2016メンフィス準々決勝 ククシュキン戦 ゲームごと実況記事

Set1
Game1 ククシュキン 0−1
0-40と3BPを迎えるが、ククシュキンがフラットで攻めてきてキープを許す。

Game2 錦織 1−1
今度は40-0からデュースに追いつかれるがそこでサービスエース。しっかりキープ。

Game3 ククシュキン 2−1 Break!
攻めまくるククシュキンのミスに乗じて逆を突くストロークでウィナーを奪う。波に乗れそうな序盤のブレイク。

Game4 錦織 3−1
サービスとバックDTLの精度が上がり、難なくキープで遠足成功

Game5 ククシュキン 3−2
ループボールで時間を作るなど、うまくディフェンスしてBPを握るまでは行ったが、サーブゲームの優位性でククシュキンがキープ。

Game6 錦織 4−2
落ち着いてキープ。今日は苦し紛れではない、相手のポジションを見てのドロップショット。

Game7 ククシュキン 5−2 Break!
30-30を勝負所と捉えた錦織の強烈なフォアリターンが決まり、次のポイントも精度の上がったバックDTLを起点に左右に振ってブレイク!

Game8 錦織 6−2
甘いドロップショットから迎えたBPのチャンスにククシュキンが痛恨のリターンミス(2ndサーブ)。
錦織がサーブ&ボレーでセットを取った。このゲーム、サーブの配球にも変えてきた。
ちょっとプレーに変化を付けようとしたのだろうか?

Set2
Game1 ククシュキン 0−1
このセットも0-40からキープされるスタート。
このセット後がないククシュキンが「これしかない」とばかりに攻撃し、耐えてキープしたことを賞賛すべきだろう。

Game2 錦織 1−1
苦しんでキープするククシュキンと対照的に、サーブ、ストロークともにプレースメントが良くなった錦織がラブゲームでキープ。
ショートラリーでポイントできている。

Game3 ククシュキン 1−2
フォアにミスがでてキープを許す。

Game4 錦織 2−2
ククシュキンの攻撃が素晴らしいが、錦織が返してくるのでどうしても最後にミスが出てしまう。

Game5 ククシュキン 2−3
ククシュキンの調子が少し上がってきているように見える。
チャンスは来ると思うが、錦織はサービスゲームでこれまで通りのプレーをすることが必要。
今日は全然リスクを負わずにプレーできているので、いざとなればまだ上げるギアはありそう。

Game6 錦織 3−3
2本のサービスエースで40-0にしたかと思ったらククシュキンの良いプレーと不用意なドロップミス(ひらめきのみで打った感じ)でBPを迎える。このピンチをゲームサービスエースでしのぎ、スマッシュもこなしてほっとするキープ。
ククシュキンの調子が上がってきている。

Game7 ククシュキン 3−4
サーブも上がってきたククシュキンがキープ。試合のレベルが上がってきている。

Game8 錦織 4−4
1分19秒であっさりキープ。1stサーブが効いている。
ラケットを変えた。次のゲームで勝負を賭けてくるだろう。

Game9 ククシュキン 5−4 Break!
重心を下げ、スピンを掛けて安定性を確保しながらもポジションとコースで攻めて0-30。15-30から攻めたバックDTLがネットで30-30。
ロブで甘いボレーを誘って30-40。サーブで凌がれたあと深いリターンで再びBP。最後は勝負したセカンドサーブでブレイク。
これまでの全てのゲームの経緯を踏まえた必然的なブレイクのように思える。
(全力で攻撃したククシュキンが錦織に凌がれて、我慢しきれなかった)

Game10 錦織 6−4
2回戦に続いてSFMを落とすか?と思われたが耐えて勝利。
ダレたというよりは、ククシュキンの攻撃が良かったのとデュースサイドで1stが入らなかったことが原因。
それでも最後キープしたのでナイスゲームだったと思う。

レビュー記事は別に書きます。

7 件のコメント

  • ククシュキン選の調子は悪くない感じですが・・・
    これだけ BPを握られていると 精神的にも疲れてジリ貧になりそうですね(@_@;)

      引用  返信

  • 錦織選手の1stサーブの確率が落ちてきたのもあってか、ククシュキン選手が元気になってきたような~
    もつれる前に決着をつけたいですね( `ー´)ノ頑張れ~!

      引用  返信

  • アン の ジョー スローな コートですね!過去の記憶と余りにも違う バウンドに慣れるのが大変ミタイでした!が 流石 チャンプの 余裕なパーフォーマンスでした!スローなコートは錦織に味方すると見えますクオーリーに対して。! 18才のフリッツにもコートの相性が良いのかも知れません?

      引用  返信

  • まずは勝利、おめでとうございます!何度もBPが、ありながらとれなくて、ククシュキン選手を少し元気にさせてしまったところもあったみたいですが、SFMは何とか取りきれて、ほっとしました。次はクエリー選手。ビッグサーバーで地元選手ですが、今日のような良いリターンで跳ね返して下さい。しっかり体を休めて、準決勝も良い試合を期待しています。西岡選手の分もお願いします。

      引用  返信

  • 何より表情が明かるく自信に満ちていて見ていて気持ち良かったです。 

    チャンピオンの余裕かな? 明日はアナグマ顔ー失礼ーねクエリー相手にまあ爽やかな魅力を振りまいて欲しいもんです。なにより勝利が一番ね活力剤ですから。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。