2016バルセロナ準々決勝 vs. ドルゴポロフ ゲームごと実況記事

【21:56】
バルセロナは小雨まじり。
前の試合はペールが逆転勝ち。この試合勝ってペールと対戦できるか。

Set1

Game1 ドルゴSv 0−1
お互いに良い立ち上がりではないだろうか。

○ 2FSO 1本目から強烈FR
×× 2FCr ド、角度付けた
××× 1F打 Svでほぼ決まり
× 2BO
× 1BSlN Sl弾まなかった

Game2 圭Sv 1−1
サーブは今日も速め。

○ 2BRN
×× 2BRCr 速く角度付いたR
○ 1BSO
○○ 1SvCt 197km/h
× 1BN 184km/h
○○○ 2FCr 角度付けた

Game3 ドルゴSv 1−2
ちょっとミス出たがショットは鋭い
× 2見逃した
× 2BN
× 1BSO
○○○ 2FPSt Ap読んだが攻められてる
○ 1BO BCr深い
××× SvWi

Game4 圭Sv 2−2
先行されたがいいプレーでお返し、ナイスキープ
××× 1BRSt 181km/h うわっ
××× 2BPCr クロスにアプローチの癖
○○○ F打 BCrで追い込んだ
○○ SvCt 182km/h いいコース
○ 1BN 170km/h 早めのBStあり
○○○ 1FRcCr 161km.h

Game5 ドルゴSv 2−3
ドルゴポロフのプレーが良い。錦織はミスでポイント先行できず流れに乗れない。
× 2FRO
× 2BRO
××× 2FCr 鮮やか
×× 1SvWi

Game6 圭Sv 3−3
多彩に攻めて楽にキープ。
○ 見逃した
○ 2BRN ボディサーブ
○○○ 1FCr 173km/h 中に入った
○○○ 1SvWi 157km/h いい角度

Game7 ドルゴSv 3−4
ドルゴポロフのサーブが良い。
××× 1FRvCr すごい角度
○○○ 2BDr 振ってオープンスペース作ってから
× 1BO 攻め球
○ 1FApO 厳しい1st返した
×× 1SvWi
××× SvCt

Game8 圭Sv 4−4
1stが全部入り、簡単に追い込んで楽にキープ。
○○ 1FCr 163km/h
○○○ 1Sm 146km/h 角度つけたSv
○○ 1SvWi 171km/h
○○ 1FCr 176km/h

Game9 ドルゴSv 4−5
30−30までは行くが良いサーブが入ってきてチャンスが来ない
×× 2FPCr Ap甘い
× 2FN フレーム
○ 1BO
○ 2BN ドルゴ無理した
×× 1Svwi
××× 1BLb

Game10 圭Sv 5−5
○ 2FRO アタックしてきた怖い
× 1FSO 195km/h 攻め球ミス
× 2FN ちょっとこのゲーム硬い
○○ 1F回St よく打ったが、危ないといえば危ない
××× 1Sm 194km/h 攻められた
○○ 2BRN イレギュラー助かった
××× 2FDrV ハーフボレードロップ 素晴らしい
○ 1BO 199km/h ドルゴ怒濤の攻め 凌いだ
×× 2FSt ドルゴがまるで錦織のような攻め
○○ 1FV 195km/h ヒヤヒヤ。よく粘ってる
××× 2FRSt 前にでてアタック
○○ 1FSt 193km/h すごい勇気で打ってる
○ 2BRN
○○ 1SvBd 196km/h

Game11 ドルゴSv 6−5 Berak!
○ FN
×× 1SvWi
○ FO 打ちまくりそろそろミスが出る頃
×× 1SvWi
× 2FRO うーむ
○ 1FRvCrSO
○ SmO ジョコビッチばりの粘り
××× FCr Svでほぼ決まり
○ FO
× BO もったいない
○ DF
×× BAp 粘ってる
○ BN やることやってる
○ BO 凌ぐところ凌いで、攻めるところ攻めた!

Game12 圭Sv 7−5
ここはドルゴ、ミス増えた。ミスのタイミングも早くなってきた。
× 1BO 192km/h
○ 1BO 166km/h
○○ 1Sv 167km/h
○ 2FO
○ 2BRN

W-UE
錦織 8-14
ドルゴ 12-21

Set2

Game1 ドルゴSv 1−0 Break!
錦織がジョコビッチ化
× 2FRO 打ち込んだがアウト
○ 1FN ドルゴリスク負いすぎ
○ 1BN ドルゴリスクテイク失敗
××× BSt ロブで追い込まれた
×× 1SvCt
○ 2BN 打ち込みミス増えてきた
○ BO
○ FRvCrO ディフェンス

Game2 圭Sv 2−0
×× 2BR 打ち込み&ダッシュ
○○○ 1BSt タイミング外し技あり スピードガン故障?
×× 2FV 打ち込み&ダッシュ
○ 2FRN
○○ 1FDr 187km/h スピードガン復活
○○ 1SvWi 136km/h ゆるいスピン1st

Game3 ドルゴSv 3−0 Break!
ドルゴ:ミス増加、錦織:リラックス
○ DF
○ 1BN ドルゴ全ショット打ち
×× 1SvWi タイミングは合ってる 193km/h
○○ 2BPCr ディフェンスから切り替え
○○○ 1FRSt 193km/hをドンピシャ

Game4 圭Sv 4−0
ピンチ迎える前に自分のプレーで戻す。
× 1FCrSO 193km/h
××× 1FCr
○○ 1SvWi
○○○ FSt 猛攻全部返してカウンター
○○ 1SvWi
○ 1BO

Game5 ドルゴSv 5−0 Break!
○○○ FV 追い出してオープンへ
○ BO
○ DF
××× 1Sm
×× FV S&V
○ FN
○ FO
×× SvWi
○ BO
○○ BR深

Game6 圭Sv 6−0
○○ 1SvWi
× 2BRCr
○○○ 2FCr
○○○ 1SvWi
○○○ 2BSt

9 件のコメント

  • 強い!
    才能は互角、ドルゴのショット選択は通じるものがある。でも入れてくるかギャンブルショットかの差が大きい。
    もう一度言う。強い!

      引用  返信

  • 後出しになるかもしれないけど(現在5-0)、セット間のドルゴの表情見てベーグルの可能性を感じました。「そんなに間違ってないはずなのに。結構追い詰めてるはずなのに。ジュニアの頃は同じような感じだったのに。」の顔でした。そこには明らかな違いがある。強い。

      引用  返信

  • ドルゴ選手、第1セットの第9ゲームまでは全開で飛ばしていたのでしょうが・・・
    第10ゲームのSP4本凌がれて、逆に自身の第11ゲームで4本目のBPをセーブ出来ず・・・
    そこから逆転する気力体力は無かったと言いますか・・・緊張感のあった試合を一方的にしてしまった錦織選手、強いですね🐻

      引用  返信

  • 準決勝進出、おめでとうございます。ペール戦もこの調子で頑張って欲しい。先日のモンテカルロのジョコビッチは一昨年の全米オープンの錦織みたいな負け方でしたね。ドロップショット多用の変則テニスにジョコビッチは対応できなかった。ジョコビッチの戦略は、1セット 目で、相手のテニスを学習しながら、徐々に際どいコースに配球できるように身体を慣らしていってると思いますが、モンテカルロではそれを相手がさせてくれなかった。5セットマッチなら取り戻せたのでしょうが。ペールは天然の変則テニスですから、ペールが調子に乗ってネットへ出た時の対応に集中する必要があるのではないか。ペールが調子に乗るまではほっといても自滅するでしょう。如何でしょうか?

      引用  返信

  • 以前地元に住んでいて最近バルセロナに引っ越した知人が観戦しているのをテレビで発見!羨ましい!

    今日の試合は簡単に終わるかと思いきや、第一セットはハラハラしました。

    明日も頑張れ!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。