錦織、試合の中で調子の波がありながらも初戦をストレートで突破(2016トロント2回戦)

2016 Toronto (Masters 1000)
2nd Round
Kei Nishikori[3] def. Dennis Novikov[Q], 6-4,7-5

1stセットは4-0から4-4へ、2ndセットは2-1からブレイクされ、リードすると不安定さを出して苦労した試合でしたが、セット終盤の欲しいところでブレイクが出てストレート勝利しました。

心配な脇腹の具合は、映像を見る限りウィンブルドン時より状態は良いのではないかと思いました。
サーブは最初のゲームは様子見でしたが、試合終盤では193km/hのフラットサーブも見られ、平均でも175km/hと速くも遅くもない速度でした。
ノビコフも、ミスは多かったですがサービスやフォアハンドの切り返しが良く、錦織が省エネでポイントを取ろうとするときっちりと逆襲できていました。

省エネテニスは難しいです。
省エネでさくっと取れれば一番良いのですが、上手く行かないとかえってエネルギーを注がざるを得ない結果になります。
惜しみなくパワーを使えば押せたはずのショットでも、省エネで打つときれいに決まることもあればカウンターをくらうこともあります。
かといって全力でやったらその分比例してポイントが取れるわけでもなく、結局は「最適なバランス」を模索することになります。

今日の段階で省エネテニスをしようとしたということは、まだ100%ではないのかもしれません。
でも結局、苦戦したのは体調よりもテニスの調子だったように見えました。

状態については私には断定することはできません。
問題ないように見えてもウィンブルドンのようなことがあるかもしれませんし、
心配していも意外とやってみると大丈夫だったりします。
本人にもやってみないと分からない部分があるからこそウィンブルドンでは4回戦にトライし、結果リタイアとなりましたが試合前の段階では希望があったのだと思いました。

だから今大会もまだどうなるかは分かりませんが、希望の方に賭けてみたいと思いました。
今日の所はそんなに激しくプレーした感じでもないので、ストレートで勝ててよかったと思います。

ほんとは4大会連チャンの最初の大会で100%でないのは喜ばしくないんですけどね。
フェデラーが今年の残りの欠場を決断したように、時には思い切った休養も必要かもしれません。
フェデラーの件は私もショックでしたが、同時に復活への強い意欲も感じました。
何が正しい答えかは分からないので錦織の決断を支持はしますが、過去の経緯を振り返ると今回も心配は尽きません。
(私は本来、あまり心配しない方だと思うのですが。)

何ポイントか、食らいついて取った素晴らしいポイントがありました。
あのようなポイントを連発するのが本来の錦織のテニスなので、テニスと体調のバロメータとしてウォッチしたいと思います。

26 件のコメント

  • 錦織君のフォアのダウンザラインは素晴らしかったですね。
    でも、途中のストロークミス連発と、ダブルフォルト、どうしちゃったの(これは脇腹に関係ないと思います)? 初戦で、これだけブレークされる(自分のミスで)というのはどうなんでしょうか?

      引用  返信

  • 相手がかなりランキングが下だったので、気が入っていなかったのか
    それとも脇腹の影響なのか・・・。

    ただ、ウィンブルドンよりもいい状態には見えました。
    ここから上げてくるのかなぁ、いや、上げてほしいなぁ。

    幸か不幸か、美咲ちゃんはモントリオールは1回戦負けしたので、五輪は美咲ちゃんに任せてツアーに集中して欲しいけど、本人はかなりやる気に見えますね。代表戦好きみたいだし。

      引用  返信

  • 試合 実戦から離れてた 試合感の問題? ラウンドを通過しながコンデショニング 進行 すると期待。多少 タイチの動きをまぜて 脇腹の調子を確かめてるノデショウ!次も勝てる相手デス!チリッチで正気に戻るノデショウ!

      引用  返信

  • 錦織選手、初戦おめでとうございます🍀
    紺のUNIQLOのユニフォーム、色がとても綺麗ですね。襟元のブルーも効いていて、白い帽子とパンツ、赤いシューズで決まってました。
    本当に、フォアのダウンザライン、素晴らしかったです🌹

      引用  返信

  • ATPのライブスコアの更新ボタンを押しまくっていました。
    ハラハラの勝利でした。
    初戦を勝って先ずは一安心。おめでとうございます。

    でもファーストサーブが49%の入りで、ダブルフォルトが6つは心配です。
    脇腹の影響でしょうか。ライブ観戦された方はどう思われましたか?

      引用  返信

  • いいゲームと悪いゲームの振れ幅が大きくてなんだかスッキリしなかったけど、ストレートで勝ってとりあえずホッとしました。

    サーブは、痛くて打てないという感じにはみえませんでした。脇腹の様子見か(脇腹のせいで )練習不足なのかも、左脇腹を気にしているそぶりも見られなかったし‥
    まだまだ心配ですけどね。
    次もなんとか無理せず勝利して欲しいな~

      引用  返信

  • ひさびさに動く圭を見れて、満足です❗p(^-^)q←試合内容は、ちょっぴり消化不良でしたが(^^;
    久方ぶりの実戦ということもあり、試合勘が戻らない中、苦しみながらもシード選手の貫禄を見せ、ストレート勝利❗Ψ( ̄∇ ̄)Ψ♥
    圭、お帰りなさい😃💓🌃 ギアは、次の試合からだんだん上げたら良いよ❗(`ー´ゞ-☆ピシッ♥
    試合後の、カメラレンズサインが可愛すぎ~❗((o(^∇^)o))♥←またまた惚れてまうやろ❗(;A´▽`A♥

      引用  返信

  • 勝ち方が、ちょっと嫌な奴って感じになってきて、
    ジョコ的「相手のちょっと上で勝つ方程式」を覚えつつある?
    調子がいいから勝てる、という挑戦者の時代を終え、
    実力があるから勝って当然、というオーラを身に付けつつあるような。

    GAORAの武田さんの最後のまとめは、ノビコフ君に感情移入しているようにさえ聞こえました。
    ノビコフ君、昨日は眠れなかったのか、凄いクマができてましたね。
    善戦はしたけれどっていう、これまで何度も見てきた日本人選手の姿でした。

    なんて、勝ったから言えることで、内心はハラハラドキドキでしたが^^

    WBの反省から、ギリギリまでリハビリ的フィジカル練習をして、テニス自体の調整は試合でやるという作戦が功を奏するか、楽しみです!
    結果はどうあれ、進化の芽は見えた気がします。

      引用  返信

  • ほんと、このウェアは良く似合うww 差し色⁉の赤でトリコロール、爽やか😃✨

    つか、ティエム君、足踏みしはじめましたね😥

      引用  返信

  • 大先生ことカルロビッチ選手ですが
    先週のワシントンくらいからリターンが攻撃的でけっこう返せてるような・・・。バックのボーレーもよくくて、自分が思ってたようなサーブだけの選手ではない印象です。
    でも、ランキングもこの年齢で高い位置でキープ出来てますし、僕自身がそれほどプレーを見てなかっただけで、もともとこれくらいなのかもしれませんが。

      引用  返信

  • 初戦突破おめでとうございます 小さいながら一回勝って90ポイントは美味いですね
    次も100位台のラム選手(負けたこともありますがラム選手が得意中の得意のニューポートでのこと)
    なので怪我が再発しなければレースポイント3000超えれそうですね

    鯖みそさん>いや気のせいじゃないと思います
    カルロビッチ選手の年間最終順位を年ごとに見てみると一度目のピークは2007~2008の二シーズンで
    今まさに二度目のピークで最高順位こそ一度目の方が上ですが
    ピークの長さ自体はもう超えていると思います
    自分もプレーを見ましたが37歳にしてストロークもボレーも色々磨かれている感じがします
    いやはや大先生おそるべしですね

      引用  返信

  • チリッチ敗れましたね~。圭くんの相手がサーバー揃いになりそうな…。

      引用  返信

  • サービスはしばらく練習してなかったからでしょうか。結構サービスは影響出ますもんね。錦織山、こんな時に限ってシードダダ崩れで、思い切りチャンスなんだけどなぁ。

      引用  返信

  • とりあえず、初戦突破、おめでとうございます。これから調子が上がっていくと良いですね。フォニーニ選手、ティーム選手、チリッチ選手も負けてしまいましたね。圭君も1つずつ勝っていって下さい。そうするとカルロビッチ選手が待っている?とにかく目の前の試合に集中されて。脇腹、このままいけますように!

      引用  返信

  • あちこちでシードダウンがおきてますね∑(゚Д゚)
    錦織山のシード選手が圭くんだけに…^^;
    ディミ、杉田選手に勝ったチャンス、活かしてくれないかしら。
    シャポバロフに勝って、カルロビッチに勝って、圭さんとQFを^^

    まずは、3回戦、1stサーブが入りますように!徐々に上げていってくれるといいなあ。
    リカバリーできますように🍀

      引用  返信

  • おはようございます。
    軽く忍者が入っていましたね。脇腹にテーピングはありませんでしたし(たぶん)。まずは復調の兆し、といったところですか?
    「やり続けることで怪我、痛みを乗り越えることがある」というご意見がありましたが、そうなるといいと心から思います。
    ノビコフ選手は背が高くてもお尻が大きく、安定感のある体つきのように思いました。時折、どごーーーんと超高速の打球がこっちのコートに突き刺さって、あんなのが連続してきたらさすがに…。今は柔らかさに若干欠けているかもしれませんが、ここからジョコ選手のような“しなる”動きを獲得したらミスも激減して、こわい選手になりますかね。覚えておこうっと。

      引用  返信

  • ただ、滑って転びそうになった後の動き、凄かったですね!まさかポイント取れると思わなかった程、忍者でしたね。個人的には、段ボールの切れはじ?みたいのに、あと1point!とマジックで書いて応援してらしたおば様がツボでした(笑)

    チリッチも消えて、脇腹怪我の元プイユも消えて、あと、ワウリンカが当面の目標ですか?なんだか着々とレールが敷かれている気が!イカン、イカンOne match at a time で!

      引用  返信

  • そう言えば、micchi師匠次はラムのジンギスカンで楽ですが、師匠のことだからまた意表をつくフードが出現するんでしょうね?ほおーんと、このブログは色んな楽しみがあって、ヤメラレない、ヤメラレない。

      引用  返信

  • OOP出ました。
    センターコート、第1試合です。
    また、夜12時からの応援ですね。

      引用  返信

  • チリッチもティエムも負けたので、むしろここで頑張って600点とってほしい

      引用  返信

  • ディミトロフ選手 6-4,5-3 シャポバロフ選手をリードし、これから第9ゲームSFMです。
    錦織山のシード全滅だなんて、最近あまりない展開ですよね^^ 身体と上手に相談しながらSFのパブ戦、FINALのジョコ戦に辿り着いて欲しいです♪

    あっ!ディミ選手6-3で取りきり勝利です^^

      引用  返信

  • http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160728-00000101-sph-spo
    錦織圭「全米にピークを持っていく」
    「全米にピークを持っていきたいので、それまでに疲れてしまうのは一番避けたい」と錦織。

    少し前の記事で、チャンコーチも全米が最優先。と発言していましたし、期待したいですねm(__)m
    フェデラー選手は残念ですが、最悪でも全米で8シード以内は確定的ですね・・・

    錦織選手、昨年のワシントンの初戦でも、いまいちの状態で 6-7、6-1、6-4 だったかな~?
    今回は怪我明けの難しい初戦をストレート勝ち出来ましたし、ラウンドを重ねるごとに調子を上げていってほしいですね( `ー´)ノ

      引用  返信

  • 全然余裕。と思ったのは自分だけでしょうか。いつもなら1試合見るとグッタリ疲れてしまうのですが、なんかあっけなく終わってしまって、逆に目がさえてそのまま録りためてたドラマみてしまいました。サーブは不調でしたが完全に調整してますって感じで、去年のワシントンの初戦の方がドタバタしていたように思います。出場してきたとき、イカツイ!デカイ!と思った対戦相手のノビコフ選手もカワイイ年下の若手ちゃんにみえてきてしまいました。錦織くんの貫禄ということなんでしょうか。実際年下なんでしょうけども。
    このままゆっくりペースをあげて、全米でノレたら最高ですね。がんばれー!

      引用  返信

  • またまた、センターコートの第1試合に入りましたね‼︎
    ライブで応援できる時刻で良かったぁ(^O^☆♪

      引用  返信

  • チリッチ が イバニセビッチと 切れたのは 不思議ナ 気がします!再契約する 可能性は無きにしも非ずデスが。? カャリアの進展や 状況維持の管理に落ち着くのか? 微妙なな分岐点に 居る気もしますネ!ジョーコが殻を破って出た時のエネルギーは凄かったのは 驚異的でしたが 錦織圭が いまだ未発 ですが その時が来るのを待ち受けている ひとりとしては しばしの辛抱だと思って急がすに見守りたい姿勢をとっています! しかし ひとつの過渡期に入りましたネ!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。