(但し、腹巻+ステテコではありませんが・・・)、スマホの入力も手間取る始末です。

    先の、お世辞にも上品とは言えない僕のコメントの中で、お礼の意味とは言え、dfmnさんのコメントについても触れておりましたので、ご迷惑をおかけしてしまったのではないかと心配しておりましたがメッセージを頂けましたので、手前勝手に安心致しました。

    HNの件、すみませんでした。
    そして、ありがとうございました。

      引用  返信

  • 団長さん、関西のおっちゃんさん、そして皆様

    はじめまして。ご挨拶が遅れました。
    ROM専ですが、一連の騒動で思わず投稿してしまった者です。

    我が家にも高校テニス部に所属する子供がいます。錦織君のファンです。
    本件では、当初、心ない報道や膨大な個人のツイートがネット上に溢れかえったので、
    仲間達と一緒に怒ったり、
    Number編集長のツイートに接し、そうだそうだ!と盛りあがってたそうです。

    私はというと、親子って似てるんだな~、時間がたってもなんだかんだ出てくるので(笑)ざわつきましたが、
    関西のおっちゃんさんをはじめとして、圭大好き!さんや皆さんが、
    録画をみなおす等までした上で、慎重に、客観的事実に基づき表明される意見・コメントに接し、
    自分と同じ気持ちの方がいらっしゃることを確認し、救われたように感じています。
    (普段の私は多様性大好き、少数意見万歳なんですけどね。今回ばかりは・・・。)

    特に、関西のおっちゃんさんのコメントは、(別の最新スレでコメントされていますが、)
    不快だなんてとんでもない!
    毎回、「一言一句、同意~!」と心の中でさけんでました。
    (明後日の方角に暴投された球も、素早く丁寧に打ち返しすしお見事です)

    そして、あえて谷澤さんのお名前を記載せず「解説者」としていたことと、その理由まで自分と「同じ」だったとわかり、驚いています。
    そういえば、我が家も日曜日の朝あの一瞬はテレビに向かって(たとえ親子喧嘩中でも)息ピッタリの突っ込み入れてますし~w

    そろそろ普通のROM専にもどらないとw
    そして、これからも皆さんのコメントを楽しく拝見させて頂きたいな~と思っております。(^^)

      引用  返信

  • その辺によくいるおかひろみさん。

    僕の長ったらしい、しかもあまり品の良くないコメントに目を通して頂いた上、心強いメッセージまで頂き、ありがとうございました。

    今回の解説者の方(こちらのスレではこうしておきます。)への考えは先に申し述べましたようにコメントは控えます。

    圭君については皆様のご批判を承知の上で言いますと、試合中に怒りに任せてラケットを折ろうが多少下品な言葉を吐こうが、「まぁそんな時もあるかなぁ」と許容する立場です。

    世界ランク4位のTopアスリートであると同時に、まだ25歳の若者でもありますので、おっちゃんとしては微笑ましく見守って行きたい、何より、これだけ感動させてくれる存在ですから、出来るだけ長く現役で頑張って欲しいと願っています。

    勿論、上のような態度に対し、もし解説者の方が圭君に批判的発言をされても、それは当然なことと思います。

    いつか、日曜日の朝にTV画面に向かって皆様と一緒に「ザマみろ!」と叫べる日が来ることを信じています。

    ありがとうごさました。

      引用  返信

  • @関西のおっちゃん さん

    考え方の違いによるものという点について同意します。「辻野さんが谷澤さんと同じコメントをしていたら」という仮定が辻野さんに「極めて失礼」と感じるような極めて特殊な感性(現時点でこの仮定が辻野さんに失礼だと言う方が他にいないことからすれば、一般的な感じ方ではないのでしょう)をお持ちの方がいることには想像が及びませんでした。もっとも、そういう感性でありながら「錦織がキリオスと同じ発言をしていたら」という仮定はスルーするというのはさらに理解しがたいですが、こういう矛盾を矛盾として認識するかという点も含めて考え方の違いなのでしょう。

    なお、詳細な返答をしていただいたことにはきちんと感謝の意を申し上げているので少々困惑している次第です。もちろん、単に私のコメントを読み落とされているだけでしょうから別に怒っていたりはしません。ご心配なく。

    私も関西のおっちゃんさんも錦織を応援する気持ち(さらにいえば辻野さんに敬意を持つ気持ちも)に変わりはないので、今回このようにこじれてしまったのはとても残念です。全米に向け、ともに錦織を応援していきましょう。

      引用  返信

  • 世の中には、こんなに懇切丁寧に配慮をもって返答されても、わからない人っていらっしゃるのですね。丁寧過ぎてわからないのかな?

    最初はア然、ボー然、と怒りでしたが、最後はあまりのことに笑ってしまいました^o^
    なんか、面白いですw可愛いかなw

    私も特殊な感性の持主らしいので。

    一緒に応援しましょ〜ね〜。
    可愛くて、スルー出来ませんでした。
    ガイドライン破り…確信犯ですm(_ _)m

      引用  返信

  • あじゃこさん、

    コメントありがとうございます。

    僕も自分なりに配慮しながら丁寧な返答に努めてきたつもりですが、長ったらしい文章のせいか分かりにくかったかなぁとも思っています。

    意見の違いは多いに結構なんですが、コメントをしっかり読んで理解して頂いた上でないと議論にならないので・・・

    ただ、冷静に考えてみますと、爺いのお節介と承知しつつも、ちょっとお相手の方の思考法が心配でもあります。

    先に「これを最後にします。」と書きましたが、また考えがまとまりましたらコメントするかも知れません。

    個々、意見の違いはあっても僕のコメントにご同意頂ける方がおられることが心強く、感謝致します。

    ありがとうございました。

      引用  返信

  • 僕はけんさんのコメントは大筋において論理的であり、また仮定のお話をしたのだから一般論として失礼ではないと思います。さらにその仮定のお話をされた経緯を確認すれば、けんさんに失礼な所等ないということが具体的に明らかで、なぜけんさんに対して気分を害するようなコメントがされているのか解し難いです。

    1 経緯の確認
    〉圭君は日本テニス史上に現れた奇跡的存在であることは、ここの皆様はほぼ同意して頂けるでしょう。
    代わる者が存在しない、極めて付加価値の高い逸材です。
    比較すると、残念ながら解説者は交代の利く存在です。
    視聴者から支持されれば活躍の場は増えますし、ソッポを向かれればその職場を去るしかなく、過去の経歴に関係なく解説者としての力量を問われます。

    まず関西のおっちゃんさん(以下「おっちゃんさん」と呼ばせていただくことをご容赦下さい)の発言があります。

    解説者の仕事が視聴者の支持において成り立つものであることは異論がないところだと思います。しかし、そのことをスターである錦織君と対比して述べているために、けんさんは、①若手の選手だったらどうでしょうかということを聞いた。②辻野さんと鍋島アナコンビを、けんさんは支持の堅い確立した地位がある存在として捉えられたことを前提に、もし解説者でも仮に交替の容易に効かない人が存在するとしたら、その人の場合だったらどうですかと聞いているので、むしろ辻野さんに対して最大限の賛辞をしているわけですから何故失礼にあたるのでしょう。

    ひとつけんさんに攻撃的なコメントがあったことを理解できる解釈があるとすれば、それはけんさんがシニカルだからです。辻野さんの評価はこちらに寄せられたコメントではかなり高いようだとシニカルな調子で読まれたとすれば、それが辻野さんのファンでもある方の無意識のレベルで刺激するものがあったということでしょうか。

    >考え方の違いによるものという点について同意します。
    笑。けんさんは、真摯な形を貫いていて素敵だと思います。

      引用  返信

  • 紳士違いです。失礼致しました。
    おっちゃんさんもなかなかのアイロニーがありまた、大変紳士な方でいらっしゃると思います。もしかしたら大企業の重役さんだったりすかなぁ。

      引用  返信

  • ていさん、
    メッセージありがとうございます。
    おっちゃんで大丈夫です。^_^

    さて私のスタンス、やや解り辛い点があったかと思いますので、再度申し上げます。

    一連のコメントで申し上げてきましたように、マレー戦でのNHKの解説の方の内容は、テニス選手の過酷なスケジュールを知らない、これからテニスファンになるであろう一般視聴者にとって、圭君の体調異変が誰の目にも明らかであるなら兎も角、圭君が技術レベルでマレーに遥かに及ばず、それ故、試合途中でやる気を無くした・・・と受け取られかねない内容だと感じ、批判しました。

    実は、てぃさんが何故その様にお感じ頂いたのかと驚いておりますが、ご指摘の通り、某企業で責任ある立場にあります。
    (それ故か、良くも悪くも個々の発言やコメントに対しても、自然に、表面的なモノに加え本意も見えてしまう悪い癖があるかも知れません。)

    サラリーマンも含めて給料を得ている以上、
    それぞれの立場でプロであることは当然と考えますので、今回の解説はテニスファンを増やすという目的意識の点で、甚だプロ意識を欠いたものと判断せざるを得ませんでした。
    (無論、解説者個人の方に思う所がある訳ではなく、プロの解説者としての技術論のことですので、猛省の上、頑張って頂きたいとの考えも先にコメントした通りです。)

    誰であれ、公共の 電波に乗る方は批判に晒されることが多いと思いますし、ご本人にとって不本意なことでも人の捉え方は様々で、大なり小なり批判を受ける苦い経験を経て現時点の立場にいらっしゃると思います。

    辻野氏であれ圭君であれ、この様な批判がありご苦労を重ねた上での現在だと考えます。

    かような経験を重ねてこられ解説者としてプロ意識をもった仕事をされているご本人を貶める仮定質問は意味が無いだけでなく(このことはご質問者自身も仰っていますが・・・(T_T))、また、たとえ辻野氏でもダメなものはダメという私のコメントは、応援されている辻野氏ファンの方にも不快感を与える可能性を考えますと、やはり失礼な想定だと判断せざるを得ず、質問にお答えした上でお詫びした次第です。
    (誤解の無いよう敢えて申し上げますと、私は特段、辻野氏のファンという訳ではありません。ただ、プロ意識のある解説者の方として尊敬しています。)

    職業に対するプロ意識の考え方をご説明するため、つまらぬ個人情報の一端をお話ししましたが、このサイトではおっちゃんでいきます。

    おっちゃんとしては、半ばジョーク絡みで色々好き放題言うのもファンの楽しみではあり、私も好むところです。

    今回のケースでは真面目にご質問を頂きましたので、真摯にお答え致しました。

    マーケティング理論上での【付加価値】は、人・モノ・サービス等の間で上下感覚はありませんが、そのあたりも少し誤解があったかも知れませんね。

    ただ、このスレッドに限りましては私のコメントへの賛同や好意的ご意見を幾つか頂きとてもありがたいと同時に、双方への応援コメントという意味ではやや偏りもアリと感じておりましたので、てぃさんの助け舟も良かったと思います。

    ありがとうございました。

      引用  返信

  • やはりルール違反はいけないですね。

    けんさん、てぃさん、他の皆様、申し訳ございませんでした。ごめんなさいm(_ _)m

    てぃさんの助け舟…私も投稿した本人ですが、そう感じ、こちらも助けられました。
    有難うございました。

      引用  返信

  • 関西のおっちゃんさん、けんさん、

    私はお二人のやりとりでは、てぃさんのコメントに同感です。

    関西のおっちゃんさん、

    マーケティングの部分は良くわかりますが、ひとつだけ?と思うところがあります。

    >かような経験を重ねてこられ解説者としてプロ意識をもった仕事をされている

    と、辻野さんのことを、言っておられますが、あのNHKでの解説を務められた方もそうなのではありませんか?私はあまり知りませんでしたが、WOWOWでも解説をされているようですね。
    どこをもってして、「かような経験を重ねてこられ解説者としてプロ意識をもった仕事をされている」か否かを判断されるのでしょうか?ご自身の中でははっきりとしたものがあるのかもしれませんが、他の人にはわかりません。

    私はあの解説に関しては全否定ですが、あの方が今までプロ意識を持って解説をしてこられたかは知りません。あくまであの試合に対しての否定なのです。
    少し、ごっちゃになっているのではないでしょうか。

    もう少し、あの試合の解説についてですが、
    私は錦織圭選手ではなく日本人でもなく、つまり誰に対してであっても、「戦意喪失」的な事は言ってはいけないと思っています。

    ・テニスがたとえMPをにぎられてもそこから逆転が可能なスポーツだということ
     昨年全米でフェデラーさんがやりましたね。今日のジョコさんもMP手前で大逆転でした。
    ・3セットマッチで1セットダウンからの勝利というのは(テニスに限らず)普通にある事であるという
    こと
    ・ツアーを回っていう選手で「戦意喪失」するような選手はいない(勝ちをあきらめることはあるかもしれない)
    ・怪我等なのか、無気力プレーなのかはLIVE中継ではわからない(事実確認のしようがない)

    以上のことからです。

    加えて視聴者は自分にはできないこととして試合を見ているのです。ようは「すごい」と思いたいわけですから、そういう気持ちに水を差すような解説は止めて欲しいと思っています。

    テニスを愛していれば、ああ言った場面で選手を貶めるような発言がでてくるはずがないと思うのですが、なぜ、あのような解説になったのか不思議でなりません。あの試合の解説には選手に対するリスペクトがないように感じられて悲しいです。

    NHKの解説ということで反響も大きいのですから配慮も必要ですが、たとえ小さな放送局で少ない視聴者相手だったとしてもこの解説のようなものであれば批判されてしかるべきだと思います。

    ちなみに、昨年のファイナルズの対ジョコ戦での修造さんの解説は非常に不快でした。2セット目を取られたジョコさんが心が折れていると言われていました。たとえ修造さんの目からはそう見えていたとしても言うべきではないと思います。TVを見ている人が全て錦織ファンだと思われてのことかもしれませんが、そういう事とは関係なく言ってはいけないことだと思います。
    修造さんは素晴らしい方だと思いますし、私も大好きですが、live解説については少し配慮していただきたいと思います。

      引用  返信

  • 実は、一連の意見の交換でずっと【違和感】のようなものを感じておりました。

    意見の違いは多いに結構なんですが、コメントをしっかり読んで理解して頂いた上でないと議論にならないので・・・というのは先のコメントでも触れた通りです。

    僕が、このスレッドでNHKの解説者の方についてコメントを致しましたのは、議論の大前提として、先の対マレー戦の解説についてで、この試合以外の解説や、解説者ご本人のテニスプレーヤーとしての実績、ましてご本人のお人柄ではありません。

    youkoさん、
    メッセージ、ありがとうございます。
    少し長い引用になりますが、youkoさんのメッセージ、再掲させて頂くこと、ご容赦下さい。

    〉かような経験を重ねてこられ解説者としてプロ意識をもった仕事をされている

    と、辻野さんのことを、言っておられますが、あのNHKでの解説を務められた方もそうなのではありませんか?私はあまり知りませんでしたが、WOWOWでも解説をされているようですね。・・・

    「かような経験」というのは、解説者として仕事をした経験という意味ではなく、辻野氏が、視聴者から受けたであろう様々なクレームから、どのような解説をすべきかを学び実践に努めておられることを指しています。

    〉どこをもってして、「かような経験を重ねてこられ解説者としてプロ意識をもった仕事をされている」か否かを判断されるのでしょうか?ご自身の中でははっきりとしたものがあるのかもしれませんが、他の人にはわかりません。・・・

    これも何度か、以前のコメントで触れています。

    以下は少し表現を変えて、再度申し上げます。

    僕の議論の前提は、【錦織圭という極めて優れたプレーヤー=コンテンツに大きな注目が集まっている今、いかにテニスに関心をもつ人を増やすか。】にあります。

    《エースを狙え!》の人気が落ちついて以降、日本では残念ながらテニスという競技、あるいはツアーへの注目度はあまり高いとは言えず、選手や解説者も含め、上記の思いはテニス関係者共通の認識だと考えています。

    この「テニスに関心ある人を増やすという目的意識」を常にベースに持って仕事をしているか否かが、プロ意識の有無の判断材料になる・・・という意味のことを述べてきたつもりでした。

    地上波も含め、仮に視聴率5%と見積もっても500万人の人が観戦したであろうマレー戦です。
    長く圭君を応援しているここの皆さんでしたらマレー戦での圭君の体調異変に気付かれたと思いますが、それに気付かない一般視聴者も数多くいらっしゃると思います。

    当該試合での解説で、辻野氏は圭君の体調異変に触れ、他方、NHKの解説の方はあたかもテニスの技術レベルでマレーに屈し、それが原因で圭君はやる気を無くし、試合放棄したかのような印象を与えるコメントでした。

    以上は、何度かコメントさせて頂いた内容です。

    以下も、一部重複しますが、新しい表現で記述致します。

    とても嫌な想像ですが、もし、圭君が転倒して担架で運ばれたり、脚を引きずって動けない状態になっていたら、辻野氏とNHKの方の解説は大きな違いがなかったかも知れません。
    ただ、今回のように解説の現場で正確な情報が判別しにくく、ましてテニス観戦歴の浅い方々にとって、何が起こっているかわかりにくいようなケースでこそ、上記のような解説者としてのプロ意識を常に持って仕事に臨んでいるか否かが試されると考えています。

    これまで、【今回のマレー戦からの判断】と【錦織圭という素晴らしいプレーヤーの存在】の大前提を元に、例えば圭君に対する解説者の立場などについて何度かコメントさせて頂いてきました。

    圭君と他の選手との比較や、辻野氏とNHKの解説の方が逆だったら・・・という議論は前提が異なる以上、別の議論になるかと思いますが、ご質問頂いた以上、真摯に答えるべきとの考えからコメント致しました。

    但し、このプロ意識をもった上で、圭君であれ他の選手であれ、ひとつひとつのプレーに対し、否定的コメント(例えば、あのストレートは無駄な一球だと思います・・・等)を述べるのは、解説者の裁量や個性であり、僕は否定しませんし、寧ろテニスをより深く考える上で参考になるという立場です。
    更に言えば、仮に試合の中で、選手が体調の異変が原因ではなく、技術面や会場の雰囲気で心が折れてしまい、本当に戦意の低下が感じられたとしたら、解説者自身の感想としてそのようにコメントしても良いとも思っています。

    今回のケースは、事実に基づかない精神論で、結果的にアスリートとしての圭君に悪い印象を与える解説であったというのが、一連の批判の趣旨です。

    youkoさんからのご意見で気付かせて頂いたことがあります。

    それは、以前のものも含め、意見や考えの違い以前の問題として、僕のコメントは非常に分かりにくく、また、文章力にかなり問題アリということです。

    もし、「かような経験」というのが解説者としてwowowでも仕事をした経験・・・と捉えられていたとしたら、まして、「少し、ごっちゃになっているのではないでしょうか。」という印象を与えてしまっている事など、全く予想外のことで、愕然としました。

    これはアイロニーや勿論、嫌味でもなく、本当に僕の側に問題アリだと反省しています。

    こちらの皆さんにもご迷惑をお掛けしてしまいました。(T_T)

    文章力の向上はすぐには難しいですが、大いなる反省材料としたいと思います。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。