戻ってきた我慢強さと勝負強さ!(2016インディアンウェルズ4回戦)

2016 Indian Wells
4th Round
Kei Nishikori[5] def. John Isner[9], 1-6,7-6(2),7-6(5)

試合レビュー

超絶ビッグサーバーのイズナー相手に、「これ以外ない!」という勝ち方で勝ってくれました。
ブレイクはおろかブレイクポイントすら握れないという自分のサービスにプレッシャーが重くのしかかる状況の中、耐えに耐えタイブレーク2つをもぎとる勝負強さ。
錦織が苦手とし、イズナーが「これ以上ないサーフェス」と得意を公言するインディアンウェルズでのこの勝利は単なる1勝以上の価値があります。
だって、この試合を落としていたらと考えるとあまりにも大きいではありませんか。

それにしてもイズナーのサーブは「やばい」の一言ですね。
2階からサーブという感じで、読みが外れたらまったく手が出ません。
セカンドも跳ねまくって手がなかなか届きません。
かといってボールが落ちたところを打とうと後ろに下がると、7mくらいは行かないといけなくなっていたのではないでしょうか?
2ndサーブの平均速度が115mph(184km/h)!錦織の1stサーブ以上の速さです。反則ですねw

とにかく、リターンゲームはほぼノーチャンスでした。

となるとサービスゲームをどう切り抜けるかという話になるのですが、1stセットは(見ていませんが)ストロークミスやダブルフォルトがあり、「ビッグサーバー相手に絶対やっちゃいけないプレー」だったようです。

2ndセット後半から見ていましたが、そのころには既に落ち着いてキープできるリズムが出来ていたようです。
試合後のインタビューでは「ストロークで無理をしすぎないようにした」と言っていましたが、これが良い作戦だったと思います。
去年のマイアミのイメージから「先に打たれる前に打ちたい」という気持ちがあっておかしくない中、「リスクを下げてじっくりプレーしても自分がストロークで上回れる」という自信がないとできない作戦ですからね。
凡ミスも少なかったですよ。

ビッグサーバーの心理としては、

      相手が1歩も動けないノータッチエース
      相手が届かないノータッチエース
      相手がかろうじて触ったが、返ってこないサービスポイント
      返ってきただけのチャンスボール

これらのポイントが多くなればなるほど気分が乗ってきて、ますますサービスがよくなります(上の方のポイントほど気分がよくなります)。

ですので、リターン側は

      まずなんとか返す
      返せなくても触る
      触れなくても動く

ということが(この順番に)重要になってきます。
錦織は忠実にこれをやり続け、ボディーブローのようなプレッシャーをイズナーに与え続けましたね。
そして「ストロークになったら分が悪い」という印象も、自分のサービスゲームを通じて植え付けました。

それが最初で唯一のマッチポイントでのリターン返球に繋がり、イズナーのストロークミスを誘いました。あのポイントにこの試合の全てが凝縮していたように思います。

勝つと負けるとでは天国と地獄でした。そのヒリヒリする大勝負を切り抜けた錦織圭、あっぱれです!

スコア推移

※スコアリング by 赤黄色さん
※カッコ内はサーブ。1:1st, 2:2nd, w:wide, c:center, b:body, f:flat, sl:slice, sp:spin, D:DF, A:ace, n:net, o:over

Set1

G1 射 ×××○× 0-1
G2 圭 ○××○○×○○ (1wsl2wsp2csp1bsp2bsp2bsp2bsp1cf) 1-1
G3 射 ×××○○× 1-2
G4 圭 ×○××○× (1csp1bsp1bf2bsp2csp2bsp) 1-3
G5 射 ×○××× 1-4
G6 圭 ×○××× (2bsp1wsp1bf2bspDn) 1-5
G7 射 ×××× 1-6

Set2

G1 圭 ○○○×○ (1wsl1wsp1wsl1csp1cf) 1-0
G2 射 ○×××× 1-1
G3 圭 ○××○○○ (1wsl2wsp1bsp2wspAcf1bsp) 2-1
G4 射 ××○×× 2-2
G5 圭 ○○○○ (1csp2bsp1wsl1wsp) 3-2
G6 射 ○×××× 3-3
G7 圭 ○××○○○ (2bsp1cf2csp1cf1bf1wsp) 4-3
G8 射 ×○×○×○×○×× 4-4
G9 圭 ○○○○ (1bf1wsp1csp1csp) 5-4
G10 射 ××○×× 5-5
G11 圭 ○○○○ (1wsl2bsp1wsl1wf) 6-5
G12 射 ××○×× 6-6
TB ○○○○○××○○ (2csp・・1wsp1wf・・1wsp1bf) 7-6(2)

Set3

G1 射 ×××× 0-1
G2 圭 ○○○×○ (2bsp1csp1csp2bsp1csp) 1-1
G3 射 ×××× 1-2
G4 圭 ×○○×○○ (2csp1cf1cf1wsp2bsp2csp) 2-2
G5 射 ○×××× 2-3
G6 圭 ×○○○××○○ (1wsl1cf1wf1cf2csp1wf2csp1wf) 3-3
G7 射 ×○××× 3-4
G8 圭 ○○○○ (2bsp1wf21bf) 4-4
G9 射 ×○×○××× 4-5
G10 圭 ○○×○○ (1wsl1bsp1wsl2wsp1bf) 5-5
G11 射 ×××○○× 5-6
G12 圭 ××○○×○○○ (1cf1wf2wsl1wf2csp2wsp1bf2wsp) 6-6
TB ×○○××○○○××○○ (・1bf1wf・・1cf1cf・・1bf1cf・) 7-6(5)

鼻血試合とすべきか否か・・・?

この試合はもともと鼻血対象試合にしていませんでしたが、終わった瞬間に鼻血が出そうになりました。
とても苦しい試合で、勝負強さが光ったので鼻血試合としたい一方、まだ4回戦であり相手もトップ10外のイズナーということで迷いました。
迷ったのでtwitterのアンケート機能を使って世論(?)を調査してみました。

14:14現在、736票集まりまして78%が「鼻血出た」派です。
気持ち分かります。

ポイントは「IWのイズナー」「IWの錦織」をどう評価するかですね。

イズナーは「僕にとっては、これ以上望むべくもない、パーフェクトなサーフェスだ」と断言します。「ボールは速く飛ぶし、なおかつバウンド後は球速が落ちて、高く弾む」。おかげで「僕のような長身の選手にも、アタックするための時間的余裕が生まれる」という訳です。

錦織圭、我慢のテニスでベスト16進出 208cmの超ビッグサーバーとの対戦へ:BNPパリバOPレポ(内田暁) – 個人 – Yahoo!ニュース

対して錦織にとっては大の苦手サーフェス。
これを考慮すると、今日の勝利は鼻血モノではないか・・・?

一方で、錦織の成長に伴い鼻血試合を極端に絞ってきた歴史があります。
ここで鼻血を出してしまうと、これからは鼻血を出しすぎて輸血が必要な事態になってしまうのでは?という懸念が・・・。

ということで、折衷案として次のナダル戦に勝利したら、セットで鼻血試合に認定しようかな、と。

やっぱり今の目標は、「マスターズ初優勝を目指してまずはベスト4の常連になること」だと思うので、ベスト4入りするまでは鼻血はお預けということで!

174 件のコメント

  • クールな応援が、いつの間にか熱い応援に
    変わっていた、素晴らしい試合でした
    何より、勝ちきったことが、結果がついてきた
    ことが、今年のとりへ前進できたこと
    とても嬉しいです

    本当に、IW価値ある初のBEST8おめでとうございます!❢

    今回の圭はメンタルコントロールを
    色々ととりいれていたのが
    良い結果となったと思います

    1 間をとるためのチャレンジ
    2 靴紐を結び直す
    3 ラケットで壁をたたく

    これらが切り替えに
    とても効果的でした

    また、マッチポイントとられてからの
    バックでのクロス!素晴らしかったですね

    25歳のゴファンがチリッチを破り
    上がってきましたし
    ラオニッチも、あがってくるでしょう
    もし、
    ナダル、ジョコをクリアできれば
    圭とラオニッチの決勝戦!

    圭とラオニッチのMSでの決勝戦 みたいな〜

    いつかは、GSで、圭も年下と決勝戦となるで
    しょうが、その前に、早めに、年上BIG4_との
    決勝戦を魅せてほしいものです

    ps今回はベルディヒ ダブルフォルトから
    スマッシュミスでラオニッチに負け
    ワウリンカも最後スマッシュミスしたあと
    UEで負けました
    スマッシュミスが致命的になる今大会ですね

    ジョコもまだ、万全でないし
    ジョコはマイアミを考えて戦っているでしょうから
    つけいる隙はあります
    ナダルも、全盛期とは違いますから
    実績、結果作りの為にも
    イスナー対策とは違う
    シバキラリーで戦ってほしいです

    シバキラリーで負けても
    繋がりますから
    結果にこだわりすぎた
    弱気、小手先の、勝負はしないで
    おもっきし、いってほしい

    ナダル戦は熱く応援させていただきます

      引用  返信

  • 今日11時からBS1でラオニッチ対モンフィス
    の準準決勝の生中継ありますよー。両方好きなんで儲かった気分(笑) 出来れば好漢ラオニッチかな?

      引用  返信

  • @MIYA さん
    ありゃ?そうなんですか??(@_@)
    それは知りませんでした…
    Euroさん、残念!!!

      引用  返信

  • NGKさん、>1 間をとるためのチャレンジ

    やっぱ、そうですよねー。圭君は、「チャレンジして!!」っていう時でも、チャンレンジしない派w
    今回の審判、線審がミスジャッジが多くて、チャレンジする場面も圭君にしてはめづらしくありました。
    圭君がチャレンジするときは、ほぼほぼ成功なのに、明らかにアウトだよね?の場面でチャレンジしていたので、” 間をとるためのチャレンジ”かなー?と思いました。
    ルール上許されているので、もう少し使って欲しいと思っていたので、今回みたいに上手に使って欲しいです。

    ・・ドロー見たとき、フェデラーがいれば、ボトムだったのにww でもフェデラーがいるしw
    しかし、マレー、上手に負けたなー・・って思ってしまったのはわたしだけ?
    マイアミにおうちもあるし、生まれたばかりの赤ちゃんも奥様もマイアミのおうちで待ってそうだし、
    デビスカップで疲れたし、IW上手に負けて、マイアミに備えようとか(苦笑

    マレーなし、GSじゃないと気合の入らないワウリンカ、、ボトムの決勝は9割がたラオ君の気がしたりして。

    得意じゃないIWでナダルかあ・・頑張ってね! 勝っても負けても疲れそうw
    勝ったらジョコなんだ。そりゃ、上位とやって、どんどん経験値を積んで欲しいんだけど、結構いばらの道やん。 マイアミが心配なわたしです・・

      引用  返信

  • 遅ればせながら、対イズナー戦の興奮が冷めやらずです。

    昨日はあらゆるニュースを避けて帰宅。結果を知らずに録画で試合を観ました(午前中に1-6で第1セットを落としたのは目に入ってしまいましたが)
    正直、勝つとは思っていませんでした。錦織圭、恐るべしです。
    ファイナルセットでイズナー選手にマッチポイントの場面は、当該ゲームでの失点の様子から万事休すと思いました。でも攻めきりましたね~~
    それまでも汗でじっとりする手を組んで(←なぜか五郎丸ポーズ)、もはや応援というより神頼みのようなありさまでしたが、タイブレーク突入から勝利をもぎ取った瞬間、ガッツポーズで叫んでいました。

    薄氷の勝利と思いきや、試合後インタビューで3セットを振り返る錦織選手の頼もしくも冷静な受け答えに、勝つべくして勝ったのかもと思い直しました。
    そして、おばっちさんの戦略的「引き算」の解説には、なるほどと腑に落ちるものがありました。

    それにしても、イズナー選手の立場に立てば、テニスという競技は残酷な気もします。総ポイント数で上まわり、一度もゲームを落とさずに相手を2ブレイクしていても負けだなんて。まぁ、試合中は、奥にイズナー、手前に錦織のアングルで、遠近感がおかしいぞ!とか、ビッグサーバーは別枠でサーブだけのサーブ合戦でもすればいいんだ!とか、言いたい放題の自分でしたが、イズナー選手の涙にはホロリとさせられました。

    さぁ、次はナダル戦ですね。本当になんて贅沢で楽しみな一戦。錦織選手はまちがいなく勝ちに行くんでしょう。どうか怪我がありませんように、健康で痛みなく試合に臨めますように。

      引用  返信

  • 第一セット、4ゲームでラオニツチがモンフィスをブレイクしましたが、7ゲーム目で返されてイーブン。

      引用  返信

  • ジョコさんが観戦に来てますよー 対ラオニツチ視察かしら?

      引用  返信

  • ラオニツチ、1セット取った後3ゲーム連取。きまりですかね。

      引用  返信

  • ボトムのSF ラオvsゴファンに決まりましたね。

    圭くんも負けるな💪
    ナダルから2勝目を☆

      引用  返信

  • しかし、モンフィス、コートのサーフェスに水平に倒れこんで寝転んだ状態でのリターンはさすがおフランス忍者。お陰で少量出血してしましましたが。危ないよ~~

      引用  返信

  • 昨日から今日の朝まで仕事という過酷勤務だったのでまだみれてないですが(^^;)、皆様の興奮冷めやらぬ様子、楽しいです(ノ≧∀≦)ノ
    これから夜中まで寝て、ナダル戦の前に景気づけに見るつもりです。
    「Nishkor-Isner just started」が10時前だったのに12時になっても終わってないようだったので、「第3セット?!勝ったな💪」とか勝手に安心してました(笑)…あんなスコアとはwwww
    うちのTVは古いので参考にならなそうですが、GAORAのテニスはいつも日時指定で予約してます、番組予約ではなく。3セットマッチなら3時間あれば確実なので開始時間から3時間、第二試合であれば前の試合が伸びることを考慮して4時間、とか。

      引用  返信

  • ギヤー! 東京今夜から明日朝にかけて、雨模様。我が家のBS雨に弱いんですぐモザイクになっちゃうんですー あー晴れ乞い踊りでもやんなきゃ、朝4時だしーねぇ

      引用  返信

  • パトリック マックインロー(ジョンの弟)はプリビュウで 錦織に分があると予想シテマス、フーンと想って聴いてマシタ!自分の事をやりながら聴いていたのかも知れませんが。ワタシの感では、接戦に縺れ落ち込むと思います それから 何方に転ぶか分からないと感じます!ラッキーな方が らっきーな勝ち方をするしか無いと思います。少なくとも 圭 は前回の勝利て吹っ切れてマスが ラファはラファでラファのテニス”エゴ”が一枚加わるのと 錦織は進化中のサブマリーンズです今。毛 一本の差で錦織の勝ちを選びました
    🎾ひひ

      引用  返信

  • http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160318-00000087-jij-spo

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160318-00010001-tennisd-spo
    フェデラー選手が復帰を早めて マイアミMSから戦線復帰のようです。
    フェレール選手がマイアミMSも欠場の噂がありますが、ラオ選手 VS ゴファン選手のSFは マイアミMSでの9~12シード群入りをかけた重要な一戦になりそうです。

    ラオ選手 敗退で15位確定。 勝利 12位浮上で 9~12シード群入り。 優勝で10位浮上

    ゴファン選手 敗退で15位確定。 勝利 13位浮上で フェレール選手が欠場で9~12シード群入り。 優勝で10位浮上

    錦織選手はIWで優勝で 5位浮上ですが、今大会と変わらず 5~8シード群です。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160318-00010000-tennisd-spo
    山口奈緒美氏の記事です。
    「30cmの体格差をはねのけた我慢の勝利……いや、我慢以上に、勇敢な勝利だった。」

      引用  返信

  • ゴファンがなんと無く 錦織圭に似てきましたネ!、相当参考にしてるのか偶然の成り行きなのか ほのぼの 錦織圭も他のプレーヤーに影響を投げかける様になりましたネ!大したもんですネ!

      引用  返信

  • 節穴 さん、パトリック氏が推してくれるのは嬉しいですね~( `ー´)ノ
    お兄さんよりも 聡明そうです(^^)デ杯の監督も努めていましたし、退任後はJrの育成にも携わっていますよね~?

    ゴファン選手もそうですが、ベルギーは好選手を多く世界に送り出していますよね~
    昨年のモントリオールMSで錦織選手と対戦して、何か良いヒントでも掴んだかも・・・ですね(`・ω・´)ゞ

      引用  返信

  • イズナー戦 私にとっては間違いなく鼻血対象試合でした。

    これほどまでの接戦を勝ち切ったのは、昨年のデ杯ラオニッチとのフルセット以来の印象があります。
    しかも誰もが分が悪いと認めていたIWのイズナー相手にです。

    正直、フェデラーであろうとマレーであろうと、接戦しても負けは負けで勝ち切ることとの差は大きいと感じてましたが、昨日の勝利でデ杯でのマレーへの惜敗から、もう1ステップ進めた気がします。

    これでナダル、ジョコ、ラオorゴフィンに3連勝できたら錦織のトップとしての覚醒ですね。
    あっツォンガゴメン・・・

    私の決勝予想
    錦織&覚醒中ゴフィンのストロークしばき合!
    同世代同タイプ対決でどうでしょう?

      引用  返信

  • 昨夜BS1再放送見ました。結果を知ってる状態でしたがタイブレ2本はシビレました!
    いい試合を経験しましたね。LIVEで見たかったです。

    さて、間をとるためのチャレンジ行使についてコメントありましたが、自分もうまく使っているなと思います。
    特に今回のイズナー戦は、12ゲームまでは余程でなければ使わず“タイブレ用にとっておく”戦略だったのかな?と思いました。

    さて、次はナダル。もう今年のうちに対ナダル10戦目までH2Hいきそうですが、ここはひとつナダル得意コートで1勝以上価値のある勝ちを期待します!!

      引用  返信

  • 遅ればせながら、congratulations 圭、皆さん。
    昨日はライブ視聴できず、情報シャットダウンして 夕方1セット見終わった頃 主人が帰宅、マスコミ関係者の主人に、錦織の試合結果は 絶対に言わないで!と念押し。諦めモードの私に主人は、かすかに❓顔。表情を変えずに新聞に載ってたね〜との発言。負けの後にはtvも新聞も見ないことを知ってるはずなのにと、不思議がる私。そこまできても まさか勝つとは想像できなかった私。ごめん、圭くん。ゴメンみなさん。それでもと2セット目からみ始めて、勝った!!いつも情報シャットダウンして 後で見る時は 主人のポーカーフェイスの裏を読みつつ観戦してます。何をしてることやら。圭くんの瞳が澄んでて じっと集中してた表情でしたね。何か良い時期に入ってますね〜 その様な錦織を見れるだけで 嬉しいです。

      引用  返信

  • @圭 大好き!さん

    録画の件、ありがとうございます。
    今度その方法で録画してみようと思います。
    (以前やったような気もするけど再チャレンジ!)

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。