クエリーの猛攻を受け止めた錦織圭、4連覇に王手(2016メンフィス準決勝)

2016 Memphis (ATP 250)
Semifinal
Kei Nishikori[1] def. Sam Querrey[4], 3-6,6-3,6-3

とてもいい試合でした。
まずはリスクと取って攻撃し、成功させたクエリーの素晴らしいプレーを讃えたいと思います。
サーブとフォアが強力なのは分かっていましたが、バックハンドからもウィナーを奪ってきました。
1stセットはほんの1ポイントの差でしたが、錦織も悪くなく、最後まで集中を切らさなかったクエリーが良かったと思います。

ただその勢いが最後まで続くかなと思っていたら、やはり2ndセットの序盤で集中を高めた錦織に対しクエリーが耐えきれずミスを出します。
このまま錦織の流れが出来て早い決着となるかと思われましたが、クエリーが立て直したことで締まった試合となりました。

本日の錦織が最も良かったのは2ndサーブに対するリターンで、ミスがほとんどありませんでした。
これがボディブローのように効いてクエリーのサーブにプレッシャーをかける結果となりました。
少しずつクエリーのポイントが取れるパターンが減っていき、クエリーにとってウィナー<ミスの関係となるプレーバランスに変化していきました。
そうなるとクエリーもリスクを上げすぎるわけにもいかず、錦織が攻撃できる隙ができました。これを錦織が見逃さず攻撃したことによってファイナルセットは2ブレイクアップで終えることができました。

昨日のククシュキンは90位、今日のクエリーは58位ですが両者ともにランキング以上のプレーをしてくれました。
それに錦織が応えていいプレーをしてくれて、ATP250という格や対戦相手のランキング以上の試合内容だったと思います。
現地の観客も堪能したのではないでしょうか。

明日の2月15日は鼻血ブログ8周年の日で、当時は18歳の錦織がデルレイビーチの大会で旋風を巻き起こしている最中でした。
そして今大会はアメリカの18歳フリッツが旋風を巻き起こしていることは数奇な巡り合わせですね。

まあ多分今回は、錦織が18歳の勢いを止めると思いますけど!

22 件のコメント

  • 圭、4年連続決勝進出、おめでとう!!!(*^o^)/♥\(^-^*)
    団長のレビュー通り、しまった良い試合でしたね!ヽ(´▽`)/そして、クエリーの出来が想定以上だったにもかかわらず、落ち着いて対処した圭、なかなか貫禄がありました!(ゝω・´★)♥
    慌てず、しっかり勝ちきる圭に、2016年がますます楽しみになりました!!!(`ー´ゞ-☆ピシッ♥
    明日はブログ開設8周年ですか!(゜◇゜)ゞめちゃくちゃ感慨深いです~!(//∇//)♪ウフフ
    一人で圭の記事を探し回っていた8年前、過激なブログ名にびびって、なかなか訪れる勇気が出なかったのも、今は良い思い出です!(^_^;)💦
    昔からテニスは見ていましたが、ライス子もライストも、このブログで教えてもらいましたm(__)mATPツアーの仕組みやランキング試算もしかり(^_^)v
    でも、一番大きいのは、こうやって幸せな気持ちを共有することを知ったことです!!!( v^-゜)♪♥
    私が、初めてSNSに投稿した、記念すべき鼻血ブログ!(^w^)ウフフ♥圭が引退する日まで、団長についていきます~❗(/≧◇≦\)ウヒョー♥

      引用  返信

  • ロジャー様が錦織君のレベルを引き上げるように、錦織君も他の選手のプレーのレベルを上げているように見えます。
    だって相手が誰でも、面白くない試合がない!ですから(全部見てるわけじゃないですけどww)

      引用  返信

  • 痺れるゲームでしたねぇ。1stセット 22%だった2nd Serv Ret PT Wが2nd、3rd 67%に上がったのは1stの反省で2nd Servにより集中するように修正したのでしょうか? それにしてもスマッシュが…

      引用  返信

  • 錦織君の後、18歳でツアータイトル獲った選手いましたっけ?キリオス、トミッチ、ティエム、ズヘレフ、コリッチなど、間違いなく才能のある若手は出てきていますが、タイトルとなると…??

      引用  返信

  • @ROM さん、
    Twitterでの受け売りですが、
    “Taylor Fritz is the first 18-year-old to reach an ATP final since Kei Nishikori, who did it at 2008 Delray Beach.”
    だそうですm(__)m
    圭も、日本人が考えてるより、ずっとずっと、物凄いことを成し遂げたんですよね!(ゝω・´★)♥

      引用  返信

  • ファイナルセットしか見れませんでしけどいい感じでしたね。おめでとう!
    4連覇目指してがんばって!

    しかし、チリッチ以降は10代のツアー優勝者出てないんですね。
    相手が錦織選手じゃなかったら応援したいですけど。

      引用  返信

  • 今日は、よく勝ち切りました。
    3セット目では錦織が試合の中で自分のテニスを改善したと見ました。

    1、2セットは、ラリーに入る最初のショットが浅かった。いつもなら浅く入っても、相手が前に詰めていないので、初っ端から強いショットが返ってこない。だから錦織は少々浅く入っても、ラリーの途中で1発の深いストロークから形勢逆転をしていました。
    でも、今日はストローク戦の最初から前に詰めてリスクを取ったクエリーのしばきが錦織のショットをますます浅く・弱くしてしまいました。

    解説者も言っていましたが、3セット目からラリーを組み立てる錦織の最初のショットが深くなるとクエリーもミスが目立つようになり、錦織がゲームを完全に支配したと思います。

    ジョコは絶対に浅くこない。ここは錦織も常に深くラリーにアプローチできるようにして欲しいですね。

    対錦織対策はコールシュライバーもククシュッキンもそうでしたが、錦織に振られる前にしばいて主導権握ろうとする事のように感じます。今日は2セット目の最終ゲーム、クエリーがBPを握ってから守りに入ったあの一本に救われたのではないでしょうか?

      引用  返信

  • 団長様、鼻血ブログ8周年おめでとうございます!!!(まだ早い)
    明日2月15日でブログ開設8周年、しかも4連覇が掛かる決勝戦で、相手は錦織選手がツアー初優勝したときの年齢と同じ18歳のフリッツ選手!(アメリカ人選手ではマイケル・チャンさんに次ぐ若さでの決勝進出も何らかの縁?)
    (錦織選手が準決勝でクエリー選手に逆転勝ちも…)
    本当に数奇な巡り合わせですね!古い話ですが、18歳1ヶ月の若さでツアー優勝した錦織選手は一躍有名になりましたが、2010年は肘の怪我の影響でランキングを失い世間の関心が薄れてしまいました。それでも変わらずブログを更新し続けた団長様はじめ応援を続けた錦鯉の皆様には一ファンとしても心から尊敬しています。

      引用  返信

  • 明日のフリッツ選手もビッグサーバーで、最初から全力でくるでしょうね!圭君もここはトップ10プレイヤーの意地をかけて、最初からギアをあげていって下さい。相手はまだ、18才。勢いもあるけど、波もあるかもです。けれど最初に勢いづけてしまうと、大変かも。その辺は圭君が一番分かってますよね。明日も楽しみにしています。早朝で、家族の世話でバタバタですが。

      引用  返信

  • 圭 大好き!さま

    やっぱりそうですよね!!
    ここはやっぱり食い止めておかないと!

    ロッテルダムではモンフィスがズベレフをひとひねりで片付けていました。錦織君も是非貫禄勝ちして欲しいと思います。

      引用  返信

  • Kathy May Fritz 1977~ 1979 頃 活躍したWTA 7回 優勝 は テイラー フリッツの母親だそうです。彼女は
    ブライアン ティーチャーと再婚して ティーチャーのラスト ネームに変わったとあります。二代目で将来性ありそうですネ! 面白く成りました! モンフィスが ズベレフを片付けた様に ストレートに終わる様な 気がシマス!頑張れ 錦織圭🎸

      引用  返信

  • 団長さんの仰る様に素晴らしい試合でしたね(`・ω・´)ゞ
    クエリー選手はランキング以上の実力者です。最高位が17位で500格時代のメンフィスで優勝等、ツアーでシングルス7タイトルを獲得しています。
    第1セットの終了時点では「負けたとしてもアカプルコには良い調整になった」ぐらいに思いましたが・・・いつの間にか、錦織選手がクエリー選手を追い詰めていましたね( `ー´)ノ

    錦織選手、優勝すれば、5連続でのツアータイトルの獲得になります。これも素晴らしい偉業です!
    明日も勝って優勝してくれ~\(゜ロ\)(/ロ゜)/

      引用  返信

  • いつも楽しく見さしていただいています。8年も前からあるときいて少しびっくりしました。
    やっぱり大物になる選手には早くから才能に気付いてる人がいるんですね。

    後半は錦織選手のストロークが安定していて、安心して見られました。
    相手も勢いに乗る18歳ですが、プレーを見る限り実力差はあるように感じます。
    ここは格の違いを見せつけて4連覇を達成し、またギターを弾く姿を見せてほしいです!

    余談ですが、アメリカの記者は、テイラー・フリッツが優勝してギターを掲げる姿を、地元テネシーのスーパースター、テイラー・スウィフトとどう絡めて書くかで頭を悩ませていることでしょう。

      引用  返信

  • すみませんm(__)m
    5連続でのツアータイトルの獲得になります。 ×
    5年連続でのツアータイトルの獲得になります。 ○
    です。

      引用  返信

  • 団長様、皆様

    明日は八周年ということで、おめでとうございます❤️
    団長様と古くからの錦鯉様たちに御礼申し上げます。
    まさに数奇な巡り合せ、そして末広がりの八ですから、今年の圭は何かやらかしてくれるかも!という期待で一杯です。

    テイラー・フリッツ、節穴さんを始め皆様が認める新星⭐️
    ここはトップギアで緒から叩いて行って貰いたいです。

    ところで、テイラー・スウィフトってテネシー州出身だったんですね。なぜかイギリス🇬🇧のスターとばかり思っていました。
    これだから、おばちゃんは困ったもんだ。HNをあじゃばーに変えなきゃね。
    YYYさん、有難うございます。テイラー同士を絡める話、面白そう。

      引用  返信

  • 決勝進出おめでとうございます!
    今日は法事があって忙しく、まだ試合見れてませんがこれから録画をみるのが楽しみです。

    去年 メンヒィス3連覇&鼻血ブログ7周年 の時初めてコメントさせていただきました。
    もう1年たつんだな〜
    まだまだ、錦織選手&鼻血ブログに夢中です❤️

      引用  返信

  • ちなみに2ndセットの最初のゲームの30-30。これかなり大きいポイントでした。

      引用  返信

  • @netdash さん

    このクエリーのボレーはとっさの対応でしょうけどすごくうまかった。
    まわりに人がいる中でタブレットで見ていましたが、「あ!」って声を上げてしまいました。

    その直後のあの切り返し。
    「え!」って声を上げてしまいました。

    一瞬、なにが起こったのか分かりませんでした。

    まわりの人から変な奴って思われたでしょう(^^)

      引用  返信

  • 圭くん、決勝進出おめでとう*\(^o^)/*

    本当に締まった良い試合でした。
    クエリーの強打、凄かった∑(゚Д゚)
    打ち合いが、スカッと気持ちの良いゲームでした。ダウンザラインのパッシングショット、痺れました〜。
    ぼうずさん、声、出ちゃいますよね(笑)

    明日は、ブログ開設、8周年との事🎉
    圭くんには、NO.1シードの実力みせてもらい、18歳の勢いとめてもらいたいです。
    しっかりシードを守って、決勝まで勝ち上がる圭くんは、さすがです☆
    4連覇まで、あと1つ、頑張れー!!

      引用  返信

  • 決勝進出おめでとう!
    明日も気合いを入れて応援します!

    第2セット(5G)のジャッのミスを嫌な顔せず淡々とプレーしたクエリー、とても紳士的でした。
    ホッとしたのと同時に少し気の毒になっちゃいました…

      引用  返信

  • 決勝進出!おめでとう!ようやく録画を見れました。

    他の方もおっしゃってますが、今回ほんとに、「いい顔」してますね。
    逆転勝ちを久しぶりに見たような気がしますが、2セットからの切り替え、底力を感じました。

    明日はアメリカ期待の新星との決勝とは、なんとも楽しみです!

      引用  返信

  • @mou
    あれが逆だとしたら 堪らなく不満になり気に成ってムカムカしたと!クオーリー側から見たらビッグディールでしょうネ!謝っても取り返しがつきません! 錦織のファースト サーブの誤審 対 ジョーコ戦
    は あそこのミスジャッジが” 勝敗の分かれ目”でしたネ

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。